"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

連戦連敗
 サッカーW杯、盛り上がってますね。日本は予選敗退してしまいましたが、世界の強豪国、超一流ファンタジスタのプレイをTVで観戦しているだけでも楽しく、つい夜更けまで見入ってしまいます。
 まぁそんな日々なわけですが、釣りもそれなりに行ってたりします。します……が、どういうわけか連戦連敗なのですよ。東京湾口にほど近い無人島、第二海堡周辺でシーバスがカタクチイワシの群れに猛ボイル!!というニュースを聞きつけ、行ってみれば沈黙……。横浜、横須賀、富津、木更津と各港からやって来た曳釣りの職漁船、エビ餌船、ジギング船、ルアー船、合わせて20隻くらいですが、みーんな沈黙……沈黙……沈黙の艦隊。ちょっと間をあけて再挑戦するも、またしても沈黙。どっと疲れました。
b0000168_22264689.jpg
(人によっては行く度にシーバスがバホバホ!なパラダイスだそうですが、私にとっては期待を裏切られてばっかりのニクイ島です)
b0000168_2228245.jpg
(デッキで奮闘するハマちゃんとO田さん。icfcのドドンパ号はデッキがフラットなので大変釣りやすく、フライマンが3人同時にキャストできる貴重なボートです)
 変わって別な土曜日。日中のオープンウォーターの釣りを修行すべく、村雨橋ジムの鬼トレーナーO田氏、レフティ・ハマちゃんと、新山下の名ガイドボートアイランドクルーズ(ドドンパ号)で出撃しても、残念ながら何にもなし。シーバスがいるにはいたんですが、我々にはまだ手強かったようでした。うーん、まだまだ精進が足りません。
b0000168_22323647.jpg
 またまた変わって別な日。岸釣りで某エリアの貯木場へ。上げ時合いの途中から参戦するも、上げ止まりまで何にもなし。ちょっと離れたところにいたルアーマンがフッコを1匹C&Rしていたので、魚が入っていないわけじゃないんですが……釣れません。悔しいので、そのまま移動して翌朝のマズメに某堤防へ。久々でしたが、なんとかアオリイカを1杯キャッチ! ショッパチ君でも回ってきやしないかと、フライロッドを振ってみましたが、結局フライでは何にも釣れず。いかんいかん。
b0000168_22331014.jpg
【ここで業務連絡】
MANI-HANAさん、順番いよいよ次です。お待たせしていて申し訳ないです。先にデポジットされて焦る竹竿職人の気持ちが少しだけわかってきました(笑)。
今シーズンはかなり苦戦中です。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-06-28 23:59 | 戦いの記録 | Comments(4)
ラインバスケットあれこれ
b0000168_1965199.jpg 海のフライフィッシングを楽しんでいると、どうしても必要になってしまう道具があります。たとえばラインバスケット。なかなか“コレハ!”というものに出くわさないものでして、その結果、多くの方が自作する傾向が強いように思います。というわけで、今回はちょっと小ネタで、最近見かけたラインバスケットを紹介しようと思います。

 まずは右のラインバスケット。5月28日に開催されたYFTに出場された方が使用されていたもので、特徴はなんといってもスチール製の脚です。カーペットを下に敷いてあるのでデッキ上でも滑りにくいよう考慮されています。また脚の上にはスプリング式のバスケットが取り付けられ、持ち運びやすいのもポイント高いです。製作者さんによるとバスケット単体だと低いので、それを調節するために脚を付けたそうです。また副産物として、脚の下に敷いたカーペット部分をアングラーの足で踏むことで、安定感が増すとのこと。なかなか優れたラインバスケットだと思います。

b0000168_197693.jpg 次に紹介するのは左のバスケット。これも5月28日に開催されたYFT出場選手が使用されていたもので、ホームセンター等で見かけるリネン用のカゴを2つ重ねて使い、ラインバスケットとして使いやすい高さを出しています。下のカゴに重心安定のためのオモリを入れ、ラインバスケットとしては上面のみ使用。ゆえに底が深すぎないのでシュート時のパワーロスも少なそうです。脚には大径のゴムを用いているので安定感もばっちり。素材にもよりますが1,000~2,000円前後で製作できるのも魅力ですね。

