"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2005年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ストレッチャー
b0000168_20395155.jpg 本来ならば今ごろは、宮古島で泡盛に酔いつぶれていたはずですが……。台風によって中止となったおかげで、貴重な労働をさせていただいております。
 まぁなんとなくこういうこともあるのかなーと思っていたので、さほどダメージはありません。ありませんが……すでにストレッチャーにはフライが何本か装填されております。次に出撃の機会はあるのでしょうか?それは神のみぞ汁!といったところでしょう。
 未装填のフライは写しませんでした。なぜなら悲しすぎるから。な、涙は心の汗さっ!
 残念ながらストレッチャーデビューは今回も果たせず。実はこれ、いただき物だったりします。おまけにハンドメイドの逸品。ストレッチャーは大変便利なので、小型であればシーバスにも使えそうですね。あ、ストレッチャーとはリーダーを結んだ状態で、ショックリーダー部をまっすぐにキープして収納できる箱のことです。一応、念のため。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-09-30 20:36 | 道具のこと | Comments(2)
接近中
週末から宮古島遠征の予定でしたが……。
絶妙なタイミングで台風19号が接近しております。
このままじゃ船が出せませ~ん。というよりジェット機も飛びません。

おまけに注文していたフライリール、先のカトリーナの影響か未だ届かず(笑えない)。メールも返ってこないそうです……。

あぁ、あれもこれも敵対国(?)に対するアラーの神の祟りでしょうか?
なんてことを書くとまた祟られそうですが(笑)。

こういう場合は焦っても仕方ないので、平常どおり適当に過ごしたいと思います。
わはは(もう笑うしかない)。
b0000168_23262876.jpg

台風のコース上になっている皆様、お気をつけあそばせ。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-09-27 23:27 | ざっくばらんに | Comments(4)
今夜はちょっと気分をを変えて
b0000168_22365775.jpg
 S.W.F.F.好きのみなさんにいつも見ていただいている当ブログですが、今夜は少し趣向を変えてお酒の話でも。
 海でフライフィッシングをする方のなかには、S.W.F.F.と同じかそれ以上にお酒が好きな方がいらっしゃることでしょう。もしくは、S.W.F.F.ほどじゃないけど、少しはたしなむ程度とか、缶ビール1本くらいなら…もっぱら焼酎かな…私はだいたいワインだね…いやいや、やっぱりシャンパンこそが……と、あれこれこだわりをお持ちの方もいらっしゃると思います。
 分別ある大人の遊びとしてS.W.F.F.を位置付けた場合、夏の日差しを浴びながら船上で飲むビールは「クーッ、しみるねぇ!」と最高なわけですし、夕まずめを終え、ぽっかり浮かんだお月様と延々続くサーフを眺めながら飲る焼酎も「しみじみ、たまらんね…」と悦に入りかけちゃったりするわけであります(たぶん)。
 また場合によっては、仕事を終えた週末の夜にタイイングデスクに向かいながら、傍らにあるグラスに注がれているのはサントリーウイスキー?ラムたっぷりのフローズンダイキリ? 気分は開高先生かパパ(ヘミングウェイ)ですか? バイスの向こうに見えるのが常夏の海でも都心の運河でも、S.W.F.F.マンの気分は共通してるんじゃないでしょうか。そんな時間もこの釣りの楽しさの一部だと思います。だからこそ、ゆっくり濃密にこの遊びを楽しんでいければいいと思っちゃたりしちゃうわけで、思いのほかアルコールが回ってきたせいか、こんな戯言を書いちゃったりするのです。
 ちなみに私が自宅で好んで飲むのは『ミドリスプモーニ』です。レシピはリキュールのミドリ、グレープフルーツジュース、トニックウォーターの3つ。大きめのグラスに注いでガブ飲みしつつバイスに向かいます。トニックウォーターのあっさりした口当たりとミドリの適度な甘さ、グレープフルーツの酸味、苦味が微妙にバランスしているのが好きな理由です。画像はステア前のもので、本来は混ぜてからいただいてます。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-09-22 22:39 | ざっくばらんに | Comments(0)
カツオとマグロ
……今月末に南の島(国内)へ行くことになりました。
……それ用のリールも買いました(到着待ち)。

