"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

黒潮の狩人たち
 秋の本気のシーズンが来ると、出撃毎に「ツヨ、ツヨ、大漁、ツヨ」と心の中で唱える男、saltwater-ffです。こんばんは。

 のっけから、何かの呪文か? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは豊漁をお祈りする由緒正しいおまじないなのですよ。


 何のことかというと、この本に出てくるお話です。
b0000168_2048516.jpg

『カツオ一本釣り 黒潮の狩人たちの海上生活誌』 若林良和著 中公新書 1991年発行。

 ずいぶん前ですが、世捨て人倶楽部内で話題に上り、また最近何年かぶりに読み返してます。文化人類学の観点からカツオ漁船で働く人々にスポットを当てているんですが、実に興味深く秀逸な内容です。読んでるだけで、潮と血と汗と重油が混ざり合った濃密なあの匂いが蘇ってきちゃう。
 ウワバヘノリ、ナカヘノリ、ヘノリ、2番、3番、トモオシ、アオイノ、アカイノ(アッカイノ)、エサナゲ、ナカマワリ、ニチョウバネ、オジ、ナガレモン……などなど、呪文のような専門用語に心をくすぐられ始めたら、きっと血わき、肉おどる思いに駆られ、夢中で読んでしまうことでしょう。
 フライフィッシングのフの字も出てきませんが、カツオ、マグロに目覚めてしまった海フライマンには、ぜひ読んでほしい一冊です。

 すでに絶版ですが、アマゾンでは中古本が入手できますし、そのスジの方にはおなじみの「鳥海書房」(神保町)でも、よく入荷するみたいなので、チャンスがあればぜひ。

b0000168_2162680.jpg
 年内あと1回(か2回?)の出撃で、またこんな鮮やかなシマシマ模様が見られるといいなー、なんて。



 さて、明日から10月。今年の秋も、皆さんと、そして私にも楽しい釣りが待ってますように!
 ツヨ、大漁、ツヨ!
[PR]

by saltwater-ff | 2009-09-30 21:08 | 本の紹介 | Comments(6)
I want you in the back.
 高校1年の冬、ふられた元カノへの未練が捨てきれず、書いた手紙。
素直に「よりを戻したい」と書けず、精一杯カッコつけて英語で書いたフレーズが I want you in the back.だった男、saltwater-ffです、遅くにこんばんは。

 当時、親父のレコードコレクションから盗み聞きして、好きになったジャクソンファイブの「I want you back」。その曲名を手紙に……と思って、確かめもせず書いたのが悪いんです。
 あぁ、あの頃はグーグルはおろかインターネットなんて言葉すらなかった時代でしたね。


 はいはい。シルバーウィークとかが過ぎ去ったと思ったら、またすぐ週末。でも仕事に追われていて釣りに全然行けないのは、どーして!? そろそろ砂浜方面が気になりだしているので、サクッと出かけたいところですが、会議やら出張やら調べものやら資料読みやら精算やらで師走並みのスケジュールな毎日でございます。
 連休は実家に帰って、親孝行とか甥っ子と遊んだり、近所をぶらぶらしている間に終わりました。ちょっとだけ釣りもしましたっけ。
b0000168_2128687.jpg
 近所の海岸をのぞきに行ったら、ファミリーフィッシングを楽しまれている方々がちらほら。そういえば、このあたりの海をまともに見るのって15年ぶりくらい。見た目はキレイになったような気もしますが、海中まではわかりません。海へと流れ込む川では小ボラの群れが見かけました。


 話は変わりますが、明日は第23回のYFTなのですよ。秋シーズンのど真ん中、バクバクかそれとも……。


 さらに話は変わって、今発売しているフライフィッシャー誌とフライロッダーズ誌、久しぶりに2冊とも買いました。
 フライフィッシャー誌は備前さんのアカメ記事第2弾も刺さりましたが、umiosaruさんの地元ラブ!なライナマ記事を読んで癒されました。しっかし、変態フライマンを自称する方は、どうしてこう文才ある方ばっかりなんでしょ。
 一方、フライロッダーズ誌はノーマークだったんですが、プチ海フライ特集があったので記念に購入。さすがに海ルアー誌の編集でこなれた感じが出てますね。よく知ってる人たちが出ていて、少しうれしかったり。あとケニコは、あーもう、でもいいや。


 そして転がる石のように話題が変わります。
b0000168_22103566.jpg
 シムスの速乾性パンツなんですが、このボタンって何ていうの? 誰かご存じないですか。そして国内でも売ってるのかなぁ。たぶんYKKとかそれ系の製品だと思うんで、探せばあるはずなんですが……。東急ハンズでは売ってませんでした。頼みの綱はユザワヤか。
 なぜ探しているかというと、このボタンを使いたいものがあるのです。出っ張りがなく、錆びない、着脱が簡単という条件がそろってるので、いいな~と。欲をいえば、力がかかるんでもう少し大径のものがいいんですが。





 え、そんなんええから、元カノとはどうなったかって?
















