"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
<   2004年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

シイラ君
 シイラという魚は日本近海における夏のソルトウォーターフライフィッシングにおいて、欠かせない存在といえるでしょう。年によって多少のバラツキこそあるものの、太平洋側、日本海側ともに多くの群れが回遊し、群れにはまとまった個体数が必ずいて、1mを軽く超える個体も多く、すこぶるよくファイトし、何より活発にフライにアタックしてきてくれる(ここ、すごく重要です!)。こんなに気のいい魚をゲームフィッシュと呼ばずになんと呼べばいいのでしょうか? いや、そんな話をしたいわけじゃないんです。ただ、シイラをイージーな魚と決めつけ、軽蔑するように接する釣り人が個人的にはちょっと苦手です。
 ストライク直後に繰り返されるテイルウォーク、ロッドの向きとは全然違う方向への鋭角的なジャンプ、ひとしきり海面で暴れてからの急潜行、そして長い沈黙のようにすら感じられる執拗な抵抗、ようやく浮上してきた際、ブルーウォーターの中で黄金に輝く力強いシルエットには毎回ハッとさせられます。ゲームフィッシュとしての資質、風格、いずれをとってみてもこれほどの魚はいません。マグロもカツオも面白いです。カジキもいずれは挑戦してみたいです。海外のターポン、ボーン、パーミットはいうに及ばずです。
 ですがですが、それらと比べてシイラが劣っているなどと私は到底思えないのです。敷居が高いとされるF.F.の中で、さらに一握りのフライマンが楽しんでいる海のF.F.において、シーバスと並ぶほどに比較的気軽にチャレンジでき、その魅力の片鱗にふれることが可能なゲームフィッシュとして、非常に貴重な存在なのだと思うからです。だから、今年の夏もシイラ君たちが黒潮にのって北上してきてくれたことをありがたく思っています。
b0000168_13244580.jpg

[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-29 19:07 | 魚のこと | Comments(0)
シイラ(145cm)
b0000168_13213329.jpg というわけで、昨日、今シーズン初のシイラ釣りに行って来ました。
 流れ藻についたシイラの群れはすこぶる気のいい連中で、フライを夢中に追いかけてくれました。1匹目にかけたのは120cmくらいのオスのシイラで、これはショックリーダーとダブルラインの結合部(オルブライトノット)がスッポ抜けてしまい、あえなくサヨウナラ。朝、急いで結んだせいでノットが甘かったようです。うーん、なにごとも急いではいけません。気を取り直して今度はしっかり締め込んだオルブライトノット+クリンチノットでスッポ抜け防止。いざ再戦! と挑みましたが、機嫌よくフライを追ってくれていたシイラ君もだんだんフライに反応しなくなってしまい、ちょっとお疲れモード。しかし、諦めるわけにはいきません。これをやりに来ているのですからね~。とかいいながらリトリーブしていたアジ・デシーバー(2/0)にメーターオーバーのシイラがヒット!
 ぎゅんぎゅん、ぐわんぐわん、と万力の名にふさわしいファイトを堪能させてくれます。#12ロッドで必死の抵抗を試みますが、なかなかのファイターでそう簡単には浮いてきてくれません。途中で写真撮ったり、水分補給時にちょっと代わってもらったりしながら、それでもなんとか無事にランディング。メジャーをあてて測ってみると145cm、推定13~14kgの立派なシイラ君でした(自己記録を5cm更新!)。ファイト時間は約45分。血も吐いていなかったし、まだ元気だったのでリリース。その後、私の方はというともう完全にグロッキーでした。はふー。
b0000168_1322162.jpg

