"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

反芻する自問自答
 釣れない時ほど釣り人は懊悩するものですが、この釣りをやっていると必ずぶち当たる障壁というか、困難があるわけです。
 それは時に釣りを中止するためだったり、釣れなかったことへの言い訳にしてしまったりするけれど「それって本当にそうだったの?」と問いかけるもう一人の自分がいたりもするんです。

なんだか青臭い長文みたいですが読みますか?
[PR]

by saltwater-ff | 2006-02-27 20:47 | ざっくばらんに | Comments(12)
続・大きいフライで釣りてぇのです
 あ、どうもこんちゃっす。トリノ冬季五輪が盛り上がっているのとはまったく関係なく、本日も海フライバカの、海フライバカによる、海フライバカのためのウェブログ『大海原とフライロッド』を進めていきたいと思います。さて、今回の記事タイトルを見て「あれ?前にも同じような記事があったような……」と思われた方、“続”がついてるのでそのまんまですが、またしても大きいフライの話とかしちゃおうかなーと思います。
b0000168_12535162.jpg
 すでにご存知の通り、私は大きなフライが好きです。常に可能なかぎり、でっかいフライで釣りたいと思っていますし、どんなに渋い状況でもデカフライを投げずに帰ることはありません。シーバス狙いでは特にその傾向が強く、最近では12~15cmくらいのフライを常用するようになりました。こう書くと驚かれる方もいらっしゃるんですが、個人的には海で使うフライとしてはいたってアベレージサイズだと思っています。もっと大きいフライもじゃんじゃん使っていきたいのですが、大きくなると今度は重量がネックになってくるので、大きく作れてしかも軽いEPストリーマーのようなパターンにばかり頼ってしまってます。もっとバリエーションを増やしていきたいところなんですが、ま、それは今後の課題ということで……。
 上の画像はおなじみEPストリーマーですが、いずれも15cm前後あります。シーバス狙いでは、ここ半年くらいほぼこのサイズで通しています。渓流などでは釣れないとフライサイズを小さくしたり、ティペットを細くしがちですが、海においてそれは正解でないケースが往々にしてあります。ことシーバスに関していえば、小さすぎるフライよりも、大きいフライへの反応が格段に良いことがあるので、謎解きのヒントとして覚えておいて損はないと思います。ちなみにこのくらいのフライには#4/0か6/0フックを使用しています。
b0000168_1314111.jpg
 最近タイイングしているフローティングミノー系ですが、さっそくこんなサイズも巻いてみました。ややや、こうなってくると“巻く”というより“作る”って感じですね(笑)。梱包材は例によってリンゴ等を包んでる網状のやつをグルグル巻きにして、ミノーっぽく成形したものを特大マイラーチューブで覆いました。この特大マイラーチューブ、最近見かけないんですが、デカフライ好きとしては重宝するので積極的に輸入して欲しいなぁ~なんて(笑)。カラーリングはまだテスト中ということもあり、白ベースのままですが、あるていどバランスがとれるようになってきたら、ベースカラーを金銀パールとかに変えて、背中やお腹にもカラーを入れたいと思っています。テイルについてはハックルで作ったものと、テールなしの両方試してみたいと思います。この手のフライを使用する場合、最大の問題点はキャスティング時にクルクル回ってしまう症状があるんですが、今回は浮力体に網目状のものを使用することで、空気抵抗の軽減を狙っているので、うまく投げればさほどクルクルしないかなー、しないといいなー、と思っています。はてさてどうなりますやら(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-02-24 13:34 | フライのこと | Comments(4)
フローティングミノーを巻いてみました
 徐々にではありますが、フローティングミノーを使ったシーバス釣りへの感心が高まりつつあるようです。ま、喧々諤々、賛否両論な方もいらっしゃるのかもしれませんが、しがらみに囚われすぎてしまうのはよろしくありませんし、海のフライが好きな方の多くは“とりあえず自分自身でやってみる”というスタイルの方が多いので、そのへんは素直にリスペクトしたいと思います。というわけで、これまで当ブログでも何度かにわたって書いてきましたが、トリノ五輪を見ながら私もとりあえず巻いてみました。
