"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
カテゴリ:放送( 20 )

New Year Comes 2008!


 新年あけましておめでとうございます。

 今年も皆さんにBIG HITとSUPER STRIKEが多くおとずれますように!
 (あ、私にもちょっとはおとずれますように)
[PR]

by saltwater-ff | 2008-01-01 00:50 | 放送 | Comments(24)
年の瀬といえば……
 やー、2007年もあと数日になりましたね。
 いろいろあった人も、なかった人も、今年一年お疲れ様でしたっ!

 大海原とフライロッドも本日で2007年最後の更新となります。このブログを通じて今年も多くの方と知り合え、また貴重な経験をさせていただきありがとうございました。
 2008年もなんだかんだやっていくと思いますので、ひとつよろしくお願いいたします。

 って、わけで今年の最終更新は動画です! 


 2008年始動は元旦から!? ま、おヒマな方はお付き合いくださいませ。
 それでは、よいお年をお迎え下さい!


※管理の都合上、このエントリーのコメント欄以外の書き込み、トラックバックを一時的に停止させていただきます。ご了承下さい。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-12-28 14:41 | 放送 | Comments(2)
フライキャスティング舞曲第5番
 やー、どもども。みかんの皮はヘソから剥く男、saitwater-ffです。

 師が走りまくってる中の更新ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 先週&今週は仕事が忙しくって、釣りに全然行ってないので半分腐りかけています。じゃ、フライフィッシングっぽいことをロクにやってないのか? と聞かれると、そうでもないんですが。

 先日の日曜日は恒例のビリーズスクールだったわけで、今回で4度目の受講でした。前回の問題点Pathが0.5ポイントだけ改善されましたがな。継続はなんとやら。一時的に落ちていた飛距離も自分なりに納得がいくレベルまで回復してきたので、ひとまず安心安心。


b0000168_13213859.jpg
 いつものように小野さんのレビュースクールのお隣で練習開始です。


b0000168_13224493.jpg
 前回から特別講師!?のK一郎さんも参加されてます。


b0000168_13244810.jpg
 日本のフライ業界にはイチローが多い謎。KイチローさんとIイチローさんの仲良し2ショット。Iイチローさんはモノマネしてます(さて誰でしょう? ヒント:海外の有名人)。
 お二人ともキャスティングスキルは超ハイレベル。よく考えたら贅沢なスクールです。


b0000168_13312125.jpg
 このお三方、実は同じJ.G.F.A.クラブチームに所属している仲良しなのです。こういう関係を築けるのって、なんか素直に羨ましい。そんでもって釣りはやっぱりいいなぁ、と思っちゃうわけです。


b0000168_13282069.jpg
 昼食もそこそこにビリー先生の熱血指導、再開です。後ろ向いてるのはIイチローさん。


 スクールの最後には恒例になりつつある『投げっこ』で腕試し。今回はデモンストレーションとしてビリー先生とKイチロー先生が華麗(!?)に決めてくれちゃってます。参考ですが、やや左後方からの追い風(微風)。ロッドはG.ルーミスGLX クロスカレント9ft#8にラインは3MのXXD。お二人ともコンスタントに32~35mをキャストされてました(ビリー先生は35m超!)。

※音が出るのでご注意ください


 さーて、年内のキャスティングスクールはこれにて終了。あとは自主練が大事です、大事です。釣りは……あと2~3回、行けるといいなぁ(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-12-11 13:40 | 放送 | Comments(2)
singer song fisherman
 いやー、毎日寒いですね。北海道や東北地方では雪も降っているそうで……。冬が苦手な方には厳しい季節の到来ですね。冬が苦手といえば、先日、南の島から寒風吹きすさぶ東京へいらっしゃった方にお会いしてきました。

 どなたかといいますと……当ブログでもおなじみ、奄美大島のシンガーソングフィッシャーマン、榊 義弘(kamazz)さんです。毎年行っている関東ライブツアーが、東京・高円寺にある「稲尾座」(いなおいざ)で行われるという情報を聞きつけ、お邪魔してきました。

 本日はその様子を大海原放送・番外編として、少しだけですがお送りしようと思います。
(動画配信についてご本人の許可は頂いています)



 曲は『FlyFisher』です。それではお楽しみ下さい。


※注意 音が出ます


 いやー、どうですか。めちゃカッコイイでしょ~? 曲はこのあと2番へと続き、海フライの歌詞へ……。続き、聴きたくなっちゃったんじゃないですか?


