"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
ご無沙汰しております、香..
by はま at 20:44
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
カテゴリ:フライのこと( 101 )

量産続行中
 この間のエントリーでポッパー量産を書きましたが……。どういうわけかまた量産するハメに。

 BlackPlatinum号のNoviceCaptain、レフティ・ハマー氏から泣いてお願いされたとあっちゃ、無下に断るわけにもいかず。急遽量産続行することに……(うそ、本当はBP号乗船をエサにポッパーを略奪されたのでした。さすが海賊!)。
b0000168_19213369.jpg
 ヘッドを塗装してドライヤーで回転させます。時間がないので白熱灯で強制乾燥。あんまり近づけるとせっかく塗装したヘッドがコゲたり、溶けて変形しちゃったりするので、そのへんは自己責任で。
※注意 良い子はマネしてはいけません

b0000168_19255799.jpg
 時間が無いにも関わらず、今回は単色じゃなく2色塗装にもチャレンジ。このヘッドはF1のマクラーレン・ホンダ(セナ・プロ時代)をイメージしました。カーナンバーを書き込みたくなりますが、大人なのでグっとガマン(笑)。こういう遊びも楽しいです。

b0000168_1930634.jpg
 こっちはおなじみの玉ウキカラー(もしくはインジケカラー)。視認性抜群です。





 でも結局ハマ船長との出撃までに完成できず。船長には先日作ったポッパーとコーティング済みのヘッドを渡して事なきを得ました。残りのヘッドはエポキシでコーティングされて、マテリアルを乗っけられるのを待ってます。ふぅ……チカレタ。





「海をキレイにしてみませんか?2007」キャンペーン、絶賛受付中です!
くわしくはこちら
[PR]

by saltwater-ff | 2007-07-23 19:35 | フライのこと | Comments(4)
Love&Popper
 荒天の休日はフライタイイング~。





 夏はやっぱポッパーでしょう!






 朝からポッパーヘッドを塗装して、量産体制でっす。






b0000168_16351047.jpg
 エナメル塗料で塗装して~、エポキシで表面をコーティングすると……。







 あったまテッカテカ~♪







 はい、そこ! 一緒に唄わない(笑)。






 オーソドックスなポッパーヘッドですが、ハックル、ウィードガード、ラバーレッグ、ヒカリモノの量など、装備を変えることで多くの魚とフィールドに対応できる汎用性がウリですな。






 フックはバス用だったり海用だったり、いろいろ。






b0000168_16404131.jpg
 数時間後にはハックル、ヒカリモノの装備を完了! 出撃を待つのみです。






 あ、重要なお知らせは、ちょっとお待ちを。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-07-17 16:48 | フライのこと | Comments(8)
魔法の水
 以前から気になっていて、試そう試そうと思っていたことがありました。



 ある液体Aと某薬品Bを混ぜた液体……仮にここではケミカルX(笑)としておきます。
 ※法に触れるようなヤバイものではありません(笑)。



 昨夜、ちょっと眠いのをガマンしてケミカルXを少量作り、ポップリップを1本巻いて、シリコンコーティングする際にその液体を使ってみたところ……。







なんだかなんだか~









スベスベ~






b0000168_1762537.jpg
(画像はイメージです)







 これね、本気でかなりヤバイです。シリコン表面をキレイにできるし、指にもくっつかない。ほんっとにスベスベ&テカテカ! スベテカ!! スカ!!!







 もうね、








 ス!!!!!
  ( 酢 )






 思い切り比較はしてませんが、たぶんフォトフローよりもいい感じ(かなりいいです)。


 詳しくは後日追ってレポートしたいと思いますが、それまでもうちょっとこっそり使ってみようと思います。手前味噌ですが、ポップリップの完成度がもう1ランク上がったような気がします。つーか、この液体を使えば誰でもうまく巻けるようになるんじゃなかろーか(笑)。まさに魔法の水!奇跡の水!(言い過ぎ)


 ポップリップを巻くのが好きな方にはこっそり教えちゃうかも~。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-29 17:24 | フライのこと | Comments(14)
Salida.
 ここんとこ帰りが遅い(というか朝に近い)のですが、それでも合間を見てタイイングデスクに向かいます。





 窓を大きく開けて、入梅前の爽やかな夜風を部屋に取りこむ。傍らにはお気に入りのグラスと氷、注ぎいれるのは……牛乳!






 牛乳が好きなんだモー!!















