"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Shall we cast ? part 3
b0000168_0423054.jpg
 草原で奏でられる勇壮な行進曲。その前で悠々とキャストを繰り返すひとりのフライマン。まるで指揮者のタクトのように振りつづけられるフライロッド、曇天に舞う空色のフライライン。この写真は音楽とフライフィッシングが融合した決定的瞬間です。

 とまぁ先月に続き、2度目のキャスティング練習に行って来ました。今回の講師もレビュープロダクツの小野さんです。午前8時。小雨まじりですが、ドピーカンよりはかなりキャスティング練習向きの天気といえるでしょう。埼玉県某公園に集合したフライマン数名は黙々と練習を繰り返すのでありました……。
 今回もあれやこれやと練習の課題をいただき、それを実践したのですが、指摘されたことが修正でき、だんだんと改良されていくのはなかなか楽しい体験ですねー。私の課題はまず前回の復習であるループの安定化、テイリングの完全防止、ホールタイミングの改善に始まり、アークを狭めてのリスト矯正、バックキャストを“ちゃんと投げる”意識を持つこと等々、少しずつではありますが上達への階段を登っているような気がしました。自主練で反復しないと、すぐに忘れてしまうので1日1時間でも練習を続けようと思っています。
b0000168_0424432.jpg
 今回の海バカチーム(笑)の参加者はダークOさん、milkfishさん、SALTSIZEさん、そして新キャラのRedbullさん。曇天とはいえ、気温の上昇とともにダレ始めてしまうのは仕方ないかなー。しかし海バカ一同、海なし県にて頑張りました! ちなみにLefty Hamaちゃんは遅刻したので画像がありません(よ、大物の証し!)。
b0000168_11361754.jpg
 小野さんの熱血指導を受けるRedbull氏。30日のYFT第7戦にダークO氏とともに出場するとのこと。大会当日は練習の成果が発揮されることでしょう。
b0000168_1137225.jpg
 この時期、長時間のキャスティング練習は日射病や熱中症になる危険性があります。日陰などに入って適度に涼をとりながら行いましょう。また、水分補給もお忘れなく~。ちなみにこのタックルと水分一式は、私のではありませんよー。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-07-25 00:39 | ざっくばらんに | Comments(4)
フレックスミノーとか、とかとか
 先日大量購入したウルトラフレックスマイラーチューブで、さっそくあれやこれやとフライをタイイングしています。なんたって来週末の30日は第7回YFTですし、梅雨はまだ明けませんが例年であれば、表層付近で激しいスプラッシュが繰り広げられる夏パターンの楽しいシーバス釣りができる時季でもあります。
b0000168_1738252.jpg
 まぁ例によってフローティングミノー系を大小あれやこれや巻きつつ、ポッパーも試しています。実はこれ、かなり気に入ってまして、軽くて投げやすくて浮力抜群なうえに水がらみも最高!なポッパーになりそうな気配ムンムン。目新しいパターンを試行錯誤するのは大変楽しいので、もうしばらくは懊悩しつつタイイングしてみようと思います。なにが目新しいかって?うーん、まだあまり書けませんが、フォームやコルク等の浮力体を使わないポッパーなんです。
 まぁフライフィッシングの世界と歴史は、広大かつ奥深いので、きっと数十年(もしかすると数百年)前とかに同じ発想をされたフライ好きがいらっしゃると思います。よって“オリジナル”なんていうつもりは、さらさらありません。自分なりにあれこれ迷走しつつ遊んでるのが楽しいだけです。でもって、遊び相手のお魚君が釣れてくれれば最高ですね。


 暑中&各地の大雨被害、お見舞い申し上げます。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-07-22 17:51 | フライのこと | Comments(4)
ウルトラフレックスな日々
b0000168_1812387.jpg
 ウルトラフレックスマイラーチューブを大量確保!!

