"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
カテゴリ:道具のこと( 123 )

TUFFLEYES is compared with the ClearCureGoo. Part2
 昨日、帰り道でiPhone5買うかどうか考えてたら、いつの間にか予約申し込みを済ませてしまっていた男、saltwater-ffです。こんにちは。「11月30日までだと安くなるんですよ!」が殺し文句だったのか、まー、あまり深く考えなかったので、あとあと失敗だと思うかもしれないです。
 iPhone5ってモデルチェンンジするたびに大騒ぎになるんで、その様子を見て内心イラッときていたわけですが、いざ自分が買うとなるとワクワクしてくるから勝手なものですね。フライフィッシングにおいても、あの釣り方は気に食わん……、あのフライはなんかキライ……とか思ってる方がいらっしゃるような気がします。でも実際自分で試してバカ釣れだったりすると「こりゃもー最高!」ってなりますからね。偏見というか食わず嫌いはもったいないなーといつも思います。ま、遊びなんで食わず嫌いでも全然OKなんですけどね。


 さて本日はタフフライとクリアキュアグーの比較、その2です。

b0000168_135337.jpg
 LED球がいっぱいだと、なんかハチの巣みたいでぞわぞわしてきますね。きませんか?
 今回はライト照射しますよ! デュワッ!!

---------------------------------------------------------
フライ!エライ!オスシ!キャンペーン開催中!!
くわしくはこちらへ

---------------------------------------------------------

続きを読む(ReadMore)
[PR]

by saltwater-ff | 2012-10-16 15:51 | 道具のこと | Comments(0)
TUFFLEYES is compared with the ClearCureGoo.  Part1
 ハーイ、iPhone5を買おうかどうか悩んでる男、saltwater-ffです。こんにちは。今はガラケーとスマホの2台持ちで(両方ともドコモ端末)、さらに今春にLTEのモバイルルーター契約しちゃったんで通信費がちょっと重いのですよ(月2万円超)。
 聞くところによるとiPhone5はLTE対応だし、auならテザリング対応だし、ドコモのスマホとモバイルルーターを解約してiPhone5にしちゃえば通信費も端末もスッキリするなぁ、と。テザリングってよく知らないけど、手ザルのing形でしょ。たぶんサルのように手でナニしちゃうってやつかな。ま、スマホよりもオナホのがスッキリして実用的ですかね、umiosaruさん!!
 ガラケーはかれこれ15年以上使ってるんで、今さら替えられないなぁー(笑)。バッテリーの持ちと単純に通話するだけならガラケーの方が優れているとも思うし。そんなこんなで近々iPhone5を予約しようかなーと思ってたりするわけですが、他人のケータイの話なんかどうでもいいですよね。

 さてと本日は先週の予告通り、タフフライとクリアキュアグーの違いについての検証レポートでございます。雑誌とかでやればいいのに、どこもやらないので大海原がやっちゃいます。もちろん今回も自腹! なのでわりと好き勝手に書いちゃうのです。

b0000168_13133194.jpg



フライ!エライ!オスシ!キャンペーン開催中!!
くわしくはこちらへ


続きを読む(Read More)
[PR]

by saltwater-ff | 2012-10-15 13:50 | 道具のこと | Comments(0)
世界のフライリール、なんやかんや
 ドイツの空港でストラディバリウスを押収……。理由はEU内で販売する可能性がゼロじゃないから、だそうですよ。欧州で押収とか、すぐに親父ギャグが出てくるあなた! そんなあなたの味方ですよ!な男、saltwater-ffです。欧州で押収したのはドイツだ?オラんだ!コリアー困ったモンゴル、ザンビアでポルっとガルってブラジるーんこんにちは。最後の方は相変わらずよくわかりませんね。

 本日は唐突もなく世界の気になるフライリールをお届け! まだまだあまり知られていない 変な フライリールがいっぱいあるんですよー。 というわけで、写真とひとことコメントでレッツゴー!



