"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

釣りぐらしのマリエッティ
 めちゃ暑くなったと思ったら急に寒くなったり、かと思えば関東甲信越は今日から入梅だそうですよ。例年より10日以上も早いんだとか。早まるのが給料日ならウエルカムなのに……。お前とはOK、明細だけが俺を迷わせる。恋人も濡れる街角~な男、saltwater-ffです。こんばんは。
 こう気温の変化や天候不順が続くと毎日着る物にも困りますね。あ、ワタシ、家じゃ基本フルチンでした!失礼! でも上着は着てます。下だけ履いてない。くまのプーさんも同じなのでマジリスペクトっすよぉぉ。


 さてと。

 相変わらず阿呆なこと書いてますが、本日はこの夏公開の超話題作、海フライな方々必見の映画のご紹介ですぞ。





b0000168_19124518.jpg

 出オチなうえに、クオリティ低くてサーセン……(´・д・`)




 まーなんといいますか、八面六臂の大活躍中の真正釣りガール、iruka_iroさんことマリエッティは、前回更新した第25回TBSFTにも果敢にチャレンジしておったのでございます。しかし、運悪くショートバイトや活性の低さに悩まされ、残念ながらノーフィッシュで終了……。
 その帰り道、今度シーバス一緒に行く? と誘ったら2つ返事で速攻の食い付き。というわけで、大会からほどなくした週末のある日、マリエッティとシーバス修行に行って参りました。


b0000168_1934521.jpg
 予約を入れたのはいつものシークロ号。夜明けちょい前に駐車場に到着し、タックルセッティングに余念がないマリエッティ。例の「暗闇1000本ノット特訓」の成果で、何なくセット完了。むむむ、真正釣りガール恐るべし。

 いつものように桟橋を離れ、表へ出て見ると思いのほか風も波も弱い……。シークロOキャプテンがひと言「横浜港内は相変わらず(魚が)薄いから、ちょっと遠く行っちゃいます?」
 この誘いをマリエッティが断るわけもなく、ボートは南へスロットルオン!金波銀波を押しのけて過酷かつ悦楽のデイゲームが始まったのでございます。

b0000168_19322594.jpg
 まずは魅力的な自然の地形が残るエリアからスタート。こういう場所、あまりやったことがないというマリエッティ。しかし表情からは不安よりもワクワクが読み取れる。果敢にキャストを繰り返し、地形を推測してカウントダウン&リトリーブ。食えばデカいエリアだけに気が抜けません、が、しかしここでは何もなし。まだ始まったばかりだ、あせるなマリエッティ!

b0000168_20233287.jpg

 お次はゴライアスクレーンがそびえ建つあの辺へ。沖堤防やテトラ帯を攻めるマリエッティ。いい感じに潮が効いているが、シーバスの反応はない。まだだ、すぐ隣へ移動だ! GOマリエッティ!


b0000168_19481572.jpg
 停泊している巨大船舶のシェイド面を狙い打つべし! Oキャプテンからの檄が飛ぶ中、まるで闘神が憑依したかのごとくキャスト&リトリーブするマリエッティ。素晴らしいコースにフライが入るが、残念ながら目立った反応が得られない。今日はお留守か? 留守にするならあらかじめ言っておいてくれたらいいのに! とかなんとか心の叫びをフキダシに書こうかと思ったけど、めんどっちいのでやめた。すまんマリエッティ!ゆるせマリエッティ!



 そして終盤戦。もう朝とはいえない時間帯。安定と実績の某所へ移動し、5~6mレンジを攻めるカウントダウンの釣りへチャレンジ……。もしやここも魚が薄くなってしまったか? そこでワタクシめの四次元ポケットから22世紀の道具を~!







b0000168_2061536.jpg

じゃなくて!!!









b0000168_2082556.jpg
キッチンタイマー!
(画像はイメージです)




 想定レンジ4mちょい。カウントダウン40秒。タイマーのビープ音が鳴ってからリトリーブ。するってぇと、あれよあれよという間にヒット!

b0000168_19524382.jpg
 Oキャプテンとツーショット。マリエッティ、いい笑顔してますな!

