"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ターフキャンディ
 あーいそがし。


 月末とかあんまり関係ないのですが、仕事ばかりしています。うひー。

 明日から出張だし。あー、赤福ないのが残念(笑)。





 ここんとこ帰宅も深夜なのであまりフライっぽいことやってませんが……タフライをちょこちょこいじって遊んでます。
b0000168_17414592.jpg
 でもって、タフライ使ったサフキャン、通称ターフキャンディを上手く巻けるようになりました。
 つーか、なんか普通すぎて面白くないッスね。




 教訓は……やっぱケチっちゃダメですね。



 COREを適量を盛り付けて硬化した後、FINISHで仕上げれば満足いくフォルムになりました。アイには某職人さん渾身のシールアイを使わせていただき、画竜点睛(ありがとうございます)。

 その後は(ぴ~~~)仙人の秘技を用いてより完璧に。残念ながらうちには(ぴ~~~)仙人指定の(ぴ~~~)がなかったので、他ので代用しました。

 

 明日の新幹線ハヤイヨーハヤスギルヨーネムイヨー。というわけで今日はこのへんで。
[PR]

by saltwater-ff | 2008-01-29 18:01 | フライのこと | Comments(0)
You make me grow up , thank you.
 ブログを続けてると、時々思わぬことが起こります。

 たとえば、遠方のフライバカ(褒め言葉)な友人が出来たり、近所にお住まいのフライマンと知り合ったり、お決まりのスパムが来るのは当たり前としても、生き別れた双子の兄の消息がわかったり、地下の座敷牢に幽閉されていた鉄仮面の少女が「ゆるさんぜよ!」といいながら現れたり、「神戸に来たらウハウハのバコバコやで~」と誘ってくるリーゼント紳士がいたり、「キャーsaltwaterなんとかさん、握手してください!」と駆け寄ってくる女子の皆様がいたりいなかったりして、なんかこの流れだと、アヴァンチュールでワンナイトジゴロ、南の風・風力3、もしもしピエロ、あわよくばおセック……。

 と思っていたら、ネット上では熱っぽい人だと思っていたのに、実際は妙にクールというか冷めてたり、「え、社交辞令を本気にしてたの?」とか「マジありえなくなくなーい?」、「超ウケルんですけどー」、「消えて」とか言われて、ガラスの心臓がバキバキに壊れちゃったりしちゃいます。
 ま、慣れっこですけどね。



 そんな、起きる事象のほぼ100%が虚構で、殺伐としたネット社会。

 けれど荒野にも一輪の花が咲くように、素晴らしいことが起きることがあるんです。

 今日はそんなイイ話。あなたの全米で公開中。

つづきで感動する?
[PR]

by saltwater-ff | 2008-01-24 18:54 | フライのこと | Comments(12)
タフライ雑感のつづき
 いやー、昨夜は飲みすぎちゃいました。だってシャルドネ美味いんだもの。
 浜松男さん、ごちそーさまでした。深夜に電話攻撃を受けた方、ご迷惑おかけしました。
 たぶんずっとこんな調子です。



 ってなわけで、月曜から飲んだくれのダメタボリッカーがお送りする。タフライ雑感のつづきですよ。



 タフライのメリットは昨日書いたとおり。じゃ、デメリットは?


①表面をツルピカに仕上げられない(仕上げにくい)
②硬化後も多少ペトペトする
※2月6日追記(やり方によってはツルピカに仕上げられます。詳しくは追記参照)
③主剤、仕上げ剤ともに、やや割高
④ライトが届かないところは固まらない
⑤指定品以外の仕上げ剤でコートすると黄変する
⑥ブルーライトが人体に無害?ホントかあやしい?
⑦国内版はAC電源が使えない

 てな感じ。





①表面をツルピカに仕上げられない(仕上げにくい)

 まず①ですが、下の画像を見てください。
b0000168_1335651.jpg
(クリックで画像拡大)

 えぇまぁ、普通のサフキャンのヘッド部分なわけですが、これでも主剤(CORE)を2度塗ってます。
 が、スーパーヘアーのクネクネ具合がハッキリわかるくらいしか固められていません。素材を固めるという意味では十分役目を果たしてるんですが……やっぱりこのデコボコは気になります。エポキシだとドライヤーで回転させながら固めていくので、エポを盛ってある程度成形したら、あとは回転→放置してるだけで表面が滑らかに仕上がります。タフライの場合、ブルーライトを照射しないと固まらないので、ドライヤーで回転→放置=滑らか仕上げということができません。ドライヤーで回転→ライト照射=すぐにカチンコチン!となってしまって、滑らか仕上げになりにくい!! UV硬化樹脂もそうでしたが、ライト照射で硬化する接着剤って、微妙な調整が大変やりづらいです。単に私が下手くそなだけか(笑)。
 まぁこれはメリットに挙げた軽く作れる要素と表裏一体なので、使い分けるってことで勝手に納得しています。
【2月6日追記】
 と、このエントリーを書いた時点ではこう思っていましたが、後日、淀川仙人ことcheee3さんに、ツルピカ仕上げの方法を教えていただきました。TailingLoopで公開されてるので、こちらにも書かせてもらおうと思います。
 cheee3さんはCORE+FINISHで仕上げた後、ブルーライト照射で固め、表面のヌルヌルはアセトンで拭く。乾いたら仕上げにアングラーズチョイスのソフトボディのTHIN(薄塗り用)をさらに水で薄めてコーティングしているそうです。

