"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
シーバス用フライを考える その3
b0000168_14494258.jpg 先日のシイラ釣りの際にお会いしたS.W.F.F.アングラー、Nさんのフライに感化され、私もこのところスピンテイル・フライばっかりタイイングしています。聞くところによると、Nさんのスピンテイル・フライはシーバスのデイゲームでも圧倒的な効果をあげているとか…(Nさんは某大会でのウイナーでもあられるそうで、私など足元にも及ばないS.W.F.F.の先輩です)。チラリと見せていただいただけなので、勝手な想像と推測で私もスピンテイル・フライを巻いてみましたが…これが実に釣れそうなんです! ルアーとフライの瀬戸際ギリギリのような物体ですが、釣れる要素がつまっているのは疑う余地なしって感じです。「フライ」の定義にアウトかセーフかの判定は個人にお任せしたいと思います(私は全然セーフですよ)。
 ブレードの大きさやワイヤの長さ、ウエイトバランスなど、まだまだ試験段階なのですが、浴槽チェックではいずれも問題ない泳ぎを披露してくれました。これ以前にベイハムさんに持ち込んだ初期バージョンもあるのですが、それらは糸ヨレがでてしまうので大幅にバージョンアップさせました。テイルのブレードやワイヤとの重量バランスを考えて、アイはTMCのタングステンアイ(Lサイズ)を使っています。ところでこのタングステンアイ、少々値が張ることを除けば、見た目もリアルで大好きなのですが…どうもカタログに掲載されていないし、販売終了しちゃったようで残念です。
 上段の2本はデイゲーム用なのでカラーを豆アジ&イワシっぽくしてあります。フックサイズは左が#2(がまかつ)、右が#6(ジャスティス)。中段と下段はナイトゲーム用で、中段右、下段右はブレードの大きさが異なっています。フックサイズはいずれも#1(がまかつ)。中段左、下段左が最新型でゾンカーの色に合わせてブレードの色を変更してみました。バランスもかなり良好で、よく泳いでくれます(テスト直後で濡れています)。フックサイズはいずれも#2/0です。

<2006年2月16日追記>
えー、一時期デイゲームはこの系統のフライばかり使っていましたが、現在はほとんど使わなくなってきました。というのも、このフライよりももっと効果的なフライ(そしてリトリーブ方法)を見つけたからです。ちなみにこの画像にあるテールスピンは初期のもので、ここから3世代ほど改良したりもしました。最終的にはダンベルアイよりもコーンヘッド、ステンレスワイヤーよりも●●●●●の方がシーバスには適していました。でも、もうほとんど使いません。だってもっと釣れるフライがあるんですもん(笑)。先達のみなさんもきっと通ってきた道筋だと思います。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-16 18:57 | フライのこと | Comments(0)
シーバス用フライを考える その2
b0000168_14465759.jpg ダンベルアイを大きく、重くしている理由は「リトリーブの隙間におけるシーバスのリアクションバイトを誘っているから」と書くともっともっぽいですが、けっこうこれが効果的に働くことが多いので、基本的にゾンカーパターンを使った誘い方として図のように使っています(シーバスF.F.の諸先輩方にとっては当たり前のテクニック!といわれてしまうかもしれませんが…)。
 リトリーブとリトリーブの隙間、というかフライフィッシングの場合はルアーフィッシングのようにリールでラインをリトリーブするのではないので、断続的に引っ張ることが難しいです。基本はロッドを握っている手と逆の手でラインを引っ張るのですが、どうしてもリトリーブに“間”ができてしまいます。ロッドを脇に挟み、両手でラインをたぐるなどしてラインストリッピングの速度を上げることも可能ですが、完全に“間”をなくすのは難しいでしょう。そこで、逆にその“間”を利用してやると、これが思わぬ好結果につながることがありました。
 とはいえ、リトリーブの“間”を意識して取りすぎると当然シーバスは追ってくるのを止めてしまうので、普通にリトリーブしてるのとなんら変わりなく引っ張ります。その際にフライが少しだけアイを下に向けて沈む、この動きがどうにもシーバス君を刺激してくれるようです。もちろん、この動きに無反応な日もあります。そういうときは上下運動が少ないフライを使うと釣れることが多いようです。無論、なにを投げても釣れない日も多いですが…。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-16 14:33 | フライのこと | Comments(0)