 続きは榊さんの1stアルバム『inoo』にて、ぜひお聴き下さい。

 『FlyFisher』のほかにも『つりにいくよ』、『テゲテゲでいこう』、『国際キャバレー』、『海の見える丘』、『Moonlight』など魅力的な曲がたくさん入って、2,000円。
 
 海フライマン必聴の(!?)アルバムですぞ~。



 余談その1 榊さんはPC操作を間違ってブログ削除しちゃったそうです。近いうちに再開予定とのこと。

 余談その2 奄美大島に行くなら6月がいいらしい。

 余談その3 国際キャバレーはもうないらしい。

 余談その4 島バナナは超ウマイらしい。

 余談その5 YFT公式ブログが更新されてるらしい。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-11-21 16:27 | 放送 | Comments(2)
セヴァン・スズキ伝説のスピーチ
 はい、こんにちは。5月も半ばになり日増しに日差しが強くなっていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今日はちょっと環境のことを書いたりしたいと思います。

 これまでこの「大海原とフライロッド」では、時々環境問題について書いてきました。あまり危機感を煽りすぎるのは好きじゃないので、伝えたいことの1%か2%くらいに抑えてきました。今日はその1%か2%を、3%か4%にしてみたいと思います。ちょっとお付き合い下さい。

------------------------------------------------------------

 今から15年前、リオデジャネイロで開催された「地球サミット」で伝説のスピーチを行った人物。その名はセヴァン・スズキ。

 “サスティナビリティ”という考え方をこれほどまでに鮮烈に、高らかに呼びかけ、人々の心に語りかけてくるスピーチは、残念ながら未だもってありません。

 政治家や科学者や宗教家がどんなに理屈をこねても、絶対に揺るがない人間の根源的な何かを動かす力が、彼女のスピーチにはある。そう思います。

 彼女の年齢は12歳(当時)。

 You Tubeでそのスピーチ映像を見つけたので、リンクを張りました。興味がある方はぜひ。

(以下、スピーチ訳文)

みなさん、こんにちは。

 わたしは、セヴァン・スズキといいます。エコ(ECO: Environmental Children's Organization)というグループを代表して、ここに来ました。わたしたちは、カナダの12才と13才の子供のグループで、自然環境を守るための活動をしています。わたしたちは、自分たちだけでお金を集めて、カナダからブラジルまで、1万kmの旅をして来ました。それは、あなたがた大人に、どうか生き方を変えていただくようにと、お願いするためです。

 今日、わたしが話すことは、すべて嘘のない本心の言葉です。なぜなら、わたしたちが環境問題に取り組んでいるのは、わたしたち自身の未来のためだからです。わたしたち子供が、自分たちの未来を失うということは、あなたがた大人が、選挙で負けたり、株で損をしたりすることとは次元が違う問題なのです。わたしがこれから話すことは、あなたがた大人が死んだあとも、この地球で生きて行かなくてはならないわたしたち子供のためなのです。世界中の飢えに苦しむ子供たちの泣き叫ぶ声は、あなたがた大人の耳には届きません。どこにも行くところがなく、次々と絶滅して行く数え切れないほどの生き物たちのことも同じです。だから、世界中の子供たちや生き物たちに代わって、わたしが話すのです。

 わたしは、外に出てお日様にあたるのが恐いのです。それは、オゾン層に穴が開いているからです。わたしは、息をするのも恐いのです。それは、空気中にどれほど危険な化学物質が混じっているか分からないからです。わたしは、お父さんと一緒に、よくバンクーバーへ魚釣りに行っていました。でも、数年前に、全身がガンに冒されている魚を見てからは、魚釣りも恐くてできなくなってしまいました。今、毎日のように、多くの動物や植物が絶滅しています。そして、一度絶滅してしまった生き物は、二度と戻っては来ないのです。

 わたしには、小さいころからの夢がありました。それは、いつか、野生の動物たちの群や、たくさんの鳥や蝶が飛び交っているジャングルや熱帯雨林を見ることでした。でも、わたしは見ることができても、わたしが大人になった時に、わたしの子供たちは見ることができるでしょうか? あなたがた大人は、わたしくらいの年令の時に、今のわたしと同じように、未来の自分の子供の心配をしたことがありますか?

