"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

いつもここから?
かなしいときー

(かなしいときー)




巻いたばっかのフライを1投目で失くしたときー

(巻いたばっかのフライを1投目で失くしたときー)

もっとかなしいとき?
[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-30 12:43 | 放送 | Comments(14)
そろそろ使ってみたいフライたち
 日々秋が深まってくる今日このごろ、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 海のフライフィッシングにおいて、秋はシーズン最盛期といっても過言ではなく、いろんな魚種を狙える一番熱くなれる時期なのであります。渓流にたとえるとGW明け、梅雨直前くらいのイメージでしょうか、とにかく毎日でも釣りに行きたい、そんな季節なのです。サーフではヒラメ、回遊魚も狙えるし、オフショアに行けば、様々な魚がロッドを絞り込んでくれます。もちろんおなじみのシーバス君もシーバス様と呼びたくなるランカーが各所に出没するので、気合が入ろうってものです。特に東京湾では昨年、今年とシーバスの釣果がよく、週末ともなれば多くのアングラーが出撃します。かくいう私も今週末にちょっと出撃してきます。まぁ普通に釣っても面白くないので、いつものようにちょっと変わったフライを試してみようと思っています。
 というわけで、今日はそんな変化球フライをアップしちゃいます。相変わらずイマイチな仕上がりですが、ネタなので(笑)。

b0000168_13522889.jpg
 これは大型のイワシを意識したもので、12cmほどあります。ヘッドをエポキシでコーティングしているのですが、上から見るとイカの頭のように三角に成形し、水流を受けやすくしたつもりです。効果のほどは定かではありません。ボディにはボゾヘアを使っているので軽く、水切れもいいです。フックはがまかつS10S-4Hの#2/0です。

b0000168_1435593.jpg
 これは世捨て人倶楽部の重鎮、K大名人がよく使うブラックヘッドポッパーを勝手にアレンジしたものです。青物との遭遇チャンスが増えるこの時期は、ポッパーは必ず数本ボックスに入れておきたいフライです。これは市販のウレタンヘッドを接着剤(ウルトラ多用途)でコーティングしてあります。どうしてかというと、なんか水を吸って重くなるような気がするからです。他はいたって普通ですね。全長15cmくらい。フックはTMC511Sの#3/0です。
b0000168_1473065.jpg
 「こわいよママー!魚が襲ってくるよー!!」なんていってたりして(笑)。

b0000168_1482072.jpg
 最後はこの間のエントリーで書いた、下段エポキシ冗談上段フローティングミノーなスクーリーです。水に入れるといい感じに上段だけ浮かびます。う~ん、これで釣れるとかなり楽しいんだけどな~!フックはマスタッド79666Sの#1/0です。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-26 14:14 | フライのこと | Comments(8)
タラちゃん、ハーイ!
b0000168_16332761.jpg たぁ~らこぉ~たぁ~らこぉ~、たぁ~っぷり~たらこぉ~♪ 
 こんにちは……TARAKO SIZEです。

 今日はこの『大海原とフライロッド』を、いつものsaltwaterなんとか卿に代わってお送りします。
 
 昨日の日曜日(10/22)、久しぶりに海なし県の某公園に集合してきました。ま、例によって投げですよ、投げ。いいだしっぺのダース・モンタナ卿が仕事で遅れるというアクシデントがありましたが、会は順調に進みましてですね、いつものように竿振ったり、ダベったり、メシ食ったりしながらのグダグダな一日でした(笑)。


