"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2004年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

暴風雨の中で
 昨夜は思い立ったようにシーバスのナイトゲームに出撃。仕事から帰宅したのが、10時前だったので、クルマを飛ばして目指すポイントに到着したのは11時ちょい前。台風特有の蒸し暑い風が吹き荒れる中、折からの強風に加えて雨がいよいよ土砂降りに。結局ロッドは振らずにポイントを数箇所見て回って帰宅しました(弱い!)。さすがに他の釣り人の姿を見かけることはありませんでした。
 今夜は台風直後なので活発に食いがたつはず(大潮だし)。運河の水路も泥が洗われてるだろうし、潮がよく当たる場所も気になるところです。それともやっぱりあそこのシャローかな……。
 某所でウェーディングしてるフライマンがいたら、それは私かもしれないのでそっとしておいてください。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-31 19:49 | 戦いの記録 | Comments(4)
アイについて思うこと
 海に限らないのですが、フライタイイング時に注意している事柄があります。それはアイの重要性について、です。ドライフライの場合は無関係なのですが、水中で使うフライ、特にベイトフィッシュやエビやカニを模したパターンの大多数に私はアイをつけています。それは時にダンベルアイだったり、ドールアイだったり、スティックオンアイだったりするわけですが、アイ(目玉)があるのとないのとでは、なんか大きな差があるように思えて仕方ありません。
 よくいわれるように、フィッシュイーターは目を狙って攻撃(捕食)するとか、目があると焦点を合わせやすいという要素も大いに関係していると思います。私個人的にはそれらの要素に加えて“ヤバイ目”という要素を加えたいと思います。これはほぼ確実に私の妄想ですが、捕食者に追われているときは魚も目が焦っているのだと思います。彼らの生活の中で、追われている状態と追われていない状態、どちらが多いかというと、きっと追われていない通常の状態の方が圧倒的に多いと思います。常に緊急事態というか、生命の危機に瀕している状態というのは、それはもう必死なわけで、きっと通常状態とは異なるのだと思います。それは微弱ながら体内で発生する電気であったり、目の状態だったりするのだと思うわけです。微弱な電気はフライで表現するのはなかなか難しいので、せめて大きく見開いた目くらいは再現したいなー、と思ってたりします。
 まぁ、デイゲームならいざ知らず、ナイトゲームでこういったディテールがどこまで関係しているのか図りかねる部分ではありますが、それでもアイがあったほうがなんとなく釣れるような気がするから不思議です。ナイトゲームの場合は側線刺激系の方が釣れるのでしょうか…少なくともシーバスとかの目が暗視スコープの役割を果たしているとは思えないので、彼らが夜間に捕食する場合は側線に頼って獲物を探し、視覚も併用して捕食するというのが現実でしょうか。魚類学については専門ではないのでこれくらいの理解度で釣りしています(笑)。
 もちろん、アイがないフライで釣れることもままありますが、スペースが許すのであればやっぱりアイを付けたくなるのが心理ってものでしょう。だからといってアイのないフライを否定するわけではありませんので曲解なきよう、お願いしたいのです。
b0000168_17423799.jpg
 写真は以前行った沖縄でウチナーの投網漁師さんが獲ったトウゴロウイワシの仲間と、その時に私がキャストしていたジギーです。こういう風にベイトフィッシュを見るとき、最初に目玉を見てしまうってのが自然だと思うわけで、これは人間だけじゃなく、鳥も魚もきっと共通しているんじゃないの?とかね、思うわけです。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-30 18:44 | フライのこと | Comments(0)
「ディープブルー」を見てきました
 この土日は台風で大変ですね。夏の大潮だけに潮位も高く沿岸各地の被害が心配ですが、皆さまのところはいかがでしょうか。
 今日は以前から見に行きたかった映画「ディープブルー」を見てきました。
 NHKの深夜とかによく放送されていたネイチャー系番組ディスカバリーチャンネル(だったっけ)を制作しているイギリスのBBC放送による海を舞台にしたドキュメンタリー映画という説明が適切でしょうか? 私は海フライバカであると同時に生き物バカでもありまして、こういう映像はかなり好きだったりします。
 映画は1時間半くらいで、全編“海”です(当たり前だ)。
 イワシの群に突っ込むマグロ、でっかいカジキなど海フライ好きのツボを突くシーンも入っているので、気になる方は劇場に足を運ばれてもいいかと思います。
