"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2007年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

めぐりあい、多摩
 先週の土曜日、釣りに行ってきました。関東地方は強風に見舞われ、あっちこっちでおねいさんのミニスカートがめくれるという嬉しいニュースがあったとかなかったとか。
「あ?今日はポップリップの話の続きじゃねえの?」と思った方、残念でした。ポップリップの話の続きはまた今度。毎回予告どおりに進むと思ったら大間違いですぞ。というわけで今日は釣りの話なのです。
b0000168_13372317.jpg
ドゥイン!
 土曜日の早朝、東京の西を流れる大河川、サイド7の多摩川河口部へシーバスを求めて出撃してきました。暖冬とはいえ2月の川スズキ、そう簡単に姿を見せてくれる相手ではありません。歩いて5分は実は15分、風速10mは、ウェーディングしていると体感20mくらいに感じます。しこたまキャストし続けますが、一向に反応がないので、徐々にポイントを移動することに。
 イメージは遡上のタイミングが重なる稚アユです。目ぼしいポイントを探りながら上流へ。そうこうしているうちにプライムタイムは終わりました。でもまだ攻め方によってはシーバスが狙えるので、さらに上流へ移動。
b0000168_13402860.jpg
 すると途中でコロニーの子供たちによるフィールド学習風景に遭遇しました。都市型大河川の多摩川は、こういった自然とのふれあいを身近に感じさせてくれる側面ももっているのですね。キャッキャはしゃぐ子供たち……「坊やだからさ」とかなんとか、某キャスバルさんっぽいコメントをしつつ、獲物も見せてもらうと……残念!! 稚アユは入っていませんでした。
 ムムム? まだここまで遡上するには早いのか!? そのまま悩みながら歩いて、気が付くと赤い橋の下まで来てしまいました。見ると橋下の流速は通常の3倍のスピードです。しかも橋の上流の瀬では何かがバシャバシャやっているではないですか! しかもしかも、そのちょっと上流では見知らぬ旧ザクが孤軍奮闘中!
b0000168_13473050.jpg
「冗談ではないっ!」そういいながら河原に降り立ち、旧ザクを援護(すいません、ここまで来たら悪ノリです)。
 川面に見え隠れする黒い影をダウンクロスで狙います。折からの強風で思うようにピンポイントへ着弾させられませんが、なんとか捕捉してバズーカで狙い撃ち! グアアーンッと衝撃が伝わってきて、ロッドが大きな弧を描きます。
「えぇぃ、連邦のモビルスーツは化け物か!?」とかなんとかかんとかいいながら、楽しい楽しい。
b0000168_13532363.jpg
 上がってきたのは60cmちょいかけ、オレンジのストライプが粋な遡上戦士マルダム……いやいや、マルタ君でした。オデッサへ向かう本隊はすでに通り過ぎた後のようでしたが、まばらに遡上する小隊を適度に撃破して、約2時間で11本。体が冷えてきたので昼前に上がって終了~。


 東京湾からはるばる遡上してくるマルタウグイ。東京という大都市を流れる多摩川の懐の広さ、自然の逞しさをあらためて知った、そんな土曜日でした。


追伸:MANI-HANA副指令どの、的確な作戦指導ありがとうございました。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-26 14:11 | 戦いの記録 | Comments(22)
私家版ポップリップを振り返る (その1)
 あ、どうも。今週は更新少なくてごめんなさい。単純に仕事が忙しくなってしまってまして。まぁ、来週以降も隙を見て更新していきたいと思っています。