b0000168_16435114.jpg
 まず岩井さんから頂いたオリジナルがこの3本です。フィッシングショーで展示されていたものは、これと少し違っていたので、最新型はまた進歩しているのかもしれません。適度なボリュームと丸みを帯びたボディがいかにもミノーっぽいシルエットです。浮かべてみると、ぽっかり水面に浮かぶというより、喫水が浅く、半沈みに近い状態で浮かぶことがわかりました。リトリーブするとヘッド部分に水を受けて適度に潜ります。その際にボディをユラユラ揺らしながら泳ぐのが、これまたなんともいえない“すげー釣れそう!”な案配です。
b0000168_1656225.jpg
 それでもって、とりあえずお試し巻き1号がこいつです。中身はリンゴ等を包んでる梱包材(網目のやつをバラして)を2本入れてあります。元々棒状なので加工が容易で、ちょこちょこストックしておいたものです。浮力的にはオリジナルよりも弱いですが、まぁなんとかなりそうな感じです。テイルは省略して、アイはチェーンボールアイを付けてみました。シルエットはまだまだオリジナルにはほど遠いですね……。
 このフライのキモは、その泳ぎとストップ時の浮上姿勢にあると思っているので、そのへんをテストしてみて自分なりのベストを模索してみたいと思っています。できればサイズ、ボリュームとももっと大きくしたいなぁ……なんて(笑)。次回釣行時に乞うご期待!?
b0000168_1723581.jpg
 そういえば本栖湖狂い咲き時代には、こんなフライも巻き巻きしていました。俗にいうフローティングワカサギってやつです。FF界の鬼才として知られる杉坂研治氏が作るフローティングワカサギはリアルさがフライの域を超越していて、そのリアルさに感化されて巻いたりしてました。これも当然のように阿寒湖サイズよりも大きく作っています。自分で書くのもなんですが、12~14cmというのがなんとも本栖バカっぽいですね。
b0000168_1771474.jpg
 ちなみに以前mattさんのところで紹介されていたモノカラーですが、私も入手しました。#60が300m巻きで260円前後でした(#100は500m巻きです)。手芸店万歳!#100と#60の2種類を購入しましたが、#100は6Xくらい(?)、#60は4Xくらい(?)で、個人的には#60の使用頻度が高くなりそうな気がします。あ、そうそう、モノカラーには透明じゃないダークブラウンもあり、そっちはそっちで使い道がありそうな気がします。できればチャートリュースとかコバルトブルーとか、もっとこっち系のカラーを増やして欲しいところですが……(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-02-23 17:17 | フライのこと | Comments(2)
海フライのマニュアル本
b0000168_1394917.jpg 先日Amazonで購入した2冊の洋書のうち、1冊がなかなか届かないなぁ……と思っていたら、「水に濡れたため当局で乾かしましたby成田空港」みたいな紙が貼られた郵便小包が一昨日に届いてました。おいおい、シワシワになってたらどーすんの?と思いながら封を切ると、大丈夫。中の本までは濡れていませんでした。
 で、その本ってのが右の『L.L.Bean SALTWATER FLY-FISHING HANDBOOK by LEFTY KREH』です。以前から気になっていた本だったんですが、発行が2000年で、その後増刷された気配もないので、入手は古本になるかなーと思っていたところ、たまたまAmazonで見つけてそのまま購入。たしか2,000円ちょいだったような気がします(アメリカでの価格は18$ちょい)。
