"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2005年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

サーフのボイルゲーム
b0000168_19291117.jpg
 サーフに回遊してくる青物を狙う釣りは、博打の要素が大きいですが、なんというか気分がいいものですね。夜明け前から浜辺に立ち、黙々とキャストを繰り返していると、徐々に疲労感が消えていき、そのうちなんだか清々しい気分になってきます。ルアーで狙っているアングラーは、60~70mの沖合いまでメタルジグをブン投げます。残念ですが、フライキャスティングでそれだけの距離を投げるのはなかなか難しいです。しかし、シラス漁船が岸近くを縦横無尽に走り回り始める6時ごろになると、波打ち際に逃げてきたベイトフィッシュを追って、青物たちが接岸しています。その距離およそ20m。フライフィッシングでもゲームが成立する距離です。
 
 青物特有の小さく、そして高速のボイルが連続して起きるのを偏光グラスごしに確認すると、すかさず用意していたポッパーやストリーマーをキャスト! ロングストロークで振り切られたロッドから思い描いたとおりのループが伸びていき、ボイルの進行方向数メートル先に着水します。ポクッ、ポコッ、っと小気味よくポッピングさせると、水飛沫が広がりきる前にフライをついばむようなアタックが。ロッドを握る右手を立てつつ、左手でラインを引っ張ります。その刹那、カッツーンという金属的なフッキングの感触が伝わり魚の重さを感じられれば大成功! ショゴかソウダか、はたまたワカシか? ざんねーん、サバ君でした……なんて朝が過ごせると幸せですねー。あー、釣りに行きたい!

 写真は8月はじめに静岡の某サーフでナブラ狙いをした際の1ショット。この日は何度か射程距離に入ってきたナブラを狙うものの、バイトのみでキャッチには至らず。スピニングタックルで釣っていた同行者は、ショゴ、ソウダ、サバを連発していました。むぅ。状況によりますが、私はフライタックルだけじゃ心もとないと思ったら、念のためスピニングタックルを持って行きます(写ってるのは私のスピニングタックルではありません)。無理してフライで通すのも楽しいし、臨機応変に釣法を変えるのも楽しいです。釣りに上下なし!ですもんね。ちなみにバッカンの上に載ってるのが私のフライボックスとリーダー類。そうそうバッカンもS.W.F.F.には必要ですね~。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-08-30 19:36 | 戦いの記録 | Comments(0)
早朝からタイイング
 今日は暑い中、窓を開放して朝8時からフライをタイイングしまくりました。主に巻いたのは秋シーバス用のストリーマーと、オフショア用特大フライ。秋シーバス用にはエンリコ・ストリーマー、エンリコ・パーフェクトミノーを各5本巻いたところでダウン。太陽の角度とともに室温がグングン上昇してきます。あまりに暑いので一度シャワーを浴びることに。シャワーから出てくると時刻は10時を過ぎています。買い置きのパンを牛乳で流し込んで朝食を済ませ、タイイングデスクに舞い戻りました。
 オフショア用特大フライは思い切りが大切です。あと体力も必要ですね。#8/0の特大フックにワイヤーリーダーでリアフックを連結するところからスタート! アメリカンハックルを束(笑)で取り付け、フラッシャブーも3色くらい混ぜててんこ盛りにします。3本も巻き終えると、さっきまで束であったフィッシュヘアーやボゾヘアーがあれよあれよという間になくなっています。うーん、贅沢な使い方だ。
 結局、特大フライはデシーバースタイルのものを3本、イカを2本、ミッキーフィンを海用にアレンジしたものを特大化させたものを2本巻き終えたところで2度目のダウン。冷房を入れないでタイイングするのはもう限界です。時刻は12時半。室温は30℃まで上昇していました。南向きの部屋なので日当たりがいいのは好きなのですが、夏場はこれだから困ります。
 2度目のダウンはビールで冷却……といきたいところですが、今日は午後から仕事なので飲めません。仕方ないのでアイスコーヒーで冷却。出かける前にエポキシ作業を終えようかと思い、三度タイイングデスクに戻ります。いつものようにエポキシを~と思って引き出しを開けると……。
 あらま、暑さでエポキシが漏れてやがります(笑)。おかげでかなり体温が下がりました。仕方がないのでブランドホームセンターのTKHZに寄ってから出社することに。TKHZでは、なんちゃらメッセとかいうお祭り(セール)が行われていて大変な人ごみ。ウーッと唸りたい気持ちを抑えて、いつものデヴコンとスーパーX2を買ってひと安心。さー、早く帰ってエポキシ塗らなきゃ!
b0000168_20452167.jpg

b0000168_20454132.jpg
 TKHZが定価売りなのは許せないのですが、時間的問題もあるのでついつい利用してしまうんですよね……。デヴコンは5分硬化と30分硬化を主に使っています。30分硬化は予備があったのを思い出したので、1本だけ購入しました。
 ちなみにどうして早朝からタイイングするはめになったかというと……台風後を狙って早朝シーバスに行ったんですが、泥にごりが酷すぎてトンボ帰りしたからなのでした(トホホ)。