 今日は皆さんも大好きな(はず)ポップリップというフライについて、少し。私家版ポップリップを振り返ってみたりしちゃおうかと思います。
b0000168_216970.jpg
 ポップリップは、ご存知、ボブ・ポポヴィクス御大が考案したパターンで、シリコンとシープフリース(ラムズウール)を用いた独創的なフライです。ポポヴィー御大は、主にストライプトバスやブルーフィッシュを釣るために使われているようでして、日本においてもシーバスに大変効果的なフライです。
 私がこのポップリップを目の当たりにしたのは、かれこれ7~8年前だったでしょうか。当時の海外のパターン集に載っていたのを見て「なんだこのオモチャみたいなフライは!?」と思ったことをよく覚えています。
 それから紆余曲折あって、ポポヴィー御大が巻いたフライに直接触れられる機会があったのですが、そこにはポップリップの前身のシリクローンマレットしかなく、大変残念に思いました。しかし、リップこそ付いていませんが、シリクローンマレットの本物に触れられた経験は、ポップリップを作るうえで大いに役立ちました。
b0000168_21135384.jpg
 これは現存する私家版ポップリップのなかで、もっとも初期に作った1本です。とにかく何とか本物に似せようと頑張りましたが、うまくいかなかった悔しい1本です。特にこのころは、どんなシリコンを使えばいいかよく分からず、ソフテックスやバスコークなどで固めていました。
b0000168_21173979.jpg
 リップ部分をうまく成形できないので、エポキシを部分的に使ったりもしました。泳がせてみると、ヘッドの水を噛む動き+ヘッドに追従するハックルの自然なクネクネした動き……。これまでのどんなフライよりも艶かしい泳ぎを披露してくれました。直感的に「これは釣れる!!」と思ったものです。
 ちなみに画像のフライは、調子にのってシールアイの上にもエポキシを盛ってクリア感を出そうとしたりもしたバージョンです。結果、障害物に当たってアイが割れる、しかも空気抵抗が大きいうえにエポキシが重くてキャストしにくい、お世辞にも使いやすいとはいえないフライでした。
b0000168_2121642.jpg
 空気抵抗の減少を狙ってボディをスリム化させ、ある程度の潜行能力を持たせるためにロングリップ化したこともありました。潜行能力は大したことなかったですが、スリム化によって空気抵抗が減少し、このころは「これはこれでそれなりに使えるフライだなぁ~」とか思っていました。生意気ですね。
b0000168_21241899.jpg
 ただ、リップを長くすると回転しやすくなるようで、リーダーがすぐクチャクチャになりました。これはこれで面倒な問題でした。スナップスイベルを使うことも考えましたが、フライの姿勢が前下がりになってしまうので却下。この問題はリップ形状を見直しつつ、自分のキャスティング技術を向上させて回転しにくく心がけることで、少しだけマシになりました。でも根本的な解決には至ってません。


(次回につづきます)
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-23 21:37 | フライのこと | Comments(8)
BIG STRIKE COME TRUE!
明日から遠征に出発される方がいます……。

行き先は?
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-16 13:15 | ざっくばらんに | Comments(12)
海用フライリールについて その11
■ティボー リップタイド(グラファイトグレー)

 少し前の話になりますが、ティボーのリップタイドを買っちゃいました!
 しかもグラファイトグレー!!

 海フライ用のリールとして、もはや語る必要がないほど知れ渡っているティボーですが、やはり国内外を問わず多くの海フライマンから信頼されているリールだけあって、さすがに隙がありません。質実剛健を地でいってます。

 テッド翁、グッジョブ!

b0000168_16193360.jpg
 30lbバッキングを350yd(だったっけ?)巻いて、ショックアブソーバーに35lbのランニングラインを15m、その上にマスタリーのソルトウォーター#10を巻いてちょうどいい具合になりました。
 グラファイトグレーの渋いボディカラーにライトブルーのラインが映えてカッコいい! たまの大きな買い物なんで、ちょっとだけ自画自賛させてくださいな(笑)。