 同行者達のメインターゲットは、ジャイアントトレバリー(ロウニンアジ)。同じボートに乗り込むからには、私も相応の装備で臨みます。ロッドは#14メインでサブに#12。最近のGTは70m以上(時には100m超とか)投げて寄せてくる釣り方だそうで……とてもじゃないけど私のフライキャスティングスキルで70m超もの距離を投げるのは無理なお話です。
 じゃぁ、指をくわえて見ているしかないのか?いやいや、寄ってきたGT君を狙うという方法もあるじゃないですか。聞けば好奇心でルアーをずっと追尾してくるGTが少なくないとのこと。同行者には悪いけど、ご自慢のペンシルベイトをティーザーにさせてもらうつもりですよ~。ま、初挑戦なんだし、それくらいハンデくださいな(笑)。
 一方、GTがダメでもカツオ君やマグロ君と遊べればそれでいいや、という気持ちもあります。ミーバイ(カサゴの類)やイカ、ダツにヤガラもきっと遊んでくれると思うので、#8も持っていきます。そういや、今夏はほとんどオフショアに出かけられなかったこともあって、カツオやマグロに会わないままでした。こんな夏も珍しい。南の島で会えるといいなぁ~、なんて。
b0000168_2255364.jpg
下へ下へとギュンギュン潜るファイトはマグロ系ならでは。右の画像は1.5kgくらいのキハダ(というか、チャッパ)です。視力がいいせいか、シイラ用に40lbとか50lbのショックリーダーを組んだラインシステムのまま狙っても全然かかってくれません。太いラインを見切るのですね。大慌てで25lbとか20lbに下げて釣るんですが、そのときの慌てぶりといったら何度経験しても落ち着けません。まぁ、このクラスだから、多少いいかげんなノットでも獲れるんですが……


b0000168_22583265.jpg左の画像は、上のキハダよりちょっぴり大きいカツオです。同じ大きさ(重さ)なら、マグロに比べて瞬発力はあるぶん、持久力がないような気がします。気がするだけなので、本当はどうなのかわかりません。視力のよさはマグロと同じだと思います。贅沢なS.W.F.F.マンになると「なんだ、またカツオか!」と言っちゃうかもしれませんが、私はカツオ好きなので何度釣っても楽しいです。リールの逆回転音がまた堪らないんですよね~
[PR]

by saltwater-ff | 2005-09-20 23:10 | 魚のこと | Comments(8)
サーフのフライフィッシングについて、あれこれ
 サーフでフライフィッシングを楽しむ場合、前もって気を付けたい事柄がいくつかあります。まず、サーフと聞いて、大多数のフライマンがウエーディングを想像すると思います。湖でウエーディングするのと同様に、腰まで浸かって優雅にキャスト……というのは幻想です。サーフの場合、もちろんウエーダーを着用していますが腰までウエーディングすることはまずありません。内湾サーフであれば波高50cmという日もあるでしょうが、外洋サーフでは凪でも波高1~1.5mくらいが普通です。ウエーディングしたところでキャスティングしにくくなる(ホールしにくくなる)だけなので、ほとんどウエーディングしないほうがいいでしょう。
 次に装備面ですが、ラインバスケット必須です。防波堤やボートでは据え置き型が便利ですが、サーフでは移動しながら釣るので、ベルトで腰に装着できるものでないと話になりません。それでもってベルト装着型のラインバスケットにも色んなものがありますが、基本的にラインが収納でき、砂や海水がなるべく入りこまないで、なおかつ風でラインが暴れないような仕組みになっているものがお勧めです。
 ロッドやリールについてですが、これは狙う対象魚やアングラーのお好みでいいと思います。私の場合、秋のサーフでよく使うのは9ft前後のシングルハンドロッドで、番手は#10~12です。キャスティングは波のタイミングに合わせて行います。あ、タイミングというのは、迫ってくる波を超えたところで着水するようにするってことです。なぜ波を超えるようにするのかというと、波の直前に着水すると、ラインが沈みきる前にざっぱーん!と一気に戻されてしまうからです。
 万が一(笑)魚がヒットした場合、ファイトはそれほど難しくありません。ヒラメやマゴチは走り回るような魚ではないので、寄せ波の力とロッドのパワーを利用すれば比較的簡単に寄ってきます。シーバスの場合は普段とあまり変わりませんが、湾奥の魚に比べると体力のある個体が多く、よく走りよくジャンプするように思います。おまけに海面と足場の高低さがほとんどないので、ラインが右へ左へ動く視覚的な楽しさも加わってエキサイティングです。
b0000168_1249219.jpg
大きく弧を描くロッド!鳴り響くリールの逆転音!ご想像どおり、スゲー気持ちいいんです!!