 個人的にはもう少し長いといいなぁーというのと、シロナガスをもっとじっくり見せてくれたらよかったのに……と思いました。あぁ、釣りのシーンはまったく出てきませんので(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-29 22:54 | ざっくばらんに | Comments(0)
定番フライのこと その3
 どういうわけだか大きなフライが好きです。
 小さなフライの重要性を理解していないわけではありません。小さなフライを持って行かないわけでもありません。マッチ・ザ・サイズ、マッチ・ザ・ベイトの考え方も一応は踏まえているつもりです。それでも大きすぎるフライを投げてしまうことが多いのはどうしてなんでしょうか。「オメーは自分のこともわからないのか?」とお叱りの声が聞こえてきそうですが、自分のことほど見えなくなってしまうのも真理だったりスルノデハ? なんて、ボクも疑問を疑問で返す小賢しい薄汚れた大人になっちゃったよ、マイハニー。

 さてと。与太話はこのへんにしておいて、私の場合、どういうわけか大きなフライを投げることが多いです。渓流や湖のフライフィッシングでも同様の傾向があるので、これは大きいおっぱいが好きだったり、ぷりんぷりんのお尻が好きだったりするように趣向性というか、性癖みたいなものですね、きっと。
 それで、この写真にあるフライは東海岸の雄、マーク・セドティ御大のスラマーを真似て巻いたもので、全長が20cmくらいあります。オリジナルにはほど遠い完成度なのはご容赦を(笑)。えー、ちなみにこれはシーバス用です。オフショアで投げることもありますが、基本的には陸っぱり&ボートのシーバスゲームで投げます。セドティ御大がストライパーに用いているように、我が国ではシーバス君に用いてこそスラマーの真骨頂というものでしょう(たぶん)。キャスティングは8番ロッドだと少し不安が残るので、安全を考慮して10番ロッドを使っています。サヨナラ・スリング!で投げると気分だけは東海岸ですね~(ウソ)。
b0000168_1304122.jpg
 タイイングにコツはあまり必要ないと思いますが、マテリアルはヤクヘアー、フラッシャブー、スーパーヘアーとかをブワーッとつけて櫛でとかします。後はハサミでそれっぽくカット&トリミング。そうそう、ワイヤーでエクステンドしておくのと、シャンクにウエイトを巻き込むのを忘れずに。私は板オモリを棒状に巻いて、シャンクの上下左右にスレッドで固定しています。エクステンドワイヤーはアシストフックをつけるためでもありますが、私の場合は安全性から取りつけていません。写真のフックサイズは2/0です。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-27 18:59 | フライのこと | Comments(2)
定番フライのこと その2
 海の定番フライといえば、やはりサーフキャンディも外せません。サイズとボリュームを変えることで様々なベイトフィッシュを模すことができるので、フィッシュイーターを狙う際には欠かせないフライパターンだといえましょう。
 オリジナル考案者はご存知の通りボブ・ポポヴィクス御大で、私も彼の影響を受けているうちのひとりです。うーん、いつか直接本人に会って一緒に釣りしたいなー、なんてね。
 エポキシで固めたボディは、まさにキャンディ! 写真はショートシャンクのフック(SC15)に巻いているのでちょっとまとまりがありませんが、もう少しシャンクが長いフックに巻くとボディのエポキシ部分が増えるので、魚っぽさが増すと思います。私の場合、エポキシは2層コーティングするのが常で、最初にマテリアル類を接着し、2回目のコーティングで凹凸や塗りむらをなくしています。シンクロモーターを使ったドライヤーを使うと非常に仕上がりがよくなります。工作関係に強い方であれば、シンクロモーターを買ってきてドライヤーを自作するといいでしょう。モーターは1分間に10回転、15回転するくらいのものが適していると思います(モーター自体は1000円程度です)。ロッドビルディングをされる方であれば、ロッドモーターを流用するという手もありますね。
b0000168_12574681.jpg
 マテリアルはスーパーヘアー(シーヘアー)を基本に、フラッシャブーやEPスパークルなんかのヒカリモノを適当に入れましょう。私は側線入りが好きなので細いシルバーマイラーチューブ+ハックルで作った側線を入れていますが、省いたって一向にかまわないでしょう。最近じゃポポヴィー御大も省いてますし。マイラーチューブの中に細いプラチューブを通しておくとシルエットが崩れにくくなります。あとはマテリアルをハサミでカットして、それっぽい形に仕上げれば完成っす。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-26 19:05 | フライのこと | Comments(2)