b0000168_1640582.jpg
 会話の流れで、キャスティングトーナメントを意識した練習をしている方のロッドを振らせていただきましたが、はっきりいってこれ、ヤバコワスです。ままま、ヤバイようなコワイようなウスのような、そんな感じなんですがね。これ、アジングにもよさそうですね……って、いったらドン引きされてしまいました。ままま、ハッキリいって無理ですね。
 あと、キャスティング中に口あけるのは癖じゃないですよ。声出しながら振ったほうが気合が入るんです。ほら、剣道とかも「メェーン!」とかいうでしょ。アレですよ、アレ。
 今気づきましたが私が「メェェーン」とかいうと、HIPHOPラッパーみたいですね。「いっしょういっしょにいてくれや~♪」って、きっと誰も覚えてませんね。代々木生まれ代田橋育ち、ワルそなヤツはだいたい悪い人。TARAKOよばわりするヤツは許しちゃおかねぇYO!なんちゃってYO!ちなみに後ろに写ってるのは私の家族じゃないYO! ままま、本当に居ても気づきませんがね。

b0000168_16442466.jpg
 オレンジ帽子が似合ってるレフティハマ卿は、時差ぼけにも負けずがんばっておりました。後ろに見えるのは小野師範と暗黒フォースの使い手モンタナ卿、さらに奥には赤トレーナーのシノ卿。向こうには青Tのペリ兄さんも見えますなぁ。日本のモテ基準の尺度がフライキャスティングだったら、皆さんカリスマホスト確定間違いなしです。新宿歌舞伎町の夜に描かれるナローループ。ラインカラーはやっぱりピンク!? あー、そろそろ練習しょうっと。

b0000168_1650029.jpg
 そうそう、saltwaterなんとか卿から、この画像をトップに使えっていわれたけど、忘れてたから最後にでも載せときましょうか。以上、TARAKO SIZEがお送りしました。









 というのは、冗談です。本日もsaltwaterなんとかこと、saltwater-ffがお送りしました(TARAKO SIZEさん、笑って許すべし!)。

The answer is in the sea.
(海をキレイにしてステッカーをもらっちゃうもんね!)キャンペーン
絶賛受付中です!

[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-23 17:04 | ざっくばらんに | Comments(6)
ちょいと2時間ばかり
 仕事がちょっと忙しくなってきたのですが、秋のベストシーズンということもあって、釣りに行かないわけにはいきません。仕事帰りに2時間ばかり立ち寄った都内某所。オレンジ色の常夜灯が眩しいこのポイントは、小中型が主体になるものの、フライロッドが存分に振れて、短時間でもそこそこの釣果が期待できる貴重な場所。タックルは積みっぱなしの#8にフローティングライン。常夜灯と岸壁の明暗部を数回トレースすると、コンコン!という小気味いいアタリ! アワせると、水面から何かが飛び出しました。すわ!トビウオ!? んなわけありません。
b0000168_13205161.jpg
 正体は……わはは。こんなのが入れ食いでした。今春に生まれたばかりの0歳魚の群れが入ってきていたようですね。同じポイントでおもしろいようにスクーリー(#1/0)を食ってきましたが、あまり教育しすぎるのもよくないし、幼魚時のダメージは深刻なので5匹ほど釣った時点で終了しました。
 時計はまだ22時過ぎでしたが、翌朝が早いこともあって帰路につきました。
b0000168_13165857.jpg
 本日拾ったゴミはこれだけ。ペットボトル、飲料缶、タバコの吸殻を中心に拾いました。拾ってる最中にネズミと鉢合わせして、ちょっとビックリ(笑)。

The answer is in the sea.
(海をキレイにしてステッカーをもらっちゃうもんね!)キャンペーン
絶賛受付中です!

[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-21 23:21 | 戦いの記録 | Comments(4)
海をキレイに(以下略)
b0000168_1936428.jpg
The answer is in the sea.(海をキレイにしてステッカーをもらっちゃうもんね!)キャンペーン絶賛受付中であります!
 画像は先日一緒に出撃したシノ氏。出しそびれてしまったので、ここで載せちゃいます。
 彼はシーバスのFFを始めて約1年で、驚異の成長を果たしている気鋭のアングラーです。いつも自然体で殺気が薄い(?)ので、よく釣っちゃいます。この日も写真の65.5cmを頭に釣りまくってました。次回YFT優勝候補の筆頭でしょう。