シーバス用フライを考える その1
 東京湾におけるシーバスのフライフィッシングでは、主な捕食対象になっているカタクチイワシを模したフライパターンが効果的です。サイズは4~9cmくらいまでを季節や状況に合わせて使い分けます。まぁ、だいたいハズレのないフライが写真のようなゾンカーパターンで、白かチャートリュースが実績高いカラーです。ゾンカーはラビットでもミンクでも構いませんが、ガードヘアはしっかり取り除いておきましょう。これだけでも動きが変わってきます。
 それから、これはある夜に私が体験したことなのですが、このゾンカーの長さが捕食しているベイトのサイズと同じと限らないことがあります。4cmのゾンカーにヒットしたシーバスが10cmくらいのカタクチイワシを吐き出すことはよくあることで、でも10cmのゾンカーには見向きもしてくれません。あくまで4cmのゾンカーにのみ反応する……。この謎は実は簡単でした。それはカタクチイワシの頭~腹部の長さが約4cmで、シーバスはその大きさに反応していたと推測しました。つまりゾンカーの長さがベイトフィッシュの長さである必要はないのです。珍しいケースかもしれませんが、夜のシーバスフィッシングでは何度かこういった経験をしているので、私のシーバス用フライボックスには何本かの小さな白いゾンカーパターンが常に陣取っています。
b0000168_14404155.jpg
 フックサイズに比較して大きいダンベルアイを付けている理由はふたつ。アピール度向上のためと、もうひとつはリトリーブ中の一瞬の沈下姿勢(頭を少し下げる動き)がシーバスのバイトを誘う(と思う)からです。詳しくは次にでも。写真のフライのフックサイズは、左上が#8、左下が#12(ともにバイアンフック)、右上が#8、右下が#6(ともにジャスティスフック)です。

<2月16日追記>
ここ1年ぐらいでこれらゾンカーを使ったフライの出番は、ほとんどなくなりました。理由はいくつかありますが、一番の理由はサイズを大きくできないから……というものです。いや、大きくすることはできるんですが、そのぶん重くなってしまうので扱いにくいんですよね。とはいえ、ゾンカーの素材感そのものは好きなので、対処策を考えて異なる使用法がないか模索中です。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-16 12:02 | フライのこと | Comments(0)
海用フライリールのこと その6
b0000168_13581597.jpg■ループ モデル3
 これは海用にはちょっと問題ありかもしれません。元々は湖用に買ったのですが、陸っぱりシーバスくらいには問題なく使えるので、時々出撃しています。ラージアーバーの先駆者らしく、圧倒的に大口径なのはいいのですが、バッキングラインが少なくなってしまうのでオフショアには使いたくありません。フレームも細いですし、耐塩処理も施されていないと思いますし。
しかし、やはり軽いことはいいことでキャスティングが軽快になります。難点をいえば、ドラグを締め込むと正転時、逆転時ともに重くなるところでしょうか。というわけで、フルロックは無理です。あと、長期間使う予定がない場合はドラグを緩めておいたほうがいいでしょう。このリールは、6つのローターがスプールの内径に当たることでドラグをかけているので、締め込んだままにしておくと、なんかローターが歪んでしまいそうに思えるからです。
 ラインは3Mのウエットセル(だったはず) #11タイプ3です。個人的にシューティングヘッドよりもフルラインのほうが好きなので、これもフルラインを巻いてあります。
 実は…近日中にこのリールの仲間が1台増える予定です。そいつが配備されるとこのモデル3は、ほぼ完全に海で使うことはなくなりそうです。そうなったら、本流のスペイ用リールとしてがんばってもらうつもりです。

<2006年2月16日追記>
 すでに海用リールとしては退役しており、主にキャスティング練習用のラインを巻いて使っています。岸釣りシーバス用にはまだまだ活躍してくれそうなので、その日の気分で出撃があるかもしれません。ローラー部の錆と塩詰まりが怖いので、使用後の水洗いは欠かさないです。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-13 11:47 | 道具のこと | Comments(4)
