"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Inada on Fly
 本日は今、横浜界隈でもっともアツイ、イナダのフライフィッシングをご紹介します。


 まずは動画とか見ちゃってください。

(今回はBGM入れてみました。音が出るので会社で見てる人は音量にご注意を!


 どーですか? ナブラがワンワンですよ。ぴゃーっと投げて、きゅんきゅん引っ張ればガバゴボのぐぃん、ぎゅんぎゅーん!ぎゅぎゅーん!! ってな具合ですよ(興奮しすぎてます)。

b0000168_13361418.jpg
 手堅く狙うならボートがオススメです。だいたい朝イチが良いようですが、夕方もボイルは起きているようです。ポイントは……それこそあっちこっちでやってます。横浜をホームにしているシーバスボートのキャプテンなら、皆さん把握していると思うので大丈夫。
 タックルはイナダ専門でやるなら#5~7程度で大丈夫でしょう(#5だと相当エキサイティングだと思います)。ラインはフローティングで、フライはイワイミノー(5~6cmくらい)が強いです。日によっても差がありますが、クラウザーミノーやサーフキャンディといったフライでサブサーフェイスを狙うよりも、イワイミノーで海面を滑るようにリトリーブしたほうが圧倒的に効くケースがあります。

 イナダはブリの幼魚なので、青物=高速リトリーブという公式が頭に浮かぶ人も多いと思います。もちろん定石として忘れてはいけないことですが、実はホットケやスローリトリーブ、もしくは可変リトリーブが実に効く場合があります。事実、上の動画では単調な高速リトリーブではチェイスがあるもののバイトしなくなり、リトリーブに間を入れる(意図的にストップさせる)ことでヒットに持ち込んでいます。
b0000168_1336575.jpg
 イワイミノーをばっくり丸飲みです。


 また、陸っぱりからでもイナダのボイルが狙える場所があります。詳しくは書けませんが、本牧~根岸近郊にある海釣り公園からでも、射程距離内にナブラが立っています。立ち入り禁止ではないものの、グレーゾーンな岸壁や水路においてもナブラってます。いずれも足場が高いので磯ダモ必須。シーバスのように岸壁スレスレにベイトを追い込んで捕食しています(よくぶつからないなぁ~と関心しちゃいますが)。足元にも来るので、慌てず騒がず釣りましょう。対象魚の大小に差はあれど、青物のナブラはとにかく場数だと思いますですよ。

 そのためにも、とにかく相当な数のベイト&イナダがいるので、いろんなことが試せる貴重な機会です。朝の数時間、早起きして出撃してみてはどうでしょうか?


 そうそう、ここ最近いいつり動画というサイトにて動画をUPしてます。いろんな釣りの動画がタダで見られるサイトです。スティーブ・レイジェフ御大のキャストも見られますよ~。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-10-31 13:41 | 戦いの記録 | Comments(10)
お待ちかね!
 こりゃもう、行くしかねぇ!

なぜって?
[PR]

by saltwater-ff | 2007-10-29 12:45 | お知らせ | Comments(2)
ビリーズキャスティングキャンプ
 こないだの日曜日、ハーミットさん主催による『ビリー東さんのキャスティングスクール』に参加してきました。


 これがホントのビリーズキャスティングキャンプですね!……って、私のサブい冗談に誰も付き合ってくれませんでしたが……負けないやぃ。

 この日はレビューの小野さんによるキャスティングスクールも開催されていて、すぐお隣で皆さん素晴らしいループを発生しています。私は小野さんのスクールにもお世話になっているので、ちょうど中間地点あたりにポジショニング。


 というわけで、
b0000168_13505966.jpg
 右を向けば小野さんスクール。

b0000168_13542723.jpg
 左を向けばビリーズキャンプという状態。


 この日はやや風があるものの、秋晴れの気持ちいい一日。キャスティング練習するにはもってこいの日曜日でした。キャンプ参加の方々は皆さん熱心に練習されてました。
 そんな参加者の熱意に負けず劣らず頑張っていたのがこの人!
b0000168_13564957.jpg
 ごぞんじビリー東さんです。昼飯の唐揚げ弁当を食べながらの熱血指導!

