"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2005年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Fly Wobbler
 FLYFISHING AND FLYTYINGというイギリスのフライ雑誌があるのですが、そのオマケに『Fly Wobbler』というのが付いてました。
 STONE FLY社の新製品のようで、こういうオマケはけっこう嬉しいものです。で、このオマケ、まんまルアーでいうところの“リップ”なわけですが、早速1個使ってゾンカーストリーマーをタイイングしてみたところ、非常に細かいウォブリング(というか振動)が発生して、ゾンカーがめちゃくちゃ細かく動くフライになりました。惜しむらくは回転を恐れてゾンカーテープを短めにしたので、動きが小さすぎるところでした。もう少し長くするといいかもー、なんて。
 国内にデリバリーされている商品ではないので、とりあえずこのサンプルを型紙代わりに他のプラ板を切り抜いて使おうと思います。あぁ、こんなのフライじゃないとか、そういうご意見は無用ですよ(笑)。新しいものや面白いと思ったものは、とりあえず試してみないと気がすまない性質なので…。
b0000168_1584484.jpg どのリップも長いですが、潜るというより振動を発生させるためのようですね。タイイングはリップの穴にフックシャンクを通してから始めます。ロングシャンクのほうがバランスよく仕上がるっぽいですね。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-04-28 14:54 | フライのこと | Comments(1)
シェイドを狙い打て!
 先日、久々にシーバスのデイゲームに出かけてきました。
 いつものベイハムスターさんによると、ここのところデイゲームの調子がグー!とのこと。じゃ、行きますか、と釣友H氏を誘って出撃。出船は午前4時半過ぎ。いつものように水路を抜けて運河に出ると、もうお日様がすっかり顔をだしています。波を蹴って進むベイハムスターⅡ号、顔に受ける風が心地いいなぁ、とか浮かれてる間もなくポイントへ到着。シェイド狙いのポイントで、このところ結果が出ているとのこと。まだ浮いているシーバスがいるかも……と、最初は浅いレンジを狙います。釣友はフローティング、私はインタミ。リアクションバイトを誘発すべく早めのストリッピングを繰り返しますが、無反応。じゃ、別の場所へ……ということであちこち実績ポイントを回っていただきました。

 この日は大潮の上げいっぱいから出船したので、時間が経過するとともにどんどん潮が下がっていきます。潮が動いているほうがシーバスの活性が上がるのでいいのですが、潮が速すぎるとボートをポイントに留めるのが難しく、またフライラインも潮流の影響を受けやすいのでやっかいです。釣友も私もサーフェイスレンジは諦め、タイプ4以上の重いラインを使ってやや深い場所を狙います。シンクレートの高いラインは潮流に対しても有効ですし。
 ほどなくして私に待望のヒット!この日がデビュー戦だったニューロッドになんとか魂を注入(?)できました。このニューロッド、私がシーバス用メインロッドの#8に求める要素をほぼすべて備えている素晴らしいもので、ディスタンス、アキュラシーといったキャスタビリティに加えて、シーバスのバイトを逃しにくい繊細かつ反応のいいティップ、ファイトに心強い粘りのあるバット、グリップの太さ、長さ。これら道具としての機能性が享受できるだけでなく、太陽光線を受けてブルーグリーンに輝くブランクカラー、朱に透けるスレッド、美しい各部の仕上げ……などなど。所有する喜びまで味わえちゃうのです。え、ベタ惚れだって?そうです、ベタ惚れですよ。自分が気に入った道具で遊ぶのもフライフィッシングの楽しさのひとつだと思いますから~。

 ほどなくして水面を割ってくれたのは40cmに届かないフッコ君。38cmくらいかな。まぁデイゲームだから多くは望みません。釣れてくれただけで感謝! 一方、釣友はというと、何度か惜しいバイトをもらっていたようですが、残念ながらノーフィッシュ。男らしいデカエンリコをキャストしていたせいか、それとも誰かさんの『魚イナイイナイ病』が伝染しちゃったせいか……(笑)。
 まぁ、終わってみればちょっと渋い状況でしたが、それなりに楽しめました。例によって課題とヒントをいくつか得られたし。そういえば、この日はTRY!の大会にも出くわしました。あとTBSFTのプラに出撃されるフライマンも。なんかデイゲームのアングラーが増えてくると心強いものですね。
b0000168_15114412.jpg 果敢にキャストを繰り返す釣友H氏。日中のシェイド打ちはキワキワにフライを打ち込むのが絶対条件。シーバスは影の中にいて、通りかかるベイトを待ち伏せしているといわれています。

b0000168_1512834.jpg
 というわけで、私の次期主力シーバス用フライロッドは……Thomas&Thomas社のHelix908S-4でした!ズバリ正解のソムールさんには某ステッカー大小セット(大2、小2、合計4枚)をプレゼントします。あと惜しくもシリーズ名が違ってたrtodoさんにも某ステッカー大小セット(大1、小1、合計2枚)をお贈りします。送り先をメールで教えてくださいませ。メールはsaltwater-ff@excite.co.jpへお願いします。あ、不要な場合は気兼ねなくお申し付けください。残念ながら不正解だった皆さまも、コメントありがとうございました。また何かクイズやりたいと思いますので、その時はぜひまた参加してやってくださいませ~。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-04-25 15:02 | 戦いの記録 | Comments(5)
バッキング巻きのセコテク
b0000168_18253050.jpg 
 ここ数年で海フライマンの中には、フライリールのバッキングにPEラインを使われる方が増えてきていると思います。強力な編み糸であるPEの利点はいろいろありますが、海のフライフィッシングにおいてもっともメリットがあると思われるのは、やはり同じリールであってもバッキングをPEに変えることで、バッキングライン量を増やせるところでしょう。そして、多くの方がおおむね4号前後のPEラインをお使いだと思いますが、細いPEというのは意外にも巻きにくかったりします。
 せっかくの高品位PEラインでも、きっちり密に巻けなければ意味がありません。そのために水に濡らしたり、洗濯用柔軟材を使ったりするわけですが、最近じゃテンションをかけて巻くためのツールなんかも出回ってたりします。しかしそれらは結構高価だったり電動ドリルが必要だったりしますよね。まぁ便利だからそういうツールを使ってもいいのですが、もっと手軽で簡単な方法があるので、ちょっとご紹介したいと思います。といっても右のイラストを見ていただければ一目瞭然ですね(笑)。