 購入して、ラインを巻いたら次は内部の余分なグリスを拭き拭き……しようと思ったけど、アタリがつくまでそのまんまにしておこうっと。ま、このへんの処理は賛否が分かれるところですが、余分なグリスを拭き取ることで負荷が減って回転がスムーズになるのは間違いありません。
 でも、メーカー出荷時にグリスをベットリ付けてくることにも意味があるでしょうから、まぁ、拭き取る場合は自己責任で……ってことでしょうか。
 余談ですが、サーフで釣りをする場合、砂浜にリールを直置きしたり、波打ち際に放置したりしないようご注意を。リール内部に砂が入って大変悲しいことになります。
(経験者談……って私か)
b0000168_16312537.jpg
 そうそう、今回のリップタイドにはなぜかステッカーが付いていました。期間限定? それとも今後はみんなステッカー付きになるのかな? 小さいことですが、こういうオマケって少し嬉しい気持ちになるもんです。さて、どこに貼ろうかな~?
ただ塩水と紫外線には大変弱そうなんですが……。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-15 16:39 | 道具のこと | Comments(4)
続・アメリカンハックル大好きっ子さん
 世間はバレンタインデーでにぎわっていますが……。海フライ的には関係ない話なので華麗にスルーして、昨日のつづき。アメリカンハックルの話です。

b0000168_11572349.jpg
 これは去年手に入れたホワイトダイドのオレンジ(シルバールースターケープ)。ハックルの密度といい長さといい、実に素晴らしいので思わず購入。何度も書きますが、やっぱり一期一会なのですよ。
 思えば昔(ブラピ以前)はフライマテリアルの流通量が少なくて、おまけに高価なものばかり。特に良質なハックルには目玉が飛び出すほどのプライスタグが付けられていて、貧乏学生だった私には高嶺の花。日ごろタイイングに使っていたのは安いインドハックルや羽バタキの鶏羽(笑)。そのころの貧しい思いがあるせいか、必要以上にマテリアルを買い込んでしまう癖があるのかもしれませんね……。
b0000168_1283388.jpg
 そんな話とは全然関係ないですが、このオレンジのアメリカンハックル、台紙の裏面にAmericonって書いてあるんですが……。


b0000168_12112112.jpg
 アメリカンハックルはサドルもいいよね~。ブロンズルースターサドルのジンジャー/イエローです。スベスベな手触りで、もうたまりません。
b0000168_12132138.jpg
 毛先もほら、このとおり真っ直ぐです。どうよ、この真っ直ぐっぷり!

b0000168_12142270.jpg
 もぅ、思わずこんなのを巻いちゃうじゃない~。
b0000168_12151014.jpg
 勢いあまってエクステンションも付けたりして。フックサイズは#8/0です。


b0000168_1218285.jpg
 アメリカンハックルというと、ブラックレースも忘れちゃいけないですぞ。これはアメリカンブロンズルースターケープのブラックレース/キングフィッシャーブルー。
b0000168_1220613.jpg
 光に透かして見ると、黒い部分と青い部分のコントラストが、う~ん、いい感じ。
 とある情報筋によると、このブラックレースのシリーズ、日本ではあまり人気がないそうですが、私は大好きだったりします。見慣れたデシーバーもこのハックルで巻くと、なんか個性的な仕上がりになるんですよ。


b0000168_12233074.jpg
 こっちは同じルースターケープのブラックレース/ピンク。なんだかわかりませんが、ピンクは人気カラーなので、ついつい使ってしまいがちです。あまり奇抜なカラーにチャレンジできない、私の気弱さがよく表れていますね。
b0000168_1230195.jpg
 ブラックレース/ピンクは裏もすごいんです! きっちり並んだハックルファイバーが作り出すシマシマ模様が、ほら!なんかカッコイイ!! 裏面も積極的に使いたくなりますね(なりませんか?)
b0000168_1232572.jpg
 大好きなポップリップにもブラックレース/ピンクのハックルをよく使っています。先端の黒い部分がピロピロ動いてアピールする……かもしれません。ま、全然的外れかもしれませんが。

あ~アメリカン君、ありがとう! 
キミたちのおかげで今日もフライタイイングに励めます。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-14 12:40 | フライのこと | Comments(8)
アメリカンハックル大好きっ子さん
 はーい、今夜も大海原とフライロッドへアクセスしてくれてありがとう! パーソナリティはおなじみsaltwaterなんとかこと、saltwater-ffですよ~。

 さて、じゃさっそくお便り紹介! 東京都にお住まいのペンネーム、アメリカンハックル大好きっ子さんから……。

「saltwaterなんとかさん、はじめまして。ブログ、いつも楽しく見ています。どうでもいいのですが、saltwater-ffを略したつもりでsaltwaterなんとかって名乗ってるのかもしれませんが、それって逆に長くなってますから!!