 今日はもしかしてノーフィッシュかも?という心配を払拭する会心の1匹を見事C&R!
 しかもいったんコツをつかんだマリエッティは4、5匹と連釣! いかん、これ以上覚えられたら大会で手ごわい相手になっちゃう(笑)。


 ま、そんなこんなで、すっかりデイゲームのシンキングラインの釣りをマスターしてしまったマリエッティなのでした。いいぞマリエッティ!すごいぞマリエッティ!ほめといたので今度焼き肉おごってマリエッティ!

 ま、そんな感じで週末に突入ですね。皆さま楽しい釣りを。いってらっしゃいませ。






【業務連絡】bowさんhibiさん、本日注文しました。到着次第送ります。2~3週間くらい先になると思うので、忘れたころに届くと思います。あざーっした!
[PR]

by saltwater-ff | 2011-05-27 20:14 | 素晴らしき友 | Comments(12)
第25回TBSFT参戦レポート
 いやー、一昨日の大海原ラジオ聞きました~? お聞きでない方には申し訳ないのですが、前代未聞の強力ノットが発表されましたのですよ。その名もクリステルノット! どんなノットかはあなた次第……とか適当なことばっかり書いてると怒りのコメントが来そうでビビってる男、saltwater-ffです。こんばんは。

 まぁ他愛のないことなんで、あんまり気にしない方向で。それとNUTSししょーとiruka_iroさんはミッション達成してください。よろしくー。



 さてさて本日は長く引っ張ってきた第25回TBSFTの参戦レポートですよ。例によって前日にプラをやるつもりだったのですが、前日から台風並みの豪雨&強風であえなく出船中止。ま、お天道様には敵わないのでプラなしでの開幕となりました。

 午前5時すぎ。いつもの大師運河沖に集合した本気のソルトフライフィッシャーマンたち。ガイドボートのキャプテンもほぼ顔見知りばかりで和気あいあいの雰囲気です。しかしこれから始まる5時間だけは互いが強力なライバル!
b0000168_1243279.jpg
 おなじみのスタート前のアイドリングタイムですが、すでに心の中では丁々発矢の攻防が繰り広げられております。


 今回、私とシークロOキャプテンの作戦は……ノープラン! なんせ前日の荒天でコンディションが激変しているため、アテになるものは経験とカンのみ。それでもこの時期の良パターンを探るべく、スタート直後に入ったのは某巨大ストラクチャー。ここは横浜~川崎エリアで最大級の構造物で、良いパターンであればそれなりの型のシーバスが着いているはず……。
 ポイントに到着すると潮もそこそこいい感じに効いてるし、魚探にもちらちらとベイト反応があります。とりあえず想定の深さまでフライを沈めてヒットするであろうコースを通すと……2投目でヒット! サイズは40ちょいですが、腹パンンパンの元気な高校生シーバスです。よっし、ここでリミット3匹揃えちゃおう! と頑張りますが、その後はウンともスンとも……。

 しかし50mほど離れたポイントには、世界のEIZO大名人を乗せたピーズ号が、同じようにストラクチャーを攻めている様子。きっとここは勝負どころに違いない、そう思って1時間半。粘りに粘りましたがノーバイト。これマズイ流れです。

 というわけでここからいつものように、横浜港内の実績ポイントをさまようことになるわけですが、前日の大雨でどこもかしこもカフェオレ級の泥濁り。シーバスの気配がまったくありません。いやーな展開に思わず背筋に冷たいものが走ります。
b0000168_16324380.jpg