【使用タックル】
ロッド:スコット ヘリプライ 8'8" #12 リール:エーベル ビッグゲーム
No.3 ライン:3M ビルフィッシュテーパー(#13) クラスティペット:16lb
 ショックリーダー:50lb フライ:アジ・デシーバー(2/0)
[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-28 13:01 | 戦いの記録 | Comments(0)
ソフテックス
エポキシはカチカチに固めるときに有効ですが、カチカチに固めたくないフライの場合、コーティングにはシリコン系の接着剤を使っています。
エポキシ系のボディは独特の艶と透明感があって、沈下速度も速いのですが、魚の食い込みが悪いように感じることが時々あります。カチカチのボディなので“つるん”と口から滑って出てしまうような印象なんですよね。あくまで個人的な印象ですが。
食い気が満々の時はエポキシ系のカチカチボディでもまったく問題ないのですが、湾奥のシーバスのようにスレて食い渋っている魚にはちょっと・・・・・・という状況があります。
個人的な経験からですが、そういう場合にはシリコン系接着剤でコーティングしたフライが効果的なことが多いように思います。エポキシのカチカチボディだとショートバイト時にうまくフッキングしないですが、柔軟性があるシリコンのボディがフックアップの可能性を広げてくれるのだと思います。

エポキシと同様にいろんなシリコン系接着剤(釣り用から文房具、建材用まで)を試してみた結果、ある2種類のシリコン系接着剤がベストという結果に落ち着きました。
そのうちのひとつが写真のソフテックスです。911テロ以降、どういうわけか国内に輸入されにくくなっているようで、やや入手が困難になっているようですが、このソフテックスは透明感もあるし、コーティングの皮膜も調整しやすいお勧め商品です。
そのうえ、このソフテックスにある薬品を混ぜるとより一層透明感が増します(エポキシと同じかそれ以上の透明感!)。禁断の技、というほどのものではないのですが、万人にお勧めできるわけではないので・・・・・・。興味のある方は直接聞いて下さればお教えします。

もう1種類は庶民の味方、バスコーク(透明)です。ホームセンターなんかに行けばおいてるはず。ちょっと粘度が高いですが、コストパフォーマンスを考えれば十分使えるシリコン系接着剤です。
b0000168_15302529.jpg

[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-21 14:40 | フライのこと | Comments(1)
エポキシのこと
 ソルト系フライマンにとって、なくてはならないのがエポキシ系接着剤でしょう。
 敬愛するポポヴィクス御大のオリジナルパターン“サーフキャンディ”をはじめ、現在では多くのフライタイヤーが躊躇することなくエポキシ系接着剤を使ってタイイングしています。私もその中のひとりなのですが、ひとことでエポキシ系接着剤といっても世間にはいろんなエポキシ系接着剤があります。基本的に接着剤なので“くっつけばいい”という発想で製造されているものが多く、いかれたフライタイヤーが求める“透明感”であったり“コーティング時のサラサラ感”だったり“適度な硬化時間”であったり“紫外線への耐久性”だったりは、残念ながらあまり考慮されていません(当たり前だ)。
 白濁するもの、硬化時間にムラがあるもの、ヒビ割れやすいもの、硬化後もしばらくベトベトするもの・・・・・・などなど。あれこれ試してみた結果、現状で自分の求める効果を発揮しているのが写真の2種類です。
b0000168_13173277.jpg 画像の右はデヴコンの30分硬化。基本的にこれを常用しています。5分硬化タイプもあるのですが、短時間で硬化するタイプは気泡を抱きやすいため、急ぎの場合以外は使用しません。硬化するとなかなかの透明感を表現してくれ、艶めかしいボディになること間違いなし。ポポヴィー御大も使用しているので安心です!(何がだ)
 左はエンリコ・パグリッシのブランドから発売されている1分硬化型のエポキシ。これは少ない面積を効率よく固めるときに使います。瞬間接着剤的な使い方ですね。いずれも硬化時間は季節(気温)によって変化します。また完全硬化させるのは、やはり8時間以上安定した場所に保管しておくのがいいと思います。
 もしお勧めのエポキシ系接着剤をご存知であれば、教えていただけると幸いです。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-21 13:48 | フライのこと | Comments(0)
トリヤマ!
夏になるとオフショアのフライフィッシングに出かけることが数回あります。
オフショアと書くとカッコイイかもしれませんが、実際はいわゆる和船で出かける漁師的な釣りになります。
主な対象魚はシイラやカツオなのですが、時にメジマグロ(クロマグロの幼魚)やキハダマグロ、バショウカジキやサメやイルカなんかも見ることができます。
フライフィッシングのタックルで10kgを超えるようなマグロ類とやりあうのは相当な覚悟が必要になるので、実際は5kg前後くらいがヘトヘトになりながらも楽しいサイズです。
シイラも1mを超えてくるようなサイズになると、淡水魚では味わえないスピード、パワーとも強烈なファイトを味あわせてくれます。
そんなオフショアのフライフィッシングにおいて、もっとも重要な現象。それがトリヤマです。イワシなどのベイトフィッシュの群れをカツオやマグロ類が追い込み、海面へと押し上げていくと、それを見つけたカモメやカツオドリが空中から海面にダイブする。その現象がトリヤマです。いわばスーパーハッチ状態みたいなもので、フライフィッシングに限らずトリヤマを見つければいい釣りが約束されるようなものなので、出港したらとにかく目を皿のようにしてトリヤマを発見するのが第一目的になります。
b0000168_1545383.jpg