海用フライリールのこと その5
b0000168_13495836.jpg■サイエンティフィック・アングラーズ マスタリーリール 89
 廉価の良品として有名なサイエンティフィック・アングラーズのマスタリーリールです。海のフライリールに求められる要素、頑丈さ、ライン容量、ドラグ性能、耐腐食処理の4つを満たしつつ、しかも安い!という素晴らしいフライリール。SA社はシステム○○というリールも出してますが、それとは微妙に異なっているところが好きで、いつか買おうと思っていたのですが、最近では今さら買うのもなんだかなぁ~と思ってました。しかし、そんな時にこそ出会いはあるのですね。元々安い部類のリールですが、新品で大幅値引きされているのを発見して即購入。我ながら、こういう時の後先を考えない決断は早いです。それで、ライン指定が#8-9となっていて、私にとってはちょっと中途半端なサイズだったせいもあり、しばらくは出番がなかったのですが、シーバス用リールの一翼を担ってもらうことにしました。というわけで、このリールで魚はまだ釣っていません。#8ライン+バッキング100mほど入れても余裕が十分にあるので、#10ラインくらいまで対応できるのではないかと思います。ラインは3Mのウエットセル(タイプ4)を改造したラインを入れてあります。
 このリール、どことなくハーディーの香りがするんですよね。OEMかな?それともブリティッシュフライリール社製かな? ドラグはフルロックできませんが、微調整可能なので細いラインでも案外平気です。

<2006年2月16日追記>
私のなかでは、すでにシーバス用#8タックルの1軍リールとして、不動の地位を築いています。マスタリーのストライパーテーパー・タイプ4を入れて使っています。目立つ性能はありませんが、性能と価格が高次元でバランスしている素晴らしいリールだと思っています。アウトスプール全盛の昨今、あえてインスプールを使うってのも偏屈者としては楽しかったりします(笑)。


<2009年6月某日追記>
大好きで頻繁につかっていたマスタリーリールですが、残念ながら海へリリースしてしまいました……。今までずいぶん頑張ってくれたので、海の底でゆっくり休んで欲しいと思っています。
もし、どこかのショップの店頭で見かけたら、きっとまた買ってしまうんじゃないかと思います。なんつーか、いわゆる“フライリールっぽい”普遍的なデザインが好みなんです。
 海用に限らず、最近のフライリールの多くはデザインを頑張りすぎちゃってる気がしていて、うまく表現できませんが、なんか落ち着かない(笑)。よくいえば斬新、悪く言えば風化しやすいように思います。長く使うものだから、普遍的なデザインのフライリールが見直される日もそう遠くないんじゃないかと思います。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-13 11:34 | 道具のこと | Comments(0)
海用フライリールのこと その4
b0000168_13462879.jpg■セージ3500D
 実は私の持っている唯一のセージ製品です。別にセージというブランドが嫌いなわけじゃないのですが、これまでなんとなく食指が動きませんでした。が、この3500Dは某所で叩き売られていて、思わず価格にリアクションバイトしてしまったものです。さすがにセージのブランド名を背負っているだけあって、完成度は非常に高いです(まぁ、GALVANかどっかのOEMだと思いますが)。ドラグのメカ部分はシールドされていて手が出せない(中が見えない)のは残念ですが、逆に絶対の自信を感じます。以前はスペイロッド用のリールとして使っていましたが、やはり海用リールなので海でデビューさせました。主に#8ロッドでシーバスを釣る時が出番です。難をいえばドラグの調整幅がやや大きく、超ユルユル→ユルユル→カチカチという具合です。できれば超ユルユル→ややユルユル→ユルユル→ちょっとユルユル→少しだけユルユル→ちょっとカチカチ……という具合に微妙なセッティングができるようにして欲しかったなぁ、と。それでもドラグの滑り出しは滑らかだし、軽くて頑丈だし、セージらしい値段相応の高い満足度と優れた性能を享受してくれるリールです。
 巻いてあるのはマスタリー・ボーンフィッシュテーパー #8です。暖かい時期のシーバスにはトロピカル系ラインが水切れもよくてグッドです(寒い時期はラインがカチカチになるのでノーグッド)。
