"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2004年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

五目S.W.F.F.もまた楽し
日曜日はイカ釣りに誘っていただいていたのですが、ちょっと諸事情あって断念。
その代わり、近々会社を辞める友人たちと伊豆方面へ五目釣りへ出かけることにしました。網代や熱海の漁港でフライロッドを振って、アナハゼとネンブツダイをゲット。あわよくばメッキでも……と目論んでいましたが、メッキらしき魚とは遭遇できず。まぁ、それでものんびりと漁港でフライロッド振って、気のおけない友人たちととりとめのない会話をして過ごす日曜日も悪くないなーなんて。そんな秋の一日でした。
b0000168_1342040.jpg

ウルトラシュリンプに果敢にアタックしてくるアナハゼ。外道だし小物ですがプルプルッと手元に小気味よく伝わってくるアタリは、それはそれで楽しいものです
[PR]

by saltwater-ff | 2004-11-29 13:30 | 戦いの記録 | Comments(4)
関係各位へご報告
もうすでにお聞き及びの方もいらっしゃるかと思いますが、この秋に異動がありまして、慣れ親しんだ部署から離れることになりました。旧部署に在籍中は、きら星のごとく輝く釣りウマな方々から、この釣りを心底愛しちゃってる方々までいろんな方に出会い、お世話になりました。このブログも意外なほど関係各位の皆さまが頻繁に覗いてくださっているようなので、一応ご報告です。
まぁ異動先といってもすぐ隣の部署だし、やってる業務自体も基本的には変わらないので平気っちゃ平気なんですが……。なんだかいまひとつ馴染めずに日々を過ごしています。
平たくいうと屋号が『竿→海水』に変わりました。このブログ的には海の話題が増えるのでいいのですが、問題は私の好きなスタイルとはびみょ〜に異なる点でしょうか。ま、少しずつ侵食していこうと目論んでおりますが、ブログタイトルが変わってしまわないように気を付けたいと思います……(笑)。
b0000168_21221242.jpg

写真は本文とは関係ありません(たぶん)
[PR]

by saltwater-ff | 2004-11-25 21:27 | ざっくばらんに | Comments(2)
ヒラメ~
そろそろ本格的なヒラメの季節ですねー。でも太平洋側はまだ海水温が高くて厳しいみたいです。
ルアーアングラーと一緒に某県サーフに早朝から出撃! 夜明けから4時間で、結果はルアーに45cm、38cmが出て終了。フライには何も起きませんでした。むー、まだまだ未開の領域が多すぎるヒラメのフライフィッシングです。
b0000168_17502496.jpg

夜明けからこういうサーフでキャスティングし続けるのは、それだけで気分爽快なもんです。あれ?波打ち際でキャストしているルアーマンは、ヒラメハンターとして名高いお方では??
b0000168_182750.jpg