 あぁ〜、これでいろんなパターンが巻けるぞ〜。そう思うとなんかシアワセになってきます。もうすぐ時間に余裕も出るし、夏〜秋に向けてあれこれ量産しなければ! ちょっとした野望もありますし(笑)。

 そうそう、月末の30日(日)は、おなじみの『横浜ベイ・フライフィッシングトーナメント』(略称YFT)が開催されます。事前情報によると、今回は参加選手数が過去最多になりそうだとか……。まだ参加受付中ですので、我こそは!と思われる腕自慢の方は、参加されてみてはいかがでしょうか?詳しくはYFT公式HPにて。


※ブログ開始から2周年を迎えることができました! 大した情報を提供できるわけではありませんが、今後ともよろしくお願いいたします!

そんでもって気が付けば13万ビューを突破! いつもご覧いただきありがとうございます〜。だからというわけではありませんが、なんか海っぽいスキン(背景)に変更してみました〜。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-07-20 00:40 | ざっくばらんに | Comments(2)
大サバのちワラサ、そして見知らぬ海フライマン
 本日は海の日です。何年か前に急に設定された国民の休日で、海のことをあれこれ考えたり、海で遊んだり、海を休ませたりするための(?)祝日です。実はこのブログは2004年の海の日からスタートしていて、海の日基準でいくとちょうど2周年となります(2004年7月20日からなので、正式にはもう数日先ですが)。いやー、正直いって最初は2年も続くとは考えてもみなかったですが、始めてみるといろいろな出来事や発見があったり、出会いもあったりでなかなか楽しく続けさせていただいています。それに続ければ続けるほど、海のフライフィッシングは奥深く、私ごとき矮小な釣り師には到底及ばない世界なのだと感じさせられます。例えるなら夜の海のごとし。まったくわからないことだらけで、ほとほと困っちゃいますが、それこそが面白さだと思っているので、今後ともよろしくお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
 というわけで、今日はもろもろ更新です。

 まずは東神奈川のフライフィッシング専門シーバスボートとして知られるアルテミスのSキャプテンが、東伊豆・網代港に外洋遊漁船アルテミス2号を就航させたとのこと。網代といえば初島が目の前の素晴らしいフィールド。就航直後からワラサのボイルがすごいことになっている……とのことで、ベイハムスター号Hキャプテンにお誘いいただき、アルテミス2号にお邪魔してきました。詳しくは割愛しますが、港を出てから30分もしないうちに、船の周り360度でボイルが起き、カモメが次々とダイブして行きます。Sキャプテンに聞くとボイルの主は大サバだそうで、見ていると40~50cmのマサバが次々とフライロッドを曲げています。私も#10ロッドで狙うと、すぐさまグイーンとヒット! サバとはいえ、さすがに50cm近くになると青物の走りを楽しませてくれます。参加者全員、そこそこマサバのボイルを堪能した後、いよいよ本命のワラサ狙いへ向かいますが……このボイル、ちょっとやそっとじゃ太刀打ちできない難易度の高さです。腕自慢の方にはぜひチャレンジしていただきたいなぁ~。フライフィッシングでキャッチできれば相当な満足度だと思います。え?おまえはどうだったって? 残念ながら、ちょっと私の手にはおえそうになかったです。真剣に対策を立てて再挑戦したいと思います。
 参加の皆様、Sキャプテン、Hキャプテン、お疲れ様でした。
b0000168_14391874.jpg
(画像は大サバと格闘中のmilkfishさん)

 さて、日は替わりまして別な日。伊豆某所で仕事の帰り道に立ち寄ったコンビニ。むしょうに腹が減ったので、仕方なく夕食をコンビニ弁当で済ませるか……と思い、会計を済ませてクルマに戻ってくる途中、コンビニのすぐ下に見える河口にフライロッドを持ったアングラーが3人。
「おお!?」
 この日は大潮。夕方からの満潮時合いに合わせての入釣でしょうか、地元の仲間っぽい3人は、河口の一角に陣取ってウエーディングを開始。キャストを開始し始めました。見ると少し上流にはルアーマンが1人。ふむふむ、そろそろヒラスズキが回ってくるいい時期なのでしょう。コンビニ弁当を車内に置きに行き、そのまま再度河口が見下ろせる場所へ戻ります。3人のフライマンの位置はさほど変わらず。黙々とキャストを繰り返しています。10分、15分と過ぎますが、反応は特にない様子。ルアーマンにもアタリがないようで、あちこち場所を変えながらキャストし続けています。すると、ほどなくして3人の中でもっとも上流にいた1人にヒット! キラキラと銀色に輝く魚体は、おそらくスズキ系の魚。20cmくらいのセイゴだったようですが、いつものことなのか、釣ったフライマンは平然とランディングしてそのままリリース。うーん、なんかいい感じ。
 残念ながら、この日の私はタックルを持ち合わせてなかったので見守るだけでしたが、なんかこう、ちょっと嬉しい気持ちになりました。途中、河原へ降りて行って話し掛けようかと思ったのですが、せっかくお楽しみの時間でしたし、突然声をかけられても困ると思ったのでやめました(笑)。でも、なんかちょっと嬉しくなる出来事ではありました。 
b0000168_1453924.jpg
(もしかするとこのブログを見てくださっている方なのかも……?もしそうだったら、お気軽にコメントお願いします) 
[PR]