「唐揚げ、ごはん、唐揚げ、ごはん、ごはんのリズムで食べるんだ!ワンモアセッツ!!」

 と言ったとか言わなかったとか(笑)。


b0000168_1412443.jpg
 お隣の小野さんスクールに家族連れで参加していたO軍曹。未来の釣りバカ英才教育はすでに始まっているようでした。


 ビリー東さんのキャスティングスクールは来月も開催されますよ。


 あ、それとYFT公式ブログも更新されてます。第14回のエントリー受付開始!
 よろしくどうぞ。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-10-25 14:07 | ざっくばらんに | Comments(8)
Goddamn!! Drill Instructor
 今日はこのブログにたびたび登場するO軍曹について少し。まぁ、とやかく書くよりも、ご本人に登場してもらいましょう。ではどうぞ……。

つづきを読む?
[PR]

by saltwater-ff | 2007-10-23 14:23 | 素晴らしき友 | Comments(6)
400 starting over
 ども。なんか久々な感じです。



 え?



「ブログ更新しないで何やってた!?」って?



 いやだなぁー。人生いろいろあるじゃないですか。




 一説ではTBSFTで惨敗して、亀田2のようにダンマリ引きこもって絵を描いていた(笑)とかいわれてますが、そんなことないんですよ。えぇ、そんなことはないんです。




 ただちょっと旅に出たくなったというか、夕焼け空の下、河原でギター弾いてたっていうか。もちろん自作の詩をステキなメロディーにのせて、こんな感じで。


『カウボーイは死んだのさ』

オーベイベー、カウボーイ、海の向こうからやって来た男~
オーベイベー、カウボーイ、戦いに疲れて帰っていくのさ~
おぉー海が呼んでいる~、ハマの港にルラルララ~
おぉーおまえはいま何処~、ベイブリッジに灯がともる~

海の男さカウボーイ、おまえはいいやつだった~
海の男さカウボーイ、おまえの心がルラルララ~
あぁー潮目の流木には、シイラがいるとは限らない
あぁーボイルが起きても、ちびっこセイゴばかりなり

この人生、流れ流され流山
ナガレ、ガレルラ、ルラルララ~
ララライ、ライライ、Life goes on~♪


 とかね(笑)。




 そういや先週は神戸から来たエッチな人と新橋で飲んだりしました。あ、レフティ・ハマー&ハマ秘書、シノ王子も同席。帰りにプリンスはキャバおごってくれて励ましてくれました。さんきう。



 というわけで、ぜんぜん関係ないですがこのエントリーでなんと400件ですよ、奥さん!!
  400っていうとタイプ6くらい? 400っていうと、CB?FX? 400っていうとISO感度? 400っていうと404 NotFoundまであと4つですよ、お嬢さん!!



 いやー、よく400件もロクデモナイことばかり書いてきちゃいましてすいません。
 もうしばらくお付き合いよろしくです。


b0000168_1727271.jpg
 画像と文章は関係ありません(Photo by mattさん あざぁーっす)
[PR]

by saltwater-ff | 2007-10-22 16:32 | お知らせ | Comments(0)
Boys will be boys.
b0000168_13222793.jpg
 日曜日は今年初の相模湾でした。
 この日はもうすぐ故郷の四国へUターンする世捨て人倶楽部の人気者、ヌキポンこと抜きゴム氏の“お別れ釣行会”でした。一説によるとお別れ釣行会にかこつけただけという噂も……(笑)。


b0000168_13291984.jpg
 のぼる朝日と水を飲むヌキ氏。


b0000168_13302580.jpg
 出船する前から、カツオのことで頭がいっぱいの世捨て人メンバー。ヌキ氏との別れを惜しむ気持ちをおくびにも出さないのは、男の子ならではの無言の優しさなのです(ホントか!?)。


b0000168_13371526.jpg
 日曜日ということもあって、目ぼしいポイントには“カツオ難民”を乗せた船が大集合。ハタキの職漁船からコマセシャクリ、トローリング、ルアー、フライまで実に様々なメソッドでカツオを狙いますが、大船団のなかでも釣れているのはポツリポツリ……。


