"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

年末のご挨拶
b0000168_1213492.jpg
 日ごろは『大海原とフライロッド』をご覧いただき、ありがとうございます。

 毎日のように閲覧いただいてる海フライ大好きな方、毎日何回も見に来てくださっている海フライ超好きな方、2007年が皆さまにとって、ビッグヒットとスーパーストライクに恵まれる素晴らしい一年になりますよう、お祈り申し上げます。

 それでは皆さま、よいお年を!



※注1
2007年の始動は1月9日以降となります(コメントへのレスも9日以降になりますご了承下さい)。

※注2
年末年始は関西の海辺やフライショップに出没するかもしれません。奇怪な行動をとっていても、そっとしておいてください。

※注3
画像は本文とまったく関係ありません。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-12-29 12:00 | ざっくばらんに | Comments(25)
百尺竿頭(ひゃくしゃくかんとう)
 ふぅ。

 2006年も最終週に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか? 楽しいクリスマスを送っている方も、それどころじゃないわい!ってな方も、海のフライフィッシング的にクリスマスを考えれば、ボーンフィッシュがいるかいないかぐらいの差ですから、あまり気にしないで参りましょう。はい、私もそう慰めています(笑)。

 12月に入って全然釣りの更新がないわけですが……釣りに行ってないわけではないんですよ。ただ釣れないだけという……。うっうっ。

 ねぇマスター、今日はちょっと話を聞いてよ。


 11月某日深夜。C県某河口。毎年ランカーシーバスが狙えることで知られるポイントへいざ出陣!
 アカエイこえぇ~とビビりながらウェーディング。すでにルアーマンが2名立ちこんでいたので、彼らから40mほど上流側に立ち位置を決めてキャスティング開始。下げ時合いなので、流れがどんどん細く、速くなっていく。当然ながら魚の着き場も限定されてくるので、そこを狙ってキャスト&ダウンクロスで攻める、攻める、攻める……。あ、ルアーマンにヒットしてる! 投げる、流す、引っ張る…引っ張る…引っ張る…。あ、またあのルアーマン釣ってる! 今度はデカそうやな~。
 えぇい! 投げる!流す!引っ張る!ガツン!! すわ!!! って、動かない!! The根がかりbyダイソー!! とかやってる間に時合い終了~。失意のまま帰宅。ふー。


 12月某日早朝。S県某河口。今度はこっちのランカーリバーに挑戦!
 河口の形状は狭くなっていて、けっこう流れが速い。しかし深く掘れていることを想定してタイプ4でGO! 先行のルアーマンが1名。日の出前後がプライムタイムなので、他人のことを気にしている暇もなくキャスト、ドリフト、リトリーブ……んががっ!! ノォォ~!! 流芯は深いけど、足場付近は超シャロー。ゆえにライン擦れ多発&フライロスト多発。
 しかしクルマに戻ってラインを交換している時間はない。痛恨の選択ミス! と、ふと見たルアーマンのロッドが超弓なりに! しばらく見ていると無事ランディングできた様子。暗いからあまりよく見えなかったけど、相当にデカそう。こっちはライン擦れとフライロストの嵐で戦意喪失。
 ぐえ。

 同日夕方。同河口。悔しいので夕マズメにも挑戦。
 朝の選択ミスを踏まえてインタミで勝負! 河口は相変わらずの激流。明るい時間帯からなので足場や流れの感じをよーく考えてポジションを決定。サーファーがいるのでキャストはできないけど、まぁじきに帰るでしょ……と思ってたけど、一向に帰る気配がない。
 おいおい、もう5時過ぎてるよ! 暗いし寒いし危ないし、そろそろ帰らない? それから30分経過……。おーい、そろそろ帰ろうよ。釣りしたいんだけどさー。と呟くものの聞こえるはずもなし。それからさらに30分経過……。サーファー君、ようやく上がる。すれ違いざまに「頑張るね~」と声かけると「クソ寒いのに釣りですか?すごいっすね」と返答。おめーに言われたくないよ(笑)。
 それから粘ること3時間半。激流に翻弄されるだけに終わる。やはりインタミじゃ表層しか探れず、ランカー様の泳層まで届かないのか? 眠気と格闘しつつ帰ったら、途中でETC割引間違えて料金が高くつく。ぐったり。


