"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

990円の偏光グラス
 偏光グラス、お持ちでしょうか? あ、いや、愚問でしたかね。S.W.F.F.マンともなると、偏光グラスの1つや2つ、はたまた3つや4つ、もしくはそれ以上お持ちの方も大勢いらっしゃると思います。かくいう私もいくつかの偏光グラスを使ってきた結果、レンズカラーの異なる3種類のタイプに落ち着きました。
 しかし、偏光グラスって意外にいいお値段がするものです。もちろん性能=レンズの良さが価格に反映されているのだと思いますが、極端なことをいうと大方のブランドがT社のレンズを使っているわけですし、フレームのデザインとかブランドのネームバリューとかに差はあれど、品質的にはそこそこみんな同じなんじゃないの? という疑念も否めません。とはいえ、やはり“よく見える”(ように感じる)偏光レンズというものはあるわけで、サイトフィッシングや洋上の強烈な照り返しから目を守る意味でも偏光グラスは欠かせない装備品だと思います。
 てな具合に書き進めてきましたが、S.W.F.F.である以上、海水とは切っても切れない関係にあります。ご経験のある方も多いと思いますが、高価な偏光グラスでも蝶つがい部分が塩分によって錆びたり、レンズとフレームの段差部に塩がこびりついたりして、やっかいなことになるケースもしばしばです。装備品である以上、いつかは使えなくなるわけですが、そのわりには高価で購入に二の足を踏んでいる方も多いと思います。そこで注目したいのがユニクロで販売されている偏光グラスです。価格はなんと990円! 1000円でお釣りがくるビックリ価格。レンズカラーやフレームも数種類選べるので、気に入ったらいくつか買って、ベストやクルマに入れっぱなしにしておいてもいいかもしれません。
 安物にありがちな、すぐにはがれる偏光フィルムを貼っただけの製品ではないので、実際に海水に漬けてもフィルムがはがれるようなことはありませんでした。当たり前ですが、そのままにしておくと蝶つがい部分は錆びると思われます。
b0000168_14553892.jpg 画像下が偏光グラス(グレー)です。レンズカラーは薄いグレーなので、真夏のオフショア向きではありませんが、通常のシーバスデイゲームやサーフのキャスティングなどにはまったく問題ないでしょう。また、予備としても最適だと思います。私は同じフレーム形状でイエローレンズもあったので、それも購入しました。ちなみに画像上(ブルー)は偏光じゃない、普通のサングラスです
[PR]

by saltwater-ff | 2005-06-28 13:52 | 道具のこと | Comments(2)
『リール愛好会』のCD-ROM
“リール愛好会”という団体をご存知でしょうか?
 フライフィッシングにおいて、ロッドと人気を二分するタックルの要、フライリールを愛でようという団体がリール愛好会です。WebFFJの人気コーナーであり、フライリールについて等身大の愛情と思いがこめられた報告が綴られています。今回、その報告が100件を超えるにあたって、これまでの報告と写真を一枚のCD-ROMにまとめた『リール愛好会 活動報告書CD vol.1』がリリースされました。
 内容はリール愛好会発足の経緯や、メーカーの人間でもなければ契約プロでもない、一般フライマンの等身大で書かれた報告が、思い入れたっぷりで記されています。特筆すべきなのは、ありがちなタックル自慢や通り一辺倒のインプレッションではなく、自分のリールについて愛でている点。長年使い込んできたからこそわかる細かな良さや、あばたもえくぼなところ、はたまた運命的な出会いから顛末まで、悲喜こもごもの小さなストーリーが詰まっています。そこは正にめくるめくフライリールの世界。夜中に人知れずフライリールをガリガリ回しちゃった経験がある人には、価値ある1枚になることでしょう。
b0000168_2217447.jpg


b0000168_22224742.jpg
 ハーディのフェザーウエイトをプリントした印象的な盤面が、ただならぬリール愛を感じさせます(画像上)。収録内容は、これまでWebFFJ上にて掲載されてきた報告書に加え、CD-ROM限定の新たな報告が収録されています。また限定特典として、“リール愛好主義啓蒙促進シール”(右画像)も付属します。
 S.W.F.F.にどっぷりのフライマンからすると、海用フライリールについての報告がやや少ないのが物足りないかもしれませんが、そこはそれ、次はそう思ったあなたが海用フライリールについて愛でた報告書を書いてみてはいかがでしょうか。
 個人的にはDVDが台頭してきている現在において、CD-ROMというのも、逆にエンスーっぽくていい感じです(笑)。価格は1枚900円。売上げはWebFFJの活動資金に充当されるそうです。フライリールの中心で愛を叫んじゃったりしなかったりする方はぜひ!

