"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

なんだこりゃ
 銀盤の女王だけに、銀!銀メダル!! という解説者のイカしすぎるコメントに痺れた男、saltwater-ffです。こんばんは。

 今度、銀ムツ釣ったら、同じこと言いそうで怖い。





 さて本日は投げっぱなしジャーマンの金曜日。

 極秘入手したスクープ写真を惜しげもなく公開!

 結論も問題も、ぜーんぶ週明けまで投げ飛ばす勢いでお送りします。

 

 ではどうぞ。

続きを読む
[PR]

by saltwater-ff | 2010-02-26 21:34 | ざっくばらんに | Comments(2)
前門のメバル、後門もメバル
 会社の帰りに、最近できたマッサージのお店に行ったら、揉み返しによる強烈な痛みでおじいちゃんみたいな歩き方になった男、saltwater-ffです。こんばんは。

 揉んでもらってる間は気持ちよかったけど、終わってからが地獄……。日頃の運動不足がたたってますな。


 さてと、本日は雑学の水曜日。あなたも知ってる雑学をお届けします。しかもタイトルどおりメバルのお話です。なぜメバルかというと、メバルが好きだからであります。あと釣り行ってないというのもあります。人並に風邪ひいたり、肺に穴があいたりしている都合、ちょっと控えたりして。あ、肺に穴があいているというのはマジな話ですが、死んだりするわけじゃないのでご心配なく。


 メバルの生態については偶然にも現在発売中のフライフィッシャー誌でパタゴニアンN氏が書かれてるので、そちらかWeb魚図鑑でどうぞ。東京湾でよく釣られるのはアカメバル、クロメバルのいずれかみたいですが、釣魚的にはどっちでもいいと思います。

b0000168_1846855.jpg
 フライフィッシングでメバルを狙っていて、いろいろ面白いことを見たり、体験したことをQ&A形式で書いていきましょうかね。




Q メバルがライズ!?

A ご存じの方も多いと思いますが、メバルはライズします。時にはライズというよりボイルと呼びたくなるような水しぶきを上げて水面に飛び出してくることがあります。
ライズの種類的には、もわーんと波紋が広がるディンプルライズというよりも、ビシュっとしぶきが飛ぶシッピングライズ?が多いです。何を食べている状態かまでは分かりませんが、おおむねシラスやアミなんかを捕食している時によくライズしますね。




Q メバルは食い上げ?

A メバルの口は斜め上のものを食べるのに適した形状をしています。だから斜め上のものに対して強烈な関心を抱くのは宿命。なので食い上げを意識しておくのも大切なことなのです。




Q メバルはヤマメと似てる……って、どこが?

A 似ている、と書くと怒られるかもしれませんが、個人的にはよく似ていると思っています。学問的な分類のややこしさと地方性、繊細さと大胆さを併せ持った性格、ビビビッとくる電撃的なファイト、食性(ミッジ=アミ、中小型メイフライ、カディス=エビ類、ヒゲナガ=カタクチ)、なかなか超えられない尺の壁……など。案外、似ているような気がしてきませんか。




Q メバル専用のフライタックルってあるの?

A たぶんありません。ルアー用はいろいろ出てますね。極論するとメバル用やエギング用っつーのは、たいした設計しなくてもなんとでもなるというのが本音……おっと、こんな時間にだれか来たようだ。

ま、使いたい道具でいいんじゃないですかね。私も#5でやったり#8でやったりいろいろです。ヒラスズキと被る場所では#10!という方もいますし。あ、淡水用を使う場合は華奢なんで、塩抜きとかちゃんとしないと大事なロッドがすぐにボロくなりますよ。特にガイドの付け根とグリップは顕著です。




Q「むーん」とアタるのはなに?

