"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2005年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

冬シー
 私の住む東日本地域では、まだまだ寒い日が続いていますが皆さんがお住まいの地域はいかがですか? 本州以北は寒波が到来中ですが、季節は春へ着実にシフトしているように思います。野良猫の毛も抜けはじめてますし。
 というわけで、本年初のボートシーバスへ行って来ました。ボートは海フライマンにおなじみのベイハムスターさんです。出船は16時過ぎ。暗くなる前の1時間ちょっとデイゲームにチャレンジし、そのままお気楽ナイトゲームへ突入~と思っていたのですが、この日は終始低調なまま。表層を意識しているのは間違いないのですが、リトリーブには反応が悪く、ステイ(というより、ほとんどほっとけメソッド)に好反応するという不思議な状態。エンリコやダート系のテストもやってみたかったのですが、ほっとけ可能なシリコーンキャンディやピラピラ(ベイハム船長命名)で適度に遊んでもらいました。
 産卵から帰ってきた大型も考慮したんですが、フッコ級のまま終了。最後はジャンプしまくるボラの大群による、ボラダンスの中を帰港しました。

教訓:寝てるボラを起こすと大変な騒ぎになる
b0000168_17121796.jpg

この日は乗合で乗船。同船者は偶然にも夏のシイラ釣りで一緒になったことがあるNさん。まだ明るい時間帯なので、ストラクチャーがらみを積極的に狙ってます!
b0000168_17154737.jpg

とりあえずこのくらいが最大サイズ。岸壁の影へ斜めにキャストして、なるべく長い距離を岸壁スレスレに引っ張ってくるという、基本を忠実に守った結果の一匹でした
[PR]

by saltwater-ff | 2005-01-31 17:19 | 戦いの記録 | Comments(6)
アローヘッドストリーマー(仮称)のこと
 さて、もうひとつのダート・フライですが……。これはヘッド形状でダートする動きを出そうといろいろ考え、試しているうちに、そこそこいい動きをするヘッドが出来たので、それっぽく巻いてみたフライです。
 フライフィッシングの歴史は私ごときには到底理解の及ばぬ深淵なので、きっと偉大な先人や敬愛すべき世界中のイッちゃってるタイヤーさんが、すでにこういった形のフライを巻いてるかもしれません。しかし、私もいろいろ考えるうちにこの形状にたどりついたので、勝手にそして恐れ多くも、アローヘッドストリーマーと呼んじゃってます。名前の由来は矢尻に似ているからです(そのまんまやん!)。
 ヘッドの素材はメッツ社のシリスキンというゴムのようなおもしろい素材を使っています。そのシリスキンを3枚貼りあわせて、矢尻のような形状にしてみました。タイイング中は直進安定性が増すのかな? と思っていたのですが、実際にリトリーブしてみると意外にダートするフライになってました。今のところまともに動くのはAバージョン、Bバージョンの2種類あって、Aバージョンではシャンクにウェイトを巻きつけるようにして入れてます。一方、Bバージョンはコーンヘッド+シリスキンで板オモリをサンドイッチする方法でウェイトを入れてみました。結果はBバージョンのほうがいい動きをするようです。理由は板オモリで補強されたシリスキンが水流に負けず、翼としてより作用するからでしょうか(Aバージョンの翼はたしかに水流に負けて曲がってしまうことが多々ありました)。
 シリスキンは非常に面白いマテリアルで、ヘッドの形状のままテイルまでシリスキンを使ったフライも巻いてみました。ボディの幅が広すぎたせいか、動きが激しすぎて回転しやすくなるのが難点で、こちらはまだまだテストが必要っぽいです(きっと細身に作るといいのでしょうが、シリスキンで細身に作るのは難しい~)。
 ちなみにこのヘッド形状にすると、小刻みにユラユラと揺れながら沈下します。よって、ナチュラルフォールで食わせることも可能かと……。なんかフライで攻められる範囲が広がったような気がしませんか?(しませんね)
b0000168_1411710.jpg

これがAバージョンです。ヘッドは3枚のシリスキンを貼りあわせ、ハサミでカットして形状を整えます。ヘッド以外はこれといって特殊な部分はありません。ボディはエンリコEPファイバーを使ってます
b0000168_1431953.jpg

前から見るとこんな感じです。ちょっと画像がボケててすいません。画像だとヘッド形状は⊥のように見えますが、実際はYを逆さにした状態です
b0000168_1462756.jpg

