"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ツンツン その3
b0000168_0225757.jpg
 連日ひとりで盛り上がっていますが、結局こういう形状に落ち着きました(笑)。
ナイロンモノフィラを水平に取り付け、ハリソンズループなどのフリーノットをアイに結びます。この時、フリーノットのループがナイロンモノフィラで作ったループの外側にくるように結ぶことで、リトリーブした際にフリーノットのループとモノフィラのループが接触し、フライにイレギュラーな動きを与えます。まぁイレギュラーな動きといっても、僅かな動きなので微妙ですが、ノーマルとは違うアクションを起こせることで、効果を発揮する状況もあるんじゃないかなー、なんて。あぁ、それとこのモノフィラにループtoループで接続するのも面白そうです。
 スイムテストはまずまず。実釣結果は果たして……!?
[PR]

by saltwater-ff | 2006-05-28 00:35 | フライのこと | Comments(6)
ツンツンの補足
 よいしょっと。台風1号は温帯低気圧に変わってしまいましたが、そのせいか風雨が強く、予定が大きく崩れてしまったので更新してみます(笑)。そうそう、19日のエントリーですが、少しわかりにくい部分があったのでイラストで補足しておこうと思います。というわけで、またしても下手っぴですが絵を描いてみました。
b0000168_9212258.jpg
 あくまで実験の域を出ませんが、リトリーブの途中、上の図のようにリーダーとループが接触し、イレギュラーな動きをフライに与えることができるようになりました。ま、微妙な動きですし、今のところ意図して出せるわけでもありません。ダンベルアイを用いたパターンとかであれば、頭下がりになりやすいから、意図して出せるようになる気もしますが、まだ試してないので何ともいえないです。本当はこの週末にこのループを用いたフライを持ってテストに行きたかったんですが、天候があまり芳しくないので気後れしちゃってます。動きに対する反応を見たいから、夜行ってもしかたないし……。まぁ、このループに関してはフライパターンを変えたりして、もう少し時間をかけてみようかと思います。釣れると思うんだけどなー(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-05-20 09:31 | フライのこと | Comments(0)
ツンツン当たります
b0000168_1525212.jpg
 いやはや、もろもろなんやかんやありまして、更新がスローペースになっております。毎日覗きに来ていただいている方に感謝!です。もうしばらくはバタバタしそうなので、更新がスローペースになるかと思います。ま、止めちゃったりはしないと思うのでご安心くださいませ。というわけで、今回も懲りずにフライの話です。
 これまで何度か試行錯誤を書いてきましたが、このブログでは動きを生み出せるフライについて、あれこれ模索(妄想?)してきました。しかし、これだ!という決定打は未だ出ていないように感じています。そんなわけでダートやローリングといったアクションの具現化については、ずっと頭のなかにありました。しかしアイデアというものは突如として生まれるものですねー。
b0000168_153119.jpg
 ま、簡単に書くと、ラインアイの上にループを作ることで、リーダーと接触して不規則なアクションをフライに与えられるのではなかろーか!? というのもです。毎回接触するいうより、リトリーブすることによって接触が偶発し、不規則な動きをフライに与えてしまう……んじゃないかなーと(笑)。
 とりあえず試しにEPストリーマーをタイイングして、風呂場でテストした結果では思惑どおりになりそうです。ループ形状がいいのか、もっと他の形状がいいのかは分かりませんが、何パターンか作ってみてテストしてみようと思っています。
 まぁこの方法なら空気抵抗もほとんどないし、キャストしやすいんじゃないかと思っています。不規則アクションがシーバスに効くかどうかは後日レポートしてみようと思います。それでは!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-05-19 02:14 | フライのこと | Comments(2)
休日のキャス練
b0000168_2144387.jpg
 大型連休も残すところあとわずかになってきましたが、皆さんどこか釣りへお出かけですか? 私は特に釣りへ出かける予定もなく、適当な日々を過ごしています。
 とはいっても頭の中の80%くらいがフライフィッシングで占められているので、連休の中日にYFTやTBSFTで活躍され、またコスタリカのターポンやクリスマス島のGTをC&Rされている釣りウマ、Oさんとキャスティング練習を行ってきました。釣りでもないのに早起きして、お台場の某公園にてOさんと2人でキャス練を開始。ヒューンヒューンと新緑の中でフライラインが踊ります。しばらく無言のまま己のキャストを続けますが、私のキャストフォームを見てOさんがポツリ。「アークが広いね〜、矯正前の自分と一緒だw」


ナ ヌ ?