 おー、痛いところを突かれたぜベイベー。でも略そうとして逆に長くなったり、元の名前が分からなくなることってことあるよね! たとえばゴールドリブドヘアズイヤーをGRBHEとかに略す人もいるけど、オレ的にはGRBHEと書かれても何か分からないぜっ!! あたっ!




はぁはぁ(息切れ)



勢いでここまで書いちゃいましたが、無理があるのでやめます。





 私、アメリカンハックル大好きです。大好きっ子です。今さら何をという感じですが、昨日、定例のマテリアル整理をしていて気付いたんですが、所有しているハックルケープの過半数がアメリカンハックルでした……。こんなフライマンでいいですか? いいですよね!?
 つか、海フライマンなら、みんなアメリカンハックル大好きっ子ですよね?(もし違っていてもそうだといってくれ)

 というわけで、今日はアメリカンハックル大好きっ子の一員として、私のアメリカンハックルへの愛を語ってしまおうと思います(キモス)。
b0000168_16113347.jpg
 白です。ホワイトです。白、すなわちホワイトです(興奮して意味不明)。
 雪のような白さのアメリカンハックル。ブリーチじゃなくナチュラルです(たぶん)。専門家じゃないので勝手な推測ですが、近年のホワイトは、ややジンジャーっぽかったりするものがあったりするので、純白なアメリカンハックルはなかなか貴重です。白ければいいってもんでもないんですが、やっぱり生き物ですからね、ハックルも個体差があります。ですからハックルは一期一会。アメリカンハックルの流通量がどれくらいか存じ上げませんが、そんなに出回ってないと思います。だからこそついまた1枚手に取ってレジへ向かってしまうのです。
b0000168_16123457.jpg
 ちなみにホワイトは2枚持っています。それぞれケープの長さが異なるので、タイイングするフライに合わせて使い分けています。ホワイトは基本色だし頻繁に使うので、きっと3枚、4枚あっても困りませんね。
 欲をいえばホワイトのサドルがもっと増えるといいなぁ~。どうでもいいことですが、今回はアメリカンハックル愛を少しでもお伝えするために、いつもより画像サイズ大きめでお送りしています。
b0000168_16124728.jpg
 これ、どうも2007年の新色っぽいですよ。その名もアメリカンルースターケープのフローセントイエローチャートリュース。待ってました!の蛍光色ですよ。さすが海バカな連中のニーズをわかってます。よ!日本一!いや世界一!
b0000168_1612246.jpg
 ほらほら~、なんだかとってもステキでしょ~う? こんなの見てるとタイイング欲求がムラムラ~と湧き上がってきませんか? 私の場合、頭のなかにイマジネーションという名の妄想がモヤモヤ表れては消えていきます。モヤモヤ~パッ! モヤ~パッ! モヤモヤモヤ~モヤ~~パッ!! という風に妄想の臨界点を突破すると、我慢できずにタイイングモードへ。
b0000168_1661042.jpg
 結局巻いたのは定番のデシーバースタイルでしたが、チャートリュースの下にホワイトを入れて明るさを強調してみました。昼も夜も使えるんじゃないかなぁ~なんて。あ、フックサイズは#2/0です。