 最近のマイブームはこんなフライたち……。




b0000168_175946100.jpg



 パターンブックを読んで、オーソドックスなのを巻いてみます。#4/0フックにほんのわずかなマテリアルを乗っけてはスレッドで留めていく、淡々とした作業。



 「シンプル・イズ・ベスト」のお手本のようなこのフライに、これまで数多くのフライマンが夢を乗っけたことでしょう。アメリカンハックルのフレア具合もいい感じ!と自画自賛しつつ、グビリ。







b0000168_1804620.jpg




 はてさて、旅のお供に連れて行ってもらえるでしょうか~?
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-07 19:14 | フライのこと | Comments(9)
神々の高み
 例によって仕事が忙しくて釣りに行けてません。ま、今年はちょっと釣りのベクトルを変える準備期間にすると年始から決めていましたし、日ごろは仕事に励んで、開放するときは思いっきり開放するというスタンスで臨んでいます。
 昨日も午前中に仕事をやっつけて、さて昼寝でもするか~?と思っていたところへ盟友のマスターサージャンO軍曹からメール着信。お互い午後の予定が空いていたので、ハーミットさんで落ち合って“茶ぁシバいて”きました(O軍曹からベリーズ土産を頂戴しちゃいました。ありがとうございます!!このお土産についてはまた後日ご報告しようと思います)。

 で、海フライバカが2人揃うと、当然のようにクレイジーな会話になってしまうもので……。特に世界のS.W.F.F.メジャーエリアへ何度も飛び立っているO軍曹のアドバイスは大変興味深く、いつも勉強させてもらってます。釣りの姿勢やモチベーションの高さ、技術面の錬度、またポリシーというか規範も確固たるものを持っている方なので、素直にリスペクトしちゃいます。

 いやー、しかしS.W.F.F.の世界にはスゴイ人が多くて困ります(笑)。もぅ本当に私なんか序の口もいいとこですよ。世界的視野で見れば、

レフティ・クレー、エイゾー・マルハシ、ビリー・ペイト、ストゥ・アプト、チコ・フェルナンデス、ビル・キャサウッド、ジャック・ガーサイド、ボブ・ポポヴィクス、トレイ・コム、キャム・シグラー、スティーブ・エーベル、ビリー・ヒガシ、ダン・ブラントン、スコット・サンチェス……(順不同、敬称略)

といったリビングレジェンドクラスの方々は、遥か遥か遥か遥か遥か彼方を行ってらっしゃいます……。でも、素晴らしい方々に書籍やネット上、ショー会場、釣り具店、はたまた実際の釣り場で出会うことが出来て幸せだと思っています。こと、フライフィッシングに関してはリビングレジェンドな方はもちろん、そういった世界レベルを体験した方々と繋がっていられるわけですから。

 できることなら、近い将来に自分も彼らのいる高みの端っこに登り、神々がどんな景色を見て、どう考え、どんなふうに楽しんでいるのかを自分の目で確かめてみたいと思っています。ま、そのためにはまだまだ貯金もしなきゃいけないし、英語とスペイン語を勉強しなければいけません。海のフライフィッシングは、もう本当に大変です(でもなんかワクワク)。
 むろん、こんなことしなくても海のフライフィッシングは十分に楽しいです。しかし求めれば、どこまでも際限なく広げることができるのも事実です。しかも広げてみたその先には、なんかおもしろそうなことがあるような気がするんで、ちょっと行けるところまで行ってみようと今は思っています。

b0000168_1643740.jpg
 全然関係ありませんが、東京湾ではそろそろイワイミノーな季節の到来です。昨夜もタイイングデスクに向かってあれこれ巻いていたんですが、ちょっとイタズラ心でイワイミノー亜種を作ってみました。球状の発泡スチロールをマイラーチューブに入れてそれっぽくしただけですが、なんかこれはこれでイケそうな気がしています。例えるならエルクヘアカディスに対するXカディスのような位置づけか?(チガウって)
 球の凸凹な感じがイモムシみたいなので、イモイミノー、もしくはタママミノーと呼んじゃおうかなっと(笑)。

 オリジナルのイワイミノーは皆さんご存知の通り、バックアップ材(棒状の発泡ウレタン)を浮力体にしていますが、球状発泡スチロールはバックアップ材よりもフレキシブルにクネクネするので、弾かれることが少ないかな……? なんて妄想しています。
 こんな風にあれこれ亜種を巻いて楽しめるのも、フライフィッシングの面白さですね。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-04 17:25 | フライのこと | Comments(10)
キビナゴ飴
 はい、こんにちは。連休が終わって1週間。そろそろダルさも抜けてきましたか?
 それでも海フライのことが頭から離れなくなっているアナタ、今日もそんなアナタのために更新しちゃいますよ(笑)。


