"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2004年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ボロンⅡ-X
 ウ、ウ、ウインストンのボロンⅡ-X、いいですねぇ……。
 昨日の夕方、ちょっと時間が空いたので久々にハーミットさんに行ったら、ボロンⅡ-Xの8番が! ハーミット店長Iさんが自分用に下ろす予定の1本だそうで、なぜか偶然8番ラインを巻いたフライリールを持っていた(笑)ので、2人して店頭で試投開始~。
 Iさんのキャスティングスキルが高いのは当然として、私のしょうもないスキルでもズパンズパンものすごいナローループが飛んで行きます。フォルスキャストなのにシュートしたみたいに飛んで行く、ものすげえループ。ラインをピックアップして、前フォルス1回、後ろフォルス1回、でもってシュート! これだけでフルライン(WF8F)出ちゃいました。冗談のようなホントの話。こりゃ、キャスティングコンプレックスなフライマンには禁断のロッドですよ……。だって誰でもフルライン出ちゃう(と思う)もの。おまけに9フィート8番、4ピースなのにメチャ軽い。なんというか、6番ロッド振ってるような錯覚に陥ります。
 実はシーバス用8番タックルの大幅な見直しを2ヵ月くらい前から考えていて、その核となるロッドを模索していたのですが、なんか絶妙なタイミングで出会っちゃったなぁ……って感じ。でも8番もいいけど10番も気になってたりして。
 まぁ、ここまでブログで書いたということは、すっかり惚れちゃったということでして、問題は購入資金をどうやって捻出するか、です。うーん、使ってないバンブー(大した竿じゃないけど)とか手放しちゃいましょうかねぇ。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-10-25 21:35 | 道具のこと | Comments(6)
困ってること
 実はここのところ困っています。
 とはいってもお金や恋愛の話じゃないですよ(たしかにこれらも問題なしというわけではないですが)。
 何に困っているかというと、それは週1が基本になりつつある陸っぱりシーバス釣りでの話。9月始めごろから港湾部のシーバスを狙ってあちこち陸っぱりスポットに出撃しているわけですが、港湾部の警戒が厳しくなってしまった昨今では、大手を振ってフライロッドを振れる場所は自ずと限定されてきます。これは港湾部をホームとするシーバサー(というのかな?)にとっては由々しき問題で、過度とも思えるフェンスやバリケードを見るたびにテンションは下がっていく次第です。
 とはいっても困っているのはフェンスやバリケードについてではありません。いや、まぁ、それらがなくなってしまえばいいなーとは思っていますが、限定されたフィールドでマナーを守って楽しむのも悪くないので、それほど気にしておりません(港湾部のすべてが釣り禁止になるよりずいぶんとマシです)。問題はその限定されたフィールドにあるのです。
 私の場合、陸っぱりであちこち攻めた後で、たいてい最後に行くポイントがあります。帰りに寄って様子見するだけだったり、ボウズ逃れの最後の砦として悪あがきするためだったりするのですが、どうもここ数回、不審な人物と遭遇することがあるんです。
 ある日のこと。その日は満潮予定時刻が午前4時ごろだったこともあって、午前0時ごろからあちこち叩いて回り、最後に件のポイントへ。あまり明かせませんが、そこは海に面した遊歩道になっていて途中に橋(とはいっても下に川が流れているわけではありません)のような場所があります。シーバスを狙ってその遊歩道からキャストするわけですが、ちょうどその橋にさしかかった際に、すごい勢いで走ってくるMTBに乗った男性と遭遇しました。見たところ30歳前後でしょうか? 午前4時前という時間にトレーニング?と思いましたが、身なりからトレーニングしている風でもありません。通勤に使うようなショルダーバッグを背負ってるし。
 で、彼は私と一瞬目を合わせてから、そそくさと立ち去りました。うーん、あの猛スピードは一体なんだったのでしょうか。不可解な行動です。

