"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2004年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ポポヴィクスのスプレッドキャンディ
 はい、いよいよポポヴィー御大の本物フライ画像の公開も最後の1本となりました。最後はスプレッドキャンディです。エポキシヘッドを平らにして、シャッド系の幅広ボディをうまく表現してますね~。さすが御大です!
b0000168_218454.jpg

私も真似して何本か巻いたことがあるのですが、シャッド系の出番が少なくて、残念ながら効果を体験できていません。秋はコノシロやヒイラギなんかが発生するから、河口で使ってみようかな…。そういや今夜は大潮ですね。モーニング行きたいけど、仕事が(以下略)
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-28 21:07 | フライのこと | Comments(5)
ポポヴィクスのシリクロン・バックテイル
 ボブ・ポポヴィクス御大による本物POP FLY紹介の3本目は、ご存知シリクロン・バックテイルです。写真のパターンは黒のシープフリースとシリコンでヘッドを作り、ボディ後部はバックテイルというシンプルな構成です。キモはヘッドの仕上げ具合でしょうか。私も同類のパターンを何本も巻いていますが、ここまでの完成度にはほど遠いです。
b0000168_1741443.jpg

ヘッドは浮力があり、同時に水押し(波動)の効果も大きいのでルアーのような効果も出せると思います(カーリーテイルは遊び心が見え隠れしてますね)
b0000168_17415666.jpg

ヘッドのバランスを間違うとクルクル回ったりするので要注意。リップつきで知られるポップリップは、このシリクロン・バックテイルをベースにしているので、このフライが巻けるようになればすぐです
b0000168_17421291.jpg

アメリカ東海岸のストライパー狙いでは定番フライになっているようですが、まだ日本では使っている人をあまり見かけませんね。私はちょこちょこ使っていますが、まだ納得いくサイズには出会えていません……
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-27 17:42 | フライのこと | Comments(4)
デイゲームのシーバス(T.B.S.F.T.)
 以前から大変興味があったT.B.S.F.T.(トーキョー・ベイ・シーバス・フライフィッシング・トーナメント)に初参戦してきました。日本人で海のフライフィッシングを志した人なら知らないわけがない、日本フライ界の至宝、世界のEIZOこと丸橋英三大先生によってこの大会は開催されておりまして、オールキャッチ&リリースの大変素晴らしい古今稀有な大会であり、今回で開催12回目を迎える由緒正しきトーナメントなのであります。
 この大会はフライフィッシングでシーバス(マル、ホシ、ヒラ)を狙い、競技時間内にキャッチ&リリースした叉長40cm以上の個体、3匹の合計叉長を競うという非常にシンプルかつストロングなものです。「なんだ、叉長40cmオーバー×3匹なんて簡単じゃん」と思うのはちょっとお待ちを。なにしろ試合時間は朝の5時半~10時半までの5時間。つまり、この大会はデイゲームでの競技となるわけです。
 シーバスのフライフィッシングというとナイトゲームの印象が強いですが、実はデイゲームでも釣れなくはありません。数はナイトゲームに遠く及びませんが、デイゲームの1匹の価値はシーバスのフライフィッシングを少しかじった方ならご理解いただけるかと思います。それにバイトの瞬間やファイトが目視できるという視覚的効果(刺激)は相当なもので、アドレナリン放出しっぱなしって具合です。まぁ、この話は脱線しそうなので別の機会に書くとしまして、大会ではいつもお世話になっているH川キャプテンのベイハムスター号に乗船させていただき、同じく選手のNさんとハッスルしてきました。
 結果はNさんが惜しくもノンキー(叉長40cmにわずかに足りないノンキープサイズ)を1匹。私はなんとキーパーサイズの44cmを1匹、ノンキーを2匹。入賞には遠く及ばない結果でしたが、デイゲームで3匹も釣ることができたことに大満足でした。
 ちなみに優勝者さんは60cmオーバーを3匹そろえ、2位、3位の方々もきっちり50~60cmオーバーを3匹そろえてらっしゃいました。各ボートがあちこちに散らばって釣るので必ずしも同じ状況ではありませんが、デイゲームでも50cmを大きく超えるサイズの魚をフライフィッシングで釣っている方がいる、ということに大きく勇気づけられた気がしました。まだまだ若輩者で、ビギナーに毛が生えた程度の技術と経験しかない私にとって、今回の大会参加は大変有意義なものでした。ありがとうございました。
b0000168_1826733.jpg
 叉長44cmのシーバス君(本当は43.8cmですが、小数点以下切り上げルールなので)。また、今大会のためにH川キャプテンがメジャーを製作してくれました!これでもう、あやふやなサイズは許されません!(笑)
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-23 19:03 | 戦いの記録 | Comments(8)
AFTMA規格をちょっとメモ
 ちょっとメモ代わりにラインの番手とグレイン数と重さを書いておこうと思います。今はもうなくなってしまったAFTMA規格の数値ですが、ライン改造時の参考にはなるので、一応。
 最近じゃロッドメーカーもラインメーカーも多種多様な番手の製品を出しまくってますから、やっぱり自分で乗せてみて体感した感覚を基準にするしかないのですが、まぁひとつの目安としてAFTMA規格を参考にしています。
 それにしても最近のフライタックルの番手指定には???と?マークが3つくらい浮かんでしまうものが多くなってきましたね。フライリールの番手指定は超いいかげんであることが世界共通の認識(笑)なのでもはや諦めていますが、このところ特に顕著なのは渓流用の超ライトライン&ライトロッド、スペイライン&スペイロッド、そして海用ライン&海用ロッドのような気がします。
 どれもここ最近で一気に広まってきている(日本国内というより主に米国で)フライフィッシングタックルなのは、いずれもが大変イノベイティブな要素が強く、従来からある規格の範疇には収まりきらないほど多様化してきている証拠でしょうか。このへんの混沌としたムードは次世代へのいい土壌になりつつあるんじゃないかなぁ、と勝手に期待しています。

