"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2007年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

魔法の水
 以前から気になっていて、試そう試そうと思っていたことがありました。



 ある液体Aと某薬品Bを混ぜた液体……仮にここではケミカルX(笑)としておきます。
 ※法に触れるようなヤバイものではありません(笑)。



 昨夜、ちょっと眠いのをガマンしてケミカルXを少量作り、ポップリップを1本巻いて、シリコンコーティングする際にその液体を使ってみたところ……。







なんだかなんだか~









スベスベ~






b0000168_1762537.jpg
(画像はイメージです)







 これね、本気でかなりヤバイです。シリコン表面をキレイにできるし、指にもくっつかない。ほんっとにスベスベ&テカテカ! スベテカ!! スカ!!!







 もうね、








 ス!!!!!
  ( 酢 )






 思い切り比較はしてませんが、たぶんフォトフローよりもいい感じ(かなりいいです)。


 詳しくは後日追ってレポートしたいと思いますが、それまでもうちょっとこっそり使ってみようと思います。手前味噌ですが、ポップリップの完成度がもう1ランク上がったような気がします。つーか、この液体を使えば誰でもうまく巻けるようになるんじゃなかろーか(笑)。まさに魔法の水!奇跡の水!(言い過ぎ)


 ポップリップを巻くのが好きな方にはこっそり教えちゃうかも~。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-29 17:24 | フライのこと | Comments(14)
MARLINをキャッチキャッチキャッチ!(ルー語変換版)
 黙っておこうとシンクしましたが……実はアザーデイ、MARLIN様をキャッチしてしまいました。


ルー語変換で読んじゃう
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-28 15:05 | 道具のこと | Comments(10)
MARLINをキャッチキャッチキャッチ!(通常版)
 黙っておこうと思ったんですが……実はマーリン様をキャッチしちゃいました。

つづきを読んじゃう
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-28 14:59 | 道具のこと | Comments(6)
その後のExpress14+
 4月27日のエントリーで書いた3M社のExpress14+というライン……。自分としてはTBSFRTのために投入した競技専用的なSTヘッドライン(テーパーなし)のつもりでしたが、沈み具合やキャストのフィーリングなど存外に良好なので、TBSFRT以後もちょくちょく使って好結果を出してくれています。
 ずっと以前にRio社のTungsten Dredger1000という超ヘビーSTヘッドラインを紹介したことがありましたが、Express14+がTungsten Dredger1000と大きく異なるのはライン自体の太さです。Tungsten Dredger1000は1000グレインという超ヘビーさゆえ、ラインがフローティングライン並に太く、キャストするとジャバジャババッ!と鎖のような音をたてて着水していました。確かに圧倒的に沈むのですが、ラインの重さに合わせてタックルを組むと最低でも#12以上でないとキャストできず、主にシーバスを相手にすることを考えるとオーバーパワーすぎることもあって、あまり積極的に使わなくなっていました(オフショアでは有効な局面が何度もありました)。
 Express14+は、そんなTungsten Dredger1000に比べて細く、任意の長さにカットして使えることもあり、私の#10タックルにマッチするファストシンキングシステムとして大いに活躍してくれています。潮流の早いエリアやディープレンジを狙うメソッドでお悩みの方には、自信を持ってオススメできるといっても過言ではないのだ!(by時効警察)
 でもですね~、これはちょっといただけないんですよ……。ほら、Express14+を買った時のエントリーで2つ買ったって書いたじゃないですか。こないだ、未開封だったもう1つの方を開けたんですよ。

すると……
b0000168_1655248.jpg
見えます???

よく見えない方のために拡大。


b0000168_1662782.jpg

な、なんじゃこりゃぁ~!!!!!!!
 なんか木の枝みたいなのでたー! KO・U・FU・N 

 恐る恐る触ってみるとツルツルしてて、そのまま他のラインに繋がってる……。まさかとは思ったけどこれ、ラインの一部です。あまりに不自然ながら、傷とか一切入っていないんで、コーティング後に剥がれたというより、最初からコーティングをミスったっぽい感じ(しずく状になってるし)。

 いや待て、逆に考えるんだ。これには何かしらの意味がある。はっ!そうか、これはテーパーなんだ。わざと細く切れやすくしてタックルを守る……。

世界初、クラスティペット内蔵フライラインに違いない!(IGFA非公認)




 いや~レベルラインだって聞いてたんですが、
こんなステキな隠しテーパー
が付けられているなんて、さすがですね!