 まず最初はフロムオーストラリア!
ハイデンはオージーでんねん!アンチリバースでっせ!
b0000168_144555.jpg
 プロトでトレバリー釣ってはります。
b0000168_1452618.jpg
 見た目通り、がっちりしてそーなリールですね。今のところアンチリバースのみ。ダイレクトはちょい待ち~ってな感じです。





 はい、続きましてー。フロムUSA!
なんとな~くATH。タイトラインっす!
b0000168_14165361.jpg
 淡水用ですがこの手のデザインで、琴線に触れまくり刺激されまくりの方も多いのでは???
b0000168_1417694.jpg
 カラーバリエもわりと豊富みたいなので、日本でも普通に人気出そうですね。





 続きましてー。次もフロムUSA!
1台で2本のライン!ツインスプール!これは!!!
b0000168_14214490.jpg
 たぶんずーっと昔の英国鮭鱒釣り紳士も夢見たであろうフライリール。現代の技術によって爆誕! いや、昔の技術でも出来たと思うけど。
 海小物で便利そうっすなぁ。ライン2本同時に使うチャレンジャー求ム!





 はい、まだまだいきますよー。フロムジャーマニー!
ももいろクローバー?Z軸の革新的フライリール!
b0000168_14251638.jpg
 シャフトレスラージアーバーもドイツ人が考えたらこうなったッ! って感じですね。これもデザイン的に好きな方いっぱいかも。

b0000168_14252348.jpg
 スプールカラーが選べるのはもちろん、真ん中のシャフトじゃないけどシャフト代わりのフレームも色が選べるっぽいです。
 つーか、Z軸ってどこ? もしかして開発コンセプト的なことなのかな? ドイツ語わかんないバウムクーヘン!





 続きましてー。フロム……どこ?え?スペイン?
ローラー位置を変えてスプールに対応!母を訪ねるフライリール!?
b0000168_1445273.jpg
 なんかねー、これもシャフトレスのタイプなんですが、ローラーの位置を変更することで、径が異なるスプールを使い分けられる……というアイデアの逸品! 王様のアイデアにフライ用品部門があれば、絶対に採用されていたであろうフライリールです。ま、王様のアイデアがもうないけど。マルコはお母さんに会えてよかったね!スペインじゃないけどね。






 最後はー大海原的にイチ押し。フロムUSA!じゃなくってジャーマニー!(たぶん)
日曜朝8時~放送!? 質実剛健戦隊!ダイナブレイク
b0000168_14493078.jpg
 戦隊ヒーローみたいなネーミングですが、ダイナブレイクっていうフライリールですよ。めちゃ頑丈っぽい。そのぶん重そうですが……。

b0000168_14502921.jpg
 同時上映!?の宇宙海毛鉤刑事チェンジオーバーもよろしくね!

 ま、高くて買えないですが……。



 ではまた次回!アディオースアスタレッゴォー!
[PR]

by saltwater-ff | 2012-10-04 14:54 | 道具のこと | Comments(2)
魚をつかむ道具
 いやー、オリンピック終わりましたね! 毎日いろんなドラマと感動の連続で、睡眠不足になった方も多いんじゃないでしょうか。って、開催中はブログの更新が一切なかった男、saltwater-ffです。こんにちは。
 日本のメダル獲得数は過去最多だったとかで、スポーツくらいしか明るい話題がないのもどうなのかなー、と思ったり思わなかったり。

 一般的にはお盆休み突入~で、夏を満喫されてる方も多いかと思います。私は……まぁ、例年通り普通に働いてます。通勤電車がガラガラで朝から快適。そんな8月第3週でございます。

 釣り行ってないの? という質問にはノーコメント。行ってると言えば行ってますが、結果がまったく出てないので行ってないのと同じかもしれません。ま、こういうもがく時間もフライフィッシングの楽しさの一部だと思って、あちこち汗だくになって歩いてます。

b0000168_11382291.jpg
 そうそう、ボガグリップを新調しました。これまで使っていた30lbに加えて15lbを導入。ウエーディングで携行するにはこのサイズが限界でしょう。他にもいろいろ出てますが、いろいろ考えたあげくやっぱりボガに決定。

 この手のフィッシュグリップ?ツールって、バフと同じくらいここ数年で一気に広まったアイテムですね。そういや海のフライマンってどうして覆面(バフ)してるの?って聞かれたことがありますが、じゃ海のルアーマンはなんでタンクトップなの?と同じ質問だと思います。遊びなんだから好きなようにやればええやんね!