 わたしたちの目の前で、こんなに大変なことが、ものすごいスピードで起こっているのに、わたしたち人間は、とてものんびりと構えています。まるで、「まだまだ余裕はあるさ」「すぐに解決するよ」とでも思っているかのように。わたしは子供なので、この危機を救うためにどんなことをしたら良いのか、はっきりとは分かりません。そして、あなたがた大人も、本当の解決法など持っていないと思います。だから、せめて、「本当の解決法など持っていない」ということだけは、自覚して欲しいのです。

 あなたがた大人は、オゾン層に開いた穴をどうやってふさぐのか知らないでしょう。死んだ川に、どうやってサケを呼び戻すのか知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか知らないでしょう。そして、砂漠になってしまった場所に、どうやって緑の森をよみがえらせるのか知らないでしょう。

 だから、お願いです。大人のみなさん、どうやって直すのか分からないものを これ以上壊し続けるのはやめてください。

 ここに集まっている大人のみなさんは、いろいろな国の政府の代表者や、企業や団体の代表者、そして、報道関係者の人たちです。でも、そんなみなさんでも、本当は、誰かのお父さんであり、お母さんであり、兄弟であり、姉妹であり、叔父さんであり、叔母さんですよね。そして、ここに集まっているすべての人が、誰かの子供ですよね。

 わたしは、まだ子供ですが、それでも、自分が大家族の一員であることを知っています。それは、50億人以上の「人類」という大家族であり、3000万種類以上の「生き物」という大家族です。いろいろな国の政府や国境が、どんなに分け隔てをしようとも、わたしたち地球で生きるものたちが1つの大家族だということは、絶対に変えることができません。

 わたしは、まだ子供ですが、それでも、自分が大家族の一員であることを知っています。そして、この大家族のみんなが、それぞれかけがえのない命として、同じゴールに向かって進んで行かなければならないことも知っています。わたしは、今のひどい環境を見て、怒りで心が震えていますが、それでも、自分を見失ってはいません。わたしは、今のひどい環境を見て、恐怖で体が震えていますが、それでも、自分の気持ちを世界の人たちに伝える勇気を持ち続けています。

 わたしの国では、たくさんのゴミを出しています。買っては捨て、買っては捨て、その繰り返しをしているからです。そして、そんなにたくさんの物を無駄にしている北の国は、物が不足している南の国と分かち合おうとはしません。あり余るほど物が溢れているのに、わたしたちは、それを手放すのが恐いのです。カナダで暮らすわたしたちは、とても恵まれた生活をしています。食べ物も、水も、お家も、何でも十分にあります。時計、自転車、コンピューター、テレビ‥‥と、持っている物を数え上げたらきりがありません。

 2日前、ここブラジルで、お家の無いストリートチルドレンの子供たちと話していて、わたしたちはとてもショックを受けました。それは、1人の子供が、こう言ったからです。

「もしも、ぼくがお金持ちだったら、お家の無い子供たちみんなに、食べ物も、着る物も、住むところも、お薬も、何でもあげるのに。それから、愛情とやさしさもね」

 住むところもなく、今日、食べる物もない1人の子供でさえ、自分のことだけでなく、みんなと分かち合うことを考えているのです。それなのに、何でも持っているわたしたちは、どうしてこんなにも欲が深いのでしょうか?

 この子供たちは、わたしと同じくらいの年令でした。わたしは、自分と同じくらいの年令の子供たちが、こんな生活をしていたことが、とてもショックで頭から離れません。同じ人間なのに、同じ大家族の一員なのに、「どこで生まれたか」ということだけで、こんなにも大きな差ができてしまうのです。もしかしたら、わたしだって、ここブラジルのストリートチルドレンだったかも知れないのです。そして、飢えに苦しむソマリアの子供だったかも知れないし、インドで物乞いをしている子供だったかも知れないし、大人たちの戦争の犠牲になった中東の子供だったかも知れないのです。

 わたしは、まだ子供ですが、それでも知っています。世界中の国の大人たちが戦争に使っているお金を ぜんぶ平和のために使えば、環境や飢餓の問題のために使えば、この地球が、どんなに素晴らしい星になるかということを。小学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は、わたしたち子供に、「世の中ではこうしなさい」といろいろなことを教えてくれます。たとえば、「人と争ったりケンカをしてはいけません」「ものごとは話し合いで解決しなさい」「他人の気持ちを尊重しなさい」「自分が散らかしたら自分でかたずけなさい」「生き物をいじめたり傷つけてはいけません」「何でもみんなで分かち合いなさい」、そして、「欲ばってはいけません」と。

 それなら、なぜ、あなたがた大人は、わたしたち子供に「するな」と言うことを 自分たちはしているのですか?