 また、万が一の万が一、回遊魚(青物)がヒットした場合は、相応のやり取りを覚悟しましょう。バッキングラインの残量と高速回転するリールのハンドルに注意して、粘り強くやればなんとかなるかもしれません。根が沈んでいるエリアでは根ズレにも注意が必要ですが、沈んでるかどうかわからないことも多いので、この際忘れて表層で勝負するようにしましょう。
 あ、意外に多いのが波打ち際でのバラシです。慣れていないとラインテンションを保ちにくいため、第一の安全策としては後方へ後ずさりしながらそのままズリ上げてしまうといいでしょう。とはいえ、波が打ち寄せては返す場所はフックを外した瞬間に波が来て「さよ~なら~♪」という悲劇が起こりやすいので、注意が必要です。ランディングネットは不要ですが、フィッシュグリップ(ボガ・グリップなど)の類があると便利です。波打ち際から離れれば離れるほど不安はなくなりますが、リリースを前提としている人は砂が濡れているところでランディングしましょう。
 秋はサーフのフライフィッシングに最適なシーズンでもあります。ぜひ、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう?釣れないけど、釣れると一生の思い出になるかもしれませんよ。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-09-16 21:37 | ざっくばらんに | Comments(2)
Jiggy
 突如再開したボブ・ポポヴィクス氏のフライ紹介も、ひとまずこれでラストです。
これまでに何度か書いてきましたが、私はS.W.F.F.の先人の一人としてポポヴィクス御大を敬愛しています。どこがどう、というわけではないんですが、彼のタイイングするフライ、釣りのスタイルなどがおもしろく、共感する部分があるから…だと思います。これまでに紹介してきた彼のフライパターンは、海のフライフィッシングにおいて、すでにスタンダードパターンと呼べるものになりつつあります。フライフィシングの中では珍しくラディカルで、時には「あんなのフライじゃない!」と野次られることも多い海のフライパターンですが、その短い時間の中で多くのアングラーに確実に広まっていくものこそ、本物だと私は思います。
b0000168_12492555.jpg

というわけでジギ―の紹介です。中層から底層まで広くカバーできる優れたフライで、フックがキール状になるため根がかりも少ない優れたフライです。同様な効果があると思われるフライにクラウザーミノーがありますが、個人的にバックテイルの質感が好きなのでジギーをよく使います。画像のジギーは少しバックテイルが曲がっていますが、水に浸けるとすぐにまっすぐに戻ります。コーンヘッドがキラキラ輝くので、意外にアピール度の高いフライだと思います
b0000168_12493820.jpg