 左は前にちょっと話題になった100円ショップのエポキシです。Dイソー系じゃない100円ショップで入手しました。透明度はなかなかです。ただ、硬化時間10分と書いてあるのですが、ムラがあるようで、念のため1時間くらいはドライモーターで回しています。発売元はココです。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-08-27 20:51 | ざっくばらんに | Comments(6)
ヘビーな改造ラインについて
 日中にシーバスをフライで釣ろうとした場合、今でこそインタミやタイプ4をメインに使う私ですが……やはり必ず持って行くのが350グレイン以上の重いフライラインです。まぁ、陸っぱりからでは水深10m以上のディープレンジをなかなか攻めることができませんし、最近はシャローにいる魚を拾って釣っていったほうが効率がいいと感じているので、さすがに陸っぱりで350グレイン以上のラインを持ち出すことはなくなりました。ですが、これがボートゲームとなると話は別です。
 ボートから水深10m以上のレンジを攻める場合、タイプ4よりも勝負が早い350グレイン、400グレインといったヘビーウエイトラインを使うことが必然的に多くなります。ただ、こういったラインはSTヘッドとして使うことがほとんどで、私の場合、これまでヘッド全長を基本で9mとしていました。ただ、500グレイン以上のヘビーウエイトラインになってくると、全長9mのヘッドを持て余し気味になるので、6mとか5mまで切り詰めて使っています。しかーし、そうなると短いこともあって、キャスティングを慎重にやらないとラインスピードが上がりすぎて滅茶苦茶になります(基本は超ワイドループ、場合によってはピックアップ&レイダウンだけの時も)。
 そんなわけでインタミのWFラインのヘッドをカットして、そこに重いヘッドを連結したり、前4m+後2mで重さの異なる改造ヘッドを何本か作ってみたりしていますが、どれもこれもなんかいまひとつ。スペイキャストに夢中になっている方もそうかもしれませんが、ラインの改造は始めるとキリがないもので、机上であれこれ画策してみても、投げてみるとイメージと全然違ったりします。その度に自分の未熟さとフライフィッシングの面白さを感じるわけですが、どうにも「これだ!」という改造ラインに落ち着きません。
 一時はディープレンジを意識するあまり、1000グレインとかのウルトラヘビーラインを使ってたのですが、あまりにコントロールしづらいので諦めました(笑)。ちなみにここでいうコントロールとは、キャスティング時はもちろん、水中でのラインの動きを感じることが難しいという意味も含んでいます。
 またある時は感度のよさを追求するあまり、ランニングをファイアーライン等のコーティングPEにして実釣してみたりもしました。まぁ取り回しの悪さに辟易してすぐにやめました(笑)。話によればPEをコアに使ったランニングラインもあるそうですね。感度がかなり良いらしいので、ちょっと気になってます。まぁ、それ以前にディープレンジ用の改造ラインに自分なりの決着をつけないといけないわけですが……。
 皆さんはどんな風に改造してますか?
b0000168_19332462.jpg

写真は500グレイン(5m)+タイプ4(2.5m)の改造ヘッドを使って、水深15mでナイスサイズのシーバス(推定60cmオーバー)をヒットさせたところ。この魚は残念ながらラインブレイク! でもやっぱり深場にはデカイのがいるんですね~。ま、シャローにいることもあるわけですが……。使用ロッドはウインストンのXTR#10ですが、ラインに負けてしまってかなり投げづらかったです(写真提供:BayHamsterさん)
[PR]

by saltwater-ff | 2005-08-26 19:47 | 道具のこと | Comments(0)
どっちのリールショー
b0000168_18591687.jpg
←多少なりともキャスティングすることを考えれば…これが限界?
【Tibor Pacific】
重量約380g/バッキングライン容量約540m(40lb)


b0000168_1925858.jpg

→それともやっぱこっち!?
【BillyPate Bluefin】
重量約672g/バッキングライン容量約630m(30lb)



