"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

理想のフライラインを求めて
 のっけから書いちゃいますが、理想のフライラインなんてーものは存在しないのです。そんなのわかってるのです。けれど、自分が求める理想のフライラインがどこかにあるんじゃないかと思って、あれこれ模索してしまうのです。気が付いたら色んなラインが何セットも揃ってしまっているのです。そんなゴールデンウィーク直前の金曜ですが、皆さんの釣行予定はいかがでしょうか?

 私は日曜日のTBSFRTに向けてしっかりと睡眠をとっておこうと思っています(笑)。だって出場選手の名前を見たら、思わず「こりゃまいった!」といいたくなる方々ばかりなんですもんのもん。世界のEIZO大名神、岩井大名人を筆頭に、見知った名前ばかり……。前々回優勝、前回2位のteikariさんは、某干潟のプロフェッショナルにして“フラアー”考案者、minors Chiba氏と強力タッグだし、YFT入賞常連組のYさんFさんあたりも名を連ねてるし……。こりゃ相当ヤバイんで、当日はお菓子でも食ってのんびりしてようかな~、なんて(笑)。


 いやいやいやいや。ちょっとは頑張るつもりなので、いっちょまえにラインシステムなんかを考えたりしています。テーマは自分の弱点でもあるディープウォーターの攻略。
 シーバスのフライフィッシングの場合、時にシンクレートの高いラインを使用して10m以上の深場を狙うことがあります。また潮流が強い場所では、シンクレートどおり沈んでくれないことも多いので、通常よりもシンクレートの高いフライラインを使ったほうが好結果に繋がることが多いです。
 まー、カウント60や70は当たり前の世界なんですが、私の場合、なるべく上層にいる魚を狙いたいという気持ち(わがまま)から、タイプ4以上のラインを積極的に使うことはあまりありませんでした。これまで何度も高比重ラインを使ってきましたが、タイプ4でなんとかなっていたせいもあってあまり必要性を感じていませんでした。しかし、やはりここぞ!という時に高比重ラインは心強いので、ちょっと頑張って使ってみようと思ったわけです。
 しかし、これがまた使おうと思って探すとこれだ!というラインがないもので……。素直にエアフロのDI7にしておけばいいのかもしれませんが、天邪鬼気質のせいかついつい他のラインを手に取ってしまいます。というわけで、今回はコレ↓。
b0000168_18585695.jpg
 3Mのシューティングヘッドラインで『EXPRESS 14+』というラインです。シューティングヘッドといってもテーパーのないレベルラインですが……。まぁそこは気合(!?)でカバー(笑)。ウェイトは30cmで0.9g。シンクレートは19.7cm/秒だから、30秒で591cm。多少、潮に流されたとしても30秒で3~4m沈んでくれるのは勝負が速くてありがたいです。DI7の沈下速度が約17.78cm/秒なので、ほぼ同等の釣りができるかな~っと。これでダメなら腕の差ですね(トホホ)。
b0000168_199486.jpg
 ちなみに本来はスプール売りなので、約150mもあります。いくらなんでも使い切れないってば(笑)。あ、でも待てよ。これ全部巻けばマダイが狙えるかも……。キャスティングなしの流しっぱだけど(笑)。
b0000168_19184486.jpg
 今回はサンスイ渋谷店さんで10mにカットしたのを購入しました。いろいろ遊べそうなので、とりあえず2袋。さて、帰ったら理想のフライラインを求めてツギハギ始めましょうかね~。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-27 19:23 | 道具のこと | Comments(4)
ユーキャンドゥィッツ!!!!!
理想のフィッシングテクニックを身につけろ! 釣りたきゃオレについて来い! ビリーを信じてヴィクトリィ~!!!

