"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
ご無沙汰しております、香..
by はま at 20:44
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
カテゴリ:フライのこと( 101 )

私家版ポップリップを振り返る (その2)
 はーい、今日から3月ですね。渓流解禁を迎えた地域では、慌しくされている方も多いことでしょう。2007年もいよいよ春シーズンのスタートって感じです。まー、海のフライフィッシングにおいて解禁日なんてものはないのですが、それでも3月になると気もそぞろになってしまいます。そういやパタゴニアのアウトレットショップが、横浜のベイサイドマリーナにオープンするのも今日でしたね。どなたかお出かけになられたでしょうか?
 まぁ今冬はダウンジャケットを着る機会も少なく、稀にみる暖冬で思いのほか早く春を感じられましたが、この暖冬が今後どう影響するのかちょっと気がかりではありますね。

 はいはい、枕はこのへんにしておいて、私家版ポップリップの話を続けましょうか。

 ポップリップを作っていて、最初に悩んだのはヘッド部分をどのように固めるのか?ということでした。ご存知のとおり、ポップリップはシリクローンマレットをベースにしているので、シリクローンマレットの固め方と同じなのはわかりますが、どうにもそのコーティング方法がわからない。まだ『POPFLEYES』(書籍)と出会う前のことなので、当然といっちゃ当然なんですが。
b0000168_1158448.jpg
 
(汚いフライでごめんなさい)
 ヘッドを固める=ヘッドに染み込ませると勝手に思い込んでいた私は、バスコーク等のシリコーン充填剤よりも、ソフテックス(シリコン溶剤)のほうを好んで用いていました。まぁ、染み込ませるというのは間違いなわけですが、このころは何故か染み込ませるものだと思い込んでいました。おかげで画像のようにカチカチヘッドのポップリップもどきばかりを量産していました。
 あ、どうでもいい話ですが、このあたりまでのポップリップもどきで釣れたのは、間違ってかかった!?防波堤のフッコ、相模湾のペンペン、スレがかりの巨ボラ、あとは管理釣り場のイワナやブラウンくらいで、艶かしい泳ぎのわりにほとんど釣れないので不満を抱いていました。ま、何もかも間違ってる自分が原因なんですけどね(笑)。
b0000168_12102174.jpg
 釣れないのは色のせいか!? というわけで、白だけでなく他のカラーもあれこれ巻くようになりました。ヘッドは相変わらずカチカチヘッドです。ここでなぜカチカチヘッドがダメなのかといいますと、フライが重くなるのでキャストしづらい。これに尽きます。いや、まぁ細かく突くと他にもありますが、一番ダメなのはフライが重くなることです。ただでさえバルキーなフライなのに、重くなったら大変。このころは重いカチカチヘッドを無理やりキャストするために、#12ロッドを使用していました。その結果、せっかくバイトがあっても#12ロッドなので弾く弾く! 我ながらなんて愚かなことをやっていたのかと思います(笑)。
b0000168_12184066.jpg
 そうそう、ちょうどこのころに少しだけ進歩がありました。回転、重さという難点に加え、どうしても気がかりだったフッキングの問題を若干解消することに成功しました。そう、最大の特徴であるリップが、リップが、すげー邪魔なんです(あ、書いちゃった)。
 これは上手にタイイングできていないポップリップの話ですが、
回転する、重い、フッキング最悪
という、常人なら釣りを放棄しかねない恐るべき三重苦フライになってしまいます。

 そこで回転するのと重いのは仕方ないとして、せめてフッキングだけでも何とか改善したいと思い立ち、大型フックにタイイングするようになりました。画像を見ていただければ分かるように、ゲイプ幅が広がることで、フッキングが若干改善されました。またリップの角度や長さを調整することでもフッキングしやすくなったような気がします。結果、指定フックサイズより2~3サイズ大きいフックにタイイングするようになりました。本家ポポヴィー御大は、指定どおりのフックでも、フッキングしやすそうにタイイングされるので、まだまだそのへんのノウハウはありそうです。

 そしてこの直後、ポポヴィー御大が巻いたシリクローンマレットを手に取って観察できるチャンスがやってくるのでした……。



(というわけで、またしても続きます)
[PR]

by saltwater-ff | 2007-03-01 12:45 | フライのこと | Comments(0)
私家版ポップリップを振り返る (その1)
 あ、どうも。今週は更新少なくてごめんなさい。単純に仕事が忙しくなってしまってまして。まぁ、来週以降も隙を見て更新していきたいと思っています。

