"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
ご無沙汰しております、香..
by はま at 20:44
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
アイについて思うこと
 海に限らないのですが、フライタイイング時に注意している事柄があります。それはアイの重要性について、です。ドライフライの場合は無関係なのですが、水中で使うフライ、特にベイトフィッシュやエビやカニを模したパターンの大多数に私はアイをつけています。それは時にダンベルアイだったり、ドールアイだったり、スティックオンアイだったりするわけですが、アイ(目玉)があるのとないのとでは、なんか大きな差があるように思えて仕方ありません。
 よくいわれるように、フィッシュイーターは目を狙って攻撃(捕食)するとか、目があると焦点を合わせやすいという要素も大いに関係していると思います。私個人的にはそれらの要素に加えて“ヤバイ目”という要素を加えたいと思います。これはほぼ確実に私の妄想ですが、捕食者に追われているときは魚も目が焦っているのだと思います。彼らの生活の中で、追われている状態と追われていない状態、どちらが多いかというと、きっと追われていない通常の状態の方が圧倒的に多いと思います。常に緊急事態というか、生命の危機に瀕している状態というのは、それはもう必死なわけで、きっと通常状態とは異なるのだと思います。それは微弱ながら体内で発生する電気であったり、目の状態だったりするのだと思うわけです。微弱な電気はフライで表現するのはなかなか難しいので、せめて大きく見開いた目くらいは再現したいなー、と思ってたりします。
 まぁ、デイゲームならいざ知らず、ナイトゲームでこういったディテールがどこまで関係しているのか図りかねる部分ではありますが、それでもアイがあったほうがなんとなく釣れるような気がするから不思議です。ナイトゲームの場合は側線刺激系の方が釣れるのでしょうか…少なくともシーバスとかの目が暗視スコープの役割を果たしているとは思えないので、彼らが夜間に捕食する場合は側線に頼って獲物を探し、視覚も併用して捕食するというのが現実でしょうか。魚類学については専門ではないのでこれくらいの理解度で釣りしています(笑)。
 もちろん、アイがないフライで釣れることもままありますが、スペースが許すのであればやっぱりアイを付けたくなるのが心理ってものでしょう。だからといってアイのないフライを否定するわけではありませんので曲解なきよう、お願いしたいのです。
b0000168_17423799.jpg
 写真は以前行った沖縄でウチナーの投網漁師さんが獲ったトウゴロウイワシの仲間と、その時に私がキャストしていたジギーです。こういう風にベイトフィッシュを見るとき、最初に目玉を見てしまうってのが自然だと思うわけで、これは人間だけじゃなく、鳥も魚もきっと共通しているんじゃないの?とかね、思うわけです。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-30 18:44 | フライのこと | Comments(0)
<< 暴風雨の中で 「ディープブルー」を見てきました >>