45cmのヒラメのアップ。透明なビニール越しに撮影しました。サーフでヒラメを釣ってキープする場合、ビニール袋に海水を入れて砂浜に穴を掘ってそこに入れておくと3時間くらいは平気です。イワナみたいに生命力にあふれているんでしょうねー。
※40cm以下のソゲはリリース推奨です~。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-11-24 22:58 | 魚のこと | Comments(0)
11/12のシーバス
 先週の土曜日は世捨て丸でシーバスゲームへ。メンバーはセカンドキャプテンUさんとセカンドキャプテンのお友達Sさん(ルアー)、そして私の3人。数日前にファーストキャプテンが85cmというスーパーランカーをキャッチしたせいで、世捨て丸関係者はここ数日間うずうずしていたの違いありません(これは個人的な意見ですが、フライフィッシングにおける85cmはルアーフィッシングにおけるメーターオーバーとほぼ同価値だと思います)。かくいう私とセカンドキャプテンも同じでした。出船時間は19時ちょっと前。最終の大潮&ほぼ新月+曇天ということもあり、期待は高まります。いつものように荒川を下っていくと橋脚回りにシーバスボートがやけに多いです。雨の後だからなのでしょうか?念のため川筋を攻めますが反応は特にありません。というわけでガラ空きの湾奥へ移動。しょっぱなから某ポイントで激しくボイルしてます!Sさんはこの日シーバス初挑戦ということでしたが、早々に50アップをキャッチ。私もここで55オーバーをキャッチ。その後もボイルは続きましたが、だんだんサイズが下がってきたのでしばしポイントを休めることに。その間、世捨て丸の後ろを屋形船が何艇か通過していきます。するとボイルはそれに合わせて起きるようで、たぶん屋形船の波やエンジン音にびっくりしてイワシの群れが逃げるのを見計らってボイルしているように思いました。その後、ここで3匹追加。コッパが混じってきたので移動。
 次のポイントではシリコンバックテイル(白)でスケーティングの釣りを堪能。シーバスルアーマンの間で流行しつつある新しい攻め方、スケーティング(ダーティング)をシリコンバックテイルでやってみると、おもしろいようにシーバスがバイトしてきます。シリコンコーティングされたヘッドの水押し力&バックテイルのフワフワ感が生み出す動きがそそるのでしょうか。ビュッと動いたら次の瞬間、フワッとゆらぐ。そのゆらいでる時にバイトは集中しました。しかーし、バイトの数は圧倒的ですがフッキングが悪い! これは次回までの課題となりました。
 この夜はまだまだ止まりません。もう1箇所、水深のあるポイントでSさんが連続ヒット。フッコ級ばかりでしたがパターンにはまるとこんなにイージーな釣りなのかと、あらためて思いました。私もここで自己流ガミーミノーで1匹ヒット。バレちゃいましたが、ガミーで釣れるのがわかったのは収穫でした。いやー、それにしてもシリスキンはおもしろいマテリアルですね。でもって、帰り際に最初に入ったポイントへ戻り、ラストに50アップを釣ってお開きとなりました。結局、この日の私の釣果は7匹。ビッグワンはでなかったものの、いろいろ新しいフライも試せたし、久々に楽しい夜でした。
b0000168_12545296.jpg

60cmには届きませんが、この日一番の大物(55cmくらいかな?)。ゴバッ!と吸い込むシーバスのバイトは何度味わってもいいものですね~。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-11-15 13:49 | 戦いの記録 | Comments(3)
ボイル!ボイル!ボイル!
海好きフライマンがボイルを目撃すると、アドレナリンが大量に分泌されます。
いや、海好きルアーマンも同じでしょうし、もしかすると海がさほど好きではないルアー、フライマンもアドレナリンを分泌することでしょう。
ものすごい数の魚が海面を割って激しくボイルする光景は、それほどにエキサイティングですし、地球を覆う海のどこかで今日もこのような営みが行われているかと思うと、海について地球について、魚についてちょっとだけ考えたくなる秋の夜長です。
b0000168_13175413.jpg

とかなんとか書きましたが、やっぱりこういう写真を見ると興奮してきます!ベイトフィッシュの群れに猛然と襲いかかるマグロ!あー、今投げれば絶対釣れるのに!と思ったアナタはけっこういい人ですね
b0000168_13202482.jpg

今日はモチベーションアップのためにもう1枚!
「キャー!みんな逃げるのよー!」なんて悲鳴が聞こえてきそうです
[PR]

by saltwater-ff | 2004-11-12 13:22 | 魚のこと | Comments(3)
HOT&SPICY
 どうでもいいことですが、フライフィッシングをする際に皆さんはどんなタイプの帽子をかぶりますでしょうか?
 私は大部分においてキャップ愛用者なのですが、渓流や湖では違うタイプの帽子も被ります。とはいえ海だとさすがにハットやハンチングは被りにくいせいもあって、多くのソルト系フライマンはキャップを被ってらっしゃると思います。
 というわけで、フライマンには帽子収集家が多いと思いますが、私も実は帽子好きだったりします。フライフィッシングだけじゃなく、前は屋根なしカーに乗ってたたせいもあって、帽子とサングラスは必携の装備品でした。帽子&サングラスというと、世間一般的にはカッコつけと思われがちですが、必要装備なので外せません。だって走行中に石とか飛んでくるわけですから…。
 ちょっと話が脱線しましたが、屋根なしカーを降りてからも帽子だけはどういうわけかどんどん増えていきます。なんかその日の気分で変えたいんですよね。
b0000168_17303313.jpg

写真はフリーマーケットで買ったキハダマグロの刺繍が入ったキャップ。“HOT&SPICY”って書いてあるけど、10kgよりお兄ちゃんのクラスをフライロッドでかけちゃったらスパイシーじゃすまないでしょ!
[PR]

by saltwater-ff | 2004-11-08 17:42 | 道具のこと | Comments(6)
ホワイトアウト横浜
 文化の日の昨日、午前4時出船で横浜近郊のボートゲームに出かけてきました。
お世話になったのはいつものベイハムスターさん。日の出まではシーバスを軽くやって、その後はサバのナブラを探しつつ、エギングもやっちゃいましょう!という欲張りコース。

