"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

謎のツールの使用方法は一体?
 というわけで、大幅に発表が遅れてしまい申し訳ありませんでした。10月19日の記事で募集したクイズの正解は……ラビットスキン等からテープを切り出すためのカッターでした!
 実際に切り出している画像をアップしたいと思い、週末までに撮影したかったんですが、あいにく手ごろなスキンが手に入らず、発表が遅れてしまいました。残念無念。
 さて、お待ちかねの正解者発表にまいりましょう!正解者は……おおのさん、NOTさん、Doraさんの3名です!おめでとうございます!!S.W.F.F.っぽいささやかな粗品を進呈させていただきますので、下記まで住所、お名前をメールにてお寄せください。しかし、みなさんよくこんなツールをご存知でした!海のフライフィッシングは、楽しんでいる人の知識が豊富すぎ!さすがです!!(笑)

【メールのお送り先】
saltwater-ffアットexcite.co.jp(迷惑メール防止のため半角アットをに変更してご送信ください。なお送っていただいた個人情報は発送以外には使用しません)

 それから、クイズに参加していただいた皆様は惜しくも不正解もしくは、粗品進呈が先着3名様までのルールでしたので、ご了承くださいませ。また機会をみて第3回、第4回とこんなクイズをやっていきたいと思います。その際はまたぜひご参加ください。ありがとうございました。
b0000168_1634457.jpg
ちなみこんな風に使います(カミソリの刃は装着していません)。ゾンカーテープの幅を好みに設定できる点に惹かれて購入しましたが……出番はほとんどありません(笑)
[PR]

by saltwater-ff | 2005-10-31 16:39 | ざっくばらんに | Comments(2)
ここ最近の変なフライたち
 コンセプトはそれぞれありますが……まじめに書いてもおもしろくも何ともないので、適当に(笑)。最近はこんな感じのフライで遊んでたりします。例によって「こんなのフライじゃねー!」という声が聞こえてきそうですが、そんなことは全然どうでもいいのです(笑)。
b0000168_206503.jpg
これは潮が濁った時用のEPストリーマーです。カラー以外は普通。実はクロダイにも使うつもりが、今年は出番なしに終わりました。
b0000168_2092711.jpg
これは定番になっているEPストリーマーの、チャートバックの色合いを強くしてみたいと思い、ヘッドに近づくにつれエッグヤーンを混ぜて巻いてみました。動きはいたってノーマルです。
b0000168_20105575.jpg
こいつは……う~ん、たぶんシンキングペンシルと呼ぶのが正しいのかな?(自分でもよくわかりません)得意なレンジは水面下5~10cmです。トリプルフックはバーブレスを使用しています。ところでシンキングペンシルというフライのカテゴリーがあるかどうかは定かではありませんが(笑)
b0000168_20134724.jpg
こいつはイワシが踊るような動きをイメージしました。得意なレンジは水面下15~20cm。トリプルフックはバーブレスを使用しています。水流を受ける面積とボディ形状、加えてウエイトバランスに問題があり、まだイメージ通りの動きを出せていません。鋭意改良中です。