※ぶっちゃけ不良品で返品しようかと思いましたが、ネタにしたので返品しないことにしました。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-27 16:24 | 道具のこと | Comments(4)
1000ヤードファイト
b0000168_16474849.jpg
どどーん。

 海のフライフィッシングラインをやるようになって、最初に面食らうのがバッキングラインの長さというか量じゃないでしょうか。渓流用のリールじゃ、せいぜい50ヤードかそこら巻いておけば良かったのに、海用フライリールになると300~500ヤード、場合によっちゃ1000ヤード、いやいや、1000m巻いちゃう方もいらっしゃいます。
 まぁPEラインに代表される強力な新素材編み糸を使うことも多いですが、フライラインの平均的な強度が30lb前後ということを考慮すると、あまりバッキングラインだけが強すぎるのも疑問符が浮かんできます。
 ということで、1000ヤード/30lbバッキングのお買い物をしました。画像ではすでに600ヤードほど抜けちゃってます(リールに巻いちゃいました)。ちなみにお値段は1000ヤードで7,500円+税。普通に売ってる100ヤードのバッキングラインが1,200~1,500円ですから、ほぼ半額に近いお値段。
 記録魚狙いの方々は断然PEラインをバッキングにお使いだと思いますが、考えてみればフライフィッシングによる世界記録の多くは、1980年代(かそれ以前)のものが圧倒的に多いことを知れば、普通の編み糸でも必要十分なのかもしれませんね。ロッドやリールといった道具も進歩してますし。私の場合はPEラインを使ったり、普通の編み糸だったり、節操がありません(笑)。それよりも近年こういった記録のほとんどが塗り替えられていないのが気になります……。やっぱり大きな魚は年々姿を消しているのでしょうか!?

 オフショア開幕の情報をよく耳にする季節になりました。そろそろ出撃という方、安全第一で!
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-25 17:38 | 道具のこと | Comments(6)
ラインシステムを作る
 はい、こんにちは。この週末、釣行された方、どうでしたか~? 土日も仕事な皆様、お疲れ様です……。私は……後者です。これで3週連続の土日出勤。ボーナス前とはいえ、厳しい戦いが続いております。

 とはいえ、わりと ヒマ 待ち時間が長いこともあって、こっそり持ってきた道具でラインシステム作りを……(笑)。

b0000168_1723595.jpg
 コーヒー牛乳を飲みながら、クラスティペット12lbを基本に各種用途のシステムを組んでいきます。シーバス用を6本組んで、いったん休憩。その後、そろそろ始まるオフショア(シイラ)や9月に予定しているセイルフィッシュ用のシステムも組んでみました。
b0000168_1727592.jpg
 セイルフィッシュ用のリーダーはバットに50lb、クラスティペットを16lb、ショックリーダーは80lbにしてみました。マーリン用のショックリーダーは一般的に100lbが多いですが、マーリンとセイルフィッシュは別物ですし、とりあえずこれでテストしてみようかなーと。テスト後にやっぱり100lbの必要性を感じたら、そうすればいいわけですし。今は練習練習。

 テスト用を「10本作るぞ~」と始めましたが、手袋しないでやってたせいで6本しか出来ませんでした。手が痛い痛い。せめて手の甲を保護するグローブが欲しいところです。うーん。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-17 18:12 | 道具のこと | Comments(14)
海フライ2.0宣言!
b0000168_15385863.jpg
 今年も関東地方以西が入梅しましたね。今年はラニーニャ(気温は猛烈に上昇するが海水温はあまり上昇しない現象、エルニーニョの逆みたいなもの)だそうで……。ブルーウォーターな釣りにどんな影響が出るか、ちょっと気がかりだったりもします。
 名うてのショップでは、オフショアチャーター船の予定が告知されたり、ほぼ毎週末を海上で過ごすなんて釣友もいます。この夏は海外遠征へ出かける方もいらっしゃるでしょうし、海フライ関係の本がまた何冊か刊行される話も聞いています。また九州ではちょっとしたミーティングのような楽しい集まりも企画されているみたいです。おかげさまでこのブログのカウンターも先月ぐらいからまた一段と増えてたりします。
b0000168_15372138.jpg
 こういった新しい流れ……なんだか一昨年、昨年あたりとは違うように感じるんですよね。海のフライフィッシングに対する認知度が高まったせいなのか、楽しむ人が増えたからなのか、理解が深まってきたからか、単に私の思い過ごしなのか(笑)。でも、なんだか空気感というか雰囲気が変わってきているように感じませんか? 胎動していた無限のパワーが開放されつつあるような、そんなワクワク・ドキドキする感じ。この夏で日本の海のフライフィッシングがまたちょっと変わるんじゃないかなー。新しく始める人が増えたり、新しいメソッドや新しいゲームフィッシュに挑戦する人が出てくるんじゃないかなー、と勝手に期待感を持っていたりします。
 ってなわけで勝手に『海フライ2.0』宣言しちゃいます! いわゆるWeb2.0みたいな意味合いですが、期待感と次への挑戦として。もちろんこの『大海原とフライロッド』も2.0へ突入していこうと思いますよ。
b0000168_1537587.jpg
 ま、できる範囲で……。というのは変わりませんが、いろいろ新しい試みをやってみようと思います。そういや『大海原放送』もしばらくやってませんし。性懲りもなくまたやろっかな(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-15 12:25 | お知らせ | Comments(0)
ニューアニーキ登場!
 先週の土曜日、フライフィッシングができるシーバスチャーターボートとして新たに営業を開始された『パラス・フィッシングガイドサービス』さんへ、YFT出場選手の朝寝坊プリンスことS氏と一緒にお邪魔してきました。
b0000168_19331240.jpg
 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、東神奈川の名シーバスボート『アルテミス』(現在は網代で営業中)を継承した新進気鋭のガイドボートで、キャプテンは元トーナメントアングラーでもあるSさん。フライフィッシングが大好きなのはもちろんですが、淡水・海水を問わず様々な釣りに挑戦してきた、ガッツ溢れるアングラーのようにお見受けしました。
 船名の由来をお聞きしたところ、アルテミス=ギリシア神話に登場する女神なので、女神つながりで同じギリシア神話に登場する海の神トリトンの娘(女神)=パラスと命名されたそうです。