 今週末から南の島へ出かける方がいらっしゃいます。いつもお世話になっているので、せめてものお礼にフライを巻かせていただきました。
 どうも南の島ではキビナゴをチャミングに使うそうで、撒かれたキビナゴをバクバク食べるマグロがギュンギュン走り回ってるそうでございます。ということで、タイイングモチーフはキビナゴ。今回はキャンディ仕立てで巻いてみましたよ。

b0000168_165738.jpg
 まずは定番のチャートリュースカラー。サイドのギラギラを幅広フラッシャブーで表現しました。アピールが強くなりすぎないように、ややフラッシングが弱いタイプも用意しました。
 マグロの他にシイラやオキザワラなんかも食ってくるそうなので、エポキシコーティングはちょっぴり厚めにしてあります。フックはがまかつS10S-4Hの#2/0です。

b0000168_1711314.jpg
 こっちは背中をオリーブ色にしたやつです。側面のフラッシング効果はチャートリュースと同じですが、フラッシャブーの下にもエンジェルヘア等を入れてあるので、ドリフト中のキラメキがワンパターンにならなくていいんじゃないか……!? と思いながら巻いてみました。ま、普通にリトリーブしても十分釣れると思いますが。フックはTMC600SPの#2/0です。

b0000168_176482.jpg
 パヤオのマグロ用フライパターンとして普遍的な人気を誇っている、マイラーチューブを用いたキビナゴフライもタイイングしてみました。チャムに使うキビナゴのサイズが分からないんで、大きさを少し変えながら何本か作ってみました。このタイプはキャンディパターンに比べ、側面のフラッシングを幅広く出来るのが強みですね。

 遠征経験者の方にお聞きすると、どうもフライは質より数が大切なようで、バイス&マテリアルを持ち込んで毎夜タイイングするっぽいです。朝から船乗って、大汗かいて、帰って泡盛飲んで、フライ巻いて、また泡盛飲んでひっくり返って、という日々……。



あぁ、うらやましい!(笑)



Iさん、がんばってきてください!!(目指せ30kg!)
[PR]

by saltwater-ff | 2007-05-15 17:21 | フライのこと | Comments(4)
サーフキャンディ、壊れる
 TBSFRT参戦レポートに書いたとおり、今回も悔し涙を流したわけですが、実は大会前日~当日まで、すべてのシーバスを釣ったフライがサーフキャンディでした。
 これまでも日中のシーバス釣りで積極的に使ってきたフライではありますが、2日間を通して圧倒的に反応が良く、かつ無駄な要素が少ないフライだとあらためて痛感しました。
b0000168_18284943.jpg
 ベイトがカタクチイワシ等の場合、サーフキャンディは鬼のように効くフライですね~。沈みはいいし、強いし、キャストしやすいし。もう、ホントに大好きなフライのひとつです。
 今回使用したのはフックサイズ#2/0、全長9~10cmのオーソドックスなサーフキャンディでした。土曜日のプラで、反応が良かったポイントにいたカタクチイワシの大きさが約7~10cmだったこともあり、帰宅後に大急ぎでサーフキャンディを追加でタイイングしました。というのも、ここのところフライをプレゼントしてばかりだったので、手持ちで使えるサーフキャンディが激減していたからです。
 しかし、プラの疲れと翌日のために睡眠をとっておきたい……でもフライを巻かないと……おまけに昼メシおごってもらったお礼に、ハマちゃんにフライをあげる約束もしちゃったし(笑)……。えぇぃ! 短時間で粗い仕上げになるのはミエミエだけど仕方ない!! というわけでハマちゃん用にクラウザーディープミノー他を10本。自分用にサーフキャンディを5本急造することにしました。

 そして戦い終わって……。
b0000168_184612100.jpg
おりょっ?(1本目)

b0000168_18463496.jpg
んあっ?(2本目)

b0000168_18465734.jpg
なんですと?(3本目)

※今回は画像大きめでお届けしています


 やはりエポキシ系のフライは完全乾燥(24時間)させて使うべきですね……。6時間程度では固まって見えても実釣中にどんどん壊れ始めていきます。加水分解?かどうかは分かりませんが、こんな風に壊れるのは初めて。だいたいは壁にぶつけてパキーンって具合にヒビ割れたりして壊れるんですが、今回は壁にぶつけなくてもポロポロ崩れてくるような感じでした。
b0000168_18514781.jpg
 以前に巻いておいたサーフキャンディは同じように使ってもビクともしてません。やっぱり完全乾燥が必須ですね……って当たり前の話か(笑)。