[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-21 13:25 | 戦いの記録 | Comments(0)
パーミット様!!
b0000168_19232833.jpg
 ソルトウォーターフライフィッシングにおいて、ボーンフィッシュやターポン、ビルフィッシュと並ぶ至高のターゲット、それがこのパーミットというお魚です。「なんじゃこのエボダイかマナガツオみたいな魚は!?」と思われるかもしれませんが、パーミットを釣るのはヒジョーに、ヒジョーに、難しい(らしい)のです。日本人でパーミットを見事ランディングできた人は数人しかいないのではないでしょうか・・・・・・?
 私にとっては憧れの魚であり、いつかきっと釣ってみたい魚です。ちなみにこの写真は某水族館で撮影しました。和名はたしかマルコバンといいます。まぁ、日本になじみの少ない魚だからといって、てきとーな名前の付け方はどうかと思いますね(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-21 13:11 | 魚のこと | Comments(0)
青い空、青い海
 ソルトウォーターのフライフィッシングは、思い切り青い海と青い空を堪能できます。なかなか釣れない釣りですが、こんな景色をみるだけでもこの釣りをやってて良かったと思ってしまいます。
b0000168_1314795.jpg
 この写真を撮ったのは沖縄の名もないビーチで、飽きない程度に南国系の魚が釣れました。また行きたいなぁ……。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-20 19:47 | ざっくばらんに | Comments(0)
メッキ君
b0000168_19402916.jpg 昨秋に沖縄で釣ったメッキ君。関東エリアでは死滅回遊魚でも沖縄ではバリバリ成長します。大きくなるとジャイアントトレバリーと呼ばれ、フライだけでなくルアーアングラーをも困らせる超絶ファイターになります。 サイズは25cmくらい。小さいけど立派なGT系のボディで、このサイズでもその片鱗を見せる激しいファイトが特長です。こんなのが飽きない程度に釣れるので、沖縄のショアフィッシングは実に楽しいですよ!
[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-20 19:40 | 魚のこと | Comments(0)
ポップフライズが好きです
 ソルトで使うフライの大多数は、敬愛するボブ・ポポヴィクス氏のパターンを基本に模倣しています。その中でもシリコンを使ったこの手のパターンが好きで、多用します。
b0000168_13113914.jpg
 水押し(波動)の効果はグレイトで、シーバス、シイラをはじめトラウトもたまらずヒットします。
 タイイングには多少コツが必要で、その中でもラムズウールをマドラーミノーのようにフレアさせ、刈り込んでヘッドを作るのが慣れないうちは難儀でしょう。あと、ディアヘアよりもはるかに細かい毛がいっぱい出るので掃除機を近くに置いてタイイングするのをお勧めします。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-20 19:34 | フライのこと | Comments(0)
Jiggyの私的バリエーションとか
 ショア、オフショアを問わず好成績を挙げているフェイバリットフライ「Jiggy(ジギー)」です。敬愛するボブ・ポポヴィクス御大のオリジナルパターンで、サイズやカラーを変えることでベイトフィッシュ、シュリンプ、スクイッドのいずれにも対応できる万能フライ。バックテイルとフラッシャブーを適量つけてタイイングします。マテリアルはあくまで少なめにつけるのですが、使っているうちに多少毛が切れたりするので、やや多めに巻いておいて現場でトリミングするなりして使います。フックはTMCの811Sや911Sをベンドバックにして使っています。
b0000168_1381360.jpg
 
[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-20 19:28 | フライのこと | Comments(0)