 12月某日深夜から早朝。S県某河口。リベンジなるか!?
 前回の苦戦をもとに今回は流し方を変えてみることにする。ラインはタイプ4。足元の擦れを最小限にし、ランカー様の泳層(=ボトム)をなるべく長く引っ張るために、ダウンクロスで流すコースをなるべく長くするのが今回の課題。ただし、この方法はアングラーが大勢いると無理。よって禁断の平日強行軍。狙いのポイントに入ってさっそく流し始めると、いい感じにフライが流れ、気になるラインの擦れもほとんどない。
 これはイケルか!? という淡く脆い妄想はあっけなく崩れ、この日も無慈悲に昇る太陽を拝むことに。クルマに戻ってショボーンとしていたら、犬を散歩させている老紳士が近寄ってきてひと言。
兄さん、今年はスズキもう終わりら~(訛り)」
 た、ただもんじゃねー。


 というわけで、連戦連敗中なのでございます。うっうっ(涙)。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-12-25 14:52 | 戦いの記録 | Comments(14)
She is running.
b0000168_2037685.jpg
 ここんとこ師が走りまくっております。

 本日は関西方面へ日帰り出張でございました。

 のぞみはえー。
 
 そしてグッタリーヌ。←今ここ


 出張や飲み会で連日クタクタですが、フライだけはちょこちょこ巻いています。

 画像は前にどっかで見た(たぶん海外のサイトか雑誌)サンドイールか何かを模したフライをアレンジしたやつです。内湾サーフのシャローに着底するかどうか……って感じで漂っているベイトフィッシュ(カタクチ)をイメージしてみました。

 ダンベルアイのおかげで着底状態がキールになりやすいんじゃないかしらん? 無論、引っかかるときは一発で引っかかると思いますが……。でもまぁ、シャローならそれほど引っかかる原因もないでしょうし、来シーズンに使ってみようと思います。

 じゃーもういっちょ頑張りますか!

 同じように頑張ってる皆さん、気張ってまいりましょう~!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-12-20 20:47 | フライのこと | Comments(6)
Tsutta? Nigashita? Panda?
b0000168_13465319.jpg

 こんにちは。いつもバカなことばかりやってますが、またしてもこんなことを……。




 ひー、すいません、すいません!!




 詳細は追ってご報告できるかどうかわかりません。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-12-14 13:57 | お知らせ | Comments(2)
ENGAGE!(ぶっ飛ばせ!)
 師走も半ばになると、いろいろ年末っぽいニュースや行事で賑やかになってきます。今年の10大ニュースとか、いろいろありますよね。

 自分なりに今年を振り返ってみると、シーバス釣って、フライ巻いて、メバル釣って、メバル釣って、フライ巻いて、シーバス釣って、シーバス釣って、ヒラメ釣って、フライ巻いて、イカ釣って、シーバス釣って、キャス練して、シーバス釣って、フライ巻いて、フライ巻いて、フライ巻いて、シーバス釣って、シーバス釣って、シーバス釣って、キャス練して、キャス練して、シーバス釣って、キャス練して、会社辞めて、フライ巻いて、サバ釣って、シイラ釣って、フライ巻いて、ゴミ拾って、シーバス釣って、ゴミ拾って、キャス練して、ヒラメ釣って、ゴミ拾って、シーバス、シーバス、シーバス、シーバス釣って、ゴミ拾って、シーバス、シーバス釣って、ゴミとシーバス釣って、シーバス、シーバス釣って、イワシ拾って、シーバス釣って、ゴミ拾って、フライ、フライ、フライ、フライ巻いて、カメラ落として、シーバス釣って、キャス練して、シーバス釣って、キャス練して……とそんな感じで過ぎていこうとしています。あぁ、またしても釣りバカな一年。

 ライフフィッシュ?になりつつあるシーバスについては、サーフェースシステムのおかげで例年にない爆発的な釣りを体験させてもらえたし、海をキレイにするキャンペーンを始めたり、フライキャスティングの改良に取り組んだりしたのも大きな収穫でした。