b0000168_13403081.jpg
 それでもガマン強く待っていると、突如としてナブラが発生!!!! あっという間に船上は戦場となります(お、うまいこと言った!)。


b0000168_13423281.jpg
 カツオの群れの中からシイラを狙い釣る男、マラキン氏。やっぱりジャンプする魚はサイズに関係なく楽しいのです。


b0000168_13435333.jpg
 私もなんとか6lbのカツオを1本キャッチ。クラスティペットは10lbでしたが、実際ヒヤヒヤもんでした。
ROD:Thomas&Thomas Helix910S-4/Reel:Tibor Riptide/Line:Airflo Seabassline WF#10F


b0000168_14114061.jpg
 一瞬で#2/0のサーフキャンディを丸呑みっ! ショックリーダーが細すぎると歯で切られることがあるし、でもあまり太くしちゃうと見切られるし……この日は16lbを使ってました。
 フライラインはエアフロのシーバスライン(フローティング)だったんですが、伸びないパワーコアのおかげでフッキングがとてもシャープに行え、またファイトがダイレクトにグリップまで伝わってくるので、突っ込まれるたび、楽しい楽しい(笑)。シーバスだけじゃもったいない、いいフライラインだと思います。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-10-09 13:52 | 戦いの記録 | Comments(14)
unbearable !
 今週末が3連休だと、ついさっき知った男、saltwater-ffです。


 いやー、何かもったいないなぁ。日曜日は釣り行くけど。実家へ帰る予定もありましたが、まぁもうすぐ年末だし、いっか。





b0000168_11523794.jpg
 って、そんな話とはまったく関係なく。













「ダメェ、早過ぎるぅ!」とか



「ちょっとぉ~、自分だけズルイよぉ~」とか



「はぁ~?見っかけだおしもいいとこじゃぁ~ん」とか



 そんなご意見もおありでしょうが、
















 年頃の男の子にガマンは毒です!



 30半ばのオッサンにもガマンは毒です。



 定期的に出さないとダメなんです!!








 はい、ガマンなんて全然できません!








 ううっ!







b0000168_11583916.jpg
 TUFFLEYE(タフフライ?タフルアイ?)様のご到着~。








 だって欲しかったんだもんのもん。





 気になりだして約11ヶ月。長かったような短かったような(笑)。

 早速、今夜にでも巻いて試してみよーっと。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-10-05 12:05 | 道具のこと | Comments(6)
世界の釣り場から (マレーシア編)
 世界の釣りバカたちが集う、世界の釣り場の様子を不定期でお送りする『世界の釣り場から』。第2回はマレーシアからお届けします。

b0000168_19281221.jpg
(宿泊したロンピンビーチリゾートのすぐ裏にあるビーチ。マゴチがいそうな感じでした)

 マレーシアは、赤道にほど近いASEAN諸国のほぼ中心に位置しています。北はタイ王国、南はシンガポール、マラッカ海峡をはさんでインドネシアのスマトラ島に国境を接するマレー半島部、南シナ海をはさみボルネオ島の北部を併せた国土から成り立っています。
 総面積は約33万平方キロメートルで日本の約90%、2002年の発表数字で国民総人口が2300万人。日本の約24%ですから熱帯雨林のジャングルや山間部が多く平野部が少ないものの、ゆったりとした国民を育んでいる豊かな国です。

b0000168_19301242.jpg
(ロンピンビーチリゾートに停めてあったサンドバギー。もしかしてランニングダウンな釣りも可能!?)

 経済的には、前総理のドクター・マハティール首相が提唱した「ルックイースト」政策を推進し日本をはじめ、韓国など極東アジアの国々に追いつこう! と「ワサワン2020」というスローガンを掲げました。
 この「ワサワン2020」とは、日本語に直せば「西暦2020年には先進国の仲間入り」という構想です。マレーシアは天然資源が豊富だし、海外からの経済投資も順調。アジアでは日本に次ぐ2番目にF1(フォーミュラー1)を開催した国として欧州に認知されています。就学率も高く、英語、マレー語、北京語(華語)、タミール語などバイリンガルな人が多いのも特徴です。

b0000168_19312851.jpg
(ビーチを散歩しているとカブトガニの死骸を見つけました。いるんですね~。なぜかちょっとワクワク)