購入方法についてはここをクリック式!
[PR]

by saltwater-ff | 2005-06-22 22:48 | ざっくばらんに | Comments(0)
ポッパーの次に見えたもの?
 ポッパーの釣りは楽しいものです。なので、可能な状況であれば積極的にポッパーを投げてみます。すると思いのほか水面へ出てくる魚の多さに気づくはずです。
 ある晩、某所でセイゴサイズがボイルを連発していました。捕食対象が何かはわかりません。ベイトフィッシュなのかエビなのか…とりあえずバチではなさそうです。それまで結んでいたストリーマーをポッパーに結び替え、キャスト後1、2度飛沫を広げると、わらわらセイゴ君が群がってアタックしてきます。セイゴ君とはいえ、ワンキャストワンヒットは楽しいものです。ポッパーにアタックする様子を観察しながら、あれこれ考えます。よく見ているとインタミラインを使用しているせいか、最初の2、3発はポップするものの、それ以後は水面下でヒョコヒョコ首を振るように動きます。なんというか、ルアーのシンキングペンシル的な動きになります。それに気づくと同時に、あることにも気づきました。それは水飛沫をあげるときもアタックしてきますが、ミスバイトも何回かありました。それに対して水面下で首を振っているときはミスバイトなし。圧倒的にストライクなのです。そのうえ、この夜は大半がリアフックにフッキングしていました。
 もしかするとフライでもシンキングペンシル的な釣り方をしても面白いのかもしれませんね。ちょっとまたフライタイイングのヒントを得た気がした、そんな夜でした。
b0000168_14572323.jpg この日使用したポッパーは全長約10cm。発泡ウレタンヘッド+マイラーチューブ+リアフック(バーブレス)仕様のもので、ウレタンヘッドをエポキシでコーティングし、リアフックの重みと合わせて水面直下スレスレに、ほぼ垂直にぶら下がるように作ったものです(写真がボケボケですいません)
[PR]

by saltwater-ff | 2005-06-22 14:58 | フライのこと | Comments(0)
サーフ・プルオーバー
 SIMMSはウエーダー等でおなじみのフライフィッシング・ウエアメーカーですね。もともとフライフィッシング用のウエアなんて、スポーツウエアマーケットの0.01%にも満たない特殊なジャンルなわけで、そのなかでもS.W.F.F.を意識したウエアとなると、もう本ッ当~に、ごくごく少数しか販売されてません。
 たとえば必須装備のレインウエア。国内外のフライ用ウエアメーカーのラインナップのほとんどが、淡水での使用を主に考えているのも当然といえば当然なわけです。しかし、海でフライをやってみるとレインウエアの重要性は淡水でのそれより強く感じます。ここ数年来、透湿防水素材のものを使っていますが、昔に比べて耐久性が増したと思うものの、渓流用だとどこかちょっと物足りない部分がありました。某社の鮭鉄頭鱒ジャケットを使ったこともありますが、裾がだぶついたりするし、大型フライボックスを入れるにはポケットが小さいなァ…と思ったりしました。
 そんなこんなで、機会があればレインウエアをあれこれ探していたのですが、ついにというか、ようやく「コレハコレハ!」と思えるようなものを見つけました。それがこのサーフ・プルオーバーです。名前の通り、プルオーバー型なので上半身をすっぽり覆ってくれ、前部ジッパーからの浸水がありません。首と裾がクロロプレーンのような素材でできているので、思いのほか密着します。たぶん、頭から水をかぶっても平気です。もちろん裾からの浸水も心配無用。胸部の大型ポケットはグローブを着用してままでも開閉が容易になっており、ちゃんと水抜き穴も空いてます。右胸には防水ジッパーを備えた小さなポケットもあったりします。
 実際に着用したのは夜のボートシーバスでしたが、蒸し暑さもなく快適でした。キャスティング時に腕のつっぱりを感じることもなく、かつ、袖口のベルクロ部にフライラインが引っ掛かりにくいのもいいですね。さすがフライフィッシング専門のウエアブランドといったところでしょうか。あと、サイズがUSで、XXLまであるのが、私のような体脂肪率●●%オーバーの海フライマンにはありがたいです(笑)。
b0000168_22252755.jpg