 しかし、悩みの種は尽きないというか、やればやるほどいろいろ気になってくるものでして……。最近悩んでいるのはキャスティングに大きく影響するグリップ(握り方)をどうするか、なのですよ。
b0000168_1846293.jpg たとえば、これまで高番手のフライロッドを振る際、私はサムオントップで握っていました。親指に力が入れやすく、ブレも少ないのでこの握り方を選んだのも必然といえば必然。ですが、このところのキャスティング練習によって、サムオントップのままでは不具合が生じてきました。その不具合とは、ずばり、積極的なリスト使いが難しいということ。実際にやってみれば分かると思いますが、サムオントップのままでは、人体の構造上(?)手首の可動範囲が制限されます。フォワードキャスト時のリストダウンはいいんですが、バックキャスト時のリストアップ(でいいのかな?)が大変難しい(あれ?私だけですか?)。

b0000168_18462311.jpg じゃ、どうすんの? と思った時に思い出したのが、Vグリップという握り方。正しい名称かどうかは不安ですが、サムオントップの親指サムを少しずらして、親指とひとさし指の間がちょうどセンターにくるよう握るアレです。これに変えてみると、すわ! 手首の自由度が一気に高まりました。うーん、これからはVグリップにしようかな……と思ったのも束の間、オーノゥ! 親指で支えていたパワーが手首にダメージを与えてくれやがります。いてて……こりゃ握力を鍛えないと難しそうだぞ。

b0000168_18464941.jpg Vグリップの代わりにインデックスフィンガーはどうだろう? って、あちち!! こりゃダメだ。火傷するのは時間の問題だからNO GOOD!

b0000168_1847361.jpg 元007のピアーズ・ブロスナンを気取ってオサレに握ってみればどうなるか!? 自分のほうに煙が来るのは別にいいとしても、フライロッドの握り方としては無理があるなぁ。

b0000168_18471923.jpg じゃ、やっぱり温故知新ってことで、オーソドックスにチャーチルっぽく握ってみると、う~ん落ち着く。そういや有名な探偵小説の主人公もこの握り方を好んでいたような……。

 適度に冷却された煙は、ナッツのような香ばしさと蜂蜜のようなまろやかさを帯びつつ、豊穣さを漂わせる。そういえば今日はまだ依頼者が現れないな……。それならそれで一向にオレは構わない。引き出しに隠しているとっておきのバーボンを取り出し、グビリとひと口。うん、悪くない。そんな時間を切り裂くかのように階下から一気に階段を駆け上がってくる足音。血相を変えて入ってきた中年男は、事務所のドアが開ききらないうちに息切れしながらこう叫んだ。
「た、たのむ、ディクソン!! た、助けてくれ!!」
 ふぅ、今日の依頼は骨が折れそうだな……。オレはそう心の中でつぶやきながら、手にしていた葉巻をいっそう強く握りしめた。




 あれ?なんの話でしたっけ?
[PR]

by saltwater-ff | 2006-12-13 19:04 | ざっくばらんに | Comments(6)
Shall we cast part5
b0000168_13193961.jpg

 雨上がりの日曜日。例によって、またキャスティング練習に行ってきました。12月なので十分寒いですが、ちょっと頑張るとすぐに温まります。真冬といえどもフライフィッシングの楽しみはまだまだ続きます。えぇ、底なし沼です。



b0000168_13195068.jpg
 モンタナさんことO氏の勇姿。みなぎるパワーが伝わってくるような気がします。



 今日は時間がないので画像のアップだけでごめんなさい。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-12-11 13:27 | ざっくばらんに | Comments(0)
ビリー東さんのフライキャスティングQ&A
 はい、こんにちは。もしくは、こんばんは。いつも見に来てくださって、ありがとうございます。動画のほうも大した内容でもないのに、順調に閲覧数が伸びているようで、なんだか嬉しいような申し訳ないような複雑な気持ちです。
 が、今日も懲りずに動画をお届けしちゃいます。

 今回の動画はこれまでの『大海原とフライロッド放送』ではなく、11月26日に埼玉県さいたま市で開催されたビリー東さんのフライキャスティングスクールの様子をお届けしちゃいます!(いわゆる番外編です)
b0000168_16193198.jpg
 ビリー東さんといえば、タイトループ・プランナーであり、JCA公認フライキャスティングインストラクター、メル・クリーガーさんを始め~(中略)~こんな海バカのブログに登場してもらえるなんて、クオリティタカス!!(ありがとうございます~)
☆撮影協力☆フライショップ ハーミット