 みなさんは、今日、何のためにこの会議に出席しているのか、どうか、そのことだけは忘れないでください。そして、こういった会議を誰のためにやっているのか、それは、あなたがたの子供のため、つまり、わたしたちのためなのです。みなさんは、こういった会議で、わたしたちの未来を決めようとしているのです。

 親たちは、子供をなぐさめる時に、よく、「だいじょうぶだよ。心配するな」とか、「できるだけのことはしてるから」とか、「この世の終わりというわけじゃないんだから」と言いますよね。だけど、今の地球の環境を見たら、もうこんな言葉を自分の子供に向かって言えないと思います。わたしたち子供の未来のことなんて、みなさんの議題の中にすら入っていないじゃないですか。みなさんは、わたしたち子供の未来のことを本当に考えてくれているのですか?

 わたしのお父さんは、いつも、「人間の価値は、何を言ったかではなく、何をしたかで決まる」と言っています。でも、わたしは、あなたがた大人が、この地球に対してしていることを見て、毎晩、泣いているのです。それでも、あなたがた大人は、わたしたち子供を「愛している」と言います。本当なのでしょうか? 本当にわたしたちのことを「愛している」と言うのなら、言葉ではなく、どうか、それを行動で示してください。

 最後まで聞いてくださって、ありがとうございました。


スピーチ訳文参考引用
私的環境学


 あなたは15年前、何歳でしたか? この15年間をどう生きてきましたか? そして、この先の未来をどうすればいいと思いますか? 
[PR]

by saltwater-ff | 2007-05-10 14:11 | 放送 | Comments(2)
ビリー東さんのフライキャスティングQ&A
 はい、こんにちは。もしくは、こんばんは。いつも見に来てくださって、ありがとうございます。動画のほうも大した内容でもないのに、順調に閲覧数が伸びているようで、なんだか嬉しいような申し訳ないような複雑な気持ちです。
 が、今日も懲りずに動画をお届けしちゃいます。

 今回の動画はこれまでの『大海原とフライロッド放送』ではなく、11月26日に埼玉県さいたま市で開催されたビリー東さんのフライキャスティングスクールの様子をお届けしちゃいます!(いわゆる番外編です)
b0000168_16193198.jpg
 ビリー東さんといえば、タイトループ・プランナーであり、JCA公認フライキャスティングインストラクター、メル・クリーガーさんを始め~(中略)~こんな海バカのブログに登場してもらえるなんて、クオリティタカス!!(ありがとうございます~)
☆撮影協力☆フライショップ ハーミット

 実はこないだ公開した大海原放送の第4回に収まりきらなかったんですが、あまりにもったいない内容なので、番外編としてお届けします! 私の余計なナレーション(笑)は入っていないので、存分にお楽しみいただけると思います。見終わるとキャス練したくなること請け合いです(約6分30秒)。
b0000168_16195892.jpg
「コーヒーでも飲みながらどうぞ」と東さんもおっしゃっています。

 ご視聴は下のNOW ON AIRをクリックして、リンク先の再生ボタンをクリックしてください。もちろん無料です。


NOW ON AIR


会社で見ている人は、音量に注意ですぞ!
※PC環境や回線速度によって、コマ落ちする場合があります。その際は時間帯を変更するか、一度キャッシュさせてからご視聴ください。


 皆さまの声が更新の励みになります! 気軽にコメント欄へ書き込みお願いします。

 それでは!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-12-07 16:23 | 放送 | Comments(10)
大海原とフライロッド on the radio? 第4回
 はい、こんにちは。3日連続の更新です。って、びっくり。自分が一番驚いています。

 昨夜は多くの方が見に来てくださったみたいで、ありがとうございました。大した内容でもないのに、なんだか申し訳ない気持ちです。が、今日も懲りずに『大海原とフライロッドon the radio? 第4回』の放送をお届けしちゃいます。

 しかし、しかし、今回の放送はこれまでと違って、内容充実ですよ~!! というのも、11月26日に埼玉県さいたま市で開催されたビリー東さんのキャスティングスクールの様子をお届けしちゃいます!(ワーワー)
 ビリー東さんといえば、タイトループ・プランナーであり、JCA公認フライキャスティングインストラクター、メル・クリーガーさんを始め、海外の著名フライマンと親交が深く、英語ペラペラ~な九州男児、NHK出演歴もあったりする、日本の至宝!なお方だったりします。そんなギザ有名人が、こんな海バカのブログに登場してもらえるなんて、クオリティタカス!!(ありがとうございます~)
☆撮影協力☆フライショップ ハーミット

 じゃ、はやる気持ちを抑えつつ、おヒマな時間にでもどうぞ(約7分40秒あります)。
 ご視聴は下のNOW ON AIRをクリックして、リンク先の再生ボタンをクリックしてください。もちろん無料です。
※ブログに貼り付けると極端に重くなるので、リンク式に変更しました(12月1日)