 リールの巻き取り方向=左巻きか右巻きか、悩まれる方も多いと思います。私の場合、フライリールに限らず、だいたい左巻きに設定していますが、こと海用フライリールに関しては右巻きが多いです。その理由は機会があれば書こうと思いますが、実は左巻きのものもあります。えぇ、節操なんてありませんよ(笑)。


<2008年7月4日追記>
 2005年以降すっかりシーバス用リールとして定着していましたが、2007年にハンドルノブのガタつきが発生。初期モデルではノブの軸が簡単に外れないタイプのネジになっていて、ちょっと手が出しにくい……。そのうち回す度に軸がブレてきて、本格的にヤバイので修理~と思いましたが、国内では受付できないとのこと(海外通販で購入したので)。並行品の修理受け付けないというのは、たしか法令で禁止されてるような……。ま、面倒なのでセージ本社に修理出そうかとも思いましたが、なんとか自分でノブ軸を外してネジを締め直してOK! ノブ軸の頭にはヤスリで削ったマイナスネジの切り込みがのこりましたが(笑)。現行モデルを見ると最初からノブ軸の頭にマイナスネジの切り込みが入ってるし!!(爆) まー、本国でもクレームあったのかなーなんて。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-13 11:26 | 道具のこと | Comments(0)
海用フライリールのこと その3
b0000168_1328391.jpg■エーベル No.3
 ラージアーバーは巻き取りが速いぶんバッキングラインを多く巻けないデメリットがあり、やはり通常スプールのリールも必要だろうと思って購入しました。これもバブリーだった25歳のころに購入。湖メインだったころにはスーパー8のバックアップ的に使っていました。その理由は、重いからです。本当に重くてゴツイ。いやはや、エーベルごときで重いなどと弱音を吐くとはナニゴトか!とソルトF.F.の先輩諸氏からお叱りを受けそうですが、やっぱり重いものは重いのです。でもこの重さこそが頑丈さの証拠でもあるので、十分なバッキングラインを必要とするオフショアの大物狙い時に大いに活躍してくれます。先日の145cmシイラ君をランディングできたのもこのリールだったからといえるでしょう。
 昨年にもメーターオーバーのシイラをフッキングした際、ドラグの一部分に使われているスプリングが外れてしまい、ただの大型タイコリール(常にドラグフリー)になってしまった経験があるのですが、その時にドラグのありがたさが身にしみてわかりました。スプリングは修理に出してもよかったのですが、時間がかかりそうだったので自作しました(自作ついでに強化!)。それ以降はノントラブルです。
 ラインはマスタリー・ビルフィッシュテーパー #13が入っています。カラーは派手なオレンジですが、シンクレートはタイプ5なので沈む沈む。派手な色は魚を追跡しやすいようにとのことです。
 ちなみにコルクのディスクプレートの滑りが悪くなっている場合、ほんの少し、うすーくグリスをコルク表面に塗ってやると復活しますよ(え?反則ですか?)。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-13 11:14 | 道具のこと | Comments(0)
海用フライリールのこと その2
b0000168_13383742.jpg■アイランダー LA4.5
 以前から金色に輝くラージアーバーに憧れてました。新品同様の中古がハーミットさんに出ていたので迷わずゲッツしちゃいました。工作精度、ドラグの効き、回し心地、いずれも私などには文句のない高レベルな逸品です。見た目はゴツイのですが、意外に軽いのもポイント高し。正転時、逆転時ともに小気味よい音がして、水に濡れると音が内部にこもるようになり、それもまた妙味です。優れた性能を有しているリールなのですが、正規輸入代理店さんがあまり積極的にセールスされていないようで、ちょっと残念です。
 今はインターミディエイトのラインを巻いてあるので、主にサーフでのF.F.に用いています。巻き取りスピードも速くて寄せ波が厳しいポイントでもラインをコントロールしやすいです。
 巻いてあるラインはマスタリー・ターポンテーパー #12(インタミ)です。クリアカラーなので、時に神経質になるショアフィッシングに向いていると思います。あと、この手のクリアラインはオフショアで使うと、オマツリの際、船長に普通のナイロンライン(70lbくらい)と思われて途中から切断されることがあるので要注意! 私は2回経験しました(涙)。まぁ仕方ないのですが……。