 実はこないだ公開した大海原放送の第4回に収まりきらなかったんですが、あまりにもったいない内容なので、番外編としてお届けします! 私の余計なナレーション(笑)は入っていないので、存分にお楽しみいただけると思います。見終わるとキャス練したくなること請け合いです(約6分30秒)。
b0000168_16195892.jpg
「コーヒーでも飲みながらどうぞ」と東さんもおっしゃっています。

 ご視聴は下のNOW ON AIRをクリックして、リンク先の再生ボタンをクリックしてください。もちろん無料です。


NOW ON AIR


会社で見ている人は、音量に注意ですぞ!
※PC環境や回線速度によって、コマ落ちする場合があります。その際は時間帯を変更するか、一度キャッシュさせてからご視聴ください。


 皆さまの声が更新の励みになります! 気軽にコメント欄へ書き込みお願いします。

 それでは!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-12-07 16:23 | 放送 | Comments(10)
過ぎ去りし日のフライボックス
 大掃除の途中、タイイングデスクの下に堆く積まれたフライボックスたちを見つけた。ほんの7~8年前まで、毎日のように手にしていた宝箱。ボクがフライフィッシングのフィールドを海に移す割合が増えていってから、だんだんと開けることが少なくなっていき、ここ最近では触ることもほとんどなかった。思い込みと淡い期待で、パンパンに膨れていたナイショの箱。久しぶりに開けていると、なんとなく懐かしい匂いがした。
 
b0000168_1626255.jpg
ノスタルジックに浸るほど年月が経っているわけじゃないけれど、懐かしい匂いにつられて今日はちょっとだけ思い出話とかしちゃおうかな。

b0000168_16262418.jpg
 そのころのボクは東京へ出てきて3年ほど経ち、なんとか社会に潜りこむことができるようになっていた。仕事は忙しさを極めていたけど、フライフィッシングだけは忘れなかった。そして、学生のころに衝撃を受けた“モンスターブラウン”の幻影を求めて本栖通いを始めた。

b0000168_1627667.jpg
 平日、イブニングを1時間だけやるために往復4時間のドライブなんて普通だったし、気温零下、真冬の本栖湖へオンボロの屋根なしマイカー(ヒーターもなし!!)で度々出かけたりした。連続10回ボウズなど当たり前だったし、小さくても1匹釣れれば、本栖湖通いを続ける仲間と狂喜乱舞した。

b0000168_16272356.jpg
 通いこむことで、いつしかレインボーはそこそこ釣れるようになった。ブラウンはなかなか釣れなったけど。放流が増え、釣り人も少しだけ増えた。メソッドやタックルもいろいろ試す人が増えた。釣れるようになった。活気があふれ始めたころ、ボクは本栖湖通いをやめた。

b0000168_16274594.jpg
「釣れない釣りは、釣りじゃない」なんていう人もいたけど、湖畔に居るだけでなんだかリラックスできたのは事実だった。水中の地形、回遊ルート、ベイトの種類なんかを書き込んだノートもある。誰にも見せられないけど(笑)。

 思えばハタチくらいから、釣れない釣りばかり選んでてきたような気がする。それが今じゃサーフだ、河口だ、干潟だ……もの。やっぱり HE・N・TA・I☆  HE・N・JI・Nなのかもしれないですね。
(まさかの僕秩オチ)
[PR]

by saltwater-ff | 2006-12-04 17:03 | ざっくばらんに | Comments(12)
フライラインの先っちょリターンズ
 どうも、どうも。今日から12月ですね。師走ということで、いつも以上にバタバタと忙しくされている方もいらっしゃるんではないでしょうか? 私も例年ほどではないですが、そこそこ忙しくなってきたので、先週の土曜にちょっと早い大掃除をしました。まぁそうはいっても、脳みその大部分がフライフィッシングで占められている海フライバカとしましては、掃除の矛先(?)がフライ用品を置いているエリアに差し掛かると、とたんに中断してしまい、あれこれやってしまいます。

「そういや#10のライン、まだ冷水用に巻き換えてなかったな……」

ん?何のこと?(またしても長いです)
[PR]

by saltwater-ff | 2006-12-01 20:03 | 道具のこと | Comments(2)