A 人によって表現が異なりますが、メバルを釣ってると「むーん」という前アタリというか、軽く引っ張られるような感触を得ることがあります。ここでアワせてもだいたいフッキングしません。人によっては「なんでじゃー!」「ちくしょー!」「バーカバーカ」などと口走ってしまうことも。
 ルアーのワーミングやイワシメバル釣りをやってみるとよく分かるのですが、鉤のないところを甘噛みしているケースが多々あり、「むーん」の状態はおそらくこの状態。対策としてはそのままリトリーブを続けると、追い食いでフッキングすることがありますが、しないことも多いです。




Q 釣ってるとだんだん群れが浮いてくる?

A 昔、さる著名なフライマンの方に「フライをバンバン流すと流下が増えたと勘違いして、ライズするマスがいますかね?」と冗談半分で質問したところ、「釣ってる間に上ずってくるマスなんかいねーよ! どんな魚だってそうだよ!!」と断言されちゃったことがありますが、今思えばそんことないのになー、と思います。
 静かに釣ってるとメバルの群れが浮いてきて、急に活性が良くなることが確かにあります。ライズが頻発するので一目瞭然です。




Q メバルは凪の日にしか釣れない?

A そんなことないです。でも凪が一番釣りやすいです。




Q メバル釣りにいい潮って?

A ある条件を除けば、潮回りはあんまり関係ないです。ある条件とは大潮。特に満月ピーカンの夜はヤバイ。でも潮が濁ってればなんとかなります。




Q 船だまりのロープに引っかけそう

A 引っかけそうなら投げちゃダメです。




Q メバルを釣った後、手がじんじんするのはどうして?

A メバルの背びれの突起(とげ)には微かな毒があるそうです。じんじんするのはその毒が効いてるからだとか。人によっても違うと思いますが、15~30分くらいでだいたい痛みが消えるので、あんまり気にしていません。気になる方は手袋とかでガード。




Q メバル釣りを盛り上げようとしているのは何かの策略?

A 全然ちがうよ、まったく関係ないよ!(マーク・Pンサー)




Q メバルはジャンプする?

A たぶんしません。




Q 500円メバルって?

A 目の大きさが500円玉くらいあるメバルのことです。おおむね尺以上のメバルの目玉が500円玉級なので。500円で売ってるわけじゃないです。尺メバル釣りたいですね。






 今日はこんなところで勘弁したるわ……。
[PR]

by saltwater-ff | 2010-02-24 19:46 | 魚のこと | Comments(14)
マイボス★マイブーム2
 ついつい見ちゃうオリンピック中継。カーリング女子の対決はなかなか見どころ多くて困っている男、saltwater-ffです、こんにちは。

 日本代表の半袖娘もがんばっておりますが、やっぱり北欧&ロシア美女集団の魅力には敵いません。リュドミラ・アンドレーエワ・プリビフコワ万歳!



 さてさて、本日は前回に続いて、春先のマイブーム・フライパターンです。そういやバチが抜け始めてますね。地域によって差はありますが、そろそろ本格化しそうな感じです。次の大潮を警戒してる方も多いのではないでしょうか。


 フライはそれと関係なくEPです。
b0000168_1319999.jpg
 おなじみ、エンリコミノーの私家版です。春先によく使うのは7~10㎝のやつで、わりとフックの後方に巻いたものを使います。なぜかっつーのを手短に書くと、60㎝以上のシーバスだと一発で吸いこんじゃうことが多くなるので、少しでもリーダーの長さを稼ぐ&少しでも奥にかかるのを防ぐため……と思ってます。ま、全然効果ないかもしれませんが。
b0000168_13192340.jpg
 アイはドールアイをエポキシで接着。あくまで薄くするのがコツです。エポを盛り盛りにしちゃうと前傾姿勢になるのでご注意をば。
 エポが薄いとアイの剥離が気になりますが、このフライはストラクチャーをタイトに攻める使い方をしないので、耐久性よりも動きを優先してます。