 気になる内容ですが、ソルトウォーターフライフィッシングの基本(道具立て、キャスティング、対象魚、フライ、岸釣り、ボート釣り、ウエーディングなど)から、海フライマンが憧れる対象魚(ボーン、ターポン、パーミット、スヌーク、レッドフィッシュ、ツナなどなど)の具体的な釣り方まで網羅していて、海フライのベーシックなハウツー本としてはかなり優れた内容だと思います。イラストと写真を多用しているので、英語に明るくない方でも理解しやすいと思います。大丈夫、私も英語に明るくありません(笑)。特にキャスティングについてはイラストで解説されているので、フライ未経験の人でもイメージが描きやすいんじゃないかと思うほどです。おまけにかなり実戦的なことが書いてあり、日本の海フライシーンにも十分流用&応用できると思います。
 一部にはこのようなマニュアル本を毛嫌いする方もいらっしゃると思いますが……。マニュアルを作るノウハウがない言い訳に、イメージ集や写真集に甘んじているケースが多いのがフライ関連書籍の悪しき習慣のような気がします。私自身もこれまで何度も騙されてきた(笑)経験があるわけですが、この本はそれらとは違う、久しぶりにオススメできる海フライ本だと思います。さすがレフティ・クレー大明神だけあるなぁ~、としみじみ思っちゃったりしました。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-02-20 13:11 | 道具のこと | Comments(6)
容量限界接近につき
 いつも『大海原とフライロッド』をご覧いただきありがとうございます。今日はちょっと皆様にお知らせがあります。すでにexciteブログをご利用の方はご存知と思いますが、無料で使えるこのブログには容量制限があります。その制限とは30MBで、画像を多用するブログには少々厳しいケースもあるようです。
 当ブログも多少画像を使っているので、容量制限については常に注意していたりします。まぁ制限ぎりぎりいっぱいというわけではなく、まだ多少の余裕があったのですが、過去の画像については一部を縮小もしくは白黒化させていただきました。対象となる過去の記事は2004年のもので、すでにいくつかは変更済みです。これによりかなり容量に空きができたので、当分は安泰でしょう(笑)。今後も暇を見つけては変更していく予定です。まぁ、もともと大した画像はないのですが、一応お知らせまで。あ、それから画像変更のついでに加筆(追記)した記事がいくつかあります。たった2年ですが、ちょこちょこ変わってる部分もあるので、お時間のあるときにでもお楽しみください(笑)。
 それでは今後ともよろしくお願いいたします。
b0000168_18442796.jpg
 実はこないだの朝メバ、これくらい釣っちゃいました。どれも粒揃いで小さいんですが……(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-02-16 18:46 | ざっくばらんに | Comments(10)
Return of …, Here come the New……
b0000168_16224055.jpg
 ふふふ……。戻ってまいりました!! 予想以上のスピードにびっくりです。いやー、TEALのSさんありがとうございました!そんでもってTHOMAS&THOMASの皆さんにも感謝です! これで春シーズンにバッチリ間に合います。
 私の不注意から起きた今回のティップ紛失事故ですが、迅速な対応をしていただけたこと、スピーディなレスポンスは予想外のものでした。これまでアメリカンブランドのロッドをメーカーへ送り返すと、以前最長で3ヶ月半待たされた経験から、2~3ヵ月くらいは帰って来ないんだろうなぁ……と思っていましたが、わずか1ヶ月で戻してくれるとは!! いやー、もう本当にアングラーの気持ちになって考えてくれるTEALのSさんおよび、T&Tのサービスは素晴らしいと思います。あんまり書きすぎるとうそ臭くなるので、このへんにしておきますが(笑)、今後も安心してT&Tのフライロッドを使い続けられることは、至上の喜びです。
b0000168_1623052.jpg
 ちゃんと4本そろってます(笑)。さっそく繋いでみましたが、フェルールもばっちりだし、ティップの曲がり具合もなんら変わっていません。当たり前といえば当たり前ですが、やっぱり嬉しいものです。さて磨き直しも終わったし、これで春シーズンへの備えもバッチリ。これから上げ上げでいきますよ~! そしてテーピングするようにします。
b0000168_16271294.jpg
 あれ?戻ってきたロッドは1本なのに、チューブが2本……Why?