 今日は皆さんも大好きな(はず)ポップリップというフライについて、少し。私家版ポップリップを振り返ってみたりしちゃおうかと思います。
b0000168_216970.jpg
 ポップリップは、ご存知、ボブ・ポポヴィクス御大が考案したパターンで、シリコンとシープフリース(ラムズウール)を用いた独創的なフライです。ポポヴィー御大は、主にストライプトバスやブルーフィッシュを釣るために使われているようでして、日本においてもシーバスに大変効果的なフライです。
 私がこのポップリップを目の当たりにしたのは、かれこれ7~8年前だったでしょうか。当時の海外のパターン集に載っていたのを見て「なんだこのオモチャみたいなフライは!?」と思ったことをよく覚えています。
 それから紆余曲折あって、ポポヴィー御大が巻いたフライに直接触れられる機会があったのですが、そこにはポップリップの前身のシリクローンマレットしかなく、大変残念に思いました。しかし、リップこそ付いていませんが、シリクローンマレットの本物に触れられた経験は、ポップリップを作るうえで大いに役立ちました。
b0000168_21135384.jpg
 これは現存する私家版ポップリップのなかで、もっとも初期に作った1本です。とにかく何とか本物に似せようと頑張りましたが、うまくいかなかった悔しい1本です。特にこのころは、どんなシリコンを使えばいいかよく分からず、ソフテックスやバスコークなどで固めていました。
b0000168_21173979.jpg
 リップ部分をうまく成形できないので、エポキシを部分的に使ったりもしました。泳がせてみると、ヘッドの水を噛む動き+ヘッドに追従するハックルの自然なクネクネした動き……。これまでのどんなフライよりも艶かしい泳ぎを披露してくれました。直感的に「これは釣れる!!」と思ったものです。
 ちなみに画像のフライは、調子にのってシールアイの上にもエポキシを盛ってクリア感を出そうとしたりもしたバージョンです。結果、障害物に当たってアイが割れる、しかも空気抵抗が大きいうえにエポキシが重くてキャストしにくい、お世辞にも使いやすいとはいえないフライでした。
b0000168_2121642.jpg
 空気抵抗の減少を狙ってボディをスリム化させ、ある程度の潜行能力を持たせるためにロングリップ化したこともありました。潜行能力は大したことなかったですが、スリム化によって空気抵抗が減少し、このころは「これはこれでそれなりに使えるフライだなぁ~」とか思っていました。生意気ですね。
b0000168_21241899.jpg
 ただ、リップを長くすると回転しやすくなるようで、リーダーがすぐクチャクチャになりました。これはこれで面倒な問題でした。スナップスイベルを使うことも考えましたが、フライの姿勢が前下がりになってしまうので却下。この問題はリップ形状を見直しつつ、自分のキャスティング技術を向上させて回転しにくく心がけることで、少しだけマシになりました。でも根本的な解決には至ってません。


(次回につづきます)
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-23 21:37 | フライのこと | Comments(8)
続・アメリカンハックル大好きっ子さん
 世間はバレンタインデーでにぎわっていますが……。海フライ的には関係ない話なので華麗にスルーして、昨日のつづき。アメリカンハックルの話です。

b0000168_11572349.jpg
 これは去年手に入れたホワイトダイドのオレンジ(シルバールースターケープ)。ハックルの密度といい長さといい、実に素晴らしいので思わず購入。何度も書きますが、やっぱり一期一会なのですよ。
 思えば昔(ブラピ以前)はフライマテリアルの流通量が少なくて、おまけに高価なものばかり。特に良質なハックルには目玉が飛び出すほどのプライスタグが付けられていて、貧乏学生だった私には高嶺の花。日ごろタイイングに使っていたのは安いインドハックルや羽バタキの鶏羽(笑)。そのころの貧しい思いがあるせいか、必要以上にマテリアルを買い込んでしまう癖があるのかもしれませんね……。
b0000168_1283388.jpg
 そんな話とは全然関係ないですが、このオレンジのアメリカンハックル、台紙の裏面にAmericonって書いてあるんですが……。


b0000168_12112112.jpg
 アメリカンハックルはサドルもいいよね~。ブロンズルースターサドルのジンジャー/イエローです。スベスベな手触りで、もうたまりません。
b0000168_12132138.jpg
 毛先もほら、このとおり真っ直ぐです。どうよ、この真っ直ぐっぷり!