 手紙を渡した翌日。人生初となる女性の平手打ちを食らったのでした。
[PR]

by saltwater-ff | 2009-09-26 22:18 | ざっくばらんに | Comments(2)
go west !
b0000168_17525094.jpg
 シルバーウィークということで……敬老の日やし、ちっとは親孝行もしないと……と西へ。

 1000円高速の渋滞を予測して、一番交通量が少なくなる午前3時ごろに自宅を出発。


 そういえば1000円になってから、200㎞以上走るようなドライブは今回が初めてやな~。とか思いつつ、東名に乗って約40分。厚木の手前で早くも大渋滞。御殿場まで60分の電光表示!(普通は30分くらいです)。やっぱ影響あるなぁ~と、これはまだまだ序ノ口。このあと、名古屋までほぼ全行程が渋滞とゆーすさまじさ。

 いつもクルマで帰省するときは、途中で休憩2回入れても7時間か8時間くらいで帰れるんですが、今回はなんと13時間もかかってしまいました。しかもまともな休憩は1回。高速代が安くなるのは嬉しいけど、こんなに渋滞するんならメリットないんちゃうんかなぁ。むしろちゃんと料金払って、それなりにスイスイ走れるほうが嬉しいような……。途中、大渋滞に巻き込まれて息もたえだえのフェラーリやニューGT-Rが、なんだかちょっと気の毒でした。

 と、いうわけで現在帰省中です。


 本日は近所をぶらぶらしながら釣りへ。カメラ忘れてでかけたんで写真はないですが、水面でパフッってやったやつを見つけてポッパーをキャスト。ためらいなく食いついてくれたのは40㎝くらいの雷魚でした。「こういう近所の釣りもええなぁ」と熊本の御仁を思い浮かべたり。


 その後、明石のループノットさんへ行ってお買いもの。メジロやマダイといった刺激的な明石の海フライ情報をいろいろ聞かせていただいたり、常連フライウーマンの方がいらしたりと、楽しい時間を過ごさせていただきました。カメラ忘れて行ったので写真ないですが(笑)。

 ループノットさんには、国内ではなかなか見かけられないマニアックなものが揃っていて、思わずニヤけてしまったのでした。
b0000168_1812199.jpg
 SC16があったので、思わず衝動買い! いわゆるサークルフックですが、これを店頭で買えるとは……。ほかにも品質の高い羊の毛があったので、迷わず購入。あー、実家から30分圏内にこんなマニアックなフライショップがあるなんて……なんだか変な感じです。


 あー、シーフォームグリーン、頼んじゃおうかなぁ(謎)。
[PR]

by saltwater-ff | 2009-09-20 18:16 | ざっくばらんに | Comments(2)
Jack , skipping jack !
 間もなくシルバーウィークですね。海のフライフィッシング的にも秋のベストシーズンだから、各地へ遠征される方も多いのではないでしょうか。
 かくいう私は……連休になればなるほど土日出勤が増えてクタクタな男、saltwater-ffです。こんばんは。



 さて本日は好調さをキープしている相模湾をクルージングしてきたお話をば。

 世捨て人倶楽部の「かつを祭」を泣く泣く断念した翌日、YFTの仲間やブログつながりの方が仕立てる船に交ぜていただき、遊んできました。誘っていただいたtaka_trout_hunterさん、ありがとうございました。

で、どうだったのさ?
[PR]

by saltwater-ff | 2009-09-15 18:23 | 戦いの記録 | Comments(8)
過ぎ去りし夏の二〇〇九
 朝晩の冷え込みがじわじわとにじりよって来ている今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。
 気がつくと夏はいつも後ろ姿、な男、saltwater-ffです。こんばんは。

 今年の夏は本当に短かったし、仕事も忙しくてロクに釣り行けなかったなぁ~。ていうか、まだ夏休みとってないですよ。9月は来週終われば大連休だし、なんかこのまま夏休みなしで終わりそうな気配……。そういえば去年も夏休みなかったような……。ま、考えても仕方ないのです。わはは。

 本日は数少ない夏の思い出を写真でお送りします。


 あ、そうそう。YFT公式ブログが更新されてるので、そちらもぜひ。
 第23回大会のエントリー受付が始まりましたよ!

