"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
カテゴリ:道具のこと( 123 )

海用フライリールのこと その2
b0000168_13383742.jpg■アイランダー LA4.5
 以前から金色に輝くラージアーバーに憧れてました。新品同様の中古がハーミットさんに出ていたので迷わずゲッツしちゃいました。工作精度、ドラグの効き、回し心地、いずれも私などには文句のない高レベルな逸品です。見た目はゴツイのですが、意外に軽いのもポイント高し。正転時、逆転時ともに小気味よい音がして、水に濡れると音が内部にこもるようになり、それもまた妙味です。優れた性能を有しているリールなのですが、正規輸入代理店さんがあまり積極的にセールスされていないようで、ちょっと残念です。
 今はインターミディエイトのラインを巻いてあるので、主にサーフでのF.F.に用いています。巻き取りスピードも速くて寄せ波が厳しいポイントでもラインをコントロールしやすいです。
 巻いてあるラインはマスタリー・ターポンテーパー #12(インタミ)です。クリアカラーなので、時に神経質になるショアフィッシングに向いていると思います。あと、この手のクリアラインはオフショアで使うと、オマツリの際、船長に普通のナイロンライン(70lbくらい)と思われて途中から切断されることがあるので要注意! 私は2回経験しました(涙)。まぁ仕方ないのですが……。
 私の持っている海用リールの中で金色はこいつだけ。それ以外は黒系ばっかです。それはなぜかと申しますと、元は湖屋だったもので、フレッシュウォーターにおいて金ピカリールは魚の警戒心を招く…と信じていたからです。無論、迷信じみているとは承知しておりますが、当時はそれほど真剣に取り組んでいたのです(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-13 11:01 | 道具のこと | Comments(0)
海用フライリールのこと その1
 それでは、私がよく使う海用フライリールについてのごく個人的なインプレッションを書きたいと思います。使用感や思いなどはごくごく個人的なことなので、気に障るようなことが書いてあっても笑い飛ばしてください。購入時の参考になるかどうかは自信ありません(笑)。

b0000168_13322514.jpg■エーベル スーパー8
 ラージアーバーで、かつ穴がいっぱい空いているエーベルの軽量モデル。当時で8~9万円ぐらいだったと思います。そのころは過労死するような労働条件の中で働いていたのですが、その分身入りも多く、世間のバブルは弾けても個人的にバブリーだった25歳のころに購入。いつか行くぞと決めた海外釣行のため、というのは嘘で、当時熱中し始めていた本栖湖のモンスター用に購入。今もまだまだ現役です。エーベルの中では軽いモデルですが、元々エーベルは重いので他のリールと比較するとあまり軽くないかもしれません。私の不注意でアスファルトに落とした際、ハンドルのウッドが一部欠けてしまいましたが、それ以外はノントラブル。もっとも稼働率が高く、信頼しているフライリールです。
 あえて苦言をいうと、エーベルの海用リールは逆転時に無音なのが不満です。やっとのことヒットした大物のことを周囲に知らせるように、高らかに逆回転音を響かせたいところですが、エーベルリールは無音なのでハンドルがヒコヒコヒコ~というだけで、ちょっと寂しいです。
 ラインはマスタリー・ストライパーテーパー #12が入っています。ストライパーテーパーはコールドウォーター用なので、真冬でもしなやかさが失われません。
 噂では、最近逆回転時に音が出るモデルも発売されているとか…。ずるいぜ、エーベルのおっさん!
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-12 20:31 | 道具のこと | Comments(3)
海用フライリールについて思うこと
 海のフライフィッシング(以下F.F.)が他のF.F.と大きく異なる部分、それは道具にも当てはまります。特に渓流のF.F.において、フライリールはフライラインを収納するための道具という意味合いが強く、軽量で堅牢なものが好まれます。まぁ個人の趣向性やロッドとの重量バランスもあるので一概にはいえませんが、おおむねフライリールは好きなものを使って問題ないです。
 しかし、海のF.F.の場合は少し条件が変わります。それは何ゆえかというと、まず相手にする魚のサイズにもよりますが、おおむね淡水魚よりも力強い魚が多いので、堅牢さとドラグ性能が求められます。たとえば40cmのピンシャンのニジマスとクリックリールでやり取りするとものすごく楽しいですし、なんとか止められます。しかしこれが同じサイズのシーバス(スズキ)になると、クリックリールは楽しさよりも脆弱さが気になって、やり取りはヒヤヒヤものになります。さらにこれがシイラになると、40cmといえどもクリックリールで太刀打ちすることに限界を感じ「あぁやっぱり海用フライリールって必要だなぁ」と心の中で呟くことしきりでしょう(ちなみにシーバスの40cmは中学生サイズ、シイラの40cmはまだベイビーといっていいサイズです)。同じサイズでも明らかに海の魚のほうがファイトは強いですし、それに海はいつどんな大物と遭遇するかわかりません。だからこそ、十分に信頼できるタックルを選ばれることをおすすめします。
b0000168_13354332.jpg
 じゃ、どんなメーカーのリールがいいんだよ、とお尋ねの方もいらっしゃるでしょう。個人的には海用フライリールとして製造されているリールであれば、どこのものでもある程度は信頼できると思っています。海用フライリールは高価なので購入に失敗したくないという気持は痛いほどよくわかります。そこで、次回以降は私の所有する海用フライリールの個人的なインプレッションを書いていきたいと思います。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-12 12:55 | 道具のこと | Comments(0)