 こういう場合は、水質がロックされている小場所がパラダイスだったりする(こともある)のですが、この日はその小場所も濁りまくりの状態。走り回ってようやく見つけた濁ってない水、とある係留台船群を攻めることに。いれば一発で食ってきそうなシチュエーションですが、攻めても攻めても一向に反応なし。集中力が切れかかった頃にようやくヒット!
b0000168_1325768.jpg
 またしても40cmちょいの高校生シーバスですが、今日は1匹で終了かも?と思っていただけに超嬉しい1匹でした。


 さーて、リミット達成まで残り1匹。しかしここからが本当の苦行の始まりでした。この時点で横浜港内の目ぼしいポイントはほとんど回っていたので、もはや攻める場所がない。賭けの要素が強くなるけれど、大きくエリアチェンジして~という作戦もありますが、行った先が泥濁りの可能性も否定できない。うーん、どうしましょうかねぇ。
 でも悩んでいても魚は釣れないので、こういう時は得意なポイントで残り時間を使い切ってしまうのがせめてもの抵抗と思い、「根岸で討ち死に」(笑)を合言葉にエリアチェンジ。その途中でベイファイター号のY選手やストライカー号のK選手をお見かけましたが、皆さん苦戦してそうなオーラが立ち上ってました。この状況で苦戦するのは当たり前ですよね。


 でもって根岸湾といえば某巨大桟橋です。過去何度も辛酸を舐めさせてくれやがった因縁のポイントですが、この日は上手い具合に攻められそうな潮と風向きです。心配した濁りもほとんどなく、春先の菜っ葉潮っぽい感じ。ていねいに攻めれば2~3匹はカタイなこりゃ! と内心ほくそ笑んだんですが、これまた見事なほどに何にもなし! 10カウント、20カウント、30カウント、40カウント……とカウント数を変えてもダメ。かといってストラクチャーのスレスレ、絶対にいれば食ってくる必釣コースを通してもダメ。何もやってもまるでダメ男です。すいません。
 この時点で残り約1時間。こうなったらヤケっぱち&ワラにもすがる思い120%です。何年か前、レフハマっちょと同船してTBSFTに出場した際に入れ食ったポイントへ! するとお子様ヨットスクールの大船団がいて釣りは無理……。仕方ないので某岸壁をやろうと思ったらエサ釣りのボートがアンカー下ろしてて無理……。もはや刀折れ矢尽きた状態。

 最後の最後にOキャプテンが「ダメもとであそこ行ってみましょう!」と言ってくれた停泊船のポイント。残り時間はすでに30分ちょっと。キャスト&リトリーブを繰り返しますが、相変わらずのノーバイト……。と思いきや、ひっさびさにカツンと当たる感触が! すわ!ヒット!!

 なんとかリミット達成の3匹目をげっとん! これまた40半ばくらいの高校生シーバス君。しかしここから怒涛の連続ヒット祭り開催~。あれよあれよと4匹をC&Rして、サイズも入れ替え。
47.5cm、49.0cm、57.5cmで、とりあえず150ポイント越えを達成してストップフィッシング。
b0000168_1332394.jpg
(私の今回の最大魚、叉長57.5cm。コンディションGOOD!でした)

 このポイントでもう少し時間を使えれば、追釣して数が伸ばせたかもしれないですが、競技時間内にいかに効率よく釣るかというのも技量のうち。それよりも最後に好ポイントのニオイを嗅ぎ分けてくれたOキャプテンに感謝です。終わってみればごく狭いポイントの、しかも1カ所だけで執拗に食ってくるという、厳しい日にありがちなケースでした。

 しかしいくら状況が厳しいとはいえ、これで優勝はないなーなどと思いつつ、結果オーライな釣果に満足して根岸湾を後に。結果はトータルスコア154ポイントで2位入賞をいただきました~! わーわー。




優勝はシノフェル王子(パラスFGS乗船)
b0000168_13564166.jpg
66.5cm、47.0cm、44.5cmで158ポイント。60オーバーのナイスサイズが入っているポイントで、あと2発ヒットさせたそうですが、残念ながらランディングできず。前回の24回大会に続いて2連覇とBIGFISH賞を獲得! おめでとう!