 う~ん、なんか荘厳なイメージです。

 キャプテン自身、フライフィッシングでシーバスを狙うことに燃えているとのことで、京浜運河のポイントをくまなく走り回っていただきました。ただ、このところの横浜港および京浜運河界隈は赤潮の影響か、デイゲームが大変難しくなっていまして……。ブートキャンパーS氏と頑張りますが……バイトが何回かあっただけで終了~。まぁ難しいのを承知での出船だったんで、私はキャプテンと色んな話ができただけで十分満足でした(笑)。

 実釣は大変厳しかったのですが、フラットタイプの和船ゆえフライフィッシングとの相性は抜群。特にフローティングラインを多用するこれからの季節にフラットデッキが大変ありがたいと思いました。また近日中にエレクトリックモーターを取り付けるそうで、風対策&センシティブなシャローゲームへの準備もバッチリOK! 
 私も経験ありますが、シャローに入ってくる60cm超のシーバスを狙う釣りは大変スリリングかつエキサイティングです。タイプ4のシンキングラインを使って、ノーカウントでリトリーブ……。ラインハンドごと持っていかれるような強烈な吸い込み&反転バイトは、一度やれば病みつきです。

 そのうえこれから潮色が安定すれば、いよいよスーパーミノーの釣りが始まります。ボートフィッシングに好き嫌いがあるかどうかはさておき、フライフィッシングに理解があるガイドボートが1艇でも増えてくれるのは、この釣りを楽しみにしているアングラーにとっては大変ありがたいことです。
b0000168_19452236.jpg
 猛然とキャスト&リトリーブを繰り返すS氏。O軍曹仕込みのリトリーブもこの日は空振り! 前日深夜まで飲んでたのが原因か!?(笑)

 魚がいなくなっては釣りが成立しませんし、海が汚れてしまっては魚が生きていけないように、ガイドボートがなくなってしまうと釣りのバリエーションが減って寂しくなります。堤防からも、磯からも、砂浜からも、ボートからも狙える、この懐の広さこそがシーバスという魚をフライフィッシングで狙う何よりの醍醐味なのかもしれないなぁ、と帰りの車中で思ったりしたのでした。

パラスフィッシングGSのHPはこちら
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-14 19:59 | ざっくばらんに | Comments(4)
ブログ不具合につき
 ここ数日、ブログに不具合が出ています。閲覧できなかったり、一部の画像が表示されなかったり、コメントやトラックバックが反映されなかったりするようです。
 いつも楽しみにして見に来て下さっている方には申し訳ないのですが、これらの不具合が直るまで更新を一時停止します。すいません。

 この『大海原とフライロッド』はエキサイトブログという無料ブログサービスを利用させてもらっているわけですが、メンテナンスを14日から行ってくれるそうなので、15日以降には以前のように見やすくなると思われます。というわけで、しばしお待ちを。



 まー、ただ待つってのもぶっちゃけ面白くないと思うんで、


 ここ


 とか見に行ったりすると面白いかもしれません。いや、面白いかどうかは分かりませんが。

 よろしくお願いします。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-12 15:40 | お知らせ | Comments(2)
Salida.
 ここんとこ帰りが遅い(というか朝に近い)のですが、それでも合間を見てタイイングデスクに向かいます。





 窓を大きく開けて、入梅前の爽やかな夜風を部屋に取りこむ。傍らにはお気に入りのグラスと氷、注ぎいれるのは……牛乳!






 牛乳が好きなんだモー!!















 最近のマイブームはこんなフライたち……。




b0000168_175946100.jpg



 パターンブックを読んで、オーソドックスなのを巻いてみます。#4/0フックにほんのわずかなマテリアルを乗っけてはスレッドで留めていく、淡々とした作業。



 「シンプル・イズ・ベスト」のお手本のようなこのフライに、これまで数多くのフライマンが夢を乗っけたことでしょう。アメリカンハックルのフレア具合もいい感じ!と自画自賛しつつ、グビリ。







b0000168_1804620.jpg




 はてさて、旅のお供に連れて行ってもらえるでしょうか~?
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-07 19:14 | フライのこと | Comments(9)