b0000168_13193922.jpg
 お次はホローフライ。バックテイルを使ったお手軽で機能性の高いパターンの代表例ですが、テイルにサドルハックルを使ってフラットになるよう巻きとめてあります。バックテイルはご存じのとおり、中空で浮力があるため、バルキーな見た目のわりに軽いフライに仕上がります。
b0000168_13195198.jpg
 最近注目度が高くなっているフラットウイング・パターンと同じ手法でテイルを巻きとめています。フラット化によって何がどう変わったか!? という話はありませんが、ななめ下から見たシルエットが少し変わるんじゃないかなーなんて。ま、気分の問題といえばそれまででございます。
 日頃からEPファイバーやスーパ-ヘアなどを多用しがちな私ですが、バックテイルやハックルといったナチュラル素材がもつ、独特のしなやかな動きは、なかなかに捨てがたいと思ったりもするのです。


 お次は先日一緒に遊んだ猿拳のT氏。
b0000168_13201690.jpg
 気がつくと結構なお付き合いになりますが、釣りでご一緒したのはこれが初めて(笑)。シノギを削りあった戦友みたいに勝手に思ってます。
 ご本人曰く“猿釣り”最高! と得意のJiggyでシーバスの入れがかりを堪能しちゃってました。さすが!



 でもって、春先の夜はこいつにお任せ!のラバーキャンディ。
b0000168_13202974.jpg
 バックテイルを適当に巻いて、それっぽいシルエットにしたらヘッド部分をシリコンでコーティングするだけ、簡単!

 色違いもね。
b0000168_13204240.jpg
 シーバス用のフライを巻くと、どういうわけかピンクとチャートリュースの割合が多くなってしまいます。この色だから釣れる!ってのはないと思いますが、この系統の視認性がいいってのはあると思うのです。


 最後は2009年の話題をさらったアノ人とファーストコンタクト。
b0000168_13205389.jpg
 93cm!
[PR]

by saltwater-ff | 2010-02-22 16:01 | フライのこと | Comments(2)
マイボス★マイブーム
 冬季五輪のスノーボード選手って、妙に話題になる人ばっかなのは何故?
 グイグイドンドンガンガン上昇!なメロのラップを思い出した男、saltwater-ffです、こんにちは。あのM字開脚ゴールはトリノの伝説っすな。



 さて本日は久々にフライの話とか。春を前にタイイングに励むのは海のフライマンも同じ。でもまた、バカのひとつ覚えでサーフキャンディばっかり巻いてるんじゃねーの? と思われてるかもしれませんが、こう寒いとエポキシの粘度にムラが生じまくるのでサフキャンは巻けません!

b0000168_177522.jpg
 で、代わりに巻いてるのがラバーキャンディなわけです。ま、結局ポップフライなんですが、これまであんまりラバーキャンディについて思ったことを書いてなかったなぁ、と。


 ご存じの方も多いと思いますが、ラバーキャンディつーのはボブ・ポポヴィクス御大のフライパターンで、サーフキャンディと同じく小型のベイトフィッシュを模したものです。


 サーフキャンディがエポキシを使うのに対し、ラバーキャンディはシリコンを使ってボディを作ります。そのためボディに柔軟性があり、かつエポキシに比べて軽く仕上がるのが特長です。マテリアルも少ないし、タイイングも簡単です。それに一発勝負のエポキシに比べて、シリコンは成形をやり直せるので接着剤系が苦手の方も巻きやすいでしょう。


 スタンダードなフライなので、ベイトフィッシュを意識している状況であればおおよそカバーしてくれるフライなんですが、よく使うシチュエーションを挙げると、表層でボイルが頻発する春先のナイトゲームや、シャローフラットの釣り、内湾サーフなんかでフローティングラインもしくはインタミラインと組み合わせると好結果になることが多いです。
 ただ浮力があるので、ちゃっちゃと沈めたい場合にはサーフキャンディの方がグーですな。


 それとボディに柔軟性があるので、ストラクチャーや穴打ちで多少ブツけてもびくともしないです。海のフライフィッシングを始めた当初、これで何度救われたことか。

b0000168_178752.jpg
 以前はボディサイドを押しつぶして幅広にしたものをよく使っていましたが、最近はボディ幅をあまり広げず、よりベイトフィッシュライクなフォルムを心がけています(シールアイはおなじみのbow!さん特製6mmです)。