【フライラインのAFTMA規格】
※番手/グレイン数/重量(g)

#1/60/3.9g
#2/80/5.2g
#3/100/6.5g
#4/120/7.8g
#5/140/9.1g
#6/160/10.4g
#7/185/12g
#8/210/13.6g
#9/240/15.6g
#10/280/18.1g
#11/330/21.4g
#12/380/24.6g
#13/450/29.2g
#14/500/32.4g
#15/550/35.6g


☆本日、カウンターが5000を超えました!☆
いつもご覧いただき、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-22 20:15 | 道具のこと | Comments(2)
ポポヴィクスのラバーキャンディ
 お待たせしました。次はPOP FLYの話。
 本物第2弾はシリコンコーティングのラバーキャンディです。第一印象は「名前と裏腹に華奢なフライだなぁ」というものでした。手にしてみると軽い、そして軟らかい。エポキシとはひと味もふた味も違う仕上がりはシリコンコーティングならでは。
 私、実は昨日までの連休はシーバスゲーム三昧の3日間を過ごしてしまいました(陸ッパリ)。ここんところの満潮時刻から夜明け1時間半前くらいから釣り始めて満潮の潮止まりまでやって帰宅するというパターンでした。陸ッパリの新ポイントを開拓すべく、湾奥の界隈をあちこち釣り歩いて結果はトータル6匹。最大の49cmは定番のH埠頭でしたが、日が昇ってから2時間くらいは十分フライでも狙える…っていうか、数は少ないもののゲームとして非常に楽しかったです。まぁ、だいたいは30~35cmくらいのセイゴ君ばかりでしたが、視覚的に楽しめるのはやっぱりエンジョイ&エキサイティング!です。
 基本は穴打ちというか、シェイドを通すのが大前提でオフィス街の小さな運河にもシーバス君がいたのにはちょっとびっくりでした。
 で、ストラクチャーというかシェイドを通すためにはフライをそういうスポットに打ち込んでいかなければいけないわけですが、エポキシでコーティングしたフライだとコンクリとか鉄柱にブチ当たって欠けるわけです。私のキャスティング精度が低いせいもありますが、コツンと当てたつもりでもパキパキのエポキシはけっこう欠けてしまいます。
 シリコンコーティングのフライだと、柔軟性があるおかげで欠けることはまずありません。浮力もあるし、インタミラインとの相性もグー。日の出から1~2時間くらいまでは積極的にストラクチャーにブツけていける、そんな使い方もこのフライのいいところですね。
b0000168_203633.jpg

