"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
ラインシステム(その1) -オーソドックス編-
 というわけで、恥ずかしげもなく「ラインシステム公開 第1弾」と参りましょう。とりあえず1回目は、私が使っているシステムの中で最もオーソドックスなものです。ライン強度を変更するだけで陸ッパリのシーバスからオフショアのシイラまで対応できるもので、面倒なときや釣行日まで時間がない場合はこれで通します。バッキングはPE4~5号で、リールのキャパシティに合わせて200m~巻けるだけ巻きます。もっと高強度のPEラインの使用もいいのですが、フライラインの強度が約35lbということを考えると、あまり強すぎるバッキングラインも考えものかな? と思っているのでフライラインと同等程度のPEラインを収納しています。PEは高いですしね。中型シイラくらいまでならダクロンのバッキングラインでもまったく問題ないと思います。
 図中(1)のPEとフライラインの結束はオルブライトノット(ほつれ留めにハーフヒッチを2回)です。PEをダブルライン(ビミニツイストなど)にする必要性は少なくともこのクラスでは感じていなし、フライラインの交換も多いのでやってません。
 図中(2)のダブルラインとフライラインの結束はループトゥループ。2回通しにするとより安心。ダブルラインは狙う魚によっても異なりますが、シーバスなら8~12lb。シイラなら16~20lbあたりにしています。ダブルラインの先端はエイトノットでループを作っています。
 図中(3)はスパイダーヒッチでダブルラインを作っています。以前はビミニツイストを多用していましたが、ここ1~2年はスパイダーヒッチの方が多いです。理由は船上でも短時間にバラつきが少なく結べるから、でしょうか。ビミニとの強度差はほぼないと思います。
 図中(4)はクラスティペットとショックリーダーの結束ですが、ここでもオルブライトノット+ハーフヒッチ2回を使っています。ここの締め込みは慎重にやらないとスッポ抜けます。ハーフヒッチした余りをライターであぶってライン先端にこぶを作ることもありますが、それはけっこう本気になっている時です(笑)。
 図中(5)はショックリーダーとフライの結束部分で、50lbより太いショックリーダーの場合はハリソンズ・ループやホーマーロード・ループ(フリーノット)なんかで結びます。20lbとか、それ以下の細いショックリーダーの場合はハリソンズ・ループ、ユニノットなどで結びます。
b0000168_22172785.jpg

まずは1回目なのでオーソドックスなシステムですが…(何回やるのか未定)次はシーバス用のラインシステムなんかを載せようと思います。あぁ、たいしたものじゃありませんので、過度の期待はご勘弁ください
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-09-15 22:19 | 道具のこと | Comments(2)
フライラインの先っちょ
 えー、このウェブログを開始してしばらく経つのですが、ちょっとリクエストがあったので何回かに分けてラインシステムとかその関係のお話をしていこうと思います。前もって書いておきますが、ここで公開しているのは私個人のやり方ですので、これが絶対正しいとかそういうつもりはさらさらありません。自分のやり方を公開するのは恥ずかしくもあるのですが、参考になる方がいれば幸いですし、もっと優れたやり方をご存知の方がいらっしゃれば、私も学ばせていただこうと思っています。海のF.F.は謙虚さが重要!(笑)ですから。
 ってなわけで、1回目はフライラインの先っちょをどう処理しているかのお話です。多くの方がフライラインの先端にループを作っているかと思いますが……その作り方もいろいろあっておもしろいものです。私もいろいろ試してきましたが、現在のところ下図のようなループの作り方で落ち着いています。ブレイデッドコアが内蔵されているフライラインであれば“ともじめ”できるので、強度的にもかなり強いと思います。あとライン番手にかかわらず取り付けられる点もいいですね。
「オレのフライラインの先っちょはもっとスゲーぜ!」という方がいらっしゃったら、ぜひ教えてくださーい。情報交換いたしましょう!
b0000168_21164772.jpg

かぶせるだけのブレイデッドループは、過去にスッポ抜けしちゃったことが数回あってからこの方法以外では使わなくなりました。最後はケブラースレッドとかで留めるのを忘れずに!