日本国内では販売の見込みがほとんどないせいでしょうか?プロショップ店頭で見かけることはまずないかもしれません(取り寄せ可能なハズ)。近所に取り扱いショップがない方は正規代理店のマーヴェリックさんに問い合わせてみてください。カラーは写真のほかにブルーもあります。ブルーと迷ったのですが、万一の場合の被視認性(安全性?)を考慮してオレンジを選びました
[PR]

by saltwater-ff | 2005-06-20 22:37 | 道具のこと | Comments(1)
第2回『ヨコハマベイ・フライフィッシング・トーナメント』開催決定!
 先日レポートした『ヨコハマベイ・フライフィッシング・トーナメント(略称:YFT)』の第2回大会が、早くも7月3日(日)に開催される運びとなりました。詳細はYFT公式ホームページを。
 横浜港近辺がメインフィールドになることから、主に首都圏のS.W.F.F.好きが集まるこの大会。アットホームな手作り感が漂う草トーナメントですが、運営各位の志は非常に高いと思います。まぁ、固いこと抜きにして、こういう風に海フライ好き同士が集う機会は少ないので、ここぞとばかりに情報交換や友達作りしちゃうのもありでしょう(笑)。
 当日は7月開催、午前7時スタートということで、前回以上にタフな釣りを強いられそうな気配ムンムンですが、だからこそチャレンジする面白みもあると思います。腕に覚えのある方は、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?
b0000168_18121627.jpg

第1回の昼食・懇親会は終始なごやかなムードのなか、参加選手の自己紹介や、当日の状況&反省、はたまた海外釣行の相談や、サーフ・フライフィッシングの醍醐味など、S.W.F.F.にまつわるいろんな楽しい話が交わされました
[PR]

by saltwater-ff | 2005-06-20 18:18 | ざっくばらんに | Comments(0)
マジックヘッド
b0000168_1503792.jpg 先日、水道橋のハーミットさんでマルク・ペティジャンのマジックヘッドを見つけたので、早速購入してみました~。コレ、去年だったか一昨年だったか、アメリカのフライタックルショーで紹介されていたのを知ってから、個人的にかなり気になっていたアイテムです。
 材質は柔軟性のあるプラスチックで、形状はパイロンというか、コーンというか、漏斗風です。タイイング時に取り付けるタイプで、ストリーマーなどに用いると、なんともいえないイレギュラーな動きを演出してくれます。タイイング時の注意点としては、漏斗のパイプ部分がけっこう細いので、アイが大きすぎるフックだと、装着時に材質が伸びてしまい、ラウンド状の漏斗が変型してしまう恐れがあります。あと、ストレートアイは問題ないのですが、ダウンアイやアップアイのフックにはあまり適さないと思われます(まぁ、たいていの海用フックはストレートアイですが)。
 サイズはラウンド型がXS~XLの5サイズ。オーバル型はS~Lの3サイズ。画像はラウンド型のLサイズ(R13)です。フックサイズ#4~#2/0まで対応となっています。価格は6コ入りで800円……だったかな?