by saltwater-ff | 2006-07-17 17:17 | 戦いの記録 | Comments(13)
夏のサーフは気持ちいい!
 関東地方はもう梅雨明けしちゃったんですかね? ここ数日間、夜討ち朝駆け&東奔西走な仕事ばかりで疲弊しきってます。そこへ来てこのうだるような熱気……。毎年思うことですが、コンクリートに囲まれた都心の夏はツライです。
 こういうハードワーク&ヒートアイランド現象な日が続くと、私の場合、どういうわけかサーフが恋しくなります。というわけで、サーフへショートトリップ~(現実逃避?)。もちろんフライロッドは忘れません。南は暑いし、西は風が強いしで、向かった先は北東方面。適当に海沿いの国道を走り、これまた適当な路地を分け入って進めば、じゃーん!とばかり目の前に太平洋が広がりました。ウエーダーを履き、ロッドを繋いで準備OK。サーフへと続く小道を下りながら、目ぼしいポイントがないかチェックチェック。カレント、ヨブ、地形変化……そんな単語を念仏でも唱えるかのごとく、ブツブツ言いながら歩いていると、ありましたありました~! いい感じのカレントでっす。離岸流というような大規模なものではなく、循環流とでも呼びたい回転しながら斜め左方向へ払い出すいい感じのカレント。先行者はいないし、潮色も悪くない。ちょっとウネリが強いけど、とにかくキャスト開始!フライが本筋のおいしいゾーンを通るようにキャスト&リトリーブすること数十分……。

「あかん、釣れへんなぁ」(※注 実は関西人です)

 おいしいメインの流れで反応なし。仕方ないのでその脇の流れを一応通してみると……きましたきました~! 久々のうれしい生体反応~! でもなんか軽いよ~! ラインを速攻で回収して波打ち際にズリあげてみると、おなじみの茶色くて平べったい魚体。いっちょまえに元気に反ってビタンビタンやってます(笑)。波打ち際は最高にバラす場所なので、そのまま波が来ない位置までズリ上げて、ようやく一段落。20cmちょいのソゲキングでした~。裏面真っ白の天然もの。持ち帰って水槽で飼育したくなるサイズですが、そういう設備もないので写真撮影後、大海原にお帰りいただきました。
b0000168_13143964.jpg
 相変わらずの手乗りサイズですが、この一枚でなんだかすっかり癒されちゃいました。やっぱりサーフのフライフィッシングは最高に気持ちいいなぁ~!!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-07-14 01:01 | 戦いの記録 | Comments(2)
アップ&ダウン
 ふふふ……。更新ペースが少し回復してきましたよ~。これが何を意味するのか!?しないのか!? ま、カウントダウンが始まってるということだけは確かです。
 そんなことはさておき、週末は今季初となるオフショアのフライフィッシングに出撃予定です! このところ深夜に帰宅してからラインシステムを組んだり、リールにラインを巻き替えたりしながら準備を進めていますが、もうずいぶんと道具がそろってきているせいか、慌てて買いに走るものがなく、淡々と準備するだけ。まぁ手間が省けるのでいいんですが、なんか少し淋しいような……。直前になってショックリーダーやフックを買いに走り回ってたころが懐かしい気もします(笑)。
b0000168_1613487.jpg
 そうそう、もうそろそろアップダウナーの帽子を出しておかなきゃ~と思って、箪笥の奥に仕舞ってあったウォーターシップのアップダウナーと約1年ぶりに再会。うんうん、やっぱりこういうのを用意すると気分が高まってきます。海のフライフィッシングに適した帽子はいろいろありますが、こういう形状の帽子は1つ持っていて損ナシだと思います。首の後ろって、案外よく日焼けしちゃうものですし。私の場合は子供のころから日焼けに弱くて、自衛手段のひとつとして被るようにしています。軽いしすぐに乾くし、便利な帽子です。
b0000168_16155876.jpg
 現在9周年セールを奮発中のハーミットさんで、こんなもの↑を発見しました。どこかの輸入代理店が昔に輸入したターポンウエアのアップダウナー。そういえば、以前のターポンウエアはSimmsが作ってたんですよね。なんだかちょっと時代を感じさせてくれます。値段はセールということもあって、1つ¥1,000円!(税別)。まだ在庫あったと思うので、気になる方はハーミットさんへどうぞ。
b0000168_16205480.jpg
 商品説明のタグも手書きのイラストが挟み込んであったりして、なんかいい感じです。たかだか帽子1つですが、おおらかに楽しんでいる雰囲気が伝わってくる、そんなアップダウナーです。