 私はTHIN持ってなかったので、薄めたソフテックスでコーティングしました。




②硬化後も多少ペトペトする

 ②についてですが、主剤(CORE)は硬化後も表面がペトペトします。どんな感じかというと、コーラをこぼした体育館の床くらいです。擬音にするとニチャペト、何回も触ってるとネチャ~ペト~ッに成長して、ハナクソみたいなのが指についてきます(笑)。
 本来は主剤を硬化させた上に仕上げ剤(FINISH)を塗って、ライト照射して完全硬化させるのですが、仕上げ剤もペトペトします。最後はアルコール等で拭き取ってください。的な説明もありますが、その前にこの仕上げ剤のお値段が高い! だから「主剤の2度塗りだけで仕上げても実用には差し支えないし、俺もそうしてるぜ」とポポヴィーが言っていた購入したお店の方から聞いたので、又聞きの又聞きでなんだか都市伝説ちっく(笑)ですが、私もそうしてます。
 ペトペトが細かなホコリやマテリアルクズなんかを集めてしまうので、フライボックスに入れる際はご注意を。せっかく巻いたフライが台無しになりますよ(経験者談)。
【2月6日追記】
 これは①で追記したように解決できるのでデメリットではなくなりました。





③主剤、仕上げ剤ともに、やや割高

 はい、次は③です。お値段がちょっと高いかなー。ま、極端に需要のないフライタイイング用ですから、ある程度は許容できますが、普段使ってるデヴコンのエポキシ5分硬化型(S-208)や30分硬化型(S-31)が1000円前後(いずれも25cc)。一方、タフライの主剤は30cc入りで3780円、仕上げ剤は10ccで1890円(いずれも希望小売価格)。
 エポキシは無駄にしちゃう分も多いんですけど、それにしてもねぇ……。うちは安売りのときに買ったデヴコンが結構残ってるんで、しばらくはエポキシ使うつもりです。これから揃える人には、選択肢としてアリなのかもしれません。




④ライトが届かないところは固まらない

 これも結構重要です。サフキャンのように透明感のあるフライに使うのはいいんです。しかし、ライト照射で硬化するってことは、ライトが届かない場所は固まらないってことでもあるんです。たとえばエンリコのプラスチックアイを接着する場合、タフライだとアイの縁しか固まりません。なので、アイを片方だけ取り付けて反対側から照射! OK!ばっちり固まりました。さて、もう一方も反対から……と思ったら、そこにはすでにアイが!! これじゃ照射できん!! Goddamn!悶絶!!
 ブルーライトは結構強烈なので、多少厚みがあるマテリアルでも照射時間を延ばすことで固まりやすくはなりますが、プラスチックアイや光を通しにくいマテリアル、たとえば板オモリとか(笑)の取り付けには不向きです。




⑤指定品以外の仕上げ剤でコートすると黄変する

 これは色々実験してて気づいたことです。主剤を硬化させた後、ペトペト対策にマニキュアのトップコートを塗ったら数日後に黄変しちゃいました。紫外線にはほとんど当たってないので、たぶん接着剤どうしの相性が原因だと思います。ヨクワカランのでこれ以後はやってません。
【2月6日追記】
 この黄変、どうもCOREに直接塗ると反応するみたいで、FINISHで固めた上に塗っても変化ありませんでした。そのため、FINISHで固めた後のペトペト対策には有効と思われます。





⑥ブルーライトが人体に無害?ホントかあやしい?

 ⑥はですね、UV硬化に使うブラックライトが目によろしくないという理由から、タフライは青い光線(LEDライト)に反応して硬化します。ただこの青い光線が結構強力で、たぶん直で見ちゃうと目によろしくないんじゃないか!? と思っちゃいます。その理由に直接見ないように(!?)赤いセロハンが付属してます。このセロハンをライトの先端に取り付けて、セロハンごしに照射具合を見る……ってな具合です。セロハンなしだとフライがテカテカに輝いて見えるので、見にくいです。ちなみにこのセロハンをライトに取り付けるのがめちゃくちゃ大変。セロハンをはめた後に、外れ防止のゴムを留めるんですが、このゴムがキツイのなんの。千切れるんちゃうか?と思いますよ、きっと。あとセロハンは折れ曲がったり接着剤が付着したりするので、型紙を作って予備を作成しておくのをオススメします。




⑦国内版はAC電源が使えない

 ⑦は大人の事情なのかな? 電源は乾電池とAC電源の2種類なんですが、国内版はAC電源が付属しません。私はAC電源で使ってます(付属してたんで)。たぶん国内版も市販の電源コードとか使えると思いますが、電気は怖いので使わないようにしましょう。もし使っても自己責任で。
【2月6日追記】
 市販のAC電源が使える……とのことで、独自に入手して使ってらっしゃる方もいるようです。色々流用できると思いますが、あくまでも自己責任でお願いします。