 ちなみに幅広にするとフラッシング効果が得られると思うので、よりアピール度が欲しい場合はそっちを使います。バランスが悪いと横向きになって泳ぐので、数を巻いてバランスをつかんでいくしかないですけど……。



 それと最近思っていることなんですが、表層やシャローといったステージで過剰なキラキラは逆効果になるのかもしれないな……と。特に表層はマテリアルのキラキラよりも波紋(引き波)や水しぶき(スプラッシュ)、そしてシルエットが重要だと思うようになりました。このへんのお話はまた今度にでも。

 だーかーらー、キラキラはちょっと控えめです(笑)。画像のボディはパール系のボディ材を巻いた上に別のボディ材をグリグリやってシマシマに。


 グリグリシマシマアゲアゲ上々!



 明日もまたフライの話です。たぶん。




 ちなみにトリノの伝説はここここで。
[PR]

by saltwater-ff | 2010-02-18 17:48 | フライのこと | Comments(6)
寒いけど熱い日
 いやー、バンクーバー寒いっすなぁ! 上村愛子残念! ちゅーとる場合でもなくて体のあちこちが痛い男、saltwater-ffです。こんばんは。

 チョコレートケーキを食いすぎたとかそういう浮かれた話はさておき、本日は毎年恒例のショー関係のお話や写真でお送りします。

 フィッシングショーにおけるフライフィッシングの立場は、数年前から『フライフィッシングゾーン』という隔離スペースに追いやられる形で表現されておりますね。なんていうんですか、放置プレイならぬ隔離プレイ? 今年もなんだか寂しい雰囲気が漂ってました……というのは表向きで、実はけっこう熱いフライマンが来てたりしたのでした。

b0000168_208776.jpg
 最大手のティムコブースではカタログを舐めるように読む人が多かったとか。ニューロッドのインファンテ・ソルトはリーズナブルな価格帯で、オーソドックスなアクションのロッドに仕上がってました。
 ロッドメーカー各社の上位モデルはパキパキのファストアクションが相変わらずのお約束なわけですが、初心者に限らず、ミディアムっぽいアクションのロッドも大変有効だと思うわけです。ブランクは在りし日のゲイリーフィッシャーを思い出させる飴色。亜麻色の髪の乙女も納得のマルチピース。

b0000168_2082273.jpg
 お立ち台にはマスターフグこと河豚将軍。話題のインファンテ・ソルトをお気に入りのようでした。ほかにもパラスのS船長にお会いしたり、ウグイ将軍、某誌のM氏としばし談笑したりしました。丸福氏、パタゴニアンN氏もお見かけしましたが、お忙しそうでした。

b0000168_2084049.jpg
 ヒラスズキ大好きの熱血キャプテン(左)と談笑するのは、ヒラを追いかけ続けるフライフィッシャーW氏(右)。ヒラ談義に花が咲いていたようです。

b0000168_2085146.jpg
 こちらはテヅカアートクラフトさんのブース。剥製じゃなく、フィッシュレプリカという文化を根付かせるべく長年出展しらっしゃいます。C&Rと同じようにレプリカも親しまれるようになるといいなぁと思います。

b0000168_209369.jpg
 フライフィッシングゾーン以外も見どころたくさん。JGFAブースでは服部名人のお話が聞けました。琵琶湖から世界タイ記録のブラックバスが釣獲され、一般のニュースでも取り上げられたりしたので、立ち止まっていく人も多かったようです。
 ほかにはダイワ、シマノの新しいタックルに人が集まっていたのはいつもの通り。あとは一ツテンヤマダイ関連でバブルってるところもちらほら。ま、人気出るのはわかります。おもしろいもん。