あぁ、シーバスのフライフィッシングは楽しいなぁ~。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-10-26 20:25 | フライのこと | Comments(2)
最近の湾奥状況とか
 土曜日は午前9時半ごろに都内某所にてシーバス釣り。このところ考えているフライの動きを自分なりに把握する意味もあり、今日はルアーロッドでそそくさとキャストを繰り返す。30分ほどして、それまで岸壁沿いばかりを狙っていたのをやめ、40mほど沖合いへキャスト。歩いてポイントを変えつつあった3投目、リトリーブするルアーにチェイスする影が。ジャークを2発入れると、とたんにヒット!ライトタックルだったのでちょっとやりとりに苦労したものの、なんとかキャッチ。65cmのシーバス様。やっぱりジャークの動きはデイゲームに効果あるなぁ~とひとり納得。写真を撮ってリリース。この日は他のポイントでも50cmほどのシーバスを2匹C&R。今年の湾奥は、いたるところにシーバスが入っている模様。
 翌日の日曜日、久々にボートのデイゲームへ。早朝から出ていたアングラーと入れ替わりで出船の予定だったけれど、上がってきたのは偶然にもS.W.F.F.つながりのHさんとそのお友達。状況をあれこれ聞くも、いまひとつな様子。どうも急に潮が澄んでしまって反応が悪くなってしまったらしい。とはいえ、帰るわけにもいかないので準備して出船。キャプテンには午前便とは水質が異なると思われるエリアを中心に回りたいとお願いしたけれど、行く場所、行く場所、すべて潮が澄んでしまっていて、シーバスの姿がありません。サーチ用にキャストしたルアーに数匹追尾してきたポイントが1ヵ所あったものの、活性が高いとはいえないタフコンでした。
 夕マズメも押し迫ってきたころに、なんとかルアーで1本。その後は明暗部を攻めればセイゴ~フッコが楽しませてくれる状況になりましたが、大型の期待は薄まってしまったのでお開きとしました。
 新作フライのテストを兼ねて釣行した2日間ではありましたが、期待していた新作フライ2本のうち1本は不発に終わりました。まだまだ改良の余地を感じることしきり。できれば今秋のシーズン中に結果を出したいとは思っているのですが…。
b0000168_1842247.jpg
これはテストして結果が出たほうのフライです。先端にラッパがついていますが、昨夜はラッパなしバージョンのほうが圧倒的に効果的でした。ピロピロと尻尾を振って泳ぐ姿がラブリーです
b0000168_1885486.jpg
ストラクチャーにタイトに着いていた60cm(4lb)のシーバス様。秋の魚らしく、ファイトは元気いっぱいで楽しませてくれました
b0000168_1810341.jpg
こっちは陸っぱりのルアーで釣った65cmのシーバス様。ポイントは聞くと驚くような平凡な場所で、フライでも十分釣りが可能なところです。今年はシーバスの湧きが相当いいようで、あっちこっちにこれくらいのサイズが潜んでいます。40cmくらいのを獲るつもりだったので、タモをクルマに置いてきてしまい、取り込みに苦労しました(笑)
[PR]

by saltwater-ff | 2005-10-24 18:16 | 戦いの記録 | Comments(4)
The Pacificがやって来ました!
 やっと届きました!宮古島で使うはずだったフライリール、TiborのThe Pacificのお披露目でございます~。B.PateのBlueFinと迷ったあげく、最終的にこっちを選択しました。やっぱり多少なりともキャスティングすることを考えれば、The Pacificの軽さは魅力です。まだライン関係は巻いていませんが、手に持った感じでは想像以上に軽いです。これで来年は甑島かぁ~?(笑)
b0000168_1794391.jpg
勢い余ってEvergladesと比べてみました。なんといいますか、むやみにデッカイです。センターシャフトの径はほとんど同じくらいですね。バッキングラインを巻くのが大変なので、ハーミットのIさんに巻いてもらうことにしました。だって600mくらい(もしくはそれ以上?)入るフライリールなんて……。よってまだ手元にありません。
b0000168_1795314.jpg
当たり前ですが、スプール幅も超ワイドです。オプションパーツで販売されているゴリラハンドルですが、The Pacificには標準装着されています。実際に使用した感想は、また後日にでも書きたいと思います(撮影協力/フライショップ ハーミット
[PR]

