"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
ご無沙汰しております、香..
by はま at 20:44
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
フローティングベストあれこれ
 こんにちは。11月ももう半ばですね。今年も残すところあと1ヵ月半。木枯らしも吹いて、寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 本日は『The answer is in the sea. ~海をキレイにしてステッカーをもらっちゃうもんね!』キャンペーン、第2回のご報告を……と思っていましたが、明日から急な出張に出かけることになってしまったので、出張から戻ってきてからのご報告とさせてください。ちなみに出張先は、京都、滋賀、和歌山の3県です。特に和歌山は久々で楽しみです(スケジュールはキツキツですが……)。

 というわけで、今日はフローティングベストについて思うことをあれこれ書こうかと思います。渓流や本流、はたまた湖でフライフィッシングを楽しまれている方の大多数が、ベストを着用されているかと思います。機能性はもちろん、デザイン面でもフライフィッシングっぽい装備のひとつですし、人によってはシーズンや場所に合わせて何着もお持ちの方もいらっしゃるようです。
 まぁ、かくいう私も淡水の釣りをメインにやっていたころは、フライフィッシングっぽいベストを着て各地に繰り出していたわけですが、海のフライをやるようになってからは、すっかり着なくなってしまいました。というのも、海ではフライっぽいベストより、も救命胴衣としてのベストを着用する必要性があると思っているからです。
 私はありがたいことに落水の経験はありませんが、知人がボートから落水した話や、堤防や消波ブロックから転落した話をたびたび耳にします。もちろん、落水しないことが大前提ですが、万一落ちてしまったことを考えるとフローティングベストを着ているかどうかで、落水後の生存率が変わるのは明白です。
 最近は海のフライフィッシングを始められる方が増えてきたという、嬉しいお話を各方面から聞きますが、海では必ずフローティングベストを着用されることをお願いします。釣りは楽しいですが、命あっての遊びです。家族や友人を悲しませないためにも、必ず着用しましょう!!


 なーんて、堅苦しい話はこのへんにしておいて……「フローティングベスト着るよ、わかったよ、でもどんなのがいいんだよ!」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。そうですよね、私も悩みました(笑)。最低限の機能としては、落水時にちゃんと浮いてくれるものであればいいんですが、「ルアーっぽいデザインのはどうも……」とか「発泡型と膨張型、1着買うならどっち?」とか「収納力があるのは?」など、淡水のFFではあまり親しみがない装備だけに疑問も多いと思います。ということで、ざっと解説してみましょう。


b0000168_14294134.jpg【発泡体内蔵型 その1】
(シマザキ御大的判別名=マンマ)

 まず最初に紹介するのが、発泡体(フォーム)が内蔵されたタイプです。現在市販されているフローティングベストを大別すると、この発泡体のタイプと膨張式(ガス)の2種類になります(特殊なものを除く)。発泡型は、その名のとおり発泡体がベストに内蔵されているので、膨らませる必要がありません。また、発泡体に厚みがあるため寒冷期は温かいですが、逆に夏場は暑いです(下にTシャツ1枚とかなら大丈夫ですが)。膨張型は膨らむという構造上、ポケットを配置するのが難しいですが、その点、発泡型にはポケットがたくさん用意されているモデルも存在します。岸釣りがメインの人や、フローターやシーカヤックに乗る方は発泡型がオススメです。また、最初の1着としても最適だと思います。堤防で昼寝する際に枕として使えるのもGood(笑)。
 最近はパズデザインリトルプレゼンツから、フライっぽいデザインのものが出ているので、それほど違和感はないんじゃないでしょうか? ダイワからもいいのが出てますが、ちょっと高いですね(いずれも全開バリバリルアーっぽいと感じる方はいらっしゃると思いますが……)。


b0000168_1441678.jpg【発泡体内蔵型 その2】
(シマザキ御大的判別名=フリワケ)

 続きましては、発泡内蔵型のライト版というか、肩がストラップになっているタイプです。基本的な構造は、その1と同じですが肩が開いているぶん暑くないのが利点です。また、アームホールが大きいので、キャスティング時に肩がつっぱる感じがないのもこのタイプの特徴です。反面、その1に比べると収納力は落ちてしまいますが、夏のサーフや堤防では重宝すると思います。ただし、中には海での使用に適さないモデルもあるので、購入時は浮力表示(国交省が定めた基準に適合しているか)に十分注意しましょう。


b0000168_14533391.jpg【膨張型 その1】
(シマザキ御大的判別名=エッチ)