b0000168_2091497.jpg
 ところ変わって、ハンドクラフト展。海っぽいのはほぼ皆無でしたが、パイプ用にちょうど良さそうな皮の巾着袋を見つけて購入。あと、某誌と某誌の編集長にお会いしてびっくり。ま、そんな感じでした。
[PR]

by saltwater-ff | 2010-02-16 21:23 | ざっくばらんに | Comments(3)
CR 新世紀メヴァンゲリオン ~癒しの海~
 一番に入れるスイッチなんでしょう、来る日も来る日もフライフィッシング~な男、saltwater-ffです。土曜日ですね、こんにちは。
「ありがとう浜村淳です」みたいな書き出しですが、愛の千里丘ではなく皇居のお堀のそばから本日もお届けします。



 季節がらメバルですよメバル。ずっと狙い続けている諸氏もいらっしゃると思いますが、まぁ季節ものでもいいじゃないの。楽しいんだし。


 外房の一つテンヤマダイ船と同じくらい人気沸騰中の熱血キャプテンのところでは、メバルトーナメントとか開催されておりますよ。というわけで小生も賑やかしに参戦してまいりました。


 ポツポツ20~26㎝くらいのを4匹釣って、下げ7分くらいで某所へ。

 本命はスッカラカンだったけど、すぐ近くでフィーバー突入!


b0000168_16202081.jpg
まずは1箱~。まだまだいける~。


b0000168_16202922.jpg
 2箱~。お、活性上がってきましたぞ~。


b0000168_16204225.jpg
 3箱~。まだまだこれから~。


b0000168_16205345.jpg
 4箱~。んー楽し~。


b0000168_1623244.jpg
 サクッと4箱~。これくらいで止めとこっか。全部リリースして終了。





 メバル好調に釣れとります。フローティングとシンキングの両方あると有利。


 お出かけの方はお気張りやす。
[PR]

by saltwater-ff | 2010-02-06 16:27 | ざっくばらんに | Comments(4)
いい湯だよ、全員集合!
 うひー。今夜もめちゃさむですなぁ。こう寒い夜が続くと、仕事ちゃっちゃと終わらせておでん屋で一杯とか行きたくなってくる男、saltwater-ffです。こんばんは。

 関西に住んでたころ、おでん屋さんの看板やのれんに「関東煮き」(かんとだき)と書かれてましたが、いざ関東に来てみたら「関東煮き」という看板を掲げた店がほぼ皆無なのに驚き。関東なのに。なんか釈然としないのは何故か。ま、別にいいんですが。



 さてと。寒い夜はおでんもいいですが、やっぱり温まるのはなんといってもお風呂!
 


b0000168_238514.jpg
 IS THIS IT?

 THIS IS MEBARU BURO!





 風呂は命の洗濯よ~、なんてセリフもあったりなかったり。

 えぇ、特に意味なんてないのです。



 あー、中硬調子の#6か#5ロッドが欲しくなってきましたぞぃ。
 ロッド仕分けが先か……。
[PR]

by saltwater-ff | 2010-02-03 23:11 | ざっくばらんに | Comments(2)
メバルは裏切りません
 いやー、東京、今夜雪らしいっすよ。
 ビーンブーツ履いてきて良かった~と思ってる男、saltwater-ffです。こんにちは。



 先週末は東海道新幹線が長時間止まったり、アメリカ東海岸のフラットウイング・ムーブメントのすごさを教えていただいたり、ま、いろいろあったわけですが、そんなこととは関係なくメバルです。



b0000168_1435030.jpg
 毎回思いますが、やっぱりメバルはいいヤツでござ候。くりくり目玉が愛くるしい~。


 産卵を終えてちょっとスリムになってますが、この大きさ(26.5cm)になるのに8~10年くらいかかるそうです。卵胎生(お腹の中で孵化させて、稚魚を産卵する)なので、大きなメバルになればなるほど貴重です。

 大事にしたいものですね。
[PR]

by saltwater-ff | 2010-02-01 14:08 | 戦いの記録 | Comments(4)