by saltwater-ff | 2005-10-21 17:50 | 道具のこと | Comments(6)
タイイングツールいろいろ クイズ編
 私が日ごろ使っているタイイングツールについて、恥ずかしげもなくあれこれ書いてしまいましたが……1つ書き忘れたツールがあります。それは……下の画像をご覧下さい。見た目が不思議なこのツール、どうやって使うのかわからない方もいらっしゃるんじゃないかな? と思ったので、久々にクイズにしちゃおうと思います!
 買った私も説明書きを読むまで使い方がわからなかったこのツール。何をどうするためのツールか、コメント欄に書き込んでお答えください(回答例:ハックルを巻き付ける)。
 正解の先着3名様にはS.W.F.F.っぽい粗品を進呈させていただきますよ~!(※あくまで粗品なので、過度の期待はイヤーンな感じです)発表は来週末を予定しています。さぁ、一体何をどうするためのツールでしょうか~?
b0000168_21491981.jpg
ヒントその1 画像は組み立て前の状態で、柄のついたフレーム(?)に左上のパーツ(?)をナットで留めてから使います。
ヒントその2 ある種のマテリアルを加工するために用います。
ヒントその3 そのマテリアルは、日本国内では加工された状態で売られていることがほとんどです。
要するにこのツールは、ほぼ必要ないってことですね(涙)。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-10-19 22:04 | 道具のこと | Comments(14)
第4回YFTが開催されます!
 来る11月6日(日)、第4回横浜ベイ・フライフィッシング・トーナメントが開催されます。これまで当ブログで何度か取り上げて来た同大会ですが、この第4戦が2005年最終戦になります。今回は秋真っ盛りのベストシーズン中に開催されることもあって、ハイレベルな闘いが繰り広げられることでしょう。
 大会運営スタッフの方々の尽力もあり、横浜港界隈でシーバスを日中フライフィッシングで狙うアングラーも増えつつあります。昨年、一昨年に比べるとその数は大幅に増えているといっても過言ではありません。
 また、釣果の差、腕の差を競うだけが大会の目的ではありません。アットホームな雰囲気のなか、昼食をとりながら交わされるS.W.F.F.談義は参加者した人だけが共有できる貴重な時間でもあります。競技中は緊張していますが、それが適度な疲労とともにほぐれるこの時間が私は大好きです。東京~横浜周辺のエリアを共有してS.W.F.F.を楽しむ者同士、有意義な情報交換ができること請け合いです。
 参加締め切りは10月末日。参加方法、レギュレーションなどの詳細はYFT公式HPへ。
b0000168_20215876.jpg
競技は釣り上げた1尾の最大叉長で競います。計測後、ボートキャプテンがデジカメで撮影し、シーバスは速やかにリリースされます
[PR]

by saltwater-ff | 2005-10-17 20:28 | ざっくばらんに | Comments(0)
タイイングツールいろいろ その3
 はい。予告どおり3日連続の更新です。そもそもウェブログってのは、ネタの濃さよりも更新スピードの速さを主目的にしたメディアというか、ツールだと私は思っているわけですが、さすがに連日更新するのは体力が必要ですね。毎日更新されているブログ管理者の皆さんに頭が下がる思いです。このブログは皆様ご承知のとおり、S.W.F.F.にまつわる至極個人的なことをあれこれ書き連ねている次第です。毎日釣りに行けるような身分じゃないので、ネタ不足に悩むこともしばしばありますが、それでもなるべく週1回更新、ハイシーズン(7~11月)はなるべく週2回更新を目指していたりします。まぁ、個人で発信できる情報量なんてたかがしれていますから、下回ってもツッコミはなし!ってことでお願いします。おっと、前置きが長くなりましたが、それじゃ3回目をどうぞ。

b0000168_21442287.jpgはい、見ての通りクシです。はい、そこ!のっけから地味とか言わない(笑)。バックテイルやシープフリース(別名ラムズウール)、フィッシュヘアーの類など、海フライで多用するマテリアルの多くは毛足が長く絡みやすくいものばかり。たたでさえ絡みやすいのに、夏場の扇風機や秋口の気まぐれな風によって、鬱陶しいほど絡んでしまうこともしばしばです。そこでクシの登場です。画像のクシは2本とも100円ショップで買いました。ガシガシ使うので、すぐに折れるだろうと思っていたのですが、意外に頑丈なようでまだ欠損がありません。クシを使うかどうかでフライの仕上がりに差がでるように感じるので、私は欠かせないツールだと思います。余談ですがフィッシュヘアー類はドライヤーで温めながらブラッシングするとキンクが弱くなったりもしますよ。