じゃ、写真でも見てみる
[PR]

by saltwater-ff | 2009-09-11 18:40 | ざっくばらんに | Comments(0)
Next command
 いやー、こないだ衆議院選挙が終わったと思ったら、もう9月の第1週目が終わってる、みたいな。年末に向かって加速する日々がやって来るわけです。
 しかし、せぷてんばぁ。9月は胸にきますね……な男、saltwater-ffです、こんにちは。




 ついこの間、内緒なんですがちょっと沖へ出まして……。久々にゴッツイのをかけたんですよ。自分でも思わず「どないしよ!?」と口走ってしまうサイズというか重さの魚だったんですが、最初の猛烈なダッシュをなんとかかわしたものの、続く急速潜行でクラスティペット(12lb)があっけなく切れてさよ~なら~。
 さすがに10キロ超の急速潜行には敵いませんなぁ。ま、ちょい小さいのは何とか獲りましたが。


 と……いうわけではありませんが、本日は新しいリーダーのお話です。


「シーガー ショックリーダー プレミアムマックス」です。
b0000168_1632246.jpg
 シーガー(クレハ)といえば、銀鱗、シーガーマックスでおなじみだと思います。私も船ハリスの愛用者で、つい最近からは「船ハリスFXR」を使ったりしてました。あ、ちなみにフロロカーボンラインですよ。

 「シーガー船ハリス」や「船ハリスFXR」の良いところは、ノットが作りやすいところ。フライフィッシングを行ううえで避けては通れないのがノットです。IGFAルールに準じたリーダーシステムを作る方はもちろん、そうでない方でもショックリーダーを使う以上、フライラインの先っちょに最低2つ以上の結び目を作ることになります。

 フロロを使うメリットは多々ありますが、ノットを作りにくいというデメリットもありました。それを解消してくれたのが前述の「船ハリス」、「船ハリスFXR」で、フロロと思えないほど結びやすいのが特徴です。もうショックリーダーはこれで決まりでしょ! と太鼓判を押したくなるほどですが、しいて書けば100m巻きなので高価になるところがネックではありました。だって6号(100m)で4200円。6号だけで済むわけないので、6、8、12号と3スプール買うと1万4800円。ショックリーダーに払うには、ちょっと気合いがいる金額です(笑)

 その点この「プレミアムマックス」は、1スプール30m巻き(8、10、12、16、20、25lbの場合)で、1890円。3つ買っても5670円。画像の30lb(8号相当)は20m巻きで1890円です。40、50、60、80lbもあり、こっちは50m巻きで4200~6300円。たくさん使う人は100m巻きの方がお得ですが、まぁ普通は30m巻きで十分でしょう。スプールが小さいので現場での持ち運びが楽ですし(100m巻きスプールを何個も持ち歩くのは苦痛です)。


 ん?もしかして「FXR船」と中身が同じなのかな?



 それはさておき。
b0000168_173561.jpg
 スプールは透明なので糸の量が一目瞭然です。バンドで留めるタイプなので、“ぶわぁっ”とほぐれてくることがありません。フロロは“ぶわぁっ”となりやすいですからね。

b0000168_1772450.jpg
 で、さっそく結んでみました。付箋がついている方がプレミアムマックス30lb。もう一方はメーソンの12lbです。ノットは外科結びです(私の下手なノットですいません)。
 しなやかなのであっという間に結べます。これなら寒い時期も楽勝でしょう。線径差もほとんどないので、シーバスくらいなら外科結びでも全然OKだと思います。

b0000168_1712988.jpg
 次はノットを変えてみました。PEラインの接続でよく使われる摩擦系ノットの私家変形バージョン。ナイロン+フロロの組み合わせなので、強度劣化を招く熱(摩擦)は最小限にしつつ、接する面積(?)を極力大きくしたつもり……です。
 自宅駐車場で試したブレイクテスト(12lb)でもノット切れしなかったので大丈夫だと思いますが、よくわかりません(笑)。



 コレ、ちょっと使い続けてみたいと思います。
[PR]

by saltwater-ff | 2009-09-08 17:20 | 道具のこと | Comments(0)