b0000168_12142270.jpg
 もぅ、思わずこんなのを巻いちゃうじゃない~。
b0000168_12151014.jpg
 勢いあまってエクステンションも付けたりして。フックサイズは#8/0です。


b0000168_1218285.jpg
 アメリカンハックルというと、ブラックレースも忘れちゃいけないですぞ。これはアメリカンブロンズルースターケープのブラックレース/キングフィッシャーブルー。
b0000168_1220613.jpg
 光に透かして見ると、黒い部分と青い部分のコントラストが、う~ん、いい感じ。
 とある情報筋によると、このブラックレースのシリーズ、日本ではあまり人気がないそうですが、私は大好きだったりします。見慣れたデシーバーもこのハックルで巻くと、なんか個性的な仕上がりになるんですよ。


b0000168_12233074.jpg
 こっちは同じルースターケープのブラックレース/ピンク。なんだかわかりませんが、ピンクは人気カラーなので、ついつい使ってしまいがちです。あまり奇抜なカラーにチャレンジできない、私の気弱さがよく表れていますね。
b0000168_1230195.jpg
 ブラックレース/ピンクは裏もすごいんです! きっちり並んだハックルファイバーが作り出すシマシマ模様が、ほら!なんかカッコイイ!! 裏面も積極的に使いたくなりますね(なりませんか?)
b0000168_1232572.jpg
 大好きなポップリップにもブラックレース/ピンクのハックルをよく使っています。先端の黒い部分がピロピロ動いてアピールする……かもしれません。ま、全然的外れかもしれませんが。

あ~アメリカン君、ありがとう! 
キミたちのおかげで今日もフライタイイングに励めます。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-14 12:40 | フライのこと | Comments(8)
アメリカンハックル大好きっ子さん
 はーい、今夜も大海原とフライロッドへアクセスしてくれてありがとう! パーソナリティはおなじみsaltwaterなんとかこと、saltwater-ffですよ~。

 さて、じゃさっそくお便り紹介! 東京都にお住まいのペンネーム、アメリカンハックル大好きっ子さんから……。

「saltwaterなんとかさん、はじめまして。ブログ、いつも楽しく見ています。どうでもいいのですが、saltwater-ffを略したつもりでsaltwaterなんとかって名乗ってるのかもしれませんが、それって逆に長くなってますから!!

 おー、痛いところを突かれたぜベイベー。でも略そうとして逆に長くなったり、元の名前が分からなくなることってことあるよね! たとえばゴールドリブドヘアズイヤーをGRBHEとかに略す人もいるけど、オレ的にはGRBHEと書かれても何か分からないぜっ!! あたっ!




はぁはぁ(息切れ)



勢いでここまで書いちゃいましたが、無理があるのでやめます。





 私、アメリカンハックル大好きです。大好きっ子です。今さら何をという感じですが、昨日、定例のマテリアル整理をしていて気付いたんですが、所有しているハックルケープの過半数がアメリカンハックルでした……。こんなフライマンでいいですか? いいですよね!?
 つか、海フライマンなら、みんなアメリカンハックル大好きっ子ですよね?(もし違っていてもそうだといってくれ)

 というわけで、今日はアメリカンハックル大好きっ子の一員として、私のアメリカンハックルへの愛を語ってしまおうと思います(キモス)。
b0000168_16113347.jpg
 白です。ホワイトです。白、すなわちホワイトです(興奮して意味不明)。
 雪のような白さのアメリカンハックル。ブリーチじゃなくナチュラルです(たぶん)。専門家じゃないので勝手な推測ですが、近年のホワイトは、ややジンジャーっぽかったりするものがあったりするので、純白なアメリカンハックルはなかなか貴重です。白ければいいってもんでもないんですが、やっぱり生き物ですからね、ハックルも個体差があります。ですからハックルは一期一会。アメリカンハックルの流通量がどれくらいか存じ上げませんが、そんなに出回ってないと思います。だからこそついまた1枚手に取ってレジへ向かってしまうのです。
b0000168_16123457.jpg
 ちなみにホワイトは2枚持っています。それぞれケープの長さが異なるので、タイイングするフライに合わせて使い分けています。ホワイトは基本色だし頻繁に使うので、きっと3枚、4枚あっても困りませんね。
 欲をいえばホワイトのサドルがもっと増えるといいなぁ~。どうでもいいことですが、今回はアメリカンハックル愛を少しでもお伝えするために、いつもより画像サイズ大きめでお送りしています。
b0000168_16124728.jpg
 これ、どうも2007年の新色っぽいですよ。その名もアメリカンルースターケープのフローセントイエローチャートリュース。待ってました!の蛍光色ですよ。さすが海バカな連中のニーズをわかってます。よ!日本一!いや世界一!
b0000168_1612246.jpg
 ほらほら~、なんだかとってもステキでしょ~う? こんなの見てるとタイイング欲求がムラムラ~と湧き上がってきませんか? 私の場合、頭のなかにイマジネーションという名の妄想がモヤモヤ表れては消えていきます。モヤモヤ~パッ! モヤ~パッ! モヤモヤモヤ~モヤ~~パッ!! という風に妄想の臨界点を突破すると、我慢できずにタイイングモードへ。
b0000168_1661042.jpg
 結局巻いたのは定番のデシーバースタイルでしたが、チャートリュースの下にホワイトを入れて明るさを強調してみました。昼も夜も使えるんじゃないかなぁ~なんて。あ、フックサイズは#2/0です。