入隊する?
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-24 19:21 | 戦いの記録 | Comments(26)
今日の大村さん
 昼めしのついでに運河周辺を散歩してきました。いやー、なんともいい感じ。今夜はバチ抜け祭り確定でしょう。というわけで本日も昼間のポイントウロウロ画像です。デジカメを忘れちゃったのでケータイのカメラで撮りました。
b0000168_17371431.jpg
 某水門です。ハイ。知ってる人は知っている、超有名ポイントですね(※画像は諸事情を考慮して加工してあります)。
 すでに昼潮(日中の潮位変動が夜間より大きいこと)に切り替わってしばらく経ちますが、このエリアの水質はクリアすぎず、濁りすぎず。いたって普通な具合。この水門周辺は底が砂泥&ヘドロですが、すぐ近くに砂礫&砂泥エリアがあるので期待していいと思います。
 表からシーバスが入ってくるルートもあるし、タイミングを外さなければ大丈夫でしょう。ただ激戦区なのでデリケートな釣りになるかも。
b0000168_17433152.jpg
 運河に架かる橋ってあちこちにありますが、大きく分けて釣れる橋と釣れない橋があります。その差はいろいろ考えられますが、第一は潮の通りが良いか悪いか。あとは明かりの具合、造られてからの年月(古いほどいいような気がします)などが主な選択基準になるでしょうか。攻めやすいぶん、プレッシャーが高いので攻略できたときは嬉しいポイントでもあります。ただし、通行車両、通行人にはくれぐれもご注意を。無論、橋の上から釣るのはご法度ですよ!(これも画像を加工してあります)
b0000168_17483861.jpg
 虹の橋の向こうはどんな感じでしょうかね~? 最近お台場方面には全然行ってないので分かりません。今度ちょっと行ってみましょうかね。
b0000168_1750623.jpg
 ↑の画像はマイフェイバリットキャットの大村さんです。いつもは夜に釣り場で会うんだけど、今日は昼寝してました(死んだふりしてるわけではないと思います 笑)。1日20時間くらい寝てるっぽいです。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-20 17:57 | ざっくばらんに | Comments(6)
「魚が消えた海」
b0000168_18431081.jpg
 このタイトルを見て、ドキッとした人は私だけではないでしょう。強烈なインパクトです。

 これは『ナショナルジオグラフィック(日本版)』の4月号です。以前から定期購読しているんですが、今回はさすがにどうしようかと思いました。あまり危機意識を煽りすぎるのは良くないし、かといって現状のままでいい方向に向かうとは思えないし……。個人でできることはやっているつもりですが、それも限界がありますね。アカマンボウをマグロの代用品に使う食品店もありますが、それくらいじゃ済まないようです。

 以前に書いたような気もしますが、私はマグロ類、特に大型マグロに関しては単なる魚というよりも、生き物としての尊敬や畏怖の念を感じてしまいます。そして自分のフライロッドで、そんなマグロと競ってみたい。純粋にそう願っています。だからこそ、マグロ類にはたくさん生存していて欲しいですし、チャンスは多いほど幸せになれます。
 
 内容については個人個人で受け止め方が違うと思うので割愛しますが、読み応えは抜群です。かなりズッシリ来ます。興味のある方はぜひどうぞ。980円です。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-19 19:29 | 本の紹介 | Comments(2)
第17回トーキョーベイ・シーバスフライリリーストーナメントが開催されます
 来る4月29日(日)にトーキョーベイ・シーバスフライリリーストーナメント(TBSFRT)の第17回大会が開催されます。

 この大会はフライフィッシングによる東京湾のシーバスを対象にした大会で、C&Rした3尾の最大叉長の合計を競う、海フライマンのための祭典です。
 ま、フライフィッシングによる釣り大会については賛否両論、喧々囂々な方も……(以下略)。ま、スポーツフィッシングとは何ぞや!? という定義づけはさておき、海のフライフィッシングが大好きで熱くなれる素敵な人たちが集まって、同じ日にシーバスをフライフィッシングで狙うというのは、それだけで稀少な出来事であり、互いの健闘を讃えあう大変有意義な一日になることは間違いありません。私も過去何度か出場させていただき、毎回貴重な経験と大きな課題を頂戴しています。そんなTBSFRT、春の大会が4月29日に開催されます。
b0000168_19444193.jpg

 前回、驚愕の70UP×3本を揃え、ワールドクラスの貫禄で優勝された大会理事のEIZO大名人はもちろん、達人岩井さんもサーフェースシステムにさらなる磨きをかけて参戦予定とのことです。他にも前々回優勝、前回2位&大物賞のBUBURA TEIKARIさんを筆頭にSWFFに燃えるツワモノが参戦! 私も及ばずながら頑張りたいと思います。
 

 大会参加の受付は4月27日(金)までです。
詳しくは釣り道楽屋サバロさんへどうぞ。


 大会参加の皆様、よろしくお願いします~!