第3位はSさん(リアル乗船)
63.5cm、45.0cm、40.0cmで148.5ポイント。Sさんも60オーバーをC&Rしての入賞です。
Sさんはこれまで何度も大会中に70オーバーをC&Rするなど、密かに大物ハンターの匂いがしてます。これはちょっといけませんなぁ~(笑)。


第4位はおなじみDr.Nさん(ザ・シーマン乗船)
47.0cm、47.0cm、44.0cmで138ポイント。定番のポイントでコンスタントに釣ってスコアを伸ばされました。タフなコンディションになればなるほど、地力の強さというか、数を読める釣りが出来る強さが際立ちます。その証拠に9匹をC&Rされ、最多C&R賞を獲得されました。

【大会結果】
参加選手11名。C&Rされたシーバス総数は32匹(リミット外含む)。
※今回のエントリーフィーの一部は東日本大震災の復興支援のために寄付されました。

次回TBSFTは9月11日開催予定です。我こそは!という腕自慢の方はぜひ参加してみてください。


■saltwater-ff use Tackle
Rod:Thomas&Thomas Helix908S-4 , Scott S4s 908/4
Reel:Abel Super8 , Hatch 7PLUS
Line:3M Striper taper type4 #8 , Airflo SEABASS Line #8
Class line:Mason 12lb
Leader:Seager Fluoro 20lb
Fly:Surfcandy
Hook:Gamakatsu SC15 #2/0
[PR]

by saltwater-ff | 2011-05-17 13:57 | 戦いの記録 | Comments(5)
大海原ラジオ 0515

 なんじゃかんじゃ家事をやってると土日が終わりになっている男、saltwater-ffです。こんばんは。

 さて、本日は一部の方から熱烈に支持されている?「大海原ラジオ」の放送日ですよー。
スタートは今夜22時ごろから。


番組URLは http://std2.ladio.net:8160/victor44784.m3u
お使いのブラウザにコピペするとWinMediaplayerかiTunesが起動すると思うんで、ボリューム調整しつつお聞きください。

番組中はコメント投稿受け付けています。
投稿用掲示板は http://jbbs.livedoor.jp/radio/17670/
IPやホスト等、なにも表示しないので安心してどーぞー。

 では後ほど!
[PR]

by saltwater-ff | 2011-05-15 21:40 | 放送 | Comments(0)
coming fear
 生きてるといろんなことがあるわけで、次の瞬間に何があるかなど誰もわかるもんじゃないと頭ではわかっていても、実際その瞬間に立ち会うと呆然としてしまうこともあるわけで……。父さん、富良野はそろそろ雪ですか……な男、saltwater-ffです。こんばんは。

 個人的なことですが、ここ1、2週間で本当にいろいろありすぎて困ってます。喜ばしいことではないので書くのは控えたいと思いますが、もしかするとひょっとして!? と思うと、何もかも全部吹っ切って釣りに行ってしまいたくなります。ま、だいたいいつもそんな感じですが。

 そんな日々においてもフライフィッシングな出来事は訪れます。オーダーしてEMS受け取りに行くのが遅れてた通販のブツ。やっと受け取れました。

 中身は例のマロニーちゃんWF#8です。
b0000168_19264162.jpg
 透明を意識しまくってるパッケージですなぁ。
b0000168_19265662.jpg
 コートランドのフライラインを買うのはずいぶんと久しぶりですが、パッケージを開けて中のフライラインを縛っているモールを外して、バッキングラインに接続する側を少し伸ばして、再度パッケージに入れて閉めると……ラインを巻き取りやすくなるんですねー。うーん、考えられてるー! こういうギミック、嫌いじゃないです。
 あと相変わらずオマケのラインクリーナーが付属するのは嬉しいですね。
 実釣に使うのはまだ少し先になりそうですが、今夏シーズンに積極的に使ってみようと思います。