 では皆さま、まだまだ暑い日が続きますが、体調崩されませんように。
 おきばりやす。
[PR]

by saltwater-ff | 2012-08-13 11:45 | 道具のこと | Comments(2)
People who cannot think outside the box.
 九州、熊本&大分の水害、関係各位はご無事でしょうか……。東京も低気圧のせいで風が強く、雨も降ったり止んだりしております。自然のこととはいえ、昨年の大地震を筆頭に日本列島全体が災難に見舞われすぎなような気がします。
 お願い、フルボッコもうやめて! 日本のライフがゼロにナッチャウーヨー! アルシンドにナッチャウーヨー!(画像自粛)

 とかなんとかいうてますけど、僕らも頑張っていかなアカンなーいうてるところですねん、な男、saltwater-ffです。スカーレット・オハラこんばんは。


 この低気圧が過ぎれば、西日本~東日本もいよいよ梅雨明けですかね。相模湾じゃ早くもキハダだワッショイ!のマグロ祭りが開催中とのことで、船宿はどこもてんやわんやみたいです。一方、横浜のシークロも連日奇跡のフラットと名づけられたポイントで、ヒレチラ、甘噛みなクロダイ祭りが絶賛開催中! そしてそして、すでにお伝えしているとおり、HNKも開幕からクロダイ絶好調! いや~景気いいですなぁ。
 いずれにせよ、大切なのはコレ。


平常心!
ザッツオール!



<CM>
東京都にお住まいの大海原さんの感想。
「かれこれ20年くらい前からフライやってたんですが、平常心Tシャツを着るようになって、以前よりずっと魚が釣れる気がします。もうコレなしでは釣りできませんね!」(個人の感想です)
b0000168_195223100.jpg
 というわけで宣伝は大事です大事です。
 クロダイのフライフィッシングでもっとも重要な平常心。このTシャツは着るだけで心の平静を保ち、集中力がアップする(たぶん)優れもの。
 まだ少し残ってるそうなので、気になる方はぜひ!
<CM終わり>



 そしてとーとつもなく、箱モノ2点。行政の箱モノは苦手ですが、釣りの箱モノは大好物です!
b0000168_2004770.jpg
 がまかつのライトシールドバッグ(32L)。長年頑張ってくれたシムスのボートバッグのジッパー部がダメになったので、今年からコレにしました。パタゴニアのグレートディバイダーとかもありますが、実用性と価格を優先。
 がまラーの方は黒!なんだと思いますが、変態フライマンなので白を選んでしまいました……。ちなみにがまラーとは、がまかつ製品をこよなく愛する、がまかつ大好きな方々のこと。主に磯の上モノ、鮎、へらの世界に多数いらっしゃるそうです。さる情報筋によると、釣り具のシャネル!という位置づけ。ま、フライだとがまラーは少数派ですね……。海フライだとティムラー、マヴェラー、パタラーが大多数。キャッパーやアキスカーも捨てがたいですね。でも私の使うフライフックは圧倒的にがま製ばっかだし、けっこうがまラーなのかも。
 はい、脱線はこのへんで。使い心地はなかなか良好です。特に仕切りやポケット類もないのですが、固すぎないジッパー、ほどよい弾力&保護性、大きすぎない、あんまり他の人が使ってない、とゆー感じです。



 箱モノつながりでもう1コ。
b0000168_2092987.jpg
 クーラーボックスでんがなまんがな。あんまりクーラーボックスの出番ってないような、でもあったら便利なので小型のクーラーボックスを導入。お弁当入れたり飲料水入れたり、帰りは濡れた服を入れたりと、結構便利です。
 夏場は食中毒とか怖いですし。冷たい飲み物はリフレッシュするのにもいいしー。秋冬に行くカワハギ釣りにも使えるしー。

 箱モノはステッカーチューンすると気分が出るので、ここぞとばかりにレアステッカーをべたべた貼りまくってます。



 さー、明日は金曜日。週末3連休の方は出撃準備万全ですか? それでは、おきばりやす~。
[PR]

by saltwater-ff | 2012-07-12 20:16 | 道具のこと | Comments(0)
秘技ノーブラボビン打ち
 そうですか、漫画喫茶で身柄確保ですか。そういえば東京・水道橋にある漫画喫茶にも、仕事を抜け出した大勢のサボリーマンが潜伏しているとか……。その昔、知り合いの会社の人とバッタリ鉢合わせして気まずかったとか……な男、saltwtaer-ffです。こんにちは。
 漫画喫茶という閉ざされた空間で、互いにここにいるはずのない者同士、無言で見て見ぬふりをするしかなかったです……。しかも相手は某社の専務(当時)だったし。