 また別な日のこと。その日は満潮時刻に関係なく夜10時ごろから出撃し、帰りがけの深夜2時ごろに件のポイントに立ち寄りました。その夜はまだ1匹も釣ってなかったので、できればここで1匹!と目論んでました。うまい具合に先行者の影はなく、しめしめ~と#8に巻いた白のラバーキャンディをポイントにキャストし、リトリーブ。いつものようにいつもの動作を繰り返して橋の近くまで来て、なんか後方からの視線を感じて振り向くと、どういうわけか橋の手すりに腰掛けて座っている会社員風の中年紳士が一人。左脇にセカンドバッグを抱えてこちらを眺めています。見たところホームレスではなさそうだし、酔っ払いでもありません。深夜2時過ぎに釣り以外に何の目的があるというんでしょうか。私が目をそらしてまた釣りに没頭すると、いつの間にかその紳士はいなくなっていました。なんか変だなー、と思いながら遊歩道沿いのポイントを叩き終わって2バイトノーキャッチ。最後のあがきでテクトロしながら来た道を帰ります。それで、ちょうど橋のところに差し掛かったところで待望のバイト! なんとかフックに乗ったのでラインをたぐってきてキャッチ。サイズは20cmあるかないかのセイゴ君でしたが、0と1じゃ大違いなので安堵しまくり。リリースして、さぁ帰ろうかと思って顔をあげると、なんと消えたはずの中年紳士が私の前に立っているではないですか! すわ!暴漢か!と思いましたが、私がさっきいた釣り人だとわかったとたん、急に顔をしょんぼりさせて帰っていきました。うーん、またしても不可解な行動です。一体どこに隠れていたのか、そして何のために?

 これはあくまで私の推測ですが……なんというか……、MTB氏もセカンドバッグ氏も、まるで誰かを待っているかのような感じでした。
 深夜に、男一人で誰かを待つ……???
 いやー、なんかいつの間にかそういう人たちの待ち合わせ場所になっていたんでしょうか? 個人的に偏見はないですが、そういった性癖はないので深夜の湾岸某所に現れるフライロッダーを見つけてもご勘弁ください~。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-10-23 20:18 | ざっくばらんに | Comments(4)
つい反動で…
 このところ更新が滞っておりますが…理由は発表できないのですが、ちょっと公私ともにバタバタしております。
 釣りの方も台風だったり仕事が忙しかったりで、先週の土曜早朝に行ったきりです。でもフライだけはタイイングしてたりします。そろそろメバルが気になる季節なのでエビ関係をちょこちょこ巻いたり、シーバス用の新作を模索してたりします。大概は小型(#8前後)のフックを使うのですが、小さいフライばかり巻いていると気が滅入ってくる(?)ので、その反動で意味もなく#6/0や#8/0といった大きいフックにタイイングしてしまいます。相変わらず困った人ですね~。
b0000168_2151861.jpg

写真は#8/0フックに巻いたエンリコストリーマーです。大きなフライはマテリアル量が難しいですが、それにしてもフックサイズが大きく異なってもエンリコストリーマーらしさが変わらないのはフライパターンとしての完成度が高いゆえでしょう。私にも巻けちゃうくらいですから、エンリコさんってやっぱりスゴイ!
[PR]

by saltwater-ff | 2004-10-22 21:52 | フライのこと | Comments(2)
いろいろやってます
 いやー、先週は更新できずでした。雑事が忙しいってのもあるのですが、それでも釣りに行く努力だけは欠かしてませんよー!ってことで、土曜の早朝に通い慣れた湾奥のポイントへシーバス狙いに行って来ました。
 満潮時刻が午前6時ごろだったので、午前4時ごろから釣り始めて5cmくらいのラバーキャンディでフッコ1、セイゴ2と合計3匹リリース。この日は新作フライのテストも兼ねて行ったのですが、新作へのバイトはなく残念な結果に終わりました。釣れたら公開しようと思っていますが、いつになることやら……(笑)。

 また、別な日にベイハムスターのH氏に特製ラインバスケットを見せていただきました。このラインバスケットは当ブログにもちょくちょくコメントを頂戴しているmattさんによるもので、元ネタは某フライショップ店主さんによるものだそうです。うーん、私も真似して作ってみようっと。気になる方はベイハムスターさんに乗船すると、もれなく便利なラインバスケットを使ってシーバスフィッシングが楽しめますよ~!
[PR]

by saltwater-ff | 2004-10-18 12:25 | ざっくばらんに | Comments(4)
ジャック・ガーサイドのガーグラー
 バチ抜けシーズンというわけではありませんが…先日ポポヴィー御大のフライを撮った際に、ガーグラーもあったので、これ幸いとばかりに撮ってみました。もちろんこれもジャック・ガーサイド御大自身がタイイングしたものです。
 人間から見ると実に不思議な形状ですが、魚から見るとどうしようもなく魅力的に見えてしまうんでしょうねぇ。いろんな魚が釣れちゃう魔法のフライです。
 しかしこの無駄のなさには感服するばかりですね。我が国ではバチパターンの一種として扱われがちですが、バチに関係ない状況でも釣れちゃうフライだと私は思います。
b0000168_1837757.jpg