定番フライのこと その1
 ちょっと時間が空いたので、私が使っているフライについて書いておきたいと思います。オフショアや湾奥のボートゲームに使うフライで最近特に信頼を置いているのが下の写真のデシーバーです。オーソドックスなフライですが、一応自分では小型のアジを模しているつもりなので、背中をオリーブ色系のヒカリモノにしてみました。名づけてアジ・デシーバーです。キャー、大それたネーミングしちゃう困ったヤツですね。
 ハックルは左右に2本ずつ。表面が内側になるよう開いた状態にして留めています。日本においてデシーバーはハックルが閉じたものが好まれる(?)ような気がしますが、このパターンについては開いているもののほうが動きが好きなのでそうしています。閉じているデシーバーを巻かないわけではありません。じゃ、どうして開くようにタイイングしているかと申しますと、ヘッドとアイの間、フックシャンクがそのまんま露出している部分がありますよね。実はこのフライ、ショックリーダーを結ぶ時はここにネイルノットで結ぶわけです。通常はユニノットやクリンチノット、はたまたパロマーノットなどでアイに結ぶわけですが、この類のフライはシャンクに直接ネイルノットで結ぶことにより、フライとリーダーが一直線になります。こうすることで後方から追跡してくる大型魚に対して不自然な動きを見せることなく、またハックルの閉じ開きのアクションが捕食行動を刺激する……と、昔の3Mのターポンビデオに出演していたビリー・ペイト御大がおっしゃってたと思います。私の拙い英語理解能力なので、違ってるかもしれませんが(笑)。
 しかし、ターポン用のフライの多くがアイとヘッドの間に隙間があるのは事実ですし、ずっと「なんでこんな隙間があるんだろ?」と疑問だったことが解決して、かなり嬉しかったりしました。あれ?いつの間にかなんか話が違う方向になってきてますね。
b0000168_1254845.jpg
 このブログを見て、このフライをタイイングしてみようと思う方はまずいないと思いますが、念のためマテリアルとか記しておきましょう。フックはがまかつSC15(だったような)の#2~2/0を使用。ハックルはアメリカンハックル(白)×4枚。ボディはスーパーヘア(白)をベースに、なんとかフラッシュのパールホワイトを適量。フラッシャブーミラージュの縮れたやつを5~6本適当に混ぜて、その上にオリーブ系のなんとかフラッシュを適量つけて、ヘッドはスレッドでフィニッシュ後、ゴールドのラッピング糸で巻き巻き。仕上げにエポキシを塗って完成。なんとかフラッシュはエンジェルヘアーみたいなヤツで、繊維がもう少し長くて固いです。けどエンジェルヘアーでもまったく問題ないと思います。ハックルの動きがキモなので、何本か巻いて泳がせテストしておくとあなたの釣りがより理想形へと近づくことでしょう
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-25 23:00 | フライのこと | Comments(0)
人も魚も安全に
 渓流で釣ったヤマメやイワナを多くの人がリリースするように、海のF.F.でもキャッチ&リリースが常識になっています。と、書くとこれは多少書きすぎかもしれませんが、極力リリースしたいというのが私の本音です。釣り上げて血を吐いてしまっている魚や、明らかに死亡が寸前に迫ってしまっている魚についてはキープすることもありますが、やっぱり逃がせるものなら逃がしてあげたいと思っています。まぁ、これからのフライフィッシングは、フッキングさせた以上は確実にランディングし、迅速にリリースするというのも重要なテクニックとして認知されるべきだと勝手に思っています。
 ご存知の方も多いと思いますが、ソルトF.F.の対象魚の多くは鋭い歯や突起のある背びれ、エラブタなどを持っています。それゆえフックを外す際やリリースの際に細心の注意を払わないと、こちらが血まみれになることがあります。血まみれというのは大げさですか?……大げさですね。たまに渓流で使うようなフォーセップでフックを外そうと試みているフライマンがいらっしゃいますが、フォーセップは華奢すぎて逆に危険です。専用のプライヤーも売っていますが、最低でも普通にホームセンターとかに売っているプライヤー(ラジオペンチ)は用意されたほうが安全です。なぜに専用のプライヤーなどがあるかというと、普通のはサビますからね。あとはワイヤー切断がしやすかったり、めちゃ軽量だったり、先端の形状がちょっと変わってたりします。まぁお財布と相談してくださいな。
 で、ボガ・グリップのお話です。