 というところで正直に書くと、タフライ購入しちゃいましたが、現状ではあんまり使ってません(笑)。エポキシに比べて作業時間の短縮や軽さなどメリットは多いですが、デメリットもあります。要は道具なんで使い手次第なんですが、エポキシとは性格が異なっている点をうまく生かせれば、タフライならではといったフライパターンが誕生しそうな気もしています。 ま、そんなこんなでハッピーバースデイ。
[PR]

by saltwater-ff | 2008-01-22 14:09 | フライのこと | Comments(10)
タフライ雑感
 やー、どもども。

 いろいろ立て込んでおりますが、更新さくっといっちゃいましょう。

 このごろ、あちこちから海フライっぽい楽しげな話題が耳に入ってきますが、まぁ基本なんじゃかんじゃやっとりますんで、詳細がわかったところでお知らせなり、応援なりしていこうと思っとります。しばしお待ち下さいまし。




 というわけで、本日は『タフフライ』つーか、今年から国内代理店となったティムコのカタログによると『タフライ』ということなので、『タフライ』について2つ3つ思うことを。

b0000168_13224560.jpg
 まず↑これ。いつもより画像大きめでお届けしています。

 いつものサーフキャンディをエポキシではなく、タフライでコーティングしたものです。アクリル系樹脂なので、透明感があってなかなか良好! このあとハサミでスーパーヘアーを梳いたり、テイルのフォルムを整えれば完成。チョーかんたん!





 私が思うタフライのメリットを箇条書きすると……

①CORE(主剤)の粘度が高いので液ダレしにくい
②光源によって硬化するので、ゆっくり成形できる
③重ね塗りによるムラが大変少ない
④少量生産に向く
⑤紫外線による黄変が起きにくい
⑥軽く仕上げられる
⑦室温を気にせずタイイングできる

 こんなとこでしょうか。



 いずれもエポキシと比較してのことですが、①は抜群に差があります。シリンジ(注射器型の容器)の口が細いので、必要分だけを盛ることができ、かつ粘度が高いので盛った後の成形も容易です。いつもエポの成形にお悩みの方にはうってつけのアイテムでしょう。

 ②ですが、タフライは付属のブルーライトで硬化するので、照射するまで固まりません。すなわちエポキシのように、時間とともに粘度がどんどん高くなることがありません。納得いくまで成形できるので、慌てて失敗することもないでしょう。まぁこれは長所でもあり、短所でもあるのですが(短所については後述します)。

 ③はそのまんまです。私はCORE(主剤)を2度塗って仕上げてるんですが、重ね塗りによるムラや剥離がありません。これまでのUV硬化型樹脂のように表面だけ固まって、中はグジュグジュということもありません(超ブ厚く塗ったら分かりませんが……)。

 ④については、エポキシで一気に量産する方ではなく、たとえば釣行前日に3~5本、ちょこちょこっと巻くような方にオススメです。ブルーライト照射で硬化(だいたい5~10秒くらい)するので、サフキャン5本くらいならタイイングから硬化まで、1本3~4分もあればできちゃいます。エポキシだと下塗り、上塗りでやっぱり相応の時間が必要ですから、この点は有利だと思います。

 ⑤はエポキシに比べて黄変しにくいように思いますが、まぁ何年も使うものじゃないですからね……(だいたい先にフックが錆びちゃう)。黄変したところで釣れないというわけでもないし、気分的なものですが、一応。

 ⑥は①と②に付随することですが、樹脂を少なく仕上げられるので、必然的に軽量なフライを作れます。エポキシは速く沈む利点がありましたが、軽く仕上げて潮流に乗せたり、ドシャローをインタミでチクチク引いたりと、これまでエポキシでは難しかったことができるように思います。「そーいうのはエポ系じゃないフライで攻めればええやん!」というのは禁句です(笑)。

 ⑦はエポ系巻いたことがある方なら経験あると思います。寒いとどうしてもエポキシの粘度が一定しないので、多少コツがいります。タフライの場合、あまり気にしないでいいので楽チン。それでも暖かいほうがいいと思います(今の時季はちょっと注射器押すのが固いです)。





 じゃ、次はデメリットを……と思ったけどタイムアップなので、続きは後ほど。
[PR]

by saltwater-ff | 2008-01-21 14:09 | フライのこと | Comments(0)
WILD WIDE WAESTE SIDE STORY.
 つづき。


 大人の階段登るフォトグラフでお送りします。

つづきを読むのかよ。
[PR]

by saltwater-ff | 2008-01-10 12:42 | ざっくばらんに | Comments(24)
WILD WEST , WIDE WASTE.
 年末年始は西海岸へ旅行してました。

西海岸のつづきを読む
[PR]

by saltwater-ff | 2008-01-07 19:15 | ざっくばらんに | Comments(4)
New Year Comes 2008!


 新年あけましておめでとうございます。

 今年も皆さんにBIG HITとSUPER STRIKEが多くおとずれますように!
 (あ、私にもちょっとはおとずれますように)
[PR]

by saltwater-ff | 2008-01-01 00:50 | 放送 | Comments(24)