b0000168_19271384.jpg
 フライラインだけ通販するのは送料的にももったいないので、軽めのところを少々……。いくつあっても困らない、エンジェルヘアーのシーフォームグリーン!ちょうどセール価格だったこともあり、10枚まとめ買いでございます。熊の店員さんも「変ナ日本人ダゼ、ヒャッハー!」とか思ってるに違いありません。
 でもいいんです。じゃんじゃん使うから。
b0000168_19272544.jpg
 もひとつオマケに、というわけではなくて。売ってるのを知ってからはむしろこれがメインになった感じのTシャツ。メモリアルですよ。so long...


 そんなこんなで、他にも更新したいネタがありますが、今週末にラジオやるので許してください。詳しくはTwitterとかで。ではー。
[PR]

by saltwater-ff | 2011-05-11 19:55 | ざっくばらんに | Comments(2)
controlled delivery
 ゴールデンウィークも一段落。皆さまの釣果はいかがでしょうか? 釣れてますか? 毎年GWは仕事にどっぷり浸かっている男、saltwater-ffです。こんにちは。
 まー、なんていうんですかね。ここ5~6年は連休になればなるほど休めなくなる摩訶不思議アドベンチャー。この週末も会社に行かないけど家で持ち帰り仕事のよてー。天気が良ければキャス練、悪ければタイイングくらいはしたいなー。

 さてと、本日は久々の本紹介です。TBSFTの参戦レポは? という声も特にないでしょうから、気が向いたらそのうちに……。


b0000168_125694.jpg
 で、ご紹介するのは、東知憲センセーの「コントロールド フライキャスティング」でんがなまんがな。すでにお読みになった方も多いのではないでしょうか。日本国内はもとより、世界的にもそのティーチング能力を高く認められていて、フェデレーションオブなんちゃらのガバナー(すごくエライ人)も務める東センセーが書き下ろした渾身の一冊! 
 これまでのキャスティング本は初級者向けか、ごく少数のイッちゃってる人向けのマニアックなものばかりでしたが、この本は中・上級者にとっても新たなステージの扉を開く大いなるカギになること請け合い。
 東センセーのスクールで実際に指導を受けた方ならご理解いただけると思いますが、今まで「なんとなーく出来てるからいいや」で済ませていたキャスティングの問題点を、的確な指摘で浮き彫りにし、その改善を行うことで自分のキャスティングがより楽に、より遠くへ、より美しく変化していきます。これこそが東センセーのティーチングの妙味なわけですが、この本はそのティーチングのエッセンスが詰まりまくっています。一家に一冊といわず、一竿に一冊くらいの勢いでおすすめしたい良書です。
b0000168_12563766.jpg
 いつものハーミットで(ツンツン当番日)購入したら、なんとサイン入りでした……。なんか恥ずかしいような嬉しいような(笑)。
 東センセーの美麗なフライラインの軌跡を、美しすぎる写真で表現したのは、世界を釣りまくり撮りまくっているマサ兄貴! 近年のフライ関連本では類を見ない豪華タッグです。このような良書を世界で一番最初に、日本語で読めるなんて幸せですな~。

 ちなみにコントロールド……のタイトルを見て、警察の潜入捜査や泳がせ捜査を思い浮かべたのは私だけではないはず。あなたがよく行く釣り場でとんでもないループを出しているフライマンがもしいたら、それは東センセーかもしれませんよ。



 Twitterでは日常をつぶやいてます(海のフライ以外のこと多め)。
 あと近日中に大海原ラジオやります。日にち決まったら、ブログとツイッターで告知します。お時間あればぜひどうぞ!
[PR]

by saltwater-ff | 2011-05-06 12:57 | 本の紹介 | Comments(0)