つづきはこちら
[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-20 20:20 | お知らせ | Comments(0)
どうでもいいですよ。
b0000168_15414814.jpg

 先日、新しくデジカメを買いました。これまで使っていたものは、もうかれこれ3年くらい前のモデルで、今はなきコニカミノルタのものでした。今回買ったのはパナソのLUMIX。なかなか良いです。というわけでテストを兼ねて写真をアップしてみます。秋晴れで気分がいいので、クリックするといつもより大きい画像になります(フライはショボイままです)。ペイントアイのコツをFree styleのJUNさんに教わってから、ペイントアイがめっさ気に入りました。
b0000168_1542622.jpg

 って、こんなスクーリーもよくね?(無理やり若者に迎合する姿勢、ざくね?)
b0000168_15422170.jpg
 でも水に浮かべると、こんな具合に浮きます。フッキングギザワルス……。ちょっとフックをアレンジして双胴の悪魔、P-38でも作ってみましょうかね(よしなさい)。
 あ、次は下をエポ、上をフロートにしてみよう。そうすればおもしろいフライができそう。そうしようっと。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-19 15:57 | フライのこと | Comments(11)
Believe in miracles
 死して屍拾うものなし……。魑魅魍魎が鎬を削る、フライフィッシングの世界において、西洋毛鉤釣+α専門秘密結社(?)『世捨て人倶楽部』の存在を知る者は少なくない……。’90年代の日本フライフィッシング界を風のように駆け抜けた伝説的おちゃらけ団体であり、釣れれば楽し、釣れなくてもまた楽し、を信条とする倶楽部員によって構成され、半ば釣りよりもネタづくりに奔走することが多かったという……。

(※注:現在も活動中です)

つづきはこちら
[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-16 16:39 | ざっくばらんに | Comments(10)
海の餌生物とそれらのイミテーション
b0000168_18141879.jpg もう10月も半ばにさしかかりつつあります。気が付けば今年もあと2か月半……。海のフライフィッシングにとっては最盛期の秋ではありますが、日を追うごとに冬の足音が近づいてくる今日このごろ。皆さまいかがお過ごしでしょうか。私は今週末にプチチャレンジ釣行を2本予定しているので、平日はおとなしく過ごしています。湾奥河川には型のいいシーバスがずいぶん入ってきているようなので、都内東側を流れる大型河川近郊にお住まいの方はビッグチャンスかもしれません。
 さてさて、というわけで平日はおとなしく仕事したり、フライを数本巻いたりして過ごしているわけですが、このところ夢中になって読んでいるのがこの本です(左画像参照)。『SALTWATER BAITS AND THEIR IMITATIONS』の名前どおり、S.W.F.F.において重要視される餌生物にスポットを当て、それらの生態や特徴を解説し、効果的なメソッドやフライパターンの紹介まで網羅している、海フライバカな我々のニーズをガッチリ捕らえて離さない内容になっています。しかもポケットガイドシリーズと銘打ってある通り、カバンやファイルケースに入れて持ち歩きながら読んだり、タイイングデスクの脇に置いても邪魔にならない大きさです(B6判よりやや小さいくらい)。

 実はこれ、S.W.F.F.仲間のLeftyHamaちゃん「お客さん、ええ本ありまっせ~」と勧められ、Amazonで購入しました。古本だったので、到着まで4週間くらいかかりましたが、届いてからはずっとカバンに入れて、通勤時に英語と格闘しながら読んでいます(ニンテンドウDSの英語ソフトで練習しなきゃ……)。
b0000168_18143390.jpg
 内容は主にストライプトバスを狙うアングラー向けに構成されていて、日本でもおなじみのSardine(マイワシ)やAnchovy(カタクチイワシ)から、CinderWorm(ゴカイ類)、Eel(ウナギ?アナゴ?類)まで網羅しています。また大型魚が好むとされるMullet(ボラ)、Mackerel(サバ)、Squid(イカ)等の記述も豊富です。ま、ストライプトバスと日本のシーバスは別物だしベイトも異なりますが、似通っている部分も多く、情報を貪欲に求めている方にとっては大変有用な本だと思います。
b0000168_18144346.jpg
 単にベイトの紹介だけでなく、ボイルが起きる条件やそれに対する対処法(メソッド)も紹介されていて、なかなか興味深いです。残念ながらこういった視点の本が国内で出版されることは少なく、渓流のフライフィッシングで水生昆虫が重視されるように、海においても餌生物を取り上げた書籍が出てきてもいいんじゃないかなーと思います(そういう意味では、海の餌生物に特化した某連載記事がいつも楽しみです)。