↑こっちはポポヴィー御大の本物ではなく、私が巻いたジギーです(お恥ずかしい)。秋のヒラメシーズンには欠かせないフライでして、遠浅サーフのカレントの中をリトリーブする場合に大いに活躍してくれます。オリジナルと異なる点は、コーンヘッドの中にレッドワイヤを巻き込んであり、リトリーブ中にタテの動きを意識して使っています。バックテイルは徐々に切れていってしまうので、最初は少しオーバーボリューム気味に巻いておき、現場でトリミングしながら使っています
[PR]

by saltwater-ff | 2005-09-13 14:04 | フライのこと | Comments(5)
Bob’s Bunker
 はい、続きましてはBob'sBunkerの登場です。これも本物。ポポヴィー御大作でございます。もうね、スキがなさすぎ! マテリアルに無駄がないし、全体のバランスはいいし、そこそこ投げやすそうだし。ホントに上手いなぁ~、当たり前ですが。
 私、このところひそかにポッパーを巻きまくっています。使い道はごにょごにょ……(笑)。あれこれポッパーを巻いていて気付いたんですが、ポッパーって手間がかかるじゃないですか。もちろん時間がある時はゆっくりじっくり手間をかけて巻く(というより製作)のもいいんですが、サクサク巻いてガンガン使う場合には、このボブズバンカーのようにシンプルなポッパーのほうがいいように思います。だって一発で壊しちゃうような相手ですからねぇ……。
b0000168_17202521.jpg

毎日巻いて、毎日使えるような羨ましい環境にお住まいのS.W.F.F.マンには、ぜひお勧めしたいポッパーです。発泡のヘッドは浮力十分なので、ポップ音やスプラッシュも大きくて楽しめますよ
[PR]

by saltwater-ff | 2005-09-12 17:23 | フライのこと | Comments(0)
Ultra Shrimp
 やぁ、すいません。郵政民営化とか選挙とかでバタバタしてしまっておりました(笑)。なんのことかと申しますと、画像だけ先にアップして文章を書いてなかったのでありますな。とはいえ、たいして書くこともないので先に謝ってしまいます。ごめんなさい。
 海のフライを考えた時、ベイトフィッシュと同様かそれ以上に重視すべきなのがエビの存在でしょう。海に生息する魚の大多数がエビを好んで捕食します。えぇ、そりゃもうすごいエビ好きですね。試しにモエビでもスジエビでもいいから鉤先につけてエサ釣りしてみましょう。メバル、ハゼを筆頭に様々な魚が楽しませてくれるはずです。
b0000168_19514215.jpg

身近なS.W.F.F.の対象魚であるシーバスも大のエビ好きです(大阪湾ではエビを撒いてスズキを釣るのが盛んです)し、注目のクロダイだってエビ好きです。よって、エビのフライは大事だと思います
b0000168_19515186.jpg

というわけでポポヴィー御大のウルトラシュリンプです。残念ながら目の部分に塗られていた黒いペイントが剥げてしまっていますが、やはり本物はバランスよく仕上げられています。真似してみてもここまで上手に巻けません。う~ん、難しいなぁ
[PR]

by saltwater-ff | 2005-09-10 19:54 | フライのこと | Comments(0)
パタゴニアのバッカン
 ひょんなことから仕事でパタゴニアのバッカン(正しい商品名はグレートディバイダーといいます)を使うことになりました。というのも、以前から使っていた同社の防水ザックにカメラ機材を入れて持ち運んでいたのですが、防水ジッパーに不具合が生じ、修理依頼をしたところ、廃盤商品ゆえ修理不能とのお返事が。そりゃ、困る!ってことになって、相談していたら同等の機能を持つ現行商品に交換してくれるとのこと。しかも無料で(びっくり!)。
 私はパタゴニアファンというわけではありませんが、こういう予想外の対応をしてもらえると、パタゴニアの製品を好んで使う人の気持ちがわかる気がしました。作るだけ作って、あとは売りっぱなしで知らん顔、なんていう企業が圧倒的に多いなかで、パタゴニアがパタゴニアたる理由がこういう場面にも見え隠れするわけですね。う~ん納得。こういう企業姿勢は多くのアウトドア&フライフィッシングメーカーに見習っていただきたいものですね~。
b0000168_15211353.jpg
というわけで、さっそくインプレしてみました。その第一印象は軽い! カメラ機材運搬用にダイワやがまかつのバッカンも使うのですが、釣り用バッカンに比べて圧倒的に軽いです。次に間仕切りできるように設計されています。さすがカメラ機材用に作られているだけあります。釣り用バッカンにはまずない機能です(当たり前だ)。バッグ自体に衝撃吸収用の緩衝材が入っているわけではないので、そこは多少工夫しなければいけませんが、おおむねこれまでに使ってきたバッカンや防水ザックよりもいい感じです。