装着予定ロッドは#14。狙いはマグロ類と仮定して、皆さんなら……どっち?
[PR]

by saltwater-ff | 2005-08-24 19:18 | 道具のこと | Comments(11)
海用フライリールのこと その8
■ティボーライト バックカントリーワイド
 久しぶりに海用リールの話でも。
 ちょっと前になりますが、衝動買いしてしまったティボーライトのバックカントリーワイド。海用フライリールの雄として広く知られているティボー。実は私、これまでティボーのリールを1台も持っていませんでした。持ってなかった理由は特にないのですが、ただなんとなく買うタイミングを逸したというか、他のリールで満足しちゃっていたという感じでした。とはいえ、リップタイドやエバーグレース、ガルフストリームは頑丈さ、軽さ、デザイン性を高次元でバランスさせた海用フライリールだと思います。エーベルは逆回転時に音が出ませんが、ティボーは品のよい軽やかな音色を響かせてくれ、ちょっと羨ましく思ったこともありました。次に大きめの海用フライリールを買うならティボーだな、と密かに決めていたりもします。
 で、そんなティボーライトの、それもバックカントリーワイドを衝動買いしてしまったのは、ひとえに投売り価格ゆえでした(またかよ!笑)。でも使うあてがないのに買ったわけじゃありません(たぶん)。なんだかこのところ、シーバス用に#8インタミラインを巻いて使っていたセージ3500Dが大きく感じていたので、その代わりに使うことにしました。えぇ、買ってから考えたんですけどね。
 ラインキャパの少なさから、すぐにワイドが登場したことで知られるバックカントリーですが、どんなもんじゃとマスタリーのストライパーテーパー(インタミ)にモノコアシューティングライン+PE4号70mを試しに巻いてみたところ、思いっきりパッツパツ。最後の数回転の巻き方によってはラインがフレームに当たって回らなくなるほど。これじゃ使えないのでPE4号を50mにして、とりあえず干渉問題は解決。シューティングヘッドならもう少しバッキングが稼げると思いますが、フルラインではこれくらいが限界だと思いました。個人的にはリールフェイスの穴がラインで満たされている状態が好きなので、なるべくキャパいっぱいまでラインで埋めたくなります。まぁ、このリールは#6ラインあたりを入れて使うのが最適なような気もしますね。
 一方で肝心のドラッグ性能ですが、ガルフストリーム等のお兄ちゃんモデルには及ばないまでも、過不足ない範囲で十分役立ってくれちゃいました。まだ2回程度しか出番がないのですが、40cmくらいのフッコならドラッグが勝ってしまうほど。難をいえば、ドラッグ調整ノブが小さいのでファイト中に微調整しにくいです。あらかじめ強め(もしくは弱め)にしておくのがいいと思います。
b0000168_2165580.jpg

キラリと輝くカラーはサテンゴールド(?)で、デイゲームに花を添えてくれます。最新モデルではスプール形状も変わっちゃいましたが、性能的には問題なく活躍してくれるリールだと思います
b0000168_2171011.jpg

背面はすっきりしていて、肩透かしくらったように思えちゃいます。ティボーライトは淡水を意識したラインナップですが、海水でも平気っぽいです。コテコテに塗られたグリスを拭きとって、新たに軟らかめのグリスを塗ってボールベアリングに注油してやると、見違えるほどスムーズに回転するようになりました
[PR]

by saltwater-ff | 2005-08-22 21:26 | 道具のこと | Comments(0)
第3回YFTが開催されます!
 来る9月4日(日)に、第3回『ヨコハマベイ・フライフィッシング・トーナメント(略称:YFT)』が開催されますよ! フライフィッシングのみでシーバスを釣ることで知られるこの大会、早くも開催3回目を数え、首都圏近郊のS.W.F.F.マンの注目をますます集めつつあります。小規模ですが大会運営スタッフによる手作り感あふれるイベントなので、参加選手もボートキャプテンもリラックスしたムードで楽しめるのが、この大会のひとつの魅力でしょう。
 試合時間はこれまで通り、午前7時から11時までの4時間。9月初旬というと、まだまだ夏の状況を引きずっている時季で、表層の水温はまだまだ高いですが、日中にポッパーを使った釣りが好調な最近の横浜近郊の状態を考えると、大会当日もベイトフィッシュさえいればエキサイティングな釣りが楽しめるものと思います。
 参加受付は8月31日までとのこと。デイゲームのシーバス・フライフィッシングに興味のある方は、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?
b0000168_20351881.jpg