 この道具は安全にフックを外すための簡易量り兼吊り下げ器具とでもいいましょうか、先端のツメ部分に魚の下アゴを挟んで吊るすようにして持ちますと、口にかかったフライを外すのが超楽ちんになります。吊るしていると、内蔵のバネ量りが伸縮しますので、魚の重さまで量れちゃったりする優れものなのです。こういった利点だけ挙げても便利で欲しくなっちゃいますが、この器具を使ううえで声を大にしていいたいのは魚体にほとんど触れることなくリリースが出来るということです。つまりはダメージを最小限にするためのツールなのですね。見た目はいかついですが、国内外のソルトアングラーの多くがボガ・グリップを使っている理由がよくわかります。下アゴを挟まれて吊るされている姿は痛々しく見えますが、実は魚は口周辺の痛覚がないという話ですし、素手で触ってヌメリを取ってしまうよりはマシなんじゃないでしょうか。
 ボガ・グリップは15lb、30lb、60lbの3種類があって、私は昨冬に30lb購入しましたが、まだコレに挟めるほど立派な魚に出会えていません。持って行かないときには釣れることもあるのですが……(笑)。
b0000168_1738557.jpg
 ボガ・グリップ自体にはグリップエンドに紐がついているだけなので、海へドボンしたらアウト!です。よって万が一ドボンしたことを考えて尻手ロープなどを連結しておくのが賢明でしょう。私はカールコードを取り付け、カラビナでベルトなどにぶら下げています。このカラビナにボガ・グリップの先端を挟んでおけば一石二鳥です。でもボガ・グリップに合ったホルダーとか欲しいなぁ、と思ってたりします。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-25 19:36 | 道具のこと | Comments(0)
タックルのメンテナンスとか
 海のF.F.を楽しむうえでタックルのメンテナンスは欠かせませんよー。
 当たり前ですが海水は塩分を含んでいます。いくら耐腐食性加工が施されているからといっても、メンテナンスフリーというわけにはいきません。それにタックルは魚とアングラーをつないでくれる大事な存在ですし、現場でタックルが原因でトラブルになったら腹立たしいはずです。だから、日ごろのメンテナンスは習慣にしてしまいましょう。
 とはいえ、そんなに難しいものではありません。誰でも自転車のタイヤに空気くらい入れるでしょ? その程度のことで大部分のトラブルは未然に防げると私は思います。と、ゆーわけでメンテナンスの流れをざっと書いてみます。

■釣行前
・使う予定のロッドを1回つないでみる(軽く振ったり、ガイドを見たりする)
・使う予定のリールを手にとる(グリグリ回したり、逆転させたり、スプールを外したり)
・ラインとリーダー類の接続箇所をよく見ておく、もしくは結束する(前夜とか)
・リーダーシステムを組んでおく(大物系の場合)
・フライの確認(ポイントなどを中心に)

■釣行後(現場ですぐ)
・タックル類を水道水でざっと洗う
・リーダーなどの消耗品はフライラインから外す

■釣行後(帰宅してから)
・使ったロッド、リール、フライなどをお湯で洗って塩抜きする(シャワーか風呂に入る際一緒に)
・タオルや新聞紙の上に塩抜きしたタックル類を置いて陰干しする
・ロッドは乾燥後に破損箇所がないか確認してケースか袋にしまう(フェルールワックスなどを塗ることもあります)
・リールは乾燥後にスプールを外し、ドラグ部分をチェック。ついでにグリスアップしておきます。また、フライラインもクリーニング&コーティングしておくと次が楽ちん
・フライは再使用可能なものはボックスなどへ。大物を釣った記念にフライをとっておくのはいいですが、強度が落ちている可能性があるので再使用はおすすめできません。タイイング時のお手本にするのがいいんじゃないでしょうか。

 ざっと書きましたが、最低限これだけのことをするだけでもトラブルは減少します。ロッドやリールの違和感はフィールドに立っていると、なかなかわかりにくいものです。目の前に魚がいるような状況ではいわずもがなでしょう。目の前に魚がいるのに釣りができない悔しい事態を極力避けるために、メンテナンスは最低限やっておきたいところです。
b0000168_17334647.jpg 私がリールグリスに使っているのはこの4種類で(左からWAKO'Sのモリブデングリス、同じくWAKO'Sのシリコングリス、ダイワ純正リールグリス、LOONのリールルブ)、部位や素材によって使い分けたりもします。実はクルマ、バイク関係も大好きで油脂類はWAKO'Sを信頼してたりします。CRCもいいですが、ゴムやプラスチックを硬化させてしまう恐れがあるのであまり使いません

b0000168_17341175.jpg ラインドレッシングはだいたいこんなところですね。5種類ありますが、あまり神経質に使い分けてるわけではありません。オールマイティなのはSAのラインクリーナー(中央)だと思います。TMCの2種類もいいのですが、なんかじわじわ容器から漏れてくる(特に左)のが困ります。なんとかなりませんかねー?(笑)
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-24 19:58 | 道具のこと | Comments(0)
17kgのスーパートロフィー!