b0000168_1501984.jpg
 とりあえず、マジックヘッドを使ってエンリコストリーマーを巻いてみました。いつもながら、慌てて巻いたのがよくわかりますね(笑)。マジックヘッドは画像のように、前にラッパのように広げると大きく揺れるように動きます。柔軟性のある素材なので、適度に水流を受けたり流したりし、回転することはありませんでした。ラッパを後ろに折り返すと、小刻みにバイブレーションするものの、断然ノーマルの動きに近くなります。あと、ヘッド部を保護するのにも役立ちそうなので、アイの欠損防止にも効果ありっぽいです。まぁ、もっとも画像よりもっと前にアイを取り付ける必要がありますが……
[PR]

by saltwater-ff | 2005-06-13 13:24 | フライのこと | Comments(0)
ラインバスケット探し
 S.W.F.F.マンなら、ほとんどの方が探し求めるであろう、理想のラインバスケット。オービスはデフォルトだと思いますが、最近は各社からいろんなのが発売されていたり、海外から通販で取り寄せちゃったり、はたまた自作しちゃったりされている方もいらっしゃるかと思います。しかし、なかなか“コレだ!”という、自分の釣りスタイルや体型、経済状態にマッチしたラインバスケットには出会えません。
 ウェーディングはもちろん、堤防やボートフィッシングでも使えるラインバスケット……というのは無理な話ですが、それにしても市販されているラインバスケットの多くは、自分が求める理想形とは異なる部分が多すぎるので、あれこれ試行錯誤した結果、下の画像のようなものに落ち着きました。あ、見た目は全然フツーですよ。

 私がこのラインバスケットに求めた要素は……
1:ラインを長くストリップできる十分な長さ(深さ)
2:風でラインが暴れない深さ
3:市販品と大差ない軽さ
4:市販品より安価なこと
5:ウェーディングベルトに装着できること
6:一見、どっかの市販品のように見えること

というものでした。バスケットは強力なクリップ(洗濯バサミの大きいやつ)で装着するので、取り付けは自在です。ゆえに、腰の左側に装着することで、1を難なくクリア。かなりロングストリッピングできます。2は十分な深さがあるので外洋の強風でもラインが飛び出すことがほとんどありません。3はプラスチック製なのでいわずもがな。軽いです。4はオービスのよりは安くできたので、まぁOK。5は悩みに悩んだあげく、クリップ式にしたのでクリア。クリップをロッド置きにもできる嬉しい誤算も(笑)。6は……どうでしょうか?SIMMSの旧ロゴステッカーを貼って、それらしくしたつもりですが……市販品ぽくなくないですか?(自画自賛)
 とりあえずコイツを作ってから、自分のなかで装着型のラインバスケット探し熱は治まりました。ボート用はまだまだ気になります。mattさん製作のバスケットが本気でうらやましいです(笑)。あとラインテイマーも買っちゃいたい。海外通販しますか……。
b0000168_21311534.jpg

主にウェーディングやサーフで使いますが、堤防やボートでも使えます。水抜き穴を空けたりしようかと思いましたが、風にあおられるし、サーフだと砂が入るのでやめました。素材(?)はお察しのとおり、ラバーメイドのゴミ箱です(笑)
[PR]

by saltwater-ff | 2005-06-09 22:00 | 道具のこと | Comments(4)
なんかこんなのを
 見つけてしまいましたですよ。

 その名も『FLUDDERS』。なんだか微妙なネーミングです(笑)。
 一部のシーバスフライマンに知られている、UFOディスクにも似ています。どっちが先とか、クリソツだとか、ここではそういう大人の事情に目をつぶっちゃいます(笑)。興味があるのはどんな風に動くのか、使った感じはどうなのか、という点のみ。
 エンリコストリーマー(9cm)で中サイズのディスクを試してみると、テイルが通常よりもかなりいい感じにピロピロ動きます。う~ん、グッドバイブレーション!! ほとんどキャスティングの妨げにもなりません。サイズは大・中・小の3種類。たくさん入ってるのでいろいろ遊べそうですね。
b0000168_1533562.jpg
 価格は…よく覚えていませんが5~600円くらいだったような。1000円はしなかったと思います(渋谷SANSUIで購入)
b0000168_1534471.jpg
 付属の透明ビーズやチューブを使ってやると、いろいろ組み合わせもできそうです。S.W.F.F.以外にニンフやウエットにも使えそうですね
[PR]

by saltwater-ff | 2005-06-02 19:42 | フライのこと | Comments(2)