 さーて、フローティングミノーの量産(100本)は終わったから、次はサーフキャンディの量産(100本)に入ろうかなーっと。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-05-02 18:58 | フライのこと | Comments(10)
もうじきまたあの季節が
 2006年夏、東京湾のシーバスフライフィッシングを賑わせたのは、誰がなんといおうと、日中のトップウォーターゲーム。いわゆるイワイスーパーミノーを使った表層の釣りだった。メソッドやフライ、タックルについて賛否両論、喧々諤々な方もいらっしゃるかもしれませんが、とにかく楽しめて、釣れるメソッドであることに疑いはなく、同時に既成概念をブレイクスルーしてくれたのが、個人的にもっともリスペクトしたいと思うポイントです。

 昨夏~秋。横浜港周辺では、多くのアングラーが目の前で起きる壮絶なボイルに狂喜乱舞したことと思います。1日100バイトなんて普通でしたし、20~30尾C&Rされた方、80UPのランカーをキャッチした方もいらっしゃいましたし、60UPにいたっては数え切れないほどでした。正しく大ブレイク。ショップにはマテリアルが並び、雑誌ではタイイング方法が掲載され、広く認知されるようになりました。そして春の訪れとともに、あの狂乱が今年ももうすぐやって来ます。
b0000168_17375672.jpg
 というわけで一昨日から量産体制に入りました。手持ちのマイラーチューブ(3本)とバックアップ材を使い切って、現在40本ちょい製作中。
 ビーズアイは割れるのでペイントアイにして、上からウルトラ多用途(接着剤)のクリアで、ヘッド部のみコーティング。フックはいろいろ使ってます。昨シーズンにフッキング率をアップさせるために思考錯誤しましたが、フックの形状はあんまり関係ないような結論に達しました。フックサイズとフック位置が合ってれば、よほど変なフックじゃない限り大差ないと思います(チラシ鉤やタンデムフックは個人的に好みじゃないのでやってません)。
 そう、フライフィッシングは結局遊びなんだから、好きなようにやればいいんです。誰かに何かいわれたところで、もはや引き返せないところまで来てるんですし。
 さーて、明日は材料買い足しに行こうかな~♪

POINT OF NO RETURN.
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-13 18:28 | フライのこと | Comments(4)
あーでもない、こーでもない
 いやー、エイプリルフールに書いたエントリーで、反感を買ってしまったような気がするsaltwaterなんとかです。ま、過ぎ去ったことは忘れて(オイ)。先週末は久々に釣りでも~と思っていたんですが、東京地方はお花見にベストな週末ということもあって、ありがたい宴会のお誘いを複数いただき、ホイホイ出かけて来ました。自分が酒に釣られてちゃ世話ないですね。いやー、それにしても夜桜見物ってのはオツなもんです(ちょっと寒かったけど)。

 さてさて、いいかげん釣りに行きましょうかね。というか、今年は少しだけ釣りの方向性を変えようと思っているので、昨年のようにバカスカ釣りに出かけることは少なくなってしまうのも必然なわけです。先立つもののためには、がんばって働かないといけませんし。

 そんなわけで、気分的にはすでにあっちこっちへイッちゃってるわけでして……最近はこんなフライを巻いてたりします。使う予定はまだずっと先なのに、相変わらずの前のめりっぷり。
b0000168_1523584.jpg
 なーんかトラディショナルな雰囲気でしょ?(チガウ!?) ブログには変なフライばかり載せてるので、マトモなのを巻いていないように思われるかもしれませんが、そんなことはないんですよ。えぇ、そんなことはないんです、たぶん(笑)。
 画像はアメリカンハックルのグリズリーサドルを使っています。白もいいけど、グリズリーも欠かせないハックルですね。相変わらず良質なアメリカンハックルを求めてショップをさまよっているのですが、思うようなハックルに出会えません。夏に向けてサドルハックルの大量入荷に期待したいところですが、望みは……薄い……のかな?(ホワイティング博士、マサ名人、お願いしますよ~!!)あ、これのフックサイズは#8/0です。
b0000168_1555072.jpg
 ヘッドには当然ながら、キャム・シグラー大名人のポッパーヘッドを装着して使います。そういえば昔、新宿2丁目にキャムシグラーストア(エバニュー)があって、フリースとかブランケットとか買ったなぁ。当時はキャム・シグラー大名人のことをよく知らなくて、架空の人物(広告用キャラクター)かと思ってました。後日、キャム・シグラー大名人が実在の、しかも相当イッちゃってるフライマンだと知って、大いに驚きました。あぁ~若かったなぁ。あ、ちなみに当時買ったフリース、まだ時々着ています。物持ちの良さを通り越して、物持ちのしぶとさだけが自慢です(笑)。
b0000168_15154412.jpg
 そうそうフライといえば、先日悪天候で残念ながら中止になったYFTの賞品として提供させていただくはずだったフライがコレ↑です。次回YFTの賞品に再提供させていただきますので、参加選手の方々はイヤでももらってやってくださいませ~。おっと、優勝賞品ではありませんので念のため。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-02 15:24 | フライのこと | Comments(8)
私家版ポップリップを振り返る (その3)
 こんにちは。春×大潮=バチ抜けという公式があちこちで見受けられますが、バチ抜け≠爆釣とはならない……なんてことは皆さん重々ご承知のことでしょう。だからボウズ食らっても全然へっちゃらですね!(と同意を求める)
b0000168_12333862.jpg さて、今日はポップリップの話です。前回、前々回と私の恥ずかしいポップリップもどきをお見せしてきましたが、今回はちょっとマシになったものをご覧に入れます。というのも、はい!左!! ボブ・ポポヴィクス御大の『Pop Fleyes』です。超有名ですね~。
 どうでもいい話ですが、私は聖典と呼んでいます(笑)。この本に出会ってから、なんとなく推測で補完していたポップリップを詳細に知ることができました。ポップリップを巻いてみたいと思っている方には、ぜひオススメの1冊です。