b0000168_21513841.jpg愛犬家の方にはおなじみかもしれません。正しい名前は知りませんが、犬のブラッシングなどに使うワイヤーブラシです。これも100円ショップで購入しました。そう、100円ショップのおかげで私のフライタイイングが成り立っているようなものです。
これは主にシープフリースを適量カットする前に、毛並みを揃えるために用いています。『POPFLEYES』をお持ちの方はきっとご存知ですね。半信半疑で使い始めましたが、もはや欠かせないツールになってしまいました。ポーラーベアやバックテイルにも使えます。あと、背中がちょっとかゆい時にも(笑)。


b0000168_21581239.jpgシャープナーとリュ-ター(ルーター?)はこんなのを使っています。バーブレスに加工するにはプライヤーでバーブを潰すだけでなく、リュ-ターで削って凹凸をなくし、シャープナーで磨いてフィニッシュします。すべてのフックをバーブレス加工するわけではありませんが、必要な場合はある程度まとめて処理します。以前tidepoolのmattさんも書かれていましたが、ビーズヘッドやダンベルアイを乗せる前に軽く削ってフックの表面をザラつかせることで、アイのグラつきが減少します。ゾンカーなどのダンベルアイが回転しちゃう人は、一度お試しあれ~。もちろん、接着剤&スレッドは必要ですよ。


b0000168_2232932.jpgなんじゃこりゃ? そう思われるのも無理ないです。ただのオロシガネですもん。ワサビやショウガを摩り下ろして、エンリコにこうちょっちょっと塗って……って、そんなわけあるかぃ!
これはダビング材をブレンドしたい時に、オロシガネを使うと非常に短時間で簡単にブレンドできるのですよ。以前ある著名プロタイヤーに教わって、眉唾だったのですが実際に試してみると、あら不思議!おもしろいくらい混ざる混ざる(笑)。アイスダブなんかのシンセとラビットファーのようなナチュラルを混ぜる場合、素材の硬さ(?)が異なって混ざりにくいことが多いのですが、これならバッチリです。そして大方の予想通り、これも100円ショップで買いました。


b0000168_22122621.jpgそしてお見せするのが恥ずかしいツールがこれ。スプーンです。それもコンビニとかでもらえるやつ。その両面にマジックテープのオス(硬いほう)だけを貼り付けました。これで何をするのかというと、ダビングボディのピックアップがメチャ簡単にできてしまうのです。ダビングボディにスプーンを密着させて2~3度こすりつけるだけで、マジックテープのオス部がダビング材をかきだしてくれます。その昔、春先のヘアズイヤーニンフ量産時に圧倒的効率を誇っていたツールです。残念ながら今のところ海用フライでの登場はほとんどありません。


b0000168_22232388.jpgふぅ、これでひとまず最後です。画像は上からエポキシ作業用の棒(名称失念)、歯ブラシ、タッチアップ用砥石です。エポキシ作業用の棒は、フレックスコートとかと同じメーカーのだったはずです。微妙にカーブした形状が使いやすく気に入っています。元はロッドビルディング用みたいですが、タイイングにももちろん使えます。歯ブラシはディアヘアやエルクヘアのガードヘアを除去するのに使ったり、バイスのジョー部分を掃除したりします。どうでもいいですが、毛足は硬めが好みです。あ、本当にどうでもいいことでしたね。最後はナイフや包丁のタッチアップに使う砥石です。前述のシャープナーたちと併用するだけでなく、ハサミをタッチアップするのにも使っています。以前、ハサミは素人が研ぐな!と刃物職人からいわれたことがありますが、タッチアップすると一時的とはいえ、切れ味が戻るのでついやっちゃいます。