 ちなみにこの本、Amazonだけでなく発行元でも買えるみたいです。お値段は$16.95なので、英語と海フライの教材としては、かなりお買い得だと思います。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-12 18:54 | 道具のこと | Comments(4)
『海をキレイにしちゃうもんね!キャンペーン』 第1回ご報告
 はい、こんにちは。先月の11日から受付を開始したThe answer is in the sea.(海をキレイにしてステッカーをもらっちゃうもんね!)キャンペーンへのご応募、ありがとうございました!! 
 受付開始からちょうど1ヶ月が経過し、各地の海辺から協力のお知らせが届いています。今日はそんなご協力いただいた皆さんのレポートと写真を掲載させていただこうと思います。
 
 じゃ、さっそくつづきをどうぞ。

つづきはこちら
[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-10 19:29 | お知らせ | Comments(0)
大海原とフライロッド on the radio?
 えー、先日の動画配信のテスト、ご協力ありがとうございました(コメントいただいた方々には特に感謝しています)。結局Total数が270viewくらいまでいったので、まぁおおむね問題ないんだと思いました。
 というわけで、本日から大海原とフライロッド放送を始めちゃおうかと思います!(いやーいつもながら羞恥心が欠落していますなぁ)


↓大海原とフライロッド on the radio?第1回放送はこちらから↓(約10分)

NOW ON AIR

Dailymotionという動画サイト(You Tubeみたいなサイト)にジャンプします。
あ、もちろん無料ですよ!


※ご注意!
音量にはくれぐれもご注意を! また約10分あるわりに大した内容じゃないので、おひまな時間にどうぞ。オフィスで見る場合は上司に見つからないように警戒しましょう。うまく見られない場合は、一度キャッシュしてから見るか、時間帯を変更して再チャレンジしてみてください(うまく動作しない場合は、お手数ですがコメント欄にてお知らせください。参考にさせていただきます)。




 第1回放送ということで、マイクの音量やBGM音量、はたまた内容そのものにも至らない点が多々あると思います。まぁ、本人は80年代の深夜ラジオをイメージしてやってるつもりなので、志(?)を汲んで、生暖かく見守ってやってください(笑)。今後は月1~2回程度の放送にしていければと思っています。
 これまで文章、写真、図を使ってブログを書いてきましたが、しばしば歯がゆさを感じることがありました。たとえば同じ事柄でも、映像で動きが見られたり、声の抑揚があることで、伝わることってもっと増えるんじゃないかと思っています。まぁ、正直に書くとどこまでできるかわかりませんが、とりあえずやれる範囲でやってみようと思って始めました。せっかく海のフライフィッシングが好きな人たちが見に来て下さってるので、これまでと少し方向を変えてみて、もう少しコミュニケーションが取りやすくなるといいなぁ~なんて思っています。よろしければ、しばしお付き合いください。

 それから、このエントリーのコメント欄に何か書いていただけると、次回以降の放送で紹介させていただこうと思っていますので、ご意見、ご要望などございましたら、コメントしていただけると幸いです。あんまり無理な要望には添えませんが、できる範囲で実現できそうな場合は、今後の内容に反映させたいと思っています。う~ん、こういう双方向に活用できるのって、ブログのいいところですね~!

それでは、本日はこの辺で!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-06 18:46 | 放送 | Comments(8)