 まーねー、生きてりゃいろいろありますって。そんなことより、この週末は今季初のHNKへ出撃! と目論んでいたのですが、天気予報は最悪!! せっかくテンションあがってきてたところだったのに。
 まーこれも仕方ないことです。お天気には勝てません。今週末の予定が変更になった方、変更せずに出撃される方、どっちもお気を付けくださいませ。

 さてさて、とはいえ一旦上がったテンションはなかなか下がりません。特に釣りに関しては! というわけで、クロダイ用フライをあれやこれや巻いてるわけですが、そういや今年の正月頃にボビンを新調して、使い心地よかった話をし忘れてました。
 モノはライトボビンってやつです。
b0000168_16283677.jpg
 片側アームのイカしたデザインですが、見た目以上にこのボビンがいいんです! どこがいいか? よござんすか?よござんすね!なポイントは以下のとおり。

(1)軽いのにわりと頑丈!
 片側アームで軽いです。で・す・が、PEやGSPといった強力なスレッドを使ってもビクともしません。ボビンの穴にシャフトを通す構造なので、想像以上にしっかりしてます。ま、多少のたわみはありますが、おおむね許容範囲でしょう。


(2)テンション調整が楽ちん!
 前述したとおりボビン穴にシャフトを通して反対側から蓋をして使います。ここで付属のワッシャーを挟んでおけば、テンション調整が楽ちんでござるですよ。今までアームにわざとスレッドを巻き付けてテンション調整していた方(私だけ?)は、その煩わしさから解放されます。
 ただ、調整のネジを締め込んでいくと、最後の方でめっちゃ固くなって、だいたいツメが欠けます。なのでマイナスドライバーやプライヤーの先端で回しましょう。ツメの固さに自身がある方は自己責任で!


(3)スレッドワークが多彩に!
 チューブの先端が広がってないので、ギリギリまで巻きとって意図したところにスレッドを通しやすいです。たとえばEPファイバーなんかの極細繊維でクリップドヘアっぽくする場合、スレッドをギリギリまで巻きとって、チューブの先端をファイバーの根元に当てるようにすると、余計な繊維を巻き込まずに留めることができます。あー、文字で書いてもなんのこっちゃって感じですね。
 チューブの先端が漏斗状になってるヤツがあるじゃないですか、私も持ってますけど。あれだとファイバーをなぎ倒しやすいんですよね。


(4)ちょうどいい大きさで握りやすい!
 これは単に私の手の大きさにフィットするって話なので、合わない方はすいません。大き過ぎず、小さすぎず。それでいてハサミを握ったままでも作業しやすいのが気に入りました。


(5)スレッドがほつれにくい!
 私はよくタイイングデスクからいろんなモノを落っことすんですが、ボビンホルダーは落っことしランキングベスト5に常に入ってるツールです。
 で、落とすとアームからボビンが外れて、スレッドがびろびろびろ~んってなるじゃないですか。いい感じにテンション上がってタイイングしてるってのに、びろびろびろ~んってなったのを見ると、だだ下がりですよ、だだ下がり。上ずってた魚も一気に深場へゴートゥヘル!ってなりますよ。いや、地獄ってほどでもないですが、天国から地獄へまっさかさま!ってくらいの衝撃だってことを伝えたいんですよ、私は。
 それで、はっと我に返って「何やってるんだろ」とか、「明日も早いから寝なきゃ」ってなるでしょ。そうなるとタイイング中止。もちろん、びろびろびろ~んはそのまま放置です。悲劇はこれで終わったかのように思えるでしょ? 違うんです、真の悲劇は、次にタイイングしようと思った時ですよ。前にびろびろびろ~ん、ってなったまま放置!なんてことはすっかり忘れてますからね。いつものように純朴な田舎の小学生くらいのピュアな気持ちでタイイングデスクに向かうと、そこには無残にびろびろびろ~んってなったボビンホルダーが鎮座しているんです。これって残酷ですよ! どのくらい残酷かというと、夏休みの朝のラジオ体操に行って、ひと通り体操していざハンコ押してもらおうとしたら、あー、これは隣の町内会のだから押せないね、と言われるくらい残酷です。真夏の朝の残酷物語ですよ。で、ちぇーめんどっちーなとか言いつつ直すところから始まるわけですよだいたいは。
 あれ? 何の話でしたっけ?