 いやー、これでひとまずタイイングツールいろいろにまつわる記事は終わりです。また新たに何かツールを入手した場合は更新したいと思います。しかし、まぁ自分でもいろいろ使ってるなぁ、というのが感想です。あぁ、あと、1つずつ更新していけば当分ネタ不足にならずにすんだのになぁ…という後悔も少しだけあったりして。長々とお付き合いありがとうございました。それでは、また次回で!
[PR]

by saltwater-ff | 2005-10-12 22:47 | 道具のこと | Comments(2)
タイイングツールいろいろ その2
さてさて、タイイングツールについてのあれこれ。その2です。興味ない方もいらっしゃると思いますので、前置きなしでさくさく進めちゃいましょう。

b0000168_1231668.jpgまずはダビングツイスターです。これはダイナキングのやつで、回転基部にボールベアリングが入っているため、すこぶる回ります。調子に乗って回しすぎてスレッドが切れちゃうこともありました。国産メーカーのツイスターも使っていましたが、ガタつきが許せず、友人にあげちゃいました。ツイスターで作ったボディはニンフやドライフライに便利ですが、海ではボラ用フライを巻くのによく使っています。あとはクリップトボディを作るのにも便利ですね。最近あまり作りませんが…。


b0000168_1284340.jpgお次はディバイダーです。ウエットフライのタイイングに夢中だったころにお世話になりました。クイルなんかを均等に取り分けるのに便利なツールです。しかし他にこれといって使い道がないので、よほどウエットフライ・タイイングにハマらないかぎり必要ないと思います(私は仕事でたまに使うこともあって、以前から持っていました)。ところで、海でウエットフライ使うと意外?に釣れるんですよね。コトヒキとかヒイラギとかササノハベラとかムツとかネンブツダイとか、まぁ早い話小物なんですが、よく釣れます。魚を魅了する要素ってのは淡水、海水とも共通してるってことでしょうか?


b0000168_1215529.jpgこれは…たしか…ハックルガードだったはず!? もう使わなすぎてわすれちゃっています(笑)。穴がいくつか開いてますが、フィニッシュ寸前のフライのアイに被せて、ハックルを巻き込まないようにフィニッシュできる…という道具だったような。どういうつもりで買ったかも覚えていないくらいなので、全然必要ないツールだと思います。もはや珍品っていうだけですね、これは。
んー、今日の記事は横長の画像が多いせいか少し読みにくいですか?だったら申し訳ないですが、もう少しお付き合いくださいませ。


b0000168_12214163.jpgはい、これはクリップトヘアとかを作る際にアイ側からヘアをグイグイ押して密度を増すための道具です。ダイナキング製だったような気がしますが忘れちゃいました。ビル・キャサウッド御大のマッカレル、マレットなどのパターンを巻くのにディアヘアは欠かせませんし、ポポヴィー御大のシリコンポップやポップリップを巻く際にも役立ってくれます。買ったまんまだと穴が小さく、海用フックのアイを通らないせいもあるので、ドリルで穴を広げています。まぁ、ボールペンのボディかなんかで代用できそうだなぁ、というのが使ってみた感想ですけどね(笑)。


b0000168_12272481.jpg私がフライフィッシングを覚えたころは、自然界にある天然の色で毛鉤を作るというのがメディアで持ち上げられていたような気がしますが、ダイドカラーのバリエーションや代用マテリアルの登場により、もはやフライに色を塗るのは普通になりましたね。ま、そうでなくても海用フライにマーカーは欠かせません。エポキシの上から着色したり、上からコーティングした際に滲んだりしないことを考えると、油性かアルコール性のマーカーが便利です。一時フライショップでよく見かけたコピックは最近ほとんど見かけません。しかし画材店に行けばちゃんと売ってます。こっちの用途が本業(?)ですもんね。コピックは前述したエポキシの上でも下でも着色できるいいマーカーです。ただし、ホットグルーの上には着色しにくいので、ホットグルーには油性がいいと思います。