Bバージョンのヘッドを正面からみたところです。これも画像がボケボケですいません。板オモリは左右の翼にサンドイッチしています(垂直翼には入ってません)。金色の部分はコーンヘッドです。フライのカラーはいずれも白ですが、これは水中での動きをチェックするために視認性のよい色にしているだけです。実用化の際はカラーを変えていこうと思っています。まぁシーバスの場合は、デイゲームでもナイトゲームでも白は効果的なカラーなので、このままでもいいのですが(笑)
[PR]

by saltwater-ff | 2005-01-24 14:09 | フライのこと | Comments(6)
エンリコストリーマーをダートチューンする
 えー、長らくお待たせしました!(別に待ってません?)
 ちょっと前に書いたダートするフライが、ようやくお披露目できそうな段階になりましたので画像とかアップしちゃいたいと思います。
 私の巻いているダート(リトリーブすると左右に大きく揺れるように泳ぐ)フライは、大きく分けて2種類あり、そのひとつは大変実績の高い、エンリコストリーマーの私家チューンバージョンです。ご存知の通り、エンリコストリーマーは大きく作れ、ナチュラルな動きを表現できます。そのうえ水切れが大変良くて、全長15cmくらいに巻いても#8ロッドで余裕でキャストできる、シーバス用ストリーマーとしては大変優れたものです。私は個人的にエンリコストリーマーの質感というか、水になじむ感じが好きでシーズン、フィールドを問わず多用していたりします(波の高いサーフからだとちょっと厳しいですね)。
 そこで、まずエンリコストリーマーの釣れる要素を活かしつつ、もっとダートするように改造できないものか……というところからスタートしました。で、いろいろ試してみた結果、ラダー(舵)のようなものをつけることで、ノーマルよりもヒラヒラと動くエンリコストリーマーができました。ラダーの形状は20パターンくらい試してみましたが、最終的には下の写真の2種類に落ち着きそうです。材料もいろいろ試したのですが、これも最終的にダンボールなどを縛るのに使う荷造りテープ(プラスチックの平たいテープ)が最適かなぁ……と。なんといっても安価で入手しやすく、また軽くて成形しやすいですからね。
※もうひとつのダートするフライも続けてアップしますよ~(よ!この恥知らず)。
b0000168_12574639.jpg

これが基本形です。ラインである程度沈めてからリトリーブします。ロッドで左右にアクションさせなくても、普通にまっすぐ引くだけでもヒラヒラとダートします。潮流の激しい場所だとダート幅はせまくなります。リトリーブスピードを上げていくと面白いほどダートしますが、上げすぎるとバランスを崩しすぎて回転しちゃいます。ウェイトは入れてません
b0000168_125828.jpg

こっちはラダーをやや小さめにしてみました。ラダーが小さいとダート幅も狭くなりますが、リトリーブスピードを上げても回転しにくいです。ラダーの形状はいろいろ(Y型、T型、O型、X型など)試しているのですが、もっといい形状がないか思案中です。アイにスプリットリングを付けているのは動きをよくするためですが、フリーノット等で結んでもOKです
[PR]

by saltwater-ff | 2005-01-24 13:22 | フライのこと | Comments(2)
ドールアイのこと
 フライに使うアイにはいろいろな種類とサイズがありますが、昨年から好んで使っているのがプラスチック製のドールアイです。ドールアイと呼ばれるだけあって、人形の目に使われるそうですが、海用フライにもバッチリ似合います。シールアイは使っているうちに剥がれてしまうことが多く、まぁ剥がれたからといって極端に釣果に差が出るわけでもないと思うのですが、使っていてなんとなく寂しい感じにはなります。でも経験上、ドールアイだとシールアイより剥がれにくい気がするので好んで使っていたりします。まぁストラクチャーに直接ぶつけると破損するので、そういう使い方をするフライにはシールアイを使いますが、エンリコストリーマーや現在お試し中のワインドアクションするフライには、もっぱらドールアイを使っています。
 フライ1本に必ず2個消費するので、けっこうな量をストックしてあるつもりでもなくなるのは早いです(10本巻くと20個ですからね〜)。よってバルクで買える場合はバルクで買っちゃうようにしています。ちなみに消費量が多いフィッシュヘアーの類も人形の頭髪が多いってご存知でしたか?
b0000168_13265936.jpg

バルクで買うと奇数になっていることがありますが、まぁそのへんはあまり気にせず左右で異なるアイを付けたりして楽しんでます。バランスをわざと崩す要因になるかも……なんて(笑)

☆日ごろから閲覧してくださっている皆さま、2005年もよろしくお願いいたします!
[PR]

by saltwater-ff | 2005-01-06 13:30 | フライのこと | Comments(7)