 私の持っている海用リールの中で金色はこいつだけ。それ以外は黒系ばっかです。それはなぜかと申しますと、元は湖屋だったもので、フレッシュウォーターにおいて金ピカリールは魚の警戒心を招く…と信じていたからです。無論、迷信じみているとは承知しておりますが、当時はそれほど真剣に取り組んでいたのです(笑)。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-13 11:01 | 道具のこと | Comments(0)
海用フライリールのこと その1
 それでは、私がよく使う海用フライリールについてのごく個人的なインプレッションを書きたいと思います。使用感や思いなどはごくごく個人的なことなので、気に障るようなことが書いてあっても笑い飛ばしてください。購入時の参考になるかどうかは自信ありません(笑)。

b0000168_13322514.jpg■エーベル スーパー8
 ラージアーバーで、かつ穴がいっぱい空いているエーベルの軽量モデル。当時で8~9万円ぐらいだったと思います。そのころは過労死するような労働条件の中で働いていたのですが、その分身入りも多く、世間のバブルは弾けても個人的にバブリーだった25歳のころに購入。いつか行くぞと決めた海外釣行のため、というのは嘘で、当時熱中し始めていた本栖湖のモンスター用に購入。今もまだまだ現役です。エーベルの中では軽いモデルですが、元々エーベルは重いので他のリールと比較するとあまり軽くないかもしれません。私の不注意でアスファルトに落とした際、ハンドルのウッドが一部欠けてしまいましたが、それ以外はノントラブル。もっとも稼働率が高く、信頼しているフライリールです。
 あえて苦言をいうと、エーベルの海用リールは逆転時に無音なのが不満です。やっとのことヒットした大物のことを周囲に知らせるように、高らかに逆回転音を響かせたいところですが、エーベルリールは無音なのでハンドルがヒコヒコヒコ~というだけで、ちょっと寂しいです。
 ラインはマスタリー・ストライパーテーパー #12が入っています。ストライパーテーパーはコールドウォーター用なので、真冬でもしなやかさが失われません。
 噂では、最近逆回転時に音が出るモデルも発売されているとか…。ずるいぜ、エーベルのおっさん!
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-12 20:31 | 道具のこと | Comments(3)
海用フライリールについて思うこと
 海のフライフィッシング(以下F.F.)が他のF.F.と大きく異なる部分、それは道具にも当てはまります。特に渓流のF.F.において、フライリールはフライラインを収納するための道具という意味合いが強く、軽量で堅牢なものが好まれます。まぁ個人の趣向性やロッドとの重量バランスもあるので一概にはいえませんが、おおむねフライリールは好きなものを使って問題ないです。
 しかし、海のF.F.の場合は少し条件が変わります。それは何ゆえかというと、まず相手にする魚のサイズにもよりますが、おおむね淡水魚よりも力強い魚が多いので、堅牢さとドラグ性能が求められます。たとえば40cmのピンシャンのニジマスとクリックリールでやり取りするとものすごく楽しいですし、なんとか止められます。しかしこれが同じサイズのシーバス(スズキ)になると、クリックリールは楽しさよりも脆弱さが気になって、やり取りはヒヤヒヤものになります。さらにこれがシイラになると、40cmといえどもクリックリールで太刀打ちすることに限界を感じ「あぁやっぱり海用フライリールって必要だなぁ」と心の中で呟くことしきりでしょう(ちなみにシーバスの40cmは中学生サイズ、シイラの40cmはまだベイビーといっていいサイズです)。同じサイズでも明らかに海の魚のほうがファイトは強いですし、それに海はいつどんな大物と遭遇するかわかりません。だからこそ、十分に信頼できるタックルを選ばれることをおすすめします。
b0000168_13354332.jpg
 じゃ、どんなメーカーのリールがいいんだよ、とお尋ねの方もいらっしゃるでしょう。個人的には海用フライリールとして製造されているリールであれば、どこのものでもある程度は信頼できると思っています。海用フライリールは高価なので購入に失敗したくないという気持は痛いほどよくわかります。そこで、次回以降は私の所有する海用フライリールの個人的なインプレッションを書いていきたいと思います。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-12 12:55 | 道具のこと | Comments(0)