横浜港でグッドコンディションのシーバス君が待ってますよ~!
参加の問い合わせなど、詳細はYFT公式ホームページをご覧下さい
[PR]

by saltwater-ff | 2005-08-19 20:42 | ざっくばらんに | Comments(0)
ハサミのこととか その2
 S.W.F.F.のスペシャルな時季なのに、道具の話ばかりで釣りに行ってないんじゃないの? と思ったアナタ! けっこう鋭いです。でも全然釣りに行ってないわけじゃないんですよ。相変わらずシイラやシーバスにこっそり出かけていますが、これといってレポートする内容じゃないので書いてません。9月末にはプチ遠征(国内)の予定があるので、それに向けて体力作りをしているというのは、嘘のような本当の話です。
 というわけでハサミの話の続きを少し。私が普段タイイングで使っているハサミは、前回アップした写真のとおりです。何丁もありますが、どれをどう使っているのかと申しますと、役割は大きく分けて3つに分類されます。それは【繊細な動作を要求されるもの】、【硬い素材を切断できる頑丈なもの】、【特殊な加工で必要になるもの】の3つ。いずれも切れ味の鋭さは共通した必須条件です。
b0000168_20385169.jpg

 上の写真は第1グループの【繊細】を主な任務とするハサミたちです。繊細な動作と書きましたが、フライタイイングはたいてい繊細に行うものなので、これらは通常時にもっとも活躍してくれます。特に使い分けているわけではありませんが、写真左端の小さなハサミ(ドクタースリック製)はミッジフライなどをタイイングする際に使います。変なフライばかり巻いているように思われるかもしれませんが、渓流用のドライフライも巻きますよ(笑)。左から2番目のハサミは汎用性が高いスタンダードなもの(ドクタースリック製)で、ドライフライ全般に用いています。左から3番目のは、薄刃で刃渡りもそこそこ長いので、マドラーミノーのヘッドを刈り込む場合などに活躍してくれます(ヘンケルス製)。一番右が海用フライを巻く際にもっとも多く使用しているハサミ(アンヴィル製)です。刃渡りの長さと切れ味が大型フライを巻く際に有効で、エンリコファイバーを揃えながらカットしていくのに大変重宝しています。
b0000168_2039562.jpg

 次は硬いマテリアルやレッドワイヤーを切断するのに使う、頑丈なハサミたちです。左は刃渡りがやや長いので、バックテイルなどをまとめて切るのに向いています。ギザギザ刃なので、マテリアルを滑らせる恐れもありません(ドクタースリック製)。右は刃渡りこそ短いですが、台所用かと思うくらい汎用性に富んだ、何でも切っちゃえるハサミです(キャップス製)。フィンガーホールが大きいのも、私のような手デカ人間にはありがたいです。これらで切れないようなもの(ワイヤー類、アルミ板など)は、ニッパーや金切りバサミを使っています。
b0000168_20391735.jpg

 最後はちょっと特殊な用途のハサミを2丁。別になくても困りはしないのですが、あると便利!というわけで、けっこう使ってしまうハサミです。上は刃の部分がセラミックになっているハサミ(メーカー失念)で、だからどうした?程度のものなのですが、ポップリップのようなシリコンコーティングしたフライを最終調整するのに向いているように思います。金属製のハサミだと切れすぎちゃうんですよね。うまく表現できないんですが……。私にとっては、リップ部分の調整に欠かせないツールです。一方、下はいわゆる“すきバサミ”(アンヴィル製)です。エンリコストリーマーなどをタイイングする場合、最後にこのハサミを使って適度にマテリアルをすいてやる……ってのが主な使用方法です。別になくてもいいんですけどね。でも一度使っちゃうと、もう手放せませんね。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-08-17 20:40 | 道具のこと | Comments(0)
Farewell K.Azuma
b0000168_2113309.jpg
 本年5月11日に逝去されたアイデア王・Kアヅマこと東清美さんのお別れ会が、14日、横浜にあるホテル開洋亭でおごそかに執り行われました。アヅマ先生を偲んで集まった友人、同僚、後輩の数は50人を超え、故人の素晴らしい人柄を代弁してくれているようでした。
 入院中、お見舞いに行った際に「退院したら一度シーバスのフライフィッシングに出かけましょう!」といったら「サーモン用に作った丸竹ロッドのテストにいい相手ですね!」とうれしそうに話してくれたアヅマさん。あの時には、こんなに早くお別れがやってくるなんて思いもしませんでした。
 あなたの優しい笑顔、どんな人とも分け隔てなく接する姿勢を心底リスペクトします。ありがとうございました。どうか、そちらでもお元気で。
b0000168_21141388.jpg