意外にマテリアル量は少ないですが、バックテイルをうまく広げてボディに幅を持たせているところがポイントでしょうか。うーん、釣れそうなオーラでまくりです
b0000168_2032722.jpg

ボディの厚みは最小限に抑えてあります。幅広で薄型ゆえ、ヒラ打ちするように動くのでしょうか?アイはわりと詰まり気味ですね(笑)
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-21 20:11 | フライのこと | Comments(3)
ヤバいフライライン
 ヤバいフライラインを手に入れてしまいました。
 ちょっと事情があって、このところ超重いラインを物色していました。で、手に入れたのはリオ「タングステン・ドレッジャー1000」というブツです。30ft(9.1m)のシューティングヘッドで、タングステン使用の1000グレイン(64.8g)という重さ! 秒速26.7~27.7cm(カタログ数値)という沈下速度もタダモノではありません。秒速27cmとすると5カウントで135cm、10カウントで270cm、20カウントで540cmも沈むってスンポーです。これはもはや特殊用途のフライラインであることは疑いようのない事実ですね。
 でも1000グレインもの重さを存分に投げられるフライロッドというのは、おそらくものすごく少ない(存在してない?)と思います。少なくとも私が使用を想定しているロッドの番手では無理なので、いきなり半分にカットしちゃいました。それでも500グレイン。麦の粒が500粒ですよ。茶碗に盛るとたいした量ではないですが、350グレインよりも150粒も多い!もとい、重い!
 で、昨日の朝に某所でテストして来ました。使用ロッドはXTR、ボロンを配合した固めの#10。先端4mちょい+オーバーハング分のランニングラインをトップガイドから出しているだけで、ティップに十分すぎる重さを感じられます。とかいってるとラインはあっという間に水中へ消えていきます。ロールキャストの要領で何度かラインを打ち返して水面近くにもってきて、適当なところでピックアップ&レイダウン!
「ダァウゥンンァナァップ!」
 そんな掛け声を発したくなるほど強烈な重さが手首に走ります。乱れながらも前方へ飛んでいったループは、バシャバシャッというフライラインとは思えない無様な着水音を残して水中へ。見る見る沈んでいきました。2時間ほど投げつづけた結果、なんとか15m程度は安定して投げられるようになり、それなりに狙った場所へも落とすことができるようになったので、まぁ良しとしました。しかし#10でもちょっと負ける感じがするので#12にしちゃうかも……って、一体なんのことか詳しくは後日にでも書きたいと思います。
b0000168_13221722.jpg

1000グレインですよ、1000グレイン。暴力的なまでに重く、その破壊力(?)を想像すると自分の背中を釣るのだけは絶対に避けなければと思います。マジでミミズ腫れとかになりそうで……
b0000168_13222759.jpg

ランニングラインで最近気に入ってるのは3Mのヤツ。ディンプル加工が施してあって海水でも水切れがよく、巻きグセもつきにくいです。細すぎないのでラインをさばきやすい点もいいですね
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-21 13:55 | 道具のこと | Comments(8)
ヒラメシーズン開幕!
 どうやら明日はヒラメに行かねばならない日っぽいです。

 条件はかなり良い感じ。夜明けが5時20分ごろ。晴天、波浪は1~1.5m。潮は中潮だけど、たぶん澄み潮だから問題ない(でしょう)。毎年この時期になるとヒラメがサーフのシャローエリアに入ってくることが増え、フライフィッシングでもゲームが可能になります。時期的には2ヵ月くらいのシーズンなので、行けそうな日には行っておかないとマズイわけです。
 とゆーわけで、今シーズン開幕の初戦行って来ます!(今年はヒラメサイズを釣りたいなぁ…)

※「大海原とフライロッド」では、ソゲ(40cm以下)のリリースを支持しています!
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-17 22:52 | ざっくばらんに | Comments(2)
本物のサーフキャンディ
 つい最近、ボブ・ポポヴィクス御大が巻いた本物のPOPFLYを何本か撮影することができました。いやー、やっぱり本物はちょっと違います。というわけで順次画像をアップしておきますので、気になる方は参考にしてみてください。
b0000168_18582620.jpg

紫外線でちょっと黄色くなり始めていますが、その透明感はさすがオリジナル。ミノーのシェイプも巧みに表現されていて、さすがに完成されてるなぁ…というのが感想です
b0000168_18584478.jpg