b0000168_15212750.jpg
イマイチな点をしいてあげるとすれば、ジッパーが固く、そのままだと開閉しづらい点と、カラーリングくらいでしょうか。ジッパーには前の防水ザックに付属していた潤滑剤を塗布すれば開閉しやすくなったのでOK。さらに握りやすいよう組みひもをつけました。あとはカラーですが、なんか紫外線で色あせたような微妙なグリーンというのが気になりますが……。
まぁそのうち慣れると思います(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-09-07 15:28 | 道具のこと | Comments(2)
第3回『横浜ベイ・フライフィッシング・トーナメント』参戦レポート
 9月4日(日)に開催された第3回『横浜ベイ・フライフィッシング・トーナメント(略称YFT)』に参加してきましたので、今回はそのレポートを。
 もうすでにこのブログでは何度か紹介させていただいていますが、フライフィッシングで日中にシーバスを狙い、大きさを競っちゃおう!っていう大会です。競技は午前7時開始、午前11時終了で、その日釣った魚の中で1尾の最大叉長を競う個人戦であります。今大会出場選手は3チーム6名。おなじみのベイハムスター号アルテミス号シークロ号の3艇に乗船しての参戦です。実は参戦希望者がもう数名いらっしゃったようですが、今回は諸事情により残念ながら不参加だったようです。
 今回は仕事で残念ながら不参加のU田さん(第1回優勝者)に代わって、世界の海をフライロッドで釣り歩くS.W.F.F.の大先輩、K田さんとチームを組ませていただきました。ボートはYFTでずっとお世話になっているシークロ号です。午前6時40分ごろに本牧埠頭の桟橋から出船。スタート地点のベイブリッジ下を目指します。海は微風、ベタ凪。多少、ガスっていますが初秋の朝という雰囲気です。ベイブリッジ下には1番乗りで到着。他船が来るまでの数分間を使って、シークロ号O本キャプテン、K田さんと3人で今日のプランを最終確認します。本日の作戦は60~70cmクラスの魚を積極的に狙っていくことに決定。沖のバース、広いシャロー、流れが強いエリアなどを中心に攻めることにしました。
b0000168_173327.jpg
(おなじみベイハムスター号には、O田さん、H口さんのチームFATBOYSが乗船)

 ほどなくしてベイハムスター号、アルテミス号が到着。ベイハム号にはH川キャプテン、O田選手、H口選手。アルテミス号にはS藤キャプテン、A山選手、K沢選手。いずれも前大会やウェブ上などで見知った顔です。内輪の遊びといわれればそれまでですが、やはりこういう形でS.W.F.F.好きが集まる大会というのは、なかなか興奮します。そして午前7時、シークロ号O本キャプテンの掛け声とともに、各艇が思い思いのポイントへ疾走開始! う~ん、何度味わってもいいもんです。
b0000168_17332135.jpg
(こちらもおなじみのアルテミス号にはA山さん、K沢さんのチームSaltyAnglerが乗船)