(つづきはまた明日)
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-13 16:14 | フライのこと | Comments(4)
大海原とフライフィッシャーな人々の集い
 2月9~11日の3日間、パシフィコ横浜で開催された国際フィッシングショーへ行ってきました。
 海のフライフィッシング的な見所はほぼ皆無!(笑)でした。ま、今年はフライフィッシングのお祭りが催されるっぽいので、そちらに期待!ってことでしょうね。
 フィッシングショー自体はルアーフィッシング関連のメーカーが例年以上に目立っていたように思いました。ま、昨年参加していたのに、今年は不参加なメーカーもあって、全体的に見ると冷えているんだなぁ……という印象でした。そんななかでいくつか気になった出来事を少しだけ。
b0000168_15384472.jpg
 東京湾の遊漁船組合(だったかな?)のブースでは、東京湾に生きている魚を実際に手で触れられる水槽があり、子供たちに人気でした。やっぱり子供は魚に触れてみたいんですよ。
b0000168_1540212.jpg
 釣りバカなら誰しも一度は考えるであろうラジコンボートで仕掛けを運んでいくという夢。300mくらい沖へ仕掛けを運べるらしいです。釣果のほどはさておき、こういう大人と子供が一緒になって喜べそうな発想の商品って大事じゃないでしょうか。
b0000168_15424988.jpg
 世界のシマノがこっそり新発売する左右同調ハンドル付スピニングリール。両手で回しても回転速度が2倍になるわけではありません。近年人気の海上釣堀に親子で行って、大物がかかったら親子で協力してリールを回し、“釣りの喜び体験”を目的にした商品だそうです。
 
 毎年思うことですが、来場している子供の少なさが致命的になってしまう前に、何か考えて実践していかなくてはいけないんじゃないでしょうか。ニンテンドウDSやケータイやラブベリが驚異的なライバルだという実感がないのがね……。ただでさえ少子化なんだから、ね。

 さてさて、海フライマンにはあまり居場所のないフィッシングショーを後にして、みなとみらい地区から横浜駅前へ。実は横浜方面の海フライバカな方々との宴会(?)がこの日のメインイベントなのでした。待ち合わせ場所の横浜サンスイさんに行くと、すでになんか潮っぽい方々が……(笑)。
b0000168_15534999.jpg
 スコットの8415(!?)と格闘する世界のMASA氏とサンスイスタッフKさん。マグロを狙いに行くお客さんのロッドだとか……ア、アツイ店だ。
b0000168_1614830.jpg
 結局、この日集まった海フライバカな方々は総勢25名ほど。順番に自己紹介なんかをしつつ、カンパーイ!初対面の方がほとんどでしたが、そこは海フライバカ同士。あっという間に意気投合して盛り上がります。ちなみにお店はYFTでおなじみ、マスターフグことAさんの『和泉屋』さんで、料理と酒に舌鼓を打ったのでした。
b0000168_1664752.jpg
 宴もたけなわになってくると、もうあっちこっちで海フライな話が飛び交います。
「やっぱり20kg以上ないと物足り~ん」「コスタリカのセイルは~」「おすすめのシーバスボートは~」「あのハックルって~」「チャミングは原則的に~」「メバルには白っぽい~」「昔はあそこでバクバク~」「次の大潮まわりが~」「今度のラインは実に~」「あのときはロッドが折れちゃって~」などなどなどなど。あっち見てもこっち見ても、みんな海のフライフィッシングが大好きな人ばかり。いやー、私も完全アウェイ(笑)ながら、大変楽しい時間を過ごさせていただきました。規模の大小こそあれど、こういう集まりが日本のあちこちで開かれるようになってくると、ますますフライフィッシングが楽しくなっていくように思います。関係各位の皆さま、ありがとうございました。幹事役のYさん、Kさんお疲れ様でした(お誘いいただきありがとうございました)。
b0000168_161531.jpg
 最近すっかり海系キャラが定着している、世界のMASA KATSUMATAさんFLYFISHER誌 編集長のTさん。この2人が今後の日本の海フライフィッシングを先導していく!! のかもしれません(久々にお会いできて楽しかったです)。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-12 16:18 | ざっくばらんに | Comments(12)
展示会、押しかけ助っ人参上
 先日、山梨県にあるFISH-ON!鹿留で催された「フライタックル展示会」を覗いて来ました。
b0000168_15355312.jpg
 会場には久野さん、岡田さん、清水さん、杉坂(隆)さん、杉浦さんといったフライ雑誌等でおなじみの面々が勢ぞろいされていました(画像はO-REXの岡田さん(左)がロッドの説明をしているところです)。
b0000168_1536817.jpg
 盟友(!?)TEAL代表の杉浦さんが、愛知から遠路はるばるやって来るということもあって、当日は勝手に押しかけ助っ人としてお邪魔しました。
(画像はお茶目なポーズの杉浦さん)