 17kg(!!)という、スーパートロフィーサイズのシイラを釣り上げたスゴ腕フライマン、S氏からメールが本日届きました! フライフィッシングで相手に出来る大きさのシイラとしては、かなり限界に近いサイズといえるでしょう。使用タックルは#12、ファイト時間は1時間とのこと。「なげーよ!」と思ったそこのアナタ、17kgのシイラ(しかもオス)がフライロッドで1時間で上がってくるというのは、実は早いのですよ! と私は大いに代弁したい。1時間程度で無事ランディングに成功できたのは、ひとえに彼のテクニックゆえ。いやー、やっぱり釣りウマな人は何を釣らせてもウマイです。スーパートロフィーの画像は彼のHPのNews→Adviseコーナーにアップされているので、釣運に見放されがちな方はぜひ拝みましょう(笑)。
 ちなみに15kgを超えるスーパートロフィーサイズのシイラですが、ルアーのGT用タックルやカジキのトローリングタックルでやり取りすれば、さほど苦労せずランディングできます。下手をすると外道ということで酷い扱いすら受けることもしばしば。あるアングラーにとっては大いに意味を持つ魚も、別のアングラーからすればただの邪魔者にすぎない。そう考えると、なんだかちょっと釣りという行為について考えたくなってしまいます。
 でも、ひとつだけいえるとすれば、どんな魚も敬意を持って接しなければ……と思います。せっかく自分の巻いたフライに食いついてくれたんですからね。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-23 20:34 | ざっくばらんに | Comments(0)
壊れないタックルはないけれど…
 実は昨日もシイラのF.F.へ行って来たのですが、同船者のリールが1台破損しました。破損状況はセンターシャフトが軸ぶれを起こし、うまく巻き取れなくなってしまったようでした。どこの製品かは特に記しませんが、超有名ブランドのリールであることは確かです。
 かかっていたシイラのサイズは推定140~150cm。ランディング寸前まで来て、最後の最後に船影に隠れようと走ったところでラインブレイク! ブレイクの原因はノットやドラグ調整などいろいろ考えられますが、ファイト中にリールの軸がぶれていなけば、彼の結果は変わっていたかもしれません。
 その前のシイラゲームの際も同船者2人のリールが破損しました。1人はリールフットとフレームを留めているボルト(2本)が外れて脱落。もう1人はハンドルノブのシャフトがぶれて外れてしまい、ノーハンドル状態。彼らの名誉のために書きますが、いずれも名の通ったブランドの海用フライリールとして売られているモデルです。それでも、やはり壊れるときは壊れてしまうものなのですね。
 10kgを超えるマグロ、カジキ類、はたまたターポン様を相手にするのでなくとも、海のゲームフィッシュを相手にするには、第一に信頼性の高いタックルを選択する必要があるといえるでしょう。それはロッドであり、リールであり、フライラインであり、ショックリーダーであり、フライフックであり、ノットであるのでしょう。
 海のF.F.という深く広大なゲームフィッシングの大海原において、私は船を漕ぎ出したばかりの若僧ですが、自分の失敗はもとより人様のトラブルを見るにつけて、学ばせてもらうことしきりです。とゆーわけで、次はタックルのメンテナンスとかについて書いてみようと思います。
 あぁ、それから昨日は潮目の漂流物に着いていたシイラ君の巨大な群れと遭遇。おそらく100匹くらいの群れだったのではないでしょうか。サイズはペンペン~160cm級とさまざまで、私も160cmクラスを狙いましたが、先に飛びついてくるのはペンちゃんばかり。ちょっぴり期待していたカツオ君の姿は皆無。黒潮大蛇行の今年は好不調の波が激しい様相ですが、9月以降に期待したいところです。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-23 12:22 | 道具のこと | Comments(0)