b0000168_1971648.jpg
 3つめに紹介するのは、先日のキャス練でお会いした方が愛用されていたラインバスケット。ホームセンター等で販売されている折り畳み式のカゴを用い、ライン絡み防止の突起はシリコン接着剤に使われているノズル部分を中敷の塩ビ板に取り付けた超シンプル構造。いずれもどこにでも手に入る素材で、加工も簡単にできるのがいいですね。ボートだけでなく、堤防で使っても便利そうです。
 まぁこれらのラインバスケットは、リトリーブしたフライラインをストレスなく放出するためにも有効ですが、移動時には荷物入れとしても活躍してくれる一面があります。また、海フライマンそれぞれの趣向性や、よく行くフィールドによっても求められる要素は異なってくるので、みなさん自分だけのラインバスケットを模索するのだと思います。かくいう私も模索する1人であるのは間違いなく、より使いやすいラインバスケットを求めてさまよっていたりします。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-06-26 23:10 | 道具のこと | Comments(0)
Shall we cast? part 2
 雨がそぼ降る日曜日にも関わらず、朝8時から埼玉県某公園に集った謎の集団……。カッパを着込み、マスゲームよろしく駆け足&集合〜。というようなことをするでもなく、フライロッドを振り振り、キャスティング練習してきました。相変わらずよくわからない導入ですいません。
b0000168_1185663.jpg
 今回のキャスティング練習は、フライロッドブランドとして知られるレビューで主催されているキャスティングスクールへの一般参加で、講師は小野訓さんという本格的なものです。講師がいる……となると、その流派(?)の形にはめられるんじゃないか? といきなり警戒してしまう方もいるかもしれませんが、実は全然そんなことはなく、参加者それぞれの使用ロッドや筋力、体型(骨格)、はたまた釣りの趣向性、目指している目標に合わせて的確なアドバイスをしてくれる、そんな感じの練習会でした。
b0000168_11595628.jpg
(雨が降ったり止んだりの天候でしたが、カッパを着てキャス練! ちょっと休憩しては談笑……という具合で、フレンドリーな練習会でした)
b0000168_124984.jpg
(小野さんのコーチを受けるLefty Hamaことハマちゃん。キャスティングのパワーロス改善に取り組み、疲労が激減したとのこと。隣で見ていましたが、あまりの劇的な変化にビックリしました)

 私の場合は海フライマンにありがちなスリークォーターすぎるフォームにより、キャスティングアークの広がりすぎと、ホールタイミングのズレがパワーロスを引き起こしているとのことで、その2点を矯正することに終始しました。最初は慣れ親しんだフォームの改造に半信半疑な部分も大いにあり、かつ実釣にはさほど難儀しているわけでもなかったのですが、それでは何のために練習に来たのかわかりません。そこでまずは指摘されたキャスティングアークの適正化に挑戦。するとどうでしょう、アークを広めにとっていたフォームよりもループの伸びが良く、テイリングもまったく発生しません。しかもループの軌道が低い位置を通るので、風の影響を受けにくい。以前より鋭いループが飛んでいきます。その理由はアークを狭めて、その分パワーを集中して放出しているからなのだそうです。あー、水鉄砲の穴は小さいほうが勢いよく飛ぶ!っていうのと同じ原理ですね、たぶん(ほんまかいな)。
b0000168_12114622.jpg
(途中、他の参加者の方々のキャストを見て、自分とどう違うのか観察するのもかなり効果があるように思います。こうやって一度にいろんなキャスティングを目にできる機会って、あまりないですから)

 アークの適正化に成功したので、続いてホールタイミングのズレを修正したんですが、これが実に難しい! 下手にこれまでの癖があるぶん、ホールのタイミングを無意識に覚えちゃってるんですね。私の場合はホールを開始するのが早すぎてしまい、それが原因でテイリングがしばしば起きてしまいます。これはもう反復練習で体に覚えさせるしかない!ということで、ひたすら練習を繰り返して、最後にはなんとか適正なホールタイミングを会得できたような気がします。ま、適度に反復練習しないとすぐ元に戻っちゃうので要注意ですが(笑)。釣りに行ったわけではありませんが、かなり充実した1日を過ごせました。講師の小野さん、参加の皆さま、お疲れさまでした。
b0000168_1210556.jpg
 ウェブ上で知り合ったペリカンさん(右)とSALT SIZEさん(左)にも偶然お会いできました。こういうサプライズな出会いも楽しいですね。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-06-20 01:21 | ざっくばらんに | Comments(21)
早朝サーフへ出撃!
 6月に入ってしばらく経ちますが、いろいろ忙しくてなかなかまとまった時間を釣りに割くことができず、フラストレーションが溜まりがちです。まぁ今まで怠惰な生活をおくってきた反動ってわけでもないんですが、いろいろ動きがありまして、このブログの更新もままなりません。たぶん来月いっぱいまではスローペースのままですが、折をみて更新していきますので、よろしくお願いします。
 というわけで、激務に追われ、我慢続きだった釣欲を解放すべく、某日某サーフへ出撃してきました。ここ最近、マズメ時にサバがよく釣れているというので、まぁ何か釣れるでしょ!って軽い気持ちで行ったんですが、折からの雨と前日の寝不足のせいで、集中力が途切れ途切れになります。
 サーフの基本は歩いて投げての繰り返し、いわゆるラン&ガンなわけですが、明け方の暗い時間帯はエイを踏んでしまう恐れもあるので、立ち込まずに波打ち際から20mくらいの距離を投げては引っ張る、投げては引っ張る、投げては引っ張る・・・・・・。そんなふうに5m間隔くらいでラン&ガンをしていると、沖に向かって消波ブロックが埋設されているポイントへ到着。左方向から潮が当たっているらしく、ちょうど薄明るくなり始めたこともあって、わずかな潮目が右斜めに伸びているように見える。ちょっとここは何かいそうだぞ〜、と粘ること30分・・・・・・。すわ!! なんか重い! ロッドティップをググ、グイィ〜と押さえつけるようなこの感覚は、もしや!!