 この詳細は後日にでも(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-02-15 16:36 | 道具のこと | Comments(0)
新しい靴底
 ウエーダーを履くようになって、もう何年ぐらい経つんでしょうか。右も左もわからず始めたフライフィッシング。最初はウエーダーという名前すら知らず、ゴム長とかバカ長とか呼んでたっけ。当時のテキストは阪神百貨店でもらったオービスのカタログと『ダイワルアーフライファンにおくる本』の2冊だけ。雑誌『アウトドア』や『アングリング』に出てくるアングラーたちは、みんなかっちょいいバカ長を履いていて、近所の水利組合のおっちゃん連中が履くバカ長とはだいぶ違う。漫画『釣りキチ三平』のなかでも三平クンがダイワのウエーダーを履いてたりして、さっそく釣具店で探してみると、それは中学生には到底出せない金額で、おまけに先割れだったり……。19歳になったころ、バイト代で初めてフライフィッシングらしいウエーダーを買った。ホッジマンのそれはお世辞にも快適とはいえなかったが、フライフィッシング気分を大いに盛り上げてくれ、いっぱしのフライマンになれたような気がしていた。
 それから幾年月。ウエーダーを何本も履き替え、そのサイクルは2~3年に1本。ウエーディングシューズは、ほぼ2年ごとに新調するようになった。本来、長く使えるものが好きではあるものの、快適性はもちろん安全性の確保も重要だと考えれば、自分にはこれぐらいの買い替えサイクルがちょうどだと思ってたりします。体重も重いことだし(笑)。
b0000168_1801947.jpg って、いつになく前置きが長いですが……以前から注文していたSIMMSのクラシックガイドウエーダーが先日届きました。いつもはストッキングウエーダーを愛用していたのですが、今回からは海専用ウエーダーにするつもりなので、ブーツフット。しかもラグソールを選択しました! フェルトソールのよさは重々承知してるんですが、サーフを延々歩いたりすることが多いんで「たまにはラグソールもええかなー?」と思っての購入です。ま、フェルトは前から使ってるG3ウエーダー+チョータシューズがありますからね。
 ラグソールはこんな風(右画像)になってたりします。デコボコはそれほどなく、歩きやすそうです。ソールは意外に硬すぎず、ビブラムとソフトビブラムの中間くらいという印象を受けました。画像には写っていませんが、ブーツのくるぶし部分がわりとフィットする素材なので、思ったほど足が内部でグラグラしません。あ、足が太いだけか(笑)。

b0000168_1812581.jpg
 ブーツのかかと部分にはSIMMSのトレードマークであるジャンピングトラウト(っていうんですか?)が描かれています。ウエーダーとしての快適さと利便性はG3ウエーダーを愛用しているので、個人的には絶大の信頼をおいています。またアメリカサイズに加え、日本人向けにアジャストしたジャパンサイズを用意してくれているので、サイズバリエーションが豊富です。
 たとえば、海外ブランド品は腰まわりがいい感じでも足が長すぎるとか、国内ブランド品にはサイズがなくて困る……と、私と同じ悩みをお持ちの方々にはぜひオススメしたいです。大丈夫、私のサイズ(JXL)があるんですから。また、女性用に別モデルがあるのもSIMMSのいいところだと思います。ご相談は日本正規代理店のマーヴェリックさんところでどうぞ。気さくなスタッフの方々が対応してくれると思いますよ。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-02-14 18:03 | 道具のこと | Comments(2)
早朝からメバル釣り
 いやーついにトリノ冬季五輪が始まりましたね。毎晩眠い目をこすりながらの観戦の日々がやって来ました。今年はサッカーW杯ドイツ大会もあるし、もう少ししたらワールドベースボールクラシックもあるし、いやでもスポーツ観戦が盛り上がる1年になりそうですね。
 さて、そんな五輪ムードまっただなか、開会式を見ながら早朝の某漁港へクルマを走らせてきました。というのも、ちょっと思いつきで明るい時間にメバルを釣ってみようかと……。まぁ、明るい時間といっても日の出直後から2~3時間程度のモーニングタイムです。目星をつけていた某漁港のスロープに陣取りキャストを開始。あ、そうそう、今日はもうひとつのトライアルとして#3ロッドでの実釣も兼ねています。ロッドは渓流で常用していたオービスのHLSセブンイレブンスリー。久々に振る#3ロッドはなんとも柔らかく、しかししっかりWFのフローティングラインを運んでくれます。ちょうど満潮時間に合わせての釣行なので、10mもキャストすれば想定しているポイントに届きます。適当に巻いたメバルフライを投入し、チクチク引っ張っていると……クイクイ、ククックイっと小刻みに伝わるメバルのアタリが!