アイ部分が重ね塗りによって膨らんでいます。これぐらいの厚みはOKということでしょう
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-17 14:10 | フライのこと | Comments(4)
ラインシステム(その1) -オーソドックス編-
 というわけで、恥ずかしげもなく「ラインシステム公開 第1弾」と参りましょう。とりあえず1回目は、私が使っているシステムの中で最もオーソドックスなものです。ライン強度を変更するだけで陸ッパリのシーバスからオフショアのシイラまで対応できるもので、面倒なときや釣行日まで時間がない場合はこれで通します。バッキングはPE4~5号で、リールのキャパシティに合わせて200m~巻けるだけ巻きます。もっと高強度のPEラインの使用もいいのですが、フライラインの強度が約35lbということを考えると、あまり強すぎるバッキングラインも考えものかな? と思っているのでフライラインと同等程度のPEラインを収納しています。PEは高いですしね。中型シイラくらいまでならダクロンのバッキングラインでもまったく問題ないと思います。
 図中(1)のPEとフライラインの結束はオルブライトノット(ほつれ留めにハーフヒッチを2回)です。PEをダブルライン(ビミニツイストなど)にする必要性は少なくともこのクラスでは感じていなし、フライラインの交換も多いのでやってません。
 図中(2)のダブルラインとフライラインの結束はループトゥループ。2回通しにするとより安心。ダブルラインは狙う魚によっても異なりますが、シーバスなら8~12lb。シイラなら16~20lbあたりにしています。ダブルラインの先端はエイトノットでループを作っています。
 図中(3)はスパイダーヒッチでダブルラインを作っています。以前はビミニツイストを多用していましたが、ここ1~2年はスパイダーヒッチの方が多いです。理由は船上でも短時間にバラつきが少なく結べるから、でしょうか。ビミニとの強度差はほぼないと思います。
 図中(4)はクラスティペットとショックリーダーの結束ですが、ここでもオルブライトノット+ハーフヒッチ2回を使っています。ここの締め込みは慎重にやらないとスッポ抜けます。ハーフヒッチした余りをライターであぶってライン先端にこぶを作ることもありますが、それはけっこう本気になっている時です(笑)。
 図中(5)はショックリーダーとフライの結束部分で、50lbより太いショックリーダーの場合はハリソンズ・ループやホーマーロード・ループ(フリーノット)なんかで結びます。20lbとか、それ以下の細いショックリーダーの場合はハリソンズ・ループ、ユニノットなどで結びます。
b0000168_22172785.jpg

まずは1回目なのでオーソドックスなシステムですが…(何回やるのか未定)次はシーバス用のラインシステムなんかを載せようと思います。あぁ、たいしたものじゃありませんので、過度の期待はご勘弁ください
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-15 22:19 | 道具のこと | Comments(2)
フライラインの先っちょ
 えー、このウェブログを開始してしばらく経つのですが、ちょっとリクエストがあったので何回かに分けてラインシステムとかその関係のお話をしていこうと思います。前もって書いておきますが、ここで公開しているのは私個人のやり方ですので、これが絶対正しいとかそういうつもりはさらさらありません。自分のやり方を公開するのは恥ずかしくもあるのですが、参考になる方がいれば幸いですし、もっと優れたやり方をご存知の方がいらっしゃれば、私も学ばせていただこうと思っています。海のF.F.は謙虚さが重要!(笑)ですから。
 ってなわけで、1回目はフライラインの先っちょをどう処理しているかのお話です。多くの方がフライラインの先端にループを作っているかと思いますが……その作り方もいろいろあっておもしろいものです。私もいろいろ試してきましたが、現在のところ下図のようなループの作り方で落ち着いています。ブレイデッドコアが内蔵されているフライラインであれば“ともじめ”できるので、強度的にもかなり強いと思います。あとライン番手にかかわらず取り付けられる点もいいですね。
「オレのフライラインの先っちょはもっとスゲーぜ!」という方がいらっしゃったら、ぜひ教えてくださーい。情報交換いたしましょう!
b0000168_21164772.jpg

かぶせるだけのブレイデッドループは、過去にスッポ抜けしちゃったことが数回あってからこの方法以外では使わなくなりました。最後はケブラースレッドとかで留めるのを忘れずに!
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-13 21:15 | 道具のこと | Comments(14)