 展示の内容は……。まぁ、告知もほとんどされていない状態でしたし、展示会場も釣り場から少し離れた場所ということもあり、来場者は出展メーカー関係者や友人がほとんど。それゆえになんとなくアットホームな雰囲気の会ではありました。

 海なし県で管理釣り場が会場ということもあり、この日私は釣りをしなかったのですが、来場された方の中には、ついでに釣りを楽しんで帰られた方もいらっしゃったようです(本栖湖へ向かった方もいらっしゃいました)。
b0000168_15362788.jpg
 小規模な集まりではありましたが、フライ雑誌の3誌の取材スタッフが来ていて、ちょっとビビリました。展示会終了後は有志による意見交換会も行われ、参加者それぞれが今後の糧を見つけたような、見つけなかったような、なんだかそんな三々五々でお開きとなったのでした。
 個人的には杉浦さんと色々バカ話をしたり、今シーズン考えている釣りの話を相談したり、新しいマテリアルやフライパターンのことや、タックルのことなんかを話せたので、貴重な時間を過ごせました。杉浦さんとは年齢が近いこともあって何かと話が弾んでしまうんですが、きっと考えていることも似ているんでしょうね。いやー、根っから熱い、いい男です。



 今週末は横浜で国際フィッシングショー、浅草ではハンドクラフト展が開催されます。国際フィッシングショーは日曜日に行こうかな~。で、その後は横浜方面の海フライな方々と親睦会でございます(関係の皆さま、お手柔らかに~)。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-08 15:42 | ざっくばらんに | Comments(6)
釣れてますか?
 釣り、行ってますか?

 私は……少し行ってきました。

 今日はその様子をダイジェストでお送りします。




 2月3日、千葉県某漁港。満月ピカー! な夜中にメバル狙い。


 結果…………







玉砕。


 メバルでボウズ食らったのって、何年ぶりだろう……。ちょっと新鮮でした(笑)。






 でもって、昨夜。

 ここ数日、横浜方面でバチ抜け祭が開催中とのこと。

 なら、都内はどうだろー? と思って出撃。



 仕事が終わってからの出撃なので、釣り場に着いたのは午後10時過ぎ。そりゃ夕方の時合いを外しているのは承知の上だけど…………






 はいはいはいはい。








 バチ、いません。








 例年、バチが大発生しやすいポイントを3カ所回ってみましたが、何にもなし。いや、1カ所だけラーメンバチ(長めのヤツ)が浮いてました。終わった後だったのか!?





 念のためあれこれ釣りしてみましたが、カスリもしません。





 結果…………











玉砕。
b0000168_14172531.jpg
 釣れない時間が続くと、なんだかやたらゴミが目に付くので、それらを拾って終了。



 ちくしょー! また行ってやる!
[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-07 14:24 | 戦いの記録 | Comments(6)
キビナゴ、ギランギラン
 先日キビナゴの一夜干しをいただきました。
b0000168_16352342.jpg




 見ていると、どうもギランギランしている部分に引き込まれていくような錯覚に陥ります。
b0000168_1636209.jpg

 グアニン(でしたっけ?)のキラメキは、すべてのフィッシュイーターを喜々とさせるトリガーなのでしょうか。キビナゴの側線部分にある幅広、一直線のギランギランは、明らかに刺激MAX! キビナゴを模したフライパターンがあるのは言わずもがなです。



……って、ちょっと目を離したら、なんか様子が変わったような?
b0000168_16403427.jpg

[PR]

by saltwater-ff | 2007-02-05 16:44 | ざっくばらんに | Comments(6)