 さーて、フライ巻かなきゃ。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-18 19:52 | お知らせ | Comments(2)
朋あり遠方より来る
 土曜日に神戸で活躍(懊悩?)中のフライマン、sin_ftlさんと部下のOさん(こちらもフライマン)にお会いしてきました。sinさんはミュージシャンのプリンスとコメディアンのルー大柴を足したようなイケメン。地元のおねえさま方に大人気なのも納得です。Oさんも坂口憲治っぽいハンサムフェイス。この2人組に会ったら要注意だ!ボーイ!! といいたくなるほどカッチョいい方々でした。

 というわけで、よく「神戸に似てる!?」といわれる横浜で待ち合わせて、海マテが充実している横浜サンスイでお買い物。運悪く(?)呼び出されてしまったシノ氏も同席して、4人で近所の店で昼ごはん食べながらワイワイ。
 アルコール大王のsinさんは何故かウーロン茶オンリーでしたが、テンションは高く、私もダイエットペプシでしたがテンションはさらに高く、あっという間に4時間くらい過ぎてしまいました。うんうん、海にイカレてしまったフライマンは気持ちのいい人が多くて嬉しいです。ロッドを持ってなくても、心は常に海っぺりにあるかのような4人なのでした。

 お土産に葉巻を何本か頂戴しました。その気持ちが嬉しくて、人知れず涙、涙。
b0000168_15161746.jpg
 孔子大先生のお言葉なんかを思い出しながら、いただいた葉巻で一服している。そんな雨の日の午後なのでした。やっぱりフライフィッシングはいいなぁ。


『子曰はく、学んで時にこれを習ふ。亦説(よろこ)ばしからずや。朋あり遠方より来る、亦楽しからずや。人知れず、而(しこう)して慍(いか)らず、亦君子ならずや』
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-16 15:16 | ざっくばらんに | Comments(8)
もうじきまたあの季節が
 2006年夏、東京湾のシーバスフライフィッシングを賑わせたのは、誰がなんといおうと、日中のトップウォーターゲーム。いわゆるイワイスーパーミノーを使った表層の釣りだった。メソッドやフライ、タックルについて賛否両論、喧々諤々な方もいらっしゃるかもしれませんが、とにかく楽しめて、釣れるメソッドであることに疑いはなく、同時に既成概念をブレイクスルーしてくれたのが、個人的にもっともリスペクトしたいと思うポイントです。

 昨夏~秋。横浜港周辺では、多くのアングラーが目の前で起きる壮絶なボイルに狂喜乱舞したことと思います。1日100バイトなんて普通でしたし、20~30尾C&Rされた方、80UPのランカーをキャッチした方もいらっしゃいましたし、60UPにいたっては数え切れないほどでした。正しく大ブレイク。ショップにはマテリアルが並び、雑誌ではタイイング方法が掲載され、広く認知されるようになりました。そして春の訪れとともに、あの狂乱が今年ももうすぐやって来ます。
b0000168_17375672.jpg
 というわけで一昨日から量産体制に入りました。手持ちのマイラーチューブ(3本)とバックアップ材を使い切って、現在40本ちょい製作中。
 ビーズアイは割れるのでペイントアイにして、上からウルトラ多用途(接着剤)のクリアで、ヘッド部のみコーティング。フックはいろいろ使ってます。昨シーズンにフッキング率をアップさせるために思考錯誤しましたが、フックの形状はあんまり関係ないような結論に達しました。フックサイズとフック位置が合ってれば、よほど変なフックじゃない限り大差ないと思います(チラシ鉤やタンデムフックは個人的に好みじゃないのでやってません)。
 そう、フライフィッシングは結局遊びなんだから、好きなようにやればいいんです。誰かに何かいわれたところで、もはや引き返せないところまで来てるんですし。
 さーて、明日は材料買い足しに行こうかな~♪

POINT OF NO RETURN.
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-13 18:28 | フライのこと | Comments(4)
江戸むらさき (各停)
 このところ、横浜方面から執拗な誘いのメールが来ます。送信者はこのお方。

 連日連夜、観光地で悶絶しまくってるそうで、

「今から来ませんか?」
「バクバクっすよ!!」
「こりゃタマラン!!!」
「うぴゃぴゃぴゃぴゃ~!!!!」

 というような激しい煽りを食らわせてくれやがります(笑)。

「行ってもいいかなー?」とは思うのですが、なにせ仕事から帰ってくるのが平均22時前後。「うぴゃぴゃ」な方々は、仕事も家庭も顧みていないのか(笑)、夕方の時合い~20時ごろにはいつもロッドを振ってる様子。たとえ定時で上がっても、一度帰宅してから横浜まで行くとなると、21時前後……。地元勢には敵いません。