 いわゆるクルマのシートのヘッドレスト部分を使って巻くのですが、意外や意外、これがかなり適度なテンションがかかって非常に巻きやすいのです。おまけにクルマさえあれば現場で巻きかえることも可能です(まぁ、あまりないですが)。
 フェラーリとかポルシェとかその系のクルマのシートは、ヘッドレストが着脱できないものが多いですが、そういう人はもう1台ヴィッツとかプリウスとか買っちゃいましょう。えぇ、もちろんラインの巻きかえを主目的にですよ(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-04-23 18:45 | 道具のこと | Comments(0)
海フライマンとシガーの関係
 海を挟んだ隣国では我らが日本への大ブーイングが活発ですが、その日本国内では何年も前から禁煙が一大ムーブメント。タバコは百害あって一利なしとされ、喫煙者は野蛮人あつかいです。あ、ここで喫煙・嫌煙を論じるつもりはありませんのでこのへんで。
 シガーというと葉巻だったりするわけですが、どういうわけか海好きフライマンのシガー率は高いような気がします。そもそもフライフィッシングというのは、釣りの中でもわりと投資額が大きい釣りなわけで、さらに海用となると費用対効果はいわずもがな。バンバン海外釣行できる方はもちろん、そこそこ遠征やら高額タックルなどを所有できる人となると、1日に葉巻の1本や2本を灰にしても全然へっちゃらな収入の方が圧倒的多数かと思います。
 そんなセレブな方々とは逆に、私のように身分不相応にこの釣りにのめりこんでしまっている方もいらっしゃるかと思います。とはいえ、そこはそれ。やりくりして楽しめばいいのだと思います。楽しむうえで勝ち組も負け組もありません。いや、楽しんだ者勝ちかな?遊びですからね。

 でもって話は全然変わりますが、フライリールでおなじみのAbelですが、シガー用品も始めたんですね~。Abel Cigarというのを見つけてちょっとビックリしました。
 アシュトレーにゼブラウッドのハンドルノブが使われてたりするのが面白いです。まぁ買うとしても$79のほうしか買えませんが……。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-04-22 18:00 | ざっくばらんに | Comments(0)
次期主力シーバスロッド決定
昨年から懸案だったストゥ・アプトロッドに代わる次期シーバス用メインロッドですが、BORONⅡ-XTiCrX、はたまたSt.Croixを押しのけて、意外な1本に決定しました。そのロッドとは…?
というわけで、ここでクイズです! ずばりそのロッドとはなんでしょう?ヒントは9f#8の4PCで、現行品です。あとは画像で。
私のキャラに合わないといわれそうですが……。ま、そんな声は最初から耳に入らないので(笑)。
それにしても食わせに有効なティップの適度な柔軟さとミドル、バット部のパワフルさ。それに加えて軽さがロッドの完成度の高さを物語っています。わたしのような三流フライマンにはもったいない買い物だったかなぁ、としげしげ眺めるばかりです。
デビュー戦はまだ未定ですが、近日中にクイズの答えを兼ねてお披露目(インプレ)したいと思います。
b0000168_13453973.jpg

見事メーカー名とシリーズ名(回答例:スコット Gシリーズ)を正解した方、先着3名様までに某ステッカー(大小セット)を差し上げちゃったりなんかして。えぇ、イヤでももらっていただきますよ~。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-04-20 14:20 | 道具のこと | Comments(14)
回復の重要性
スポーツフィッシングだから、フライフィッシングだから、ソルトウォーターゲームだから、殺したくないから、食べたくないから、明日も釣りたいから、釣りが好きだから……。
さまざまな理由で魚をリリースする人が増えてきていて、ことフライフィッシングにおいては大部分の人がリリースを実践していると思います。ボクもそのなかの一人で、ここ十年くらいの間、よほどの理由がないかぎりキープすることはありません(淡水海水問わず)。

「釣った魚を逃がすなんてのは勝手なエゴだ!」
「魚を守りたければ釣りなんてやめればいいのに!」
「釣った魚をどうしようと勝手だ!」
そんなご意見もまだまだありますね。でもいいのです、そんなことは。

リリースする際に大事なのは回復させてから放すということ。
シーバスの場合、魚体を水中に入れて、下あごを持ったまま8の字を描くようにゆっくり、エラに水を通すようにして酸素を与えます。ジャブジャブと泡をたてたほうが酸素が溶け込みそうですが、実際はどうかわかりません。
数回8の字を繰り返し、ちょっと休憩。その時点でシーバスが体をくねらせるようにイヤイヤしたら、もう自力で泳ぎだせる状態なので、速やかに放しましょう。イヤイヤがなければ8の字続行。

泥濘地のシャローなどでは、頭を斜め下にしたまま勢いよく放すと“刺さる”ので要注意です。
b0000168_1726156.jpg

ランカーシーバスほど、しっかり回復させてからリリースしたいものですね。
ちなみにこのシーバスは85cm(!)もあります。もちろん私が釣ったのではありません(涙)
[PR]

by saltwater-ff | 2005-04-06 18:24 | 魚のこと | Comments(0)