変なツールといいつつ、全然普通じゃないか!というお叱りの声が聞こえてきそうですが……本当に変なのはこの次です。引っ張りすぎるのはよくないので、続きはまた明日にでも。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-10-11 12:47 | 道具のこと | Comments(2)
タイイングツールいろいろ その1
 慌ただしかった夏のシーズンも終わり、秋のベストシーズンを迎えている昨今ですが、前回の記事にありますように、クルマを手放してしまったので思うように釣りに行けず、悶々とした日々を過ごしています。そんなわけで釣りに行けない休日は、ストレスのせいか煙の量が増えてしまいがちです。あとは溜まったままになっている本やDVDなんかを見て、怠惰で非生産的な日々を過ごしています。とはいえ、そろそろ秋冬用のフライを巻かないと……11月頭にはYFTの最終戦もあることだし。そう思いながら、散らかり放題のタイイングデスク周りを掃除することにしました。そのついでといってはなんですが、私が普段使っている小道具なんかを紹介してみたいと思います。ちなみにこの記事は、ペリカンさんのBACK DOORへのトラックバックでもあります。ネタ、頂戴しました〜。ありがとうございます。

b0000168_1717687.jpgまずは定番のボビンハンガー類から。下3本が常用しているもので、TMCとグリフィン(同じもの2本)製です。ここ2〜3年はグリフィンばかり使っています。現在、TMCのボビンハンガーはケブラースレッドが装着されていて、フライライン先端部の加工時に役立ってします。上の2本は本来フロス用のボビンハンガーですが、メタリックスレッドを装着して使っています。フライのアクセントにメタリックスレッドを時々使うので、重宝しています。


b0000168_17222266.jpgお次も定番のヘアスタッカーです。基本的にこの3本でまかなっています。左は300円くらいのノーブランド品。アルミ製で軽いですが、どういうわけかエルクやディアヘアの揃いはこれが最高です。もう少し径が太いと文句ないのですが…。余談ですが、パイプ喫煙時に手ごろなタンパーがないとこいつで灰を押します。そのため底部分が黒く汚れています(笑)。真ん中はグリフィンのヘアスタッカーです。本体にネジがきってあり、長さを調整できる仕組みになっているのですが、伸ばすと内側に段差がついてしまうため、ヘアのまとまりが悪くなります。よって伸ばさず使っています。使用感は平凡です。右はダイナキングのヘアスタッカーです。バックテイルなどの長毛をなんとかしたいと思って大きいのを買いました。でもやっぱりヘアタンパー(後述)のほうが揃えやすいのはどうしてでしょうか?あまり活躍頻度は高くありません。


b0000168_17265069.jpg定番その3、ハックルプライヤーです。上はどこで買ったかわすれましたが、電子機器(基盤?)を作る際に部品をつまむツールで、フライ用として売ってるショップもありますね。そこそこ使えますが、ヘンハックルのように弱い系のハックルだと切れてしまうことが多いです(つまむ部分が鋭利なのでしょうか?)。まぁ150円くらいの安物なので文句はいいません。真ん中はJドリンのハックルプライヤーです。これは優れものなので激しくお薦めしたいです。あれこれ使ってきましたが、これに勝るものはなかなかありません。ね、ペリカンさん。類似品もありますが、買うなら本物をお薦めします。一番下はグリフィンのスピニングハックルプライヤーです。TMCのはガタつきが大きいのと柄が長いので捨てました。パラシュートフライを巻くのに大変役立っています。いや、いました…かな。最近は頼まれて巻く以外、パラシュートフライなんて巻いていませんし(笑)。


b0000168_17353658.jpgちょっとこの辺りからタイイングバカっぽいツールが出始めますよ〜。というわけでヘアスタッカーに比べるとマイナー(?)なヘアタンパーです。一見するとお茶屋さんでお茶っ葉をすくう道具のように見えますが…れっきとしたタイイングツールですよ。主にバックテイルのような長毛を揃えるのに適していると思います。しかもヘアスタッカーのように、キッチリと揃いすぎないところがいいんです!(笑) 海フライでバックテイルは欠かせないマテリアルのひとつですから、持っていない方は買ってもいいんじゃないでしょうか、安いですし。最近じゃあまりみかけなくなりましたが。手で揃えるのと大差ない! といっちゃえばそれまでですが、私の場合、デシーバー量産時に欠かせないツールでもあります。アバウトですが、一気にバックテイルを揃えられるので。あ、あと以前、海苔の筒缶を切って巨大ヘアタンパーを自作しましたが、ろくに使えず断念したこともあります。