 流れるバチを捕食するシーバスの姿は、河川で水生昆虫を捕食するトラウトのごとし。流下に合わせて引き波発生の大小やステージを変えて挑む楽しさが、バチの釣りをよりいっそう楽しくしているのでしょう。そのために時間を調整して時合いに参戦する方も多いはず。でもバチ発生のこの時期に、時合いタイミング以外の釣りは難しいのでしょうか? 答えは否です。 
 マダラやヒゲナガの残像を覚えているトラウトがいるように、バチの残像を覚えているシーバスもいます。今春のバチ発生を何度か経験し、大量に容易に食えることを十分実感しているヤツがいるんです。まぁ、ボイルがないので着き場と狙い方を把握しておく必要性がありますが、いればガッツリ食ってくるし、何より時合いに関係なく狙えるので、時合いに参戦できない私のようなアングラーにとっては貴重な相手なのです。

 というわけで、昨夜久々に市街地戦やってきました。帰宅時間は21時30分。タックルをセットし、フライを10本くらい小さなボックスへ入れて準備OK。やけに道路工事や作業車、パトカー(覆面パトまでいたよ)が多い道路を走って、定番ポイントを目指す。本当は荒川の影響を受けるエリアまで行きたかったけど、あまりに道路工事や路上作業が多く、あちこち渋滞してるので諦めて手前の隅田川エリアでガマン。22時30分すぎにポイント到着。ここは水面を照らす明かりが23時に消えるから、それまでがこのポイントの第1ヒート。消灯後が第2ヒートという感じ。奮えるぞハート、燃え尽きるほどヒート!

 潮は上げてるけど、小潮なのでぬらーんとしたトロい流れ。このヌルさがいい感じ。いやー、しかしずいぶん暖かくなったなぁ。トレーナー1枚で十分だよ、とか思っていた数投目、小さくスプラッシュ! ロッドティップにいい振動! おー、やっぱいましたか!
b0000168_13105100.jpg
いや~、これはセイゴの中のセイゴですな! (´・ω・`)ショボーン

 う~ん、予想していたよりも2回りほど小さかった……。でも元気いっぱいのセイゴ君でした。フライはイワイミノーの私家版(#2/0)。どうでもいいけどキミ、体の長さに対して口がちょっと小さいね。トラウトでも時々ベビーフェイスなのにダイナマイトボディなヤツがいるけど、急激に成長したせい? 個体差? ま、順調に大きく育って下さいなと思いながら海へお帰りいただきました。
 この後、消灯後も30分ほどやりましたが変化なし。さっきのセイゴ君でここは見切って、クルマで10分ほどのポイントへ移動。とある水門の下流に当たる場所なのですが、この日は大開放されているおかげで結構な速さで流れてます。オレンジの常夜灯の下で小さなボイルが2度3度。当然ながら狙いますが、これはバチではなく極小ベイトフィッシュにアタックしてる様子。足元に同サイズのベイトフィッシュ(ナミノコ?)がいっぱい見えます。
 手持ちの中で最小の#2フックに巻いたサーフキャンディでボイルを狙うと一発でヒット! 水面でピチピチ跳ねるマイクロシーバス。足元まで寄せたところでオートリリース。ここも小さいのしかいないので見切り。時計を見ると24時ちょうど。満潮まで約30分ってところ。最後は隅田川河口エリアへ向かって、満潮からの下げっぱな30分だけやって何もなし。ま、ちょっとだけバチの残像にカスったような気がした夜でした。

 ちなみに帰り道の途中で気付いたんですが、中国のエライ人が東京に来るらしく、そのための路上作業(日中の国旗を道路沿いに飾ったりしてました)やパトカー大量出動だったんですね。今夜も渋滞しそうだから出撃しないでおこうっと。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-11 13:39 | 戦いの記録 | Comments(8)
大海の一滴
 4月に入ってしばらく経ちましたが、釣れてますか? 私はあれこれ忙しかったり悪天候で出撃できなかったりと、釣行回数が減少気味です。
 とはいえ表面海水温がようやく16~17℃台になり始めたので、日曜日は関東の南国(?)房総半島へ行って来ました。
b0000168_1751583.gif
↑ギリギリ16~17℃台へ突入です。
 毎年、4月中旬から5月初旬にかけて、表面海水温16~17℃台を突破するといよいよ外洋サーフのフライフィッシングが開幕します。いや、勝手にそう思っているだけなのでスルーしてください。なぜに16~17℃にこだわるかというと、特に意味はありません。ただなんとなく、海の中が冬から春へ移行した目安になっているような。あ、あくまで関東圏の話です。