 はい、じゃ次は膨張型です。このタイプはガス(および呼気)によって浮力体が膨張するもので、水分を感知して自動膨張するタイプと、紐を引っ張って手動で膨張するタイプがあります。どちらも仕組みは同じ仕組みですが(付属の小型ボンベを鉄針で打ち抜いて膨張する)、自動式は水に濡れると鉄針を留めている紙が破れて膨張するようになっています。よって、河口のウェーディングやサーフのように、波が下から当たる状況で使うと、思わぬ誤作動を起こすことがあります。反面、堤防や磯のような高所から落水した場合、ショックで意識を失うこともあるので、自動膨張は大変心強い機能です。
 まぁ、ボートメインで使うなら、この膨張型が一押しです。ボートなら収納力は必要ありませんし、なにより身軽に動けますし。自動式、手動式のいずれも1度膨張させると、ボンベが1本なくなります。呼気によって多少は膨らませますが、ボンベ交換を忘れたままにしておくと、いざというときにとんでもない目に遭うのでご注意を。ちなみに昨今の航空事情による規制強化でボンベ類の持ち込みが難しくなっているようですが、4~5年前は救命胴衣のボンベだと申請し、事前に預けることでOKでした。今はどうなのかなぁ?


b0000168_1564619.jpg【膨張型 その2】
(シマザキ御大的判別名=ハラマキ)

 最後はこのところ増えているベルト型です。膨張の特権でもある省スペース化により、肩掛け式ではなく腰巻き式にすることで、さらに軽快になっています。両手を頻繁に動かすフライキャスティングの特性を考えれば、かなり楽チンなのは言うまでもありません。膨張時は脇の下までせりあがってきて安定します。ちょうど浮き輪で浮かんでいるようなイメージですね。ただ、場合によっては体から抜け落ちてしまう可能性もあります。その場合、は浮き輪につかまって浮きましょう。また、体型によってはズリ落ちやすいという(膨張前)という話もあります。
 似た形状にウエストポーチ型がありますが、これは膨張する浮力体がウエストポーチ状になっているだけで、基本的にベルト型と差はありません。ただ、ウエストポーチ型は自分以外の誰かが落水した場合、その人に向かって投げてあげられるのが大きいメリットといえます。



 ってな感じで、ざっくり書いてしまいましたが、フローティングベストの場合、買えない高級品よりも買える無名品。着用してこそアクシデントに対応できるものです。まだお持ちでない方は、ロッド1本、ボート1回ガマンしてでも、ぜひご購入されることをオススメします。


こんなブログよりも、もっと正しい知識を身につけたい方は、国交省の救命胴衣コーナーをご覧下さい。

 じゃ、行ってきます(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-11-13 15:32 | 道具のこと | Comments(6)
Commented by ペリカン at 2006-11-13 23:00 x
未だに買っておりませんでした・・・反省反省。
でも、買う物は決まっているので、次にボートに乗る前までには用意しようと思ってます。
落ちた時はパニクってるはずなのでエッチ型の自動膨張にしようと思ってます。
Commented by saltwater-ff at 2006-11-14 19:57
ペリカンさん>こんばんは!
前にBACK DOORで取り上げてらっしゃった、パタのFベストはリコールになったから、買うタイミングを逸したんじゃないですか?
デザイン優先だと私は、ヘリーハンセンのバルチック-ポケットというのが、なんかカッコよくて好きです。高くて買えませんが。

まぁ、落ちても落ちなくても慌てないことが第一ですね!
Commented by ペリカン at 2006-11-14 23:43 x
こんばんは
そうなんですよ、パタのリコールでタイミングを外しました。(笑)
先日は少しだけテトラに乗ったのですが、寒さで体が硬直しちゃって、危うさを感じました。やっぱり、必須アイテムですね。
Commented by SALTSIZE at 2006-11-14 23:59 x
資金調達できました
SALTSIZEです。
主にショア使いなので、車でランガンする時も”着たまま”で良さそうなのと、極寒の時、上から”重ね着”出来そうだと言う理由で、H型自膨式に決めました。
”笛付き”らしいので、”熊避け”にもなorz....(爆
Commented by saltwater-ff at 2006-11-15 17:34
ペリカンさん>こんばんは。
やっぱそうでしたか!<リコール
消波ブロックは怖いですよ~。もともと人が乗るようにできてないので、くれぐれも安全第一で!
Commented by saltwater-ff at 2006-11-15 17:37
SIZEさん>こんばんは。
防寒という意味じゃ、マンマ型がオススメですよ。ウレタンフォームって、かなりあったかいです。
Y’sギアとかのH型なら、1万円以下で売られていることも多いです。笛は絶対必要ですね。声なんて聞こえませんから。フエガムはダメですよ(笑)。
<< 気になることがある おとどけもの >>