b0000168_17462426.jpg変なツールというわけじゃありませんが、ウイップフィニッシャーは画像下のマタレリを常用しています。しかし、海用フライは時にバカデカイこともあり、通常サイズのフィニッシャーでは歯が立たないことがあります。そこで自作したのが画像上のものです。当社比1.3倍。いや、1.2倍くらいかな? マタレリに比べて粗雑ですが基本動作は同じなので、これで大きいフライもきっちりフィニッシュできるようになりました。まぁ、今となっては手でウイップフィニッシュできるようになったので、あまり登場頻度は高くないですが。自作はけっこう簡単です。ステンレスのワイヤー線と真鍮パイプ、ビーズ、あとはヤットコ、ヤスリくらいで出来ちゃうので、自作されるのもいいかと思います。

さぁ、徐々に変なツールが出てきましたが、まだもう少しあります。続きは明日にでも…。それでは。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-10-10 17:58 | 道具のこと | Comments(2)
S.W.F.F.に適したクルマとは?
 10月に突入し、そこかしこで秋シーズン全開です。シーバスもヒラメもメバルもシオもあちこちで釣れているという情報が聞こえてきていて、今すぐにでも現場に飛んで行きたい気持ちでいっぱいです。
 本来なら仕事を抜け出してでも釣りに行きたい時期ではありますが……先日愛車を手放したのでアシがなくなってしまい、全然釣りに行けなくなってしまいました。本当はさほど間を空けずに次のクルマを買うつもりでいたんですが、ちょっと自転車に興味が出てきたり、仕事が激しく忙しかったりしてクルマを物色する時間がなく、気付いたらシーズン真っ盛りになってしまいました。あー、どうしましょ(笑)。
 すでにご存知の方も一部にいらっしゃると思いますが、私はS.W.F.F.と同じかそれ以上にクルマ好きだったりします。これまでの愛車のなかには到底釣りには適さないクルマもありました。人様からすれば「まさか?こんなクルマで釣りに行くの!?」といったジャンルのクルマでじゃんじゃん釣りに行っていたこともあります。たとえば屋根のないオープンスポーツカーで、真冬の某湖へ夜明け前に行ったりしました。幌屋根もヒーターもないクルマだったので、肩に雪を積もらせながら帰ってきたこともあります。まったくもって大バカ者の所業。自分でも無謀で無茶だったなぁ、と思っています(笑)。
 これまでは独身でいるかぎり、自然吸気で300馬力超のエンジンを搭載した後輪駆動車(FR)にしか興味がありませんでした。いわゆるスポーツカーってやつです。車高が低く、荷室は狭い。乗車定員は2名。これだけで釣りには不適、と思われるかもしれませんが、実際あまり困ったことはなかったです。だいたい釣行は1~2人で行きますし、ほとんどリリースして帰るのでクーラーボックスとか積めなくても問題ありません。それよりも往復の移動時間を楽しめ、かつ時間短縮できるメリットのほうが大きかったような気がします。釣り場には早く着いて、釣り終えたら早く帰りたいですもんね(笑)。
 とはいえ、先日愛車を手放してしまったので次期愛車を探しています。おそらく次は前述のようなスポーツカーではなく、小さくて燃費のいいクルマを手に入れるつもりです。ガソリン代の高騰、地球環境への配慮……というのはタテマエで、次々期愛車のために貯金をしようと思っています。数年後はRRに乗っていたいなーなんて。
b0000168_131534.jpg

スポーツカー独特のタイトな運転席が好きです。一種の緊張状態を強いる空間ですが、目的地へ向かう途中にモチベーションを高めてくれる効果があるように思います。少し手を伸ばすだけで、運転に必要なすべての操作が可能な配置になっているのもさすがです。しかし、私の体型はあまり適していません(泣)
[PR]

by saltwater-ff | 2005-10-05 13:22 | ざっくばらんに | Comments(8)