"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
その他のジャンル
画像一覧
クロダイに挑戦!
 クロダイをフライで釣ってやろう……!! 最初にそう考えた方はエライ! だって、これまでエサ釣りでもそうそう簡単には釣れないとされてきたターゲットですもんね。前打ち、ヘチをはじめ、電気ウキを使った夜釣り、だんご釣りなどなど、地域や季節によって様々な釣法が存在し、かつエサもゴカイ、イソメ類、エビ、カニ、貝から果てはスイカ、サツマイモでも釣れる不思議な魚。獰猛さと警戒心を併せもった至高のゲームフィッシュ。その魅力は黒鯛師と呼ばれる専門の釣り人がたくさん存在することからもうかがい知ることができるでしょう。

 このところそのクロダイを、どういうわけだかルアーやフライで狙う人が増えてきたようで、大変注目されているようです。実際に海のルアー雑誌各誌では、クロダイを取り上げている記事が増えていますし、ウェブ上でもにわかにクロダイの話題が上っています。まだまだ地域差や季節差があって、王道メソッドみたいなものは確立されていませんが、それももはや時間の問題でしょう。でもって、フライフィッシングでクロダイが釣れたという実績はまだ数えるほどですが、それでも一部の開拓精神にあふれたS.W.F.F.マンがチャレンジして結果を残しています。再現性という意味ではまだまだこれからだと思われますが、ゲームフィッシングとしての質は相当高いものになりそうなので、火がつけば一気にブーム! なんてこともありそうです。まー、旬な話題として、乗り遅れないように注意(!?)が必要かもしれません(笑)。
 もっともこれを書いている私自身も、先日クロダイのサイトフィッシングにチャレンジして、見事にヤラレてしまったクチだったりします。挑戦したのは、いわゆる落とし込みのスタイルとキャスティングでクロダイの鼻先へフライをプレゼンテーションするサイトフィッシングの2通り。どっちが興奮するかというと、当然ながら後者なのは書くまでもありません(落とし込みスタイルを否定する意味ではありません)。

 私がチャレンジしたのは先日の日曜日、クロダイのチャーターボートとして知られるシークロ号での出撃となりました。この日はフライで狙う私のほかにもう1名、ヘチ釣り師のNさんも同船していただきました。出船して10分ほどで最初のポイントに到着。落とし込みで狙えるポイントなので、ひとまずNさんに型を見せてもらいました。最初に釣れたのはやや小型のクロダイ(30cmUPくらい)。エサはイガイで、棚は1m前後と浅いようです。クロダイが表層近くでさかんに捕食しているとのことで、私もそのシーンを見て思わずヒートアップしちゃいました。
b0000168_20272653.jpg

(上の画像はNさんが2枚目に釣った45cm。見事な体躯のクロダイです。こういうのが釣りてぇー!)

 次に案内していただいたポイントは、クロダイが背びれを出して定位しているスペシャルなポイント。こんなクロダイ見たことありません! しかも1匹じゃなく、軽く4~5匹は見えます。多いときは10匹以上がこうやってテイリングしているというのだから、やっぱり海はおもしろい! まさかこんな光景とは思っていなかったので、タイイングしてきたイガイフライが重すぎてキャストしづらいったらありゃしない。次はキャスト用に軽く巻いたバージョンも用意していかなければ……と思いましたが、今日はこのフライでなんとかするしかありません。キャストを繰り返すうちに、定位するクロダイの鼻先約30cmにプレゼンテーションすることに成功!沈んで行くフライを見ていると、クロダイが反応して下を向きながらフライを追って行きます……そしてフライを食った!と思った瞬間にアワセをくれると、なんと痛恨のアワセ切れ!! ハズカシー!! その後は落とし込みスタイルでやったり、またキャスティングで狙ったりしましたが、結果は無念のボウズ。次回への課題をお土産に帰路につきました。
 テイリングしているクロダイがいつまでいるかわかりませんが、なるべく早い段階で再挑戦してみたいと思っています。
b0000168_20273822.jpg

イガイを模したフライ各種。ウエイトをガッチリ巻き込んだ落としこみ用です。下のほうになんだか怪しいのも混ざってますね……(笑)

by saltwater-ff | 2005-07-27 20:42 | 戦いの記録
<< アオリイカってフライで釣れるの? 赤外線温度計のインプレ >>