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-09-13 21:15 | 道具のこと | Comments(14)
ラビットキャンディ
 ここんところフライの話が続きますが……それはすなわち釣りに行けてないからだったりします。まぁ私は世間一般でいうサラリーマンなので、週末釣行が多く平日に釣行レポートを更新できたりすることは、残念ながらあまりありません。
 で、今日はラビットキャンディのお話です。シーバスをナイトゲームで狙う場合、まず外れのないパターンといえばラビットやミンクを使ったゾンカーパターンが挙げられます。これは渓流でいうところのエルクヘアカディスのようなもので、釣れる要素がつまっている普遍的パターンだと思います。まぁ各地で多少の変化は見られますが、おおむねヒットカラーはホワイト、チャートリュースあたりです。ボディにミノースケールのマイラーチューブを使ったり、ダンベルアイの有無なんかで多少の変化はつけられますが、だいたいみんな似たようなゾンカーパターンを使っていると思います。無論、私もそのうちの一人です。
b0000168_1819767.jpg しかし、やっぱりずっと同じようなゾンカーを使っているだけじゃ飽きてきますし、なんとなくおもしろくありません。そこで私は、敬愛するポポヴィー御大のラビットキャンディを使っていたりします。ボディ前半をエポキシで固め、後半はラビットゾンカーの生命感を生かせるようになっています。エポキシのかっちりしたシルエットとテイルのあやふやなシルエット、このメリハリというかギャップがシーバス君を魅了するのではないかと思っています。事実、ポポヴィー御大はストライプトバス狙いにラビットキャンディを使っているそうですし、日本のスズキ君を誘惑してもなんら不思議ではないと思っています。
 マテリアルのゾンカーテープ自体に浮力があるため、サーフキャンディよりもスローに沈みます。だからシャローの釣りでも意外と根がかりしなかったりします。
b0000168_1831162.jpg この手のフライはテイルのマテリアルがフックに絡みやすいのがネックですが、絡み防止の対策をしておけば、ほとんど絡むことがありません。その対策方法はいくつもありますが、私は上の図にある2種類の方法を主に使っています(ラビットキャンディの場合は「2」の方法を使っています)。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-09-10 18:04 | フライのこと | Comments(11)
フライをタイイングする喜び
 ルアー小僧だった小中学生のころ、よくルアーを自作していた。当時の雑誌を賑わせていたハンクルやナベミノーなんかに感化され、近所の釣具店のショーケースに入っているバルサ50を穴があくほど観察しては、勉強机にかじりついて必死にバルサ材を削った。お年玉で買ったビッグラッシュとラージマウスは、もったいなくてずっと使わずに模倣の対象にしていた。家にはろくな道具がなかったけれど、カッターナイフと肥後の守と彫刻刀とサンドペーパーでミノーやペンシル、クランクなんかを作りまくった。有名ハンドメイドルアーの完成度には遠く及ばなかったけれど、それでも自分で作ったルアーでブラックバスやライギョを釣ったときはものすごく嬉しかった。それは市販されているルアーで釣ったときの何倍もの喜びだったように記憶している。
 中2のときに初めてフライロッドを手にしたものの、周囲にフライマンはだれもおらず、頼りは『釣りキチ三平』のフライ編とダイワの『ルアーフライファンに贈る本』だけで、案の定ロクなキャスティングはできず、トラブル多発のさんざんな釣りしかできなかった。けれど、タイイングだけはみようみまねで楽しんでいた……。

 あー、昔話はこのへんにしておくとして、あれから十数年が過ぎ去った今もフライフィッシングの魅力は多々あって、あれもこれもと目移りするばかりです。私の場合はその中でもキャスティングとタイイングに大いに魅力を感じていて、実際のフィッシング(魚との直接のやりとり)ではない、キャスティングとタイイングだけでも結構満足というか、ひとつの趣味として楽しんじゃったりしています。具体的にはキャスティング練習といえば聞こえがいいですが、ただストレス解消よろしく、ブッ飛ばしたいがために休日の公園にでかけてブンブン高番手ロッドを振り回したり、行くあてもない海外のターゲット用にフライを黙々と巻いたりします。元々何かを作るという行為が嫌いじゃないせいか、フライを始めてすぐのころからタイイングには大いにハマりました。キャスティングは現在に至るまで穀蔵院一竿流(笑)で通していますが、タイイングは常に新しい出会いや偉大な先人の知恵を学ぶたびに巻くフライが増えていきます。まぁ、簡単に書くとタイイングが好きなんですね。やっぱり自分で巻ける人なら巻いて釣ったほうが何倍も楽しいと思うわけです。
 まぁ、世間にはいろいろな事情があってタイイングができない方もいらっしゃるので、そういう方は完成品のフライを購入されると思いますが、市販フライってそんなに買うもんでしょうか? 私はまず買わないですよ。だって、結果がどうであれ自分で巻くのが楽しいんだもの。フライを買って釣りするのは、その楽しさを放棄するようでちょっと苦手です。