・・・・・・番組の途中ですが、ここで3択です。

1:やっぱりいつものコンビニ袋!? (信頼度86.1%)
2:そろそろ旬です、コンブの切れっ端!? (信頼度12.7%)
3:もしかしてもしかすると平べったいお魚!? (信頼度1.2%)

3択抽選の結果は・・・・・・?
[PR]

by saltwater-ff | 2006-06-12 21:33 | 戦いの記録 | Comments(5)
南の島の
 その魚が釣れるという噂を初めて聞いたのは、もうかれこれ6〜7年前になるだろうか……。最近では格安チケットの登場や、割引をうまく利用することで、国内旅行より安価で渡航できてしまうこともあり、気軽な旅行先として人気だ。個人的には日本人にとって憧れの南国と勝手に思っている。そんな島にお仕事仲間であるO氏が先月から滞在している。で、当然ながらこんな写真が送られてきますよ。

続きはこちら
[PR]

by saltwater-ff | 2006-06-06 23:41 | ざっくばらんに | Comments(8)
第6回YFTが開催されました!
 連日の雨もどうにかおさまり、ここ数日の関東地方はそれなりに落ち着いた天気ですね。気温は30度に迫るほど上昇していますが、そろそろ夏っぽい潮になってきているエリアもありますし、入梅前のワンチャンスを狙って出撃を予定されている方も多いのではないでしょうか? さてさて、あれこれドタバタしておりましたが、ようやく一区切りの目処がたちました。徐々にではありますが、更新ペースを戻していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

 というわけで今回は、去る5月28日(日)に開催された『第6回横浜ベイ・フライフィッシングトーナメント』の観戦(?)レポートです。これまで数回にわたってエントリーしたきた大会ですので、もはや説明は不要かもしれませんが、まぁ簡単に書くとフライフィッシングで日中のシーバスを、みんなで同じ日、同条件下に狙って、せっかくだからその結果を競っちゃったりしちゃいましょう!っていう趣旨の大会です。トーナメントという名前から、毛嫌いされる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にはS.W.F.F.好きが集まる数少ないイベントなので、結果うんぬんよりも親睦や交流を主目的に参加されている方がほとんどです。いつもは私もシークロ号に乗船し、出場させていただいているのですが、今回は諸事情により参戦を断念。シークロ号には新たなるチャレンジャーとして気鋭の2人が乗船されました。
b0000168_15281290.jpg
画像はチーム・ベイハムスターのみなさん
b0000168_15332156.jpg
画像はチーム・シークロのみなさん

 当日は小雨~薄曇りの天候ながら、風は微風でフライフィッシングには良好なコンディション。ただし、横浜エリアの水質は赤茶色に濁っており、濁りの強いエリアではかなりの苦戦を強いられた模様です。参戦していないので詳細は割愛させていただきますが、競技終了後に参加選手の皆さんに話をうかがったところ、かなりタフコンディションだったそうです。
b0000168_15291533.jpg
画像はチーム・ベイファイターのみなさん

b0000168_15295012.jpg
画像はチーム・アルテミスのみなさん

 入賞は40.5cmで3位のAさん(初参加)、45.0cmで2位のYさん(前回優勝者)、そして優勝は45.0cmのIさん(前回2位)の3名。1位と2位は同寸ですが、この場合、C&Rしたシーバスの数が多い方を上位とするYFT競技ルールにより、Iさんの優勝が決定しました。そしてIさん乗船のアルテミス号、Sキャプテンも念願の優勝を達成されました。おめでとうございます!!
b0000168_15265073.jpg

 ちなみにこの大会でC&Rされたシーバスは合計7匹。平均叉長は40.85cm(YFT実行委員会公式データより)。自然条件もこの釣りの要因とはいえ、かなり厳しい条件だったことと思います。参加選手、各ボートキャプテンのみなさまお疲れ様でした!
 次の第7回YFTは7月30日に開催されます。梅雨明け後のデイ・ゲームは、かなりスリリングでエキサイティングな釣りが展開されるはず。興味のある方は、ぜひ参加されてはいかがでしょうか?詳しくはYFT公式ホームページまで。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-06-01 23:26 | お知らせ | Comments(9)