(つづきはまた明日)
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-13 16:14 | フライのこと | Comments(4)
えび箱、かに箱、そしてクラウザーさん
 東京はようやく寒い日が戻ってきましたね。昨夜は深夜帰宅でしたが、日課のフライタイイングは欠かさずやりました。
 昨夜はスクーリーいろいろを巻いたんですが、こう冷えるとエポキシが硬くて困ります。よって、湯煎して軟らかくしてから混合させるんです。デヴコンの5分硬化を使っているんですが、容器が注射器型なんですよ。えぇ、ご存知のとおり。で、冷えて硬いせいで押しにくい! で、湯煎して水気を拭き取ってしばらく置いていたら、湯煎したの忘れて思い切り注射器をプッシュ! 見事にべっとり手についてしまいましたとさ。とゆうわけで、冬のエポキシ作業は要注意ですぞ!(そんなバカは私だけ?)

 今日は先日まで巻いていたえび&かにフライでも載っけちゃいましょうか。
b0000168_1303369.jpg
 えび箱です。ちょっとスカスカなのは、これから巻くための布石です!

b0000168_1312418.jpg
 こっちはかに箱です。足はゴム足とモール足です。
「足なんてただの飾りです!えらい人にはそれがわからんのです!!」とかなんとかいいながら作ってます。かに系はまだまだ妄想爆発中なので、今後エスカレートして変なのを作ってしまいそうな気がします。

 そうそう、普通に使えるフライも巻いてます。クラウザーミノーとかね。
b0000168_1351743.jpg
 メタリック(デスメタル?)な雰囲気を出したくて、キラキラホロホロのエンジェルヘアで、ヨハネ・クラウザー2世さんをイメージして巻いてみたんですが、思っていた以上に素材がフックに絡んだり、シルエットが崩れやすいので、間にスーパーヘアを挟んでみました。
b0000168_137885.jpg
 するとスーパーヘアにエンジェルヘアがうまく絡んで、ちょうど背骨のようになりました。シルエットも崩れにくくなったし、これちょっとオススメです。
Go to DMC! Go to DMC!(分からない人ごめんなさい)


 さて、日曜日は鹿留のフライタックル展示会でも行きましょうかね。私は昼までには行ってると思います。来られる方、よろしくどうぞ。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-02 13:17 | フライのこと | Comments(5)
とれとれ、ぴちぴち、かに料理~♪
 はい。例によってモゴモゴやってます。
 釣りに行く時間がー、時間がー。ないんですもの、仕方ないですわん。オホホ。
b0000168_1802387.jpg
 というわけで、せっせとフライタイイングに励んででいます。中でもハマリ中なのが、カニのフライ。もうね、得意の妄想パワー全開で巻いてます。いやいや、巻くというよりもはや作るって感じです。ちなみにエポキシやシリコンの使用が多いので、普段からタイイング時にはエプロンを着用しています。だから気分的にはクッキングに近いかな?(笑)
 このカニフライ君たちをパー様にキャストできる日が来るのか来ないのか!? ま、暖かくなったら練習がてらマゴチでも狙ってみようかなと思っています。
 カニ好きといえば、根魚! 根魚用にはウィードガード付きも必要だから、あれをこうして、ああすれば、たぶんクルッと回って引っかかりにくくなるかも?
 こんな感じで最近の夜はふけていくのでありました。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-01-31 18:07 | フライのこと | Comments(4)
She is running.
b0000168_2037685.jpg
 ここんとこ師が走りまくっております。

 本日は関西方面へ日帰り出張でございました。

 のぞみはえー。
 
 そしてグッタリーヌ。←今ここ


 出張や飲み会で連日クタクタですが、フライだけはちょこちょこ巻いています。

 画像は前にどっかで見た(たぶん海外のサイトか雑誌)サンドイールか何かを模したフライをアレンジしたやつです。内湾サーフのシャローに着底するかどうか……って感じで漂っているベイトフィッシュ(カタクチ)をイメージしてみました。

 ダンベルアイのおかげで着底状態がキールになりやすいんじゃないかしらん? 無論、引っかかるときは一発で引っかかると思いますが……。でもまぁ、シャローならそれほど引っかかる原因もないでしょうし、来シーズンに使ってみようと思います。

 じゃーもういっちょ頑張りますか!