 そういえば『釣り師でないタイヤーが巻いたフライには祈りがこめられていない…』なんて意味の名言を田渕義雄氏もおっしゃっていましたね。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-09-09 20:22 | ざっくばらんに | Comments(2)
EPストリーマー
 昨年からずっと気に入って使っているのがこのEPストリーマーです。これはエンリコ・パグリシさんのエンリコファイバーというシンセティック素材を使って作るのですが、軽く、水になじみやすく、それでいてボリュームを損なうことがあまりありません。海のフライの多くはベイトフィッシュに似せたスリムなものが多いですが、魚は時にボリューム感のあるフライに大変良い反応を見せることがあり、悔しい思いをすることがありました。しかーし、このエンリコ・ストリーマーを使い始めてからというもの、明らかにこれまでとは異なる反応を得られるようになってきました。そう、それはリアクションバイト、とでもいいましょうか。強制的かつ衝動的に捕食行動(もしくは攻撃行動)をとらせているような感じです。まぁこれはシーバス君、その中でもフッコ級までの経験しかないのですべてに当てはまるとは限りませんが……。
 水面下をリトリーブする釣りの場合、フライはアピール度やボリューム感といった点でルアーに到底敵わないとする向きがあります。私は過去にルアーフィッシングも経験しているので、この意見に同意できる部分も大いにあるのですが、やっぱり全然敵わないとは思いません。フライでもアピール度やボリューム感を出すことができると思ったりするのです。ルアーはルアー、フライはフライ。それぞれ違う土俵といえばそれまでですが、フライ(毛鉤)の可能性にちょっぴり賭けてみたい気もするのです。エンリコ・ストリーマーは、私のそんな気持ちを後押ししてくれるかのように魚を誘惑してくれます。ちなみに……エンリコ・ファイバーによく似た素材のニアヘアーで巻いても同じような仕上がりになるのはここだけの秘密ですよ~。ニアヘアーの方が長いのでより大きく長いフライを巻くのならこちらをお勧めします。価格もニアヘアーの方が安いけど、量が異なるので何ともいえませんが。
b0000168_1759977.jpg
 写真はフックサイズ#1/0に巻いたもので、ポイントガードにモノフィラを取り付けてあります。EPストリーマーの不思議な点は、小さく巻いたものより大きく巻いたものの方が反応がいいというところ。どういうわけか、ちっちゃいエンリコは反応よくないんです。タイイングの注意点は適所適量にすること。タイイング手順は、ハーミットさんのタイイングティップスコーナーにありますよ。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-09-09 18:16 | フライのこと | Comments(2)
大きいフライで釣りてぇのです
 先日、大潮の最終日にまたしても横浜に出かけて来ました。目的は当然ながらシーバス君です。猛威をふるった台風が過ぎ去ってから数日後、港内各所にベイトがわんさかいるという前情報に、入れ食いを確信しての挑戦でした。今回もお世話になったのは、ベイハムスター号(横浜のフライフィッシング専門チャーターボート)で、出船時間の22時過ぎにH川キャプテンと軽くミーティング。「今夜は大型が狙えそうですよ」というキャプテンの言葉に普段から荒い私の鼻息がさらに荒くなります。出港前からハイテンションな私は、分不相応にも「今夜は大きいフライで大きな魚を狙いたいっす!」とキャプテンにお願いしちゃったりしました。うーん、状況もよくわかっていないのに思い込みだけは一人前です(笑)。そんなこんなで沖のバース、扇島周辺のシャロー、台船、鶴見川方面、NK方面、MM方面と思いっきりポイントを巡っていただいたにもかかわらず、バイトは4発。ランディングに至っては2発という惨憺たる結果。本当はもう少し数が伸ばせたような気もしますが……変なこだわりを通してしまったせいか、数は伸びず。おまけにサイズも40cmあるかないかの中学生サイズ。フライサイズは10~20cmという大人サイズだったのですが……。やっぱり人間の勝手な思いが通じることは少ないものですね。
 途中で多数遭遇したベイトの群れのサイズは多種多様で、5cmくらいから15cmくらいまで。一時はイワシボールの上にボートが乗っかるようなこともありました。ベイトが大量にいるときはフィッシュイーターもたくさんいそうですが、この夜に限ってはフィッシュイーターの気配はほとんどなく、わずか2ヵ所でのみバイトがあっただけでした。それでも釣れてくれた活性の高いシーバス君(2匹)は、使用していた大きなフライへ素晴らしい反応を見せてくれ、いい経験になりました。
 スピーディな状況判断と先入観を捨て去ること。やっぱりこれって大切ですね。
b0000168_17561959.jpg
 この日、もっとも反応がよかったのはエンリコ・ストリーマー(#1/0)でした。大きいフライで釣るのはいろいろ条件が重ならないと難しいですね。まぁ条件悪くてもデカフライを投げるのですが(笑)。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-09-06 19:10 | 戦いの記録 | Comments(2)
寝坊
 いやー、昨日(というか今朝)は寝坊して出撃できず。無念!