NOW ON AIR


会社で見ている人は、音量に注意ですぞ!
※PC環境や回線速度によって、コマ落ちする場合があります。その際は時間帯を変更するか、一度キャッシュさせてからご視聴ください。


 ご意見、ご感想などございましたら、気軽にコメント欄へ書き込みお願いします。皆さまの声が更新の励みになります! よろしくお願いします。

 それでは!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-11-29 17:10 | 放送 | Comments(4)
大海原とフライロッド on the radio? 第3回
 どうも~。昨日更新したのに、今日も更新です。
 だからといってヒマなわけではないんですよ(笑)。仕事は一段落したんですが、細かい事がいろいろ溜まってきてまして……。ブログのネタもさっさと更新しないと風化しちゃいそうなので、随時更新!という状態です。


 というわけで、大海原とフライロッド放送、第3回です。今回は秋シーズン終盤、横浜近郊のボートシーバスの様子をちょっとだけお送りします。「雰囲気が伝わるといいなぁ~」くらいの内容ですので、おヒマな時間にでもどうぞ(約6分30秒)。

 ご視聴は下のNOW ON AIRをクリックして、リンク先の再生ボタンをクリックしてください。もちろん無料です。
※ブログに貼り付けると極端に重くなるので、リンク式に変更しました(12月1日)


NOW ON AIR


会社で見ている人は音量注意ですぞ!
※PC環境や回線速度によって、コマ落ちする場合があります。その際は時間帯を変更するか、一度キャッシュさせてからご視聴ください。


 次回、放送分もすでに収録済みなので、近日中にアップしまーす。引き続きお楽しみいただければ幸いです。よろしければご意見、ご要望、コメント欄にお願いします(可能な範囲で対応させていただきます)。
 
 それでは!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-11-28 15:03 | 放送 | Comments(1)
いつもここから?
かなしいときー

(かなしいときー)




巻いたばっかのフライを1投目で失くしたときー

(巻いたばっかのフライを1投目で失くしたときー)

もっとかなしいとき?
[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-30 12:43 | 放送 | Comments(14)
大海原とフライロッド on the radio?
 えー、先日の動画配信のテスト、ご協力ありがとうございました(コメントいただいた方々には特に感謝しています)。結局Total数が270viewくらいまでいったので、まぁおおむね問題ないんだと思いました。
 というわけで、本日から大海原とフライロッド放送を始めちゃおうかと思います!(いやーいつもながら羞恥心が欠落していますなぁ)


↓大海原とフライロッド on the radio?第1回放送はこちらから↓(約10分)

NOW ON AIR

Dailymotionという動画サイト(You Tubeみたいなサイト)にジャンプします。
あ、もちろん無料ですよ!


※ご注意!
音量にはくれぐれもご注意を! また約10分あるわりに大した内容じゃないので、おひまな時間にどうぞ。オフィスで見る場合は上司に見つからないように警戒しましょう。うまく見られない場合は、一度キャッシュしてから見るか、時間帯を変更して再チャレンジしてみてください(うまく動作しない場合は、お手数ですがコメント欄にてお知らせください。参考にさせていただきます)。




 第1回放送ということで、マイクの音量やBGM音量、はたまた内容そのものにも至らない点が多々あると思います。まぁ、本人は80年代の深夜ラジオをイメージしてやってるつもりなので、志(?)を汲んで、生暖かく見守ってやってください(笑)。今後は月1~2回程度の放送にしていければと思っています。
 これまで文章、写真、図を使ってブログを書いてきましたが、しばしば歯がゆさを感じることがありました。たとえば同じ事柄でも、映像で動きが見られたり、声の抑揚があることで、伝わることってもっと増えるんじゃないかと思っています。まぁ、正直に書くとどこまでできるかわかりませんが、とりあえずやれる範囲でやってみようと思って始めました。せっかく海のフライフィッシングが好きな人たちが見に来て下さってるので、これまでと少し方向を変えてみて、もう少しコミュニケーションが取りやすくなるといいなぁ~なんて思っています。よろしければ、しばしお付き合いください。

 それから、このエントリーのコメント欄に何か書いていただけると、次回以降の放送で紹介させていただこうと思っていますので、ご意見、ご要望などございましたら、コメントしていただけると幸いです。あんまり無理な要望には添えませんが、できる範囲で実現できそうな場合は、今後の内容に反映させたいと思っています。う~ん、こういう双方向に活用できるのって、ブログのいいところですね~!

それでは、本日はこの辺で!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-10-06 18:46 | 放送 | Comments(8)