 同じように頑張ってる皆さん、気張ってまいりましょう~!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-12-20 20:47 | フライのこと | Comments(6)
そろそろ使ってみたいフライたち
 日々秋が深まってくる今日このごろ、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 海のフライフィッシングにおいて、秋はシーズン最盛期といっても過言ではなく、いろんな魚種を狙える一番熱くなれる時期なのであります。渓流にたとえるとGW明け、梅雨直前くらいのイメージでしょうか、とにかく毎日でも釣りに行きたい、そんな季節なのです。サーフではヒラメ、回遊魚も狙えるし、オフショアに行けば、様々な魚がロッドを絞り込んでくれます。もちろんおなじみのシーバス君もシーバス様と呼びたくなるランカーが各所に出没するので、気合が入ろうってものです。特に東京湾では昨年、今年とシーバスの釣果がよく、週末ともなれば多くのアングラーが出撃します。かくいう私も今週末にちょっと出撃してきます。まぁ普通に釣っても面白くないので、いつものようにちょっと変わったフライを試してみようと思っています。
 というわけで、今日はそんな変化球フライをアップしちゃいます。相変わらずイマイチな仕上がりですが、ネタなので(笑)。

b0000168_13522889.jpg
 これは大型のイワシを意識したもので、12cmほどあります。ヘッドをエポキシでコーティングしているのですが、上から見るとイカの頭のように三角に成形し、水流を受けやすくしたつもりです。効果のほどは定かではありません。ボディにはボゾヘアを使っているので軽く、水切れもいいです。フックはがまかつS10S-4Hの#2/0です。

b0000168_1435593.jpg
 これは世捨て人倶楽部の重鎮、K大名人がよく使うブラックヘッドポッパーを勝手にアレンジしたものです。青物との遭遇チャンスが増えるこの時期は、ポッパーは必ず数本ボックスに入れておきたいフライです。これは市販のウレタンヘッドを接着剤(ウルトラ多用途)でコーティングしてあります。どうしてかというと、なんか水を吸って重くなるような気がするからです。他はいたって普通ですね。全長15cmくらい。フックはTMC511Sの#3/0です。
b0000168_1473065.jpg
 「こわいよママー!魚が襲ってくるよー!!」なんていってたりして(笑)。

b0000168_1482072.jpg
 最後はこの間のエントリーで書いた、下段エポキシ冗談上段フローティングミノーなスクーリーです。水に入れるといい感じに上段だけ浮かびます。う~ん、これで釣れるとかなり楽しいんだけどな~!フックはマスタッド79666Sの#1/0です。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-26 14:14 | フライのこと | Comments(8)
どうでもいいですよ。
b0000168_15414814.jpg

 先日、新しくデジカメを買いました。これまで使っていたものは、もうかれこれ3年くらい前のモデルで、今はなきコニカミノルタのものでした。今回買ったのはパナソのLUMIX。なかなか良いです。というわけでテストを兼ねて写真をアップしてみます。秋晴れで気分がいいので、クリックするといつもより大きい画像になります(フライはショボイままです)。ペイントアイのコツをFree styleのJUNさんに教わってから、ペイントアイがめっさ気に入りました。
b0000168_1542622.jpg

 って、こんなスクーリーもよくね?(無理やり若者に迎合する姿勢、ざくね?)
b0000168_15422170.jpg
 でも水に浮かべると、こんな具合に浮きます。フッキングギザワルス……。ちょっとフックをアレンジして双胴の悪魔、P-38でも作ってみましょうかね(よしなさい)。
 あ、次は下をエポ、上をフロートにしてみよう。そうすればおもしろいフライができそう。そうしようっと。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-19 15:57 | フライのこと | Comments(11)
Imagination progress
Imagination is unmeasured though it is sudden.





Please continue your favors toward this campaign.

The answer is in the sea.

Participation is waited for.
Let's start together!

Are you cheated? (continue)
[PR]

by saltwater-ff | 2006-09-29 17:58 | フライのこと | Comments(2)