 片瀬に出ていたルワーマンによると今週に入って70オーバー6本が釣れているとのこと。ちきしょうめ! と思いつつ、今夜こそ出撃しちゃいます。お台場冒険王とか、汐留スタイルとか、そのへんに。
 あ、明日も(ごにょごにょ)。台風直後、落ち着きがなくなっているのは間違いなくシーバスアングラーですね。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-09-01 20:34 | ざっくばらんに | Comments(0)
暴風雨の中で
 昨夜は思い立ったようにシーバスのナイトゲームに出撃。仕事から帰宅したのが、10時前だったので、クルマを飛ばして目指すポイントに到着したのは11時ちょい前。台風特有の蒸し暑い風が吹き荒れる中、折からの強風に加えて雨がいよいよ土砂降りに。結局ロッドは振らずにポイントを数箇所見て回って帰宅しました(弱い!)。さすがに他の釣り人の姿を見かけることはありませんでした。
 今夜は台風直後なので活発に食いがたつはず(大潮だし)。運河の水路も泥が洗われてるだろうし、潮がよく当たる場所も気になるところです。それともやっぱりあそこのシャローかな……。
 某所でウェーディングしてるフライマンがいたら、それは私かもしれないのでそっとしておいてください。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-31 19:49 | 戦いの記録 | Comments(4)
アイについて思うこと
 海に限らないのですが、フライタイイング時に注意している事柄があります。それはアイの重要性について、です。ドライフライの場合は無関係なのですが、水中で使うフライ、特にベイトフィッシュやエビやカニを模したパターンの大多数に私はアイをつけています。それは時にダンベルアイだったり、ドールアイだったり、スティックオンアイだったりするわけですが、アイ(目玉)があるのとないのとでは、なんか大きな差があるように思えて仕方ありません。
 よくいわれるように、フィッシュイーターは目を狙って攻撃(捕食)するとか、目があると焦点を合わせやすいという要素も大いに関係していると思います。私個人的にはそれらの要素に加えて“ヤバイ目”という要素を加えたいと思います。これはほぼ確実に私の妄想ですが、捕食者に追われているときは魚も目が焦っているのだと思います。彼らの生活の中で、追われている状態と追われていない状態、どちらが多いかというと、きっと追われていない通常の状態の方が圧倒的に多いと思います。常に緊急事態というか、生命の危機に瀕している状態というのは、それはもう必死なわけで、きっと通常状態とは異なるのだと思います。それは微弱ながら体内で発生する電気であったり、目の状態だったりするのだと思うわけです。微弱な電気はフライで表現するのはなかなか難しいので、せめて大きく見開いた目くらいは再現したいなー、と思ってたりします。
 まぁ、デイゲームならいざ知らず、ナイトゲームでこういったディテールがどこまで関係しているのか図りかねる部分ではありますが、それでもアイがあったほうがなんとなく釣れるような気がするから不思議です。ナイトゲームの場合は側線刺激系の方が釣れるのでしょうか…少なくともシーバスとかの目が暗視スコープの役割を果たしているとは思えないので、彼らが夜間に捕食する場合は側線に頼って獲物を探し、視覚も併用して捕食するというのが現実でしょうか。魚類学については専門ではないのでこれくらいの理解度で釣りしています(笑)。
 もちろん、アイがないフライで釣れることもままありますが、スペースが許すのであればやっぱりアイを付けたくなるのが心理ってものでしょう。だからといってアイのないフライを否定するわけではありませんので曲解なきよう、お願いしたいのです。
b0000168_17423799.jpg
 写真は以前行った沖縄でウチナーの投網漁師さんが獲ったトウゴロウイワシの仲間と、その時に私がキャストしていたジギーです。こういう風にベイトフィッシュを見るとき、最初に目玉を見てしまうってのが自然だと思うわけで、これは人間だけじゃなく、鳥も魚もきっと共通しているんじゃないの?とかね、思うわけです。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-30 18:44 | フライのこと | Comments(0)
「ディープブルー」を見てきました
 この土日は台風で大変ですね。夏の大潮だけに潮位も高く沿岸各地の被害が心配ですが、皆さまのところはいかがでしょうか。
 今日は以前から見に行きたかった映画「ディープブルー」を見てきました。
 NHKの深夜とかによく放送されていたネイチャー系番組ディスカバリーチャンネル(だったっけ)を制作しているイギリスのBBC放送による海を舞台にしたドキュメンタリー映画という説明が適切でしょうか? 私は海フライバカであると同時に生き物バカでもありまして、こういう映像はかなり好きだったりします。
 映画は1時間半くらいで、全編“海”です(当たり前だ)。
 イワシの群に突っ込むマグロ、でっかいカジキなど海フライ好きのツボを突くシーンも入っているので、気になる方は劇場に足を運ばれてもいいかと思います。
 個人的にはもう少し長いといいなぁーというのと、シロナガスをもっとじっくり見せてくれたらよかったのに……と思いました。あぁ、釣りのシーンはまったく出てきませんので(笑)。
[PR]

# by saltwater-ff | 2004-08-29 22:54 | ざっくばらんに | Comments(0)