ボディハックルは結構長いんですね…。あと、テイルが思ったより短いのにもちょっと驚きました
b0000168_18393916.jpg

このフライでは、テイルに使ったフラッシャブーをそのままシェルの上にセンターラインのように付けてました。半沈みで波にもまれた際にアピールするのかな?
[PR]

by saltwater-ff | 2004-10-08 18:45 | フライのこと | Comments(1)
デイゲームのシーバスは楽し
 いやー秋も深まってきて、雨だったり晴れだったり台風だったり天候はグルグル変わっておりますが……皆さま、釣れてますか?
 東京湾は秋シーバスのベストシーズンに突入していて、私も時間をやりくりして出かけています。シーバス狙いは満潮へ向かう上げ潮に合わせるのがセオリーですが、夕方の満潮時刻にはバリバリ仕事中なので、ここのところ朝の満潮時刻に合わせた釣りばっかり行ってます。昨年までだと上げ潮、下げ潮に関係なく夜に出かけてばかりだったのですが、今年は上げ潮だったら日が昇っても釣れると思ってデイゲーム中心にやってます。
 で、最初は半信半疑だったんですが、意外や意外、デイゲームでもけっこう釣れるものです。基本はシーバスのいそうなポイントで、ストラクチャー回りの影になってる部分にフライを入れるんですが、これが意外に反応あるんです。
 あ、「所詮ボートだけだろ~」って思った人は残念ながら早計ですよ。デイゲームに目覚めたのはボートが最初ですが、その後は陸ッパリばっかで、数でいうと実は陸ッパリで釣ったほうが多かったりするから世の中わかりませんね。
 湾奥のオフィス街の運河とかでフライロッド振ってると、ジョギングおじさんに不思議そうな顔をされますが、釣れるんだからやめられませんよね!
b0000168_19215460.jpg

デイゲームの醍醐味はシーバスのグッドファイトを視覚的に堪能できるところが大きいと思います!明るい水面で見る“エラ洗い”はアドレナリンを一気に分泌させてくれますよ~
b0000168_19224558.jpg

ボートでも陸ッパリでも基本はストラクチャーのシェイド狙い。シェイドのいいトコに入れば、かなりの確率で反応があります。デイゲームはキャスティング精度が求められますが、私にも釣れてくれるから心配ご無用!大丈夫、あなたのほうが上手です(都合により一部画像が加工されていますw)※画像提供/BayHamster
[PR]

by saltwater-ff | 2004-10-06 19:25 | 戦いの記録 | Comments(0)
ハゼ君フライを巻きました
 シーバスのベイトフィッシュとして重要なのはカタクチに代表されるイワシ類ですが、サッパ(コノシロの幼魚)やヒイラギなんかも食ってますし、サヨリにボイルするのを目撃したこともあります。大阪湾じゃエビを使ったハネ釣りが盛んだし、結局湾内の生態系の頂点に君臨するシーバスにとっては、食べられるものなら何でも食べているというのが現実なようです。
 では、底モノへの依存度はどうかというと不明です。ですが、絶対に食ってないとはいい切れないですし、秋は成長したハゼが深場へ移動する時季でもあります。湾内にドンドン入って来て活気を取り戻すシーバスと入れ違いで遭遇してる可能性もあるのでは? ということで、ハゼ君フライを巻きました。実績はまだありません。ずっとないかもしれません。でも、なんかカワイイからいいのです。
b0000168_21364678.jpg

愛らしく仕上げるつもりはなかったのですが、出来上がってみるとなんかラブリーな感じに。キール状態で安定させるために下側にウエイトをいれて重心を下に集中させ、ボディマテリアルはEPファイバーを使っています。まぁ、釣れなくてもいいんです
b0000168_2137287.jpg

上から見るとこんな感じ。ここ数日、更新できなくってすいませでしたー。ネタ切れというわけではありませんよ!(笑)
[PR]

by saltwater-ff | 2004-10-04 21:35 | フライのこと | Comments(4)