丸竹フライロッド、オリジナルフライなど、創意工夫が詰まったアヅマワールドの一部が会場に集まりました。米FLYFISHING誌に掲載されるほどの独創性にあふれたフライを巻く、稀代の才人であり、マリオ・ウジニッキ氏に丸竹フライロッドをプレゼントして驚かせたりするお茶目な人でもありました。また数々のアイデアを世に送りだしたものの、安易にマスプロダクションに迎合することなく、アマチュアでいることを最善としたスタンスに感銘を受けた方も多かったのではないでしょうか。享年45歳。あまりにも早いお別れでしたが、あなたの残した足跡を私が忘れることはありません。すぐ近くで目撃してきた者として、心にずっと留めておこうと思います
[PR]

by saltwater-ff | 2005-08-16 21:26 | ざっくばらんに | Comments(0)
ハサミのこととか
 S.W.F.F.に限らず、フライフィッシングにハマっていくと、あれこれ自分なりのこだわりやルールみたいなものが心のなかに生まれてきます。たとえばタイイング。自分の経験や実績に基づいたパターンを中心に巻く人、スタンダードパターンばかりを巻く人、雑誌や書籍を見ながら最新パターンを巻く人、インスピレーションで巻く人……など、本当にさまざまです。タイイングに関してさらに書くと、巻くフライによってツールを使い分ける人もいらっしゃると思います。料理において肉や魚、野菜を切る包丁が異なるように、フライタイイングでも用途や素材別にハサミを使い分ける“イっちゃった”タイヤーがいらっしゃるのも当然といえば当然です。ありゃりゃ、もしかして?と思った方、さすがです。それとも前置きが長すぎてうすうす感づかれちゃいましたかね? そうです、かくいう私も複数のハサミを使い分けている“イっちゃってる”タイヤーだったりします。
 というわけで、今回はハサミの話です。私がフライタイイングで主に使っているのは、下の画像にある8丁のハサミです。ほかにも幾つか使ったりしましたが、フライタイイングに夢中になって早や幾年月、あれこれ寄り道迷い道しながら、この8丁にたどり着きました。どうしてハサミを使い分けるかというと、それは単純にマテリアルの硬さや性質が異なるからです。淡水用フライも最近ではさまざまなマテリアルを使うようになりましたが、それでも海用フライに使うマテリアルは多彩で、特に“イっちゃった”タイヤーともなると、マテリアルと呼んでいいかどうか怪しいものまで使ったりしちゃいますので、同じハサミでなんでもかんでも切っちゃうと、あっという間に刃こぼれしちゃいますもんね。
b0000168_1724249.jpg

左から順に説明しますと、セラミック刃のもの、ヘンケルスの薄刃、Dr.スリックの小、中、大、アンヴィルの長直刃、アンヴィルのすきバサミ、キャップスの厚刃です。使い分けとかは次回にでも(どーでもいいですか?)
[PR]

by saltwater-ff | 2005-08-11 17:26 | 道具のこと | Comments(0)
便利なボドキンクリーナー
 先に断っておきますが、今日は小ネタです。
 海用フライをタイイングするにあたって、八面六臂の活躍をしてくれるツール、それはボドキン(ニードル)です。マテリアルのピックアウトやエポキシ混ぜ混ぜ&盛り付け、詰まったアイの掃除、果てはライターで熱して発泡のポッパーヘッドに穴開け……なんかにもボドキンが役立ってくれます。そんな風に酷使されているボドキンには、エポキシのカスやら何やらが付着してしまって、その手のカスを掃除するのがめんどっちかったりしますよね。へばりついたカスをカッターナイフや紙ヤスリで削ったりしていましたが、面倒っちい作業です。でも、やっぱり汚れたままのボドキンだと思ったように使えなかったり、気分的にもよくありません。そこで、ボドキンクリーナーの登場です。
 ポポヴィー御大も著書『POP FLEYES』の中で書かれてますが、これがあるとちょっと便利ですよ~。使用方法はエポキシや瞬間接着剤が付着したボドキンをクリーナーに突っ込んで数回しごくだけ。完全に乾燥してしまう前にしごけば、簡単にカスがとれます。乾燥後はちょっと頑固になっちゃいますが、それでもしつこくしごけばピカピカになりますよ~。
b0000168_15522313.jpg


b0000168_16131398.jpg
材料は普通のフィルムケースに、100円ショップで売ってるスチールタワシをお好みで適量詰めます。あとはフィルムケースのフタに針穴を開ければ完成です。スチールタワシはヘタってきたら交換しましょう。そう簡単にはヘタらないと思いますが……。
普段からボドキンを刺しっ放しにしておけるし、針先が隠れるので小さなお子さんがいらっしゃる家庭でも安全です。材料さえあれば作るのはほんの数分ですし、特にこれといった工具や加工もありません。簡単で、そのくせけっこう使えるツールだと思いますよ~
[PR]

by saltwater-ff | 2005-08-08 16:14 | 道具のこと | Comments(0)