さーて、台風大丈夫かなー?(笑)
[PR]

by saltwater-ff | 2006-07-07 07:07 | 道具のこと | Comments(6)
房総☆爆走!与太郎哀歌
 どうもでっす。最初に断っておきますが、今回もお魚の画像はありません。なんだか本格的に釣れない病が進行してきているみたいです……けっこう深刻です(涙)。というわけで、先週末に房総半島の某サーフへ出かけてきました。狙いは回遊シーバス、マゴチ、もしかしたらヒラメ……。夜明け前の1時間からキャスティングを開始。海はわりと凪いでいて、釣りやすいんですが、いまいち潮の流れがゆるいような感じ。まぁとにかくキャスト&リトリーブを繰り返し倒しますが、そのまま夜明けのプライムタイムは終了~。
b0000168_14145999.jpg
風はほとんどなく、ベイトのカタクチイワシがチラホラ見受けられる状況だったので、これはイケル!と踏んでキープキャスティング。遥か沖合いでボイルっぽい水飛沫が2回あり、テンションが上がりますが、ボイルの主が接岸することはありませんでした……。まぁいつものことですが(笑)。
b0000168_14151858.jpg
この日は梅雨の中休みのようで、時間の経過とともに気温がグイングイン急上昇! 時計の針が11時を指すころには紫外線が肌をジリジリ焼いていくのがわかるようになりました。しかし、同時にいきなり南東からの風が勢いを増し、真正面から風を受けるサーフだったために釣りが続行不可能に。おまけに濃霧が出始めたので慌てて撤退しました。強風にならなければもう少し粘れたのになぁ~。ちなみに画像に映っているのは、バーベキューに来た家族連れのパパさんルアーマン。太平洋に果敢に挑んでましたが、あんまり前に出ると波にさらわれちゃうよ~。
b0000168_14153136.jpg
 仕方がないのでサーフを諦め、某漁港でエギングに挑戦。しばらくシャクリ続けますが何にもなし。しばらく休憩していると、どこからともなく現れて、目の前でいきなり網をうち始める漁師のおっちゃん。マナー違反とかそういうつもりはまったくなく(釣れないので)、しばらく漁を見物することにしましたが……結局何にも取れず。網を揚げたところで話しかけてみると、狙いはアオリイカとのこと。オツカレサマでーす。なんかこれで結構スッキリしたので、気になるポイントを数ヵ所覗いて、この日は帰路につきました。またしてもボウズ。まぁ、よくあることですがね(涙)。

 最近、某船長にはブログタイトルが『大海原とエギングロッド』になったんじゃない?と揶揄されてます(笑)が、このブログは“海のフライフィッシング”のあれこれを釣れないとすぐに他の釣りに逃避する海バカの管理者がお送りしています!

【業務連絡】
MANI-HANAさん>申し訳ありません、任務失敗です。次回がんばります。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-07-05 23:55 | 戦いの記録 | Comments(2)