b0000168_16182824.jpg
 じゃーん、手乗りメバルです(笑)。いやー、明るい時間に釣れるとサイズに関係なく嬉しいです。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-02-12 16:19 | 魚のこと | Comments(10)
国際フィッシングショー2006に行って来ました
 本日からパシフィコ横浜で開催されている国際フィッシングショー2006に出かけてきました。

続きを読んじゃったりしたりして
[PR]

by saltwater-ff | 2006-02-10 20:55 | ざっくばらんに | Comments(4)
なんかいろいろ
 2月に入って早くも数日が過ぎました。そういえば一部では解禁した河川もあって、これからは内水面の釣りも日を追うごとに楽しくなっていく季節ですね。海には禁漁期間も解禁日もないので、解禁日の賑わいを耳にすると少し羨ましくあったりもします。
 2月というと一年のうちでもっとも釣りが難しい季節なのかもしれないなぁ、とふと思いました。まぁ日本列島は東西南北、斜めに長いので地域差があって然るべきですが、少なくとも私が暮らす東京近郊では、2月の釣りものとしてはメバルくらいしかまともに遊んでくれる相手がいないのが現実です。それでも今年は横浜界隈でシーバスがビシバシ釣れていますし、メバルもひとまず満足いくくらい釣れています。いずれも夜の釣りになりますが、厳寒期であるにも関わらず、わりと楽しい日々を過ごせています。もしかして魚が増えた?戻ってきた? と安易にいえるほど環境が回復している風には思えないのですが、少なくとも私自身が好釣果をそこそこキープできているのは、何よりも魚影の濃さによるところが大きいと思っています。おっとっと、前置きが長くなってしまいました。
b0000168_18491098.jpg さてさて、2月というと本来はこのブログのネタに苦労する時期なのですが、どういうわけか最近はネタが多くて嬉しい悲鳴をあげています。本来の仕事も12~3月くらいが超繁忙期に当たるのですが、忙しい時ほど更新したくなる変な癖(笑)があるせいか、連日の記事エントリーとなっていたりします。ま、突然更新がストップする日が来るかもしれませんが、その時は「きっとヒマになって釣りに行きまくってるんだろうな~」と思ってください(笑)。というわけで小ネタを2つ。
 先日Amazonで注文した2冊の洋書のうち、1冊が届きました。『Introduction to SaltWater Fly Tying』(スコット・サンチェス著)です。購入前に内容をよく確認しなかったのですが、届いた本をパラパラめくり読みすると、バラクーダ、ターポン、ボーン用などのベーシックパターンのタイイング手順が細かく説明されています。またタイイングツールの使い方なども細かく書かれています。個人的にはカーペットクラブのタイイング方法がしっかり載ってたので嬉しかったです。まぁ、これといって目新しいパターンや奇抜なテクニックは載ってないんですが、王道の教科書としてはいいんじゃないでしょうか。ベーシックな海用フライのタイイング本をお探しの方にはオススメです。ちなみにAmazonでの値段は¥3,571円でした。気長に探せばもっと安く買えると思います。
 さて小ネタの2つめは……間もなく発売開始となるフライラインです!(画像は残念ながらありません) その名も『○○○ライン』を触ることができました。噂の表面加工は、思いのほか目立たない自然な具合になっていてびっくり。よーく観察してみて初めて、細いスリットのような線が入っているのがわかる程度なので、遠目には従来からあるフライラインと見間違えちゃうことでしょう。触ってみた感覚は、ややコシがあるというかハリがあるというか、パスタでいうとアルデンテかな? けして硬すぎるとかそういう感じではなく、使い心地がよさそうな適度なハリなんじゃないかと思います。
 触れたのはDT3Fで、全長25mのものでした。おもしろいのはラインの両端にループが設けられているので、そのまますぐに使える配慮がうれしいなぁ、と思いました。ま、実際にロッドに乗せて投げたわけじゃないので、ここから先はまだ書けませんが、かなりよさそうな感じですよ、コレ。以前に通い慣れたあの川が解禁したら、早速試しに行ってみようと思います。今年は5回は渓流に行こうっと。去年は1回、それも半日だったので(笑)。

※気がつけば80,000ビュー突破。いつもありがとうございます!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-02-07 19:18 | 道具のこと | Comments(2)