 で、ここからは最近のポップリップをずらずら~っと。
b0000168_13354345.jpg
 信越シリコーンに替えてから、ヘッドをコーティングしやすくなりました。もちろん、コートするのは表面だけですぞ!
b0000168_133004.jpg
 しましま模様にもチャレンジしますが、うまく出来ません。磯じまん淀川氏ことcheee3さんのクオリティには遠く及びません。余談ですが、淀川氏の「磯じまん」に対抗して?「江戸むらさき」をお送りしたいのですが、結果が伴いません……。無念。
b0000168_13313298.jpg
 リップが柔らかいので、フッキングも思ったほど悪くありません。バルキーさは変わりませんが、中空なので水抜けがよく、軽いです。三重苦フライとかいっちゃってスイマセンでした!!
フックはS10S-4Hでサイズは#8/0。
b0000168_13372691.jpg
 昨年の落ちアユシーズンに爆発する予定だった黒いポップリップ。
フックはS10S-4Hでサイズは#6/0。
b0000168_1341449.jpg
 コイーバのリングを纏ったポップリップ。ヘッドはラッパーの色をイメージしています。サイズはシグロ I くらい。
フックはMASUTADの古いやつ。サイズは#6/0だったかな?ま、遊びです。
b0000168_13384352.jpg
 バチシーズンに遊んでいるバチポップ。
フックはS10S-4Hでサイズは#4/0。
b0000168_13405419.jpg
 夏にはきっと炸裂する(はずの)ポップミノー。音楽でいうところのマッシュアップ??です(笑)。
フックはMASUTADの古いやつ。サイズは#8/0(?)
b0000168_13444483.jpg
 正統派(?)スタイルのポップリップも巻いています。作れば作るほどいろんな表情を見せてくれる、本当に興味が尽きないフライなので、まだまだ魅了され続けそうです。
フックはS10S-4Hでサイズは#6/0

b0000168_13473313.jpg リップ正面はこんな風になってます。リップは丸くカップ状に固めるのですが、水流によって多少なびいたりもするので、そのへんの調整は適宜で。当然ながら出来上がりにはバラつきが出てしまいますが、たくさん巻くことで慣れていくしかないようです。

b0000168_142826.jpg 最後になりましたが、ポポヴィー御大のタイイング妙技が収録されたビデオがアンプカから販売されています。このビデオにポップリップの巻き方は登場しませんが、ポップリップの基本形ともいえるシリクローンマレットのタイイング方法が解説されているので、興味のある方はご覧になってはいかがでしょうか。
 他にもサーフキャンディ、ボブズバンカーのタイイング方法が解説されています。またそれぞれのフライを実際にサーフでキャストして、ポポヴィー御大自ら実釣時のコツ語ってくれちゃってます。また、違和感ありありですが、スポンサーであるアンプカの帽子を義理堅く被ってたりします(笑)。
 個人的には『Pop Fleyes』と同じくらい勉強になりました。しかし、御大は割と早口で解説するので、私の英語理解力では何度も繰り返し見なくちゃいけませんでした……(笑)。

※私家版ポップリップを振り返るのは今回でおしまいです~。お付き合いありがとうございました。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-03-05 14:17 | フライのこと | Comments(18)