 港湾部のシーバスはボイルする気配がありませんでしたが、常夜灯周辺をたたいていくと反応が……。しかし、バラシの連続!(セットフックに至らないケースも多い)この日はST#8(12m)のインタミライン先端を1mカットし、250grのSTラインを1.5m接続(ランニングはインタミ)した新しい改造ラインを用いたのですが、キャスティングしやすさは上々だったものの、アタリが伝える感度が低いのか、それともロッド(XTR)が硬すぎるのか、やっぱり私の腕が悪すぎる(悲しいけどこれが現実)のか……。途中までいい感じだったんですが、まだまだ修行の必要性を痛感しました。うーん、残念ッ!

 太陽が顔を出し、じゃそろそろサバ・イカ方面へ移動しましょうかということになり、ポイントを大きく移動。そうです、今日はサバのナブラを狙うのがメインなのでした。沖合いに向けて疾走するベイハムスターⅡ号。海は凪でナブラは探しやすい状態ですが……沖に出てみると、いるわいるわの職漁船。見るとどの船も巻き網(?)漁をやっていて、鳥は網を上げる船のまわりをおこぼれ狙いで飛んでいるだけ。待てど暮らせど一向にナブラは立ちません。
 仕方ないのでエギングしながらナブラを待つことにしますが、ボートのエギングは初挑戦ということもあり、そう簡単に釣れるわけありません。H船長とふたりでひたすらシャクリますが、こちらも気配なし。
 まさか、ボウズ?といやーな空気が漂い始めたころ、霧がどんどんたちこめてきました。そしてあれよあれよという間にホワイトアウト。さっきまで見えていた周囲の遊漁船やヨット、はるか向こうに見えていた横浜の景色も見えません。おー、ここは芦ノ湖かはたまた中禅寺湖か?ってくらいの濃霧。10~15mくらいしか視界がありません。このままでは航行に支障がでるので微速前進しながら湾内へ避難することに。途中、大型船との遭遇にビビリながら無事に国際埠頭までたどり着きました。レーダー付いてるからって航行速度落とさない大型船は怖いですね。
b0000168_1225531.jpg

写真はホワイトアウトしちゃった状態のものです。あ、それから釣果はH船長とふたりで2匹ずつ、合計サバ4匹。ナブラは立たないものの、海中にはサバの群れがいるので今後も状況次第でフライでも楽しめそうな感じでした。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-11-04 12:03 | 戦いの記録 | Comments(2)
秋の港湾シーバス
 先週の金曜日の夜に、久しぶりにボートでシーバスのナイトゲームに行ってきました。
 メンバーはファーストキャプテンのIさん、セカンドキャプテンのUさん、そして私の3名。午後10時ちょい前に桟橋を離れ、目指すは中央防波堤方面(ポイントはそこじゃないけど)。
 ポイントではボイルがときどき起きるのですが、いまひとつ食い気がよろしくない様子。それでもU氏は3匹ほどを早々にゲッツ。私も1匹いいサイズ(推定55~60cm)を足元まで寄せてきましたが、久々の良型だったのでファイトを楽しんでいたらバレてしまいました(たぶん口切れ)。
 その後は潮がとまる時間帯に入ったこともあり、ポツポツ。1キャストで決めないといけない某ポイントでも外しまくり。というのもこの日は夏タックルのまんま、ボーンフィッシュテーパーを使っていたせいで、ラインが硬くなってしまって扱いにくいったらありゃしない。あぁ、冬用ラインにするヒマがなかったなんて言い訳してる場合じゃないですね。
 普通ワンチャンスでおしまいになるポイントでしたが、この日はなんだかまだ釣れそうな気配だったので、ちょっとポイントを休めてから再挑戦すると、小気味よいアタリが……きましたきました!
 私もなんとか最後は35cmくらいのセイゴ君を釣ることができたのでした。

教訓:冬用ラインの巻き替えは早めにしましょう。
b0000168_13472934.jpg

写真は潮止まりの時間帯にシャドウ部分へタイトにフライを入れたUさんの結果です
[PR]

by saltwater-ff | 2004-11-01 13:48 | 戦いの記録 | Comments(4)