 実はOさんは自分のキャスティングに限界を感じ、さらなる技術向上のために、あるインストラクターにキャスティングを習い直しているそうです。そこで「アークが広いね〜。それでも飛ぶけど、もっといい方法があるんだよ……」とインストラクターの方にいわれたそうです。そして、私も以前のOさんのようにアークが広すぎるのだそうです。海ばかりやっていると、どうしてもスリークォーターのフォームばかりになりがちですが、インパクト重視のキャストフォームも体得することでキャスティングスキルに幅が出るし、何より実釣にも役立つってもんです。というわけで、Oさんのキャスティングを横目で盗み見ながら2時間半ほど汗を流しました。
 その後はロッドを畳んで海フライトーク。海外釣行の魅力的な話から今後のシーバス釣りの話まで、あれこれ話し込んでしまい、気が付くと終了予定時刻の正午をすっかり過ぎていました。
 しかし、こうやって自らキャスティング練習を定期的に行うことで、あれこれ微調整してみるのは案外意味のあることじゃないかと思っています。釣り場だとどうしても魚に目がいきがちですからね(笑)。機会があれば皆さんもキャス練しませんか? 都内近郊の方でしたらご一緒しましょう。
 というわけで、Shall we cast? もれなく海フライトークの時間もついてきます(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-05-05 22:26 | ざっくばらんに | Comments(15)
今年初の外洋サーフ
 今日から5月ですね。先週末からの大潮~中潮のバチ抜けでいい思いをされた方も多いのではないでしょうか? 大型連休ということもあり、各所へ遠征されている方もいらっしゃることでしょう。私はといいますと、公私ともにあれこれ面倒なトラブルに巻き込まれていきそうな気配で、気が滅入ってます(苦笑)。
 さて、先月の話になりますが、今年初となる外洋サーフへ出かけてきました。場所は風力発電で知られる、茨城県の某サーフです。この一帯は初夏になるとシーバスが回遊してくることでも知られ、運がよければヒラメやマゴチも顔を見せてくれる超実績のポイント。まぁ、結果から書いてしまうと、今回は何にもナシ! ただただ海洋観察とウォーキング、そしてキャスティング練習で終わりました(涙)。
b0000168_20154892.jpg
 当日は日の出に合わせてサーフへ入ったんですが、日の出時間を過ぎてもモヤ(濃霧?)が立ち込めていて、約10mより沖が見えません。時間が経つにつれてモヤが晴れ始めると、目当てのポイントはウネリと強風で釣りにならない状況になっています(けっこうショック!)。ここで粘っても埒があかないので、すぐさま撤退。この周辺は基本的に同じ海岸線なので、北へ逃げても南へ走っても風とウネリが邪魔してきます。仕方がないので遠浅のポイントは諦めて、他に比べて少し掘れている場所が何箇所かあるサーフで粘ることにしましたが、当然のようにノーバイト。っていうか、魚が回遊してきているかどうかすらわからない状況でした。うーん、サーフの釣りはこれだから(笑)。
 仕方ないのでヘッドランド(砂の流出防止用のT字型堤防)周辺を探りますが、ここでもなしのつぶて。気のいいセイゴ君くらいいてくれてもいいのになぁ~。まぁ、それも仕方ありません。水温13度あるかないかですからね。帰りは次回以降の下見も兼ねて、銚子周辺を散策して帰路につきました。
b0000168_2016237.jpg
 そうそう、先日購入したラグソールのウエーダー、今回が初お目見えでした。ブーツフットなので脱ぎ履きしやすいのはもちろん、特筆したいのはその軽さ! ソールがフェルトだと、どうしても水分+砂で重くなっちゃいますが、ラグソールだとそれがありません。よってサーフをかなり軽い足取りで歩けます。特にふかふかの砂の上では雲泥の差。今までの苦労はなんだったんだ! と思っちゃいました。やっぱりサーフは“歩いてナンボ”なところがありますから、ソールひとつとっても全然違うな~と思いました。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-05-01 23:55 | 戦いの記録 | Comments(2)