 それというのもマレーシアは典型的な多民族国家でマレー系、中華系、インド系などの民族、カダザン族、バジャウ族、イバン族の他オランアスリと呼ばれる先住民族で構成されています。人口的にはイスラム教を信仰するマレー民族が大多数を占めていますがそれぞれの民族が独自の言語、宗教、生活習慣、民族衣装、食生活などの文化、伝統を守りながら暮らしを営んでいます。都会では英語が90%通じますが、イギリス系の発音(その昔、英領だったので)なので知らないで話していると少し驚きます。一方、クルマで少し走ったカンポン(田舎)ではマレー語しか通じないことが多く、この国の多様性を感じさせてくれます。

b0000168_19324541.jpg
 ロンピン港は純然たる漁港なので、当然ながら漁師さんが獲ってきた魚を間近で見ることが出来ます。これは木製の台車で運んでいた朝の漁獲。黄色いのはスレッドフィンサーモンっぽいけど、確認するすべはありませんでした。漁法は基本的に巻き網っぽいです。

b0000168_19352690.jpg
 なぜかあちこちで見かけた謎のステッカー。たいかいのちしゃって何だよ(笑)。
 マレーシアにあるロッドメーカーのステッカーらしいのですが、海神 覇というのもいまいちわかりません。でもマレーシアの人々はステッカーが大好きらしく、クルマにもバイクにもベタベタとステッカーを貼っちゃってます。

b0000168_1938875.jpg
 ってことで、大海原ステッカーも渡したらすぐに貼ってくれました。しかも大喜びで。
 どうも日本のステッカーは大人気らしく、「他にもっとないの?」とか「仲間も貼りたいっていうから、何枚かちょうだい」と言われる始末。まぁ、私の語学力では、このステッカーの意味を伝えるので精一杯でした。来年ロンピンへ行かれる方は、何か釣りのステッカーをお土産にあげるといいかもしれませんね。

b0000168_19413116.jpg
 どうでもいい話ですが、私は船に乗ると必ず寝心地を確かめます。それも座ってではなく、本当に横になってです(笑)。ロンピンのボートの寝心地はまずまず良好。フロントデッキは風と飛沫を受けながら眠れる特等席でした。

b0000168_1944594.jpg
 ティーザーを風になびかせながら走ります。今日は何回ティーザーを見に来てくれるでしょうか、それとも……。我々の期待をよそにガイドはサビキ仕掛けを準備しています(笑)。

b0000168_19451387.jpg
 サビキ釣りをするとこんな魚がいっぱい釣れます。サッパみたいなこの魚は餌釣りには不向きとのこと。マアジに似たやや平べったいヤツ(尾びれが黄色)が一番いい!というのが現地のお約束。
 ちなみにサビキといってもコマセは使わない、純粋にサビキ仕掛けだけの釣りです。それでほぼ毎回入れがかりなのだから、どんだけ魚がいるのかって話です。

b0000168_19495278.jpg
 今回チャーターした船の多くは27ftくらいのボートで、そのどれもが120~140馬力のエンジンを搭載していました(中には200馬力のも)。日によっては割りと荒れることがあったり、遠方へ走ることもあるそうで、このように大出力エンジンを積んでるそうです。しかし6~8ノットくらいでティージングするのは不慣れみたいで残念無念。2サイクル70馬力の2機掛けとかの船があるんだもん、そりゃやりにくいよね。


 さんざっぱら引っ張ってきたマレーシア・ロンピンのお話も今回でひとまず終了です。お付き合いありがとうございました。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-10-03 19:58 | 世界の釣り場から | Comments(0)
第13回YFTが開催されました!
9月30日(日)に、第13回『横浜ベイ・フライフィッシングトーナメント』が開催されました。
b0000168_1531115.jpg



優勝は……






出ましたッ!







68.0cm!!



 詳しくはYFT公式ブログへどうぞ。



なんやかんや忙しくて、おまけに風邪ひいちゃって、今日もお知らせだけです。コメントへのレスは明日ってことで、ごめんしておくれやっしゃ。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-10-01 15:35 | お知らせ | Comments(0)