 これから季節が進むにつれて、水温16~17℃のエリアがどんどん北上していくので、それとともに釣り場を変えていくのもいいですし、20℃とかになれば夏らしい魚も元気に回ってくると思われます。なーんて、直接釣りに関係ない話が長々と続くときは、だいたい釣れてないことが多いわけですが……えぇ、釣れませんでしたが何か? そもそもサーフでフライフィッシングなんてのは、風呂桶の湯を耳かきで汲み出そうとするようなもんで、暖簾に腕押し、糠に釘。ってゆーか大海の一滴? マリンちゃんよりワリンちゃんのほうが好みですかソーデスカ。
 毎度毎度、サーフでフライロッドを振っていると自分がなんてちっぽけな存在なのかを思い知らされます。どこまで行ってもしょせん人間です。大いなる海に敵うはずありません。
b0000168_1812833.jpg
 トボトボ歩いて帰る途中、波打ち際にカタクチイワシが1匹打ち上げられていました。念のため周辺を探りましたが何もなし。シーバスもヒラメも皆無。
 今後のためにカタクチ君の写真を撮影して、偉大な生命帰還のサイクルへお帰りいただきました。それにしてもクチおっきいです。水族館で見たことあるけど、カタクチ君たちも貪欲ですな。


 また来週行ってやる~!!(ちくしょー)

 太平洋を見ながらバカ笑いしたい人、ご一緒しましょう。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-09 18:25 | 戦いの記録 | Comments(2)
答えは海にある
b0000168_1252694.jpg

 最近になってよく見に来てくれるようになった方々、どうぞよろしくお願いします。
 以前からずっと見に来てくれている方々、いつもありがとうございます。


 唐突ですが、あなたは上の写真を見てどう思われますか?




「ただのゴミ捨て場でしょ?」 (えぇ、そう見えるかもしれません)
「都会はゴミ出しすぎだよ~」 (おっしゃるとおりですね)
「きたねぇな~」 (お世辞にも清潔とはいえませんよね)
「こんなところに捨てやがって!!」 (まったくけしからんですな)




 この光景はどこか遠い国のものではありません。また東京都心部の沿岸は、よくも悪くも護岸整備&SOLAS警戒強化&立ち入り禁止になっているせいもあり、近年これほどのゴミを不法投棄することは難しいです。

 もし、あなたがいつも行く大好きな釣り場に、こんなゴミが捨てられていたらどう思いますか? きっと腹立たしいでしょうね。行政に知らせるのも有効ですし、場合によっては警察に連絡したほうがいい場合もあります。ちょっとした事件ですからね。

 では、ここまで膨大な量のゴミでない場合はどうしますか? 目に入りませんか? 自分のじゃなければ気になりませんか? 「元々あったからOK」ですか? 「誰かが片付けるんだろーな」ですか? その誰かって誰ですか? 本当にそれでいいんでしょうか? 「ゴミがなくなればいいのに」と思っているのに。

 もちろん個人ではどうしようもないこともあります。けれど、空き缶1個、ペットボトル1本拾うだけでも、その分だけ確実に海辺のゴミが減るのは事実です。1人でできる活動なんて、たかがしれています。しかし、このブログを見てくださっている方やグループで取り組んでもらえれば、1人が3人、5人、10人と広がっていくのではないかと思います。


 すいません、ちょっと余計なことを書きすぎてしまいました……(反省)。




 実は『大海原とフライロッド』では、微力ではありますが海辺の環境を改善するキャンペーン活動を行っています。そのキャンペーンは "The answer is in the sea." といって、海辺に落ちているゴミを拾って、その画像をメールで送って下されば、お礼としてステッカーをプレゼントする……というものです。
 このキャンペーンは昨年の9月11日より開始したもので、すでに多くの方々からご協力をいただいています。しかし、一過性のものではなく、継続的な活動を目的としているため定期的に告知させていただいています。

 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、現在の海洋環境の悪化は深刻化の一途をたどっています。地球温暖化に代表されるような環境問題の多くに対して、特効薬的な策は現在のところありません。まぁ長々と書くと読み飛ばされちゃいますし(笑)、不用意に警鐘を鳴らしすぎるのは本意ではありませんが、もはや無視し続け、問題を先送りにして済ませるような時代ではないように思っています。

 まずは募集告知第1回ご報告第2回ご報告をご覧下さい。
 そして、ぜひ海辺のゴミを拾って、その様子をデジカメかカメラ付きケータイで撮影してメールで送ってください。お礼に特製ステッカーをお送りします(ステッカー、送料は不要です)。

 ほんのちょっとしたあなたの行動が、多くの問題を変えるきっかけになります。
 ご協力お願いいたします。


 募集の詳細については、下の「くわしく」をクリックしてください(長いです)。

※すでに画像をお送りいただいている方へ、近日中に第3回ご報告を行いたいと思っています。しばしお待ち下さい。

くわしく
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-06 13:20 | お知らせ | Comments(6)