 さて、我らがシークロ号が最初に向かったのは、スタート地点にほど近い大黒大橋の橋脚です。ここ最近、型のいいシーバスが着いてるということで探りますが、ノーバイト。30分ほどで見切りをつけ、沖合いのバースへ向かいます。前日にOキャプテンがチェックしたところ、ボイルが頻発していたとのこと。ここはランカーの実績が高いポイントだけに期待がイヤでも高まります。しかし、到着してみるとベイトの群れが深く、フライラインには少し届かないレンジ。時々ボイルがありますが、その主は明らかに小型のシーバス。1回バイトをもらいましたが、うまくフッキングできずこのポイントはこれで見切りをつけることに。
 いったん運河に戻ろうかと相談していたところ、K田さんが沖にトリヤマを発見。トリヤマといっても密集形態で激しく襲っているトリヤマではなく、まんべんなく鳥が散っていて、時々1羽2羽が突っ込む程度。捕食者がどうもうまく群れを囲めていない様子。もし捕食者がシーバスであれば、イワシにつくのはランカーの可能性が高いです。見ると所々に小さなイワシ玉が見え、右往左往しています。うまく囲めない雰囲気がどうも怪しい……。ということで、経験豊富なK田さんとO本キャプテンの判断のもと、しばしナブラ狙いに移行します。1km四方くらいに散開している海鳥のなか、タイプ4のラインをカウントダウンし、リトリーブします。フライはエンリコ・パーフェクトミノーの#1/0。カウント20で沈めていた数投目、ガググッというロッドを絞り込むアタリが! うれしいけど、ファイトから察するにシーバスじゃない。強引に寄せてそのまま抜き上げてランディング。はい、サバ君でした~。念のため計測して写真撮影。撮影している間にK田さんにもサバがヒット。残念ながらナブラの主がサバだと確認できたので、ひとまず京浜運河へ戻ることに。
b0000168_17373275.jpg
(叉長35.5cmのサバ君。ちなみに外道賞をいただきました。ありがとうございます)

 沖から京浜運河へ戻り、水路のシャロー帯や取水口などを狙っていきますが、この日はシーバスの気配がどうも感じられません。ラスト45分になったところで横浜港奥へ移動。氷川丸を見ながら無念のタイムアップを迎えました。結果はノーフィッシュ。いつの間にか夏の元気を取り戻した太陽が皮膚を焼き、気付くと3人とも大汗をかいていました。このところボートでも岸釣りでも、デイゲームでシーバスをわりと調子よく釣っていたせいか、私自身、自覚してなかったのですが、きっと慢心していたのでしょう。やっぱり、難しいときは難しいのです。痛恨。
 競技終了後はいつものようにタイクーンへ集合し、昼食をとりながらの懇親会。回を重ねるごとに参加選手どうしが打ち解けていき、情報交換にも思わず熱が入ってしまいます。圧倒的に愛好者人口が少ないS.W.F.F.ゆえに、こんな風に同じエリアで楽しんでいるアングラーが集うのも貴重な経験になりますね。
b0000168_17381912.jpg
(優勝のO田さんとH川キャプテン。その情熱に完敗です!)

 優勝はベイハムスター号に乗船のO田さん。叉長56.2cm(全長58cm)を筆頭にC&R4本はお見事! 今大会へ向けて実践練習を何度も行ってきたということですから、その努力と熱意をもってすれば当然の結果というべきでしょう。また操船のH川キャプテン、同乗されたH口さんらのチームワークが優勝をサポートしていたことは書くまでもありません。優勝おめでとうございます!!
b0000168_17384132.jpg
(参加の皆様、お疲れ様でした!また次回お会いしましょう!!)

 第4回YFTは11月6日(日)開催予定。詳細はYFT公式ページにてご確認ください。
※写真掲載NGの場合はsaltwater-ffアットexcite.co.jpまでお知らせください(スパム対策のため、半角アットを@に変えてご送信ください)
[PR]

by saltwater-ff | 2005-09-05 17:49 | 戦いの記録 | Comments(2)