b0000168_16285081.jpg
 指で直接ボビンを留めて、テンションMAXで締められるのもいいですね。これが出来るのはシャフトを通すタイプならでは。

 画像のハーフヒッチマグの他にマグナムも購入。3700円~とけして安くはないですが、値段分の価値は十分にあると思います。ダンベルアイをギッチギチに締め込んで留められるのがいいですよー。おかげでシャンクをヤスリがけしなくても回転しなくなりました。


 ボビンホルダーのチューブ部分でハーフヒッチできる! という一番のメリットを語らずにスルーするのは、説明がめんどっちいからではありませんよ……。
[PR]

by saltwater-ff | 2012-06-15 17:28 | 道具のこと | Comments(0)
クロダイが釣れたら、それはとっても嬉しいなって
 あっちこっちで大変な事件が起きておりますが……今日も今日とてブログを更新してる男、saltwater-ffです。昼休みですよこんにちは。

 最近の昼メシは近所の富士そばで2枚盛りばっかりですよ。そば食ってヘルシー!というわけでもなく、単に290円というコスパ優先という悲しい現実カムヒアー。そういえば冷やし中華が食いたくなる季節の到来でもありますね。冷やし中華は黒酢ダレも胡麻ダレもどっちも好きです。って、そんな話はさておき。


 こないだのクロダイ……。しつこい? つーか、今回の主役はまっ黒のクロダイではなく、私の出っ張った腹の上に乗っかってるフライロッドでございます。
b0000168_13261319.jpg
 サイトのクロダイをどう釣ったかとかの話じゃなくて、ロッドについて思うことを少し。あくまで素人の竿オンチのたわ言なので、うるさ方の皆様は見逃してください見逃してください。

 で、こないだ使ってたロッドは、スコットのS4s908だったわけですよ。言わずと知れた名門スコットが誇るハイパフォーマンス・フライロッド。世界各地の海でイカレたフライフィッシャーマン&ウーマンがぶんぶん振り回してるのと同じのを、私も東京湾某所で振り回してクロダイげっとんだったわけです。

 海用のフライロッドなんて、高番手だからどれも一様によく飛ぶし、そこそこ名前の知れたメーカーの竿ならどれも同じじゃね? そういう気持ち、わかります。そして釣り人側のスキルによるところも大きいですが、どれも一定以上のポテンシャル、いわば及第点を越えているものばかりだと思います。でも、投げるだけがフライロッドの役目じゃないのは言わずもがな。キャストしたら、次は魚が掛かってファイトして、というのが釣り竿に求められる要素。無論、キャスト性能サイコー!でも魚が掛かるとベナベナ~!なんて竿はたぶんないです。それでもです、竿によって性格というか特性を出す方向性が異なっていると私は思うわけです。

 けっ、キャスティングのキの字もわかってないド素人の阿呆がまたおかしなこと書きおって! と思われてるかもしれませんが、大丈夫。フライフィッシングってのはもっと奥深くて楽しいもんです。都会のインテリ気どりは鼻もちならねえとか、田舎の自称名人は井の中の蛙だとか、投げるのが下手なヤツは黙れとか、いっぱい釣ったからエライとか、そんな薄っぺらなものじゃないでしょ。たぶん。

 ちょっと脱線しちゃいましたが、私が思うにS4s908の良さというか凄さは、シーバス釣ってただけじゃわからなかったな~って。もちろん、遠投しやすさや精度の高さという特徴はシーバスでも有効だったわけですが、ことクロダイをフライで狙うようになってS4sのポテンシャルが一気に解放されたように感じています。
 具体的に書くと……

①正確かつソフトなプレゼンテーションができる
 これ、とっても大事なことです。サイトで狙う場合、クロダイが向いている方向へフライを落とすわけですが、だいたいはダンベルアイ付きの重たいフライなわけです。それを落としたい場所にきっちり落とすというのは、なかなか難しいことです(少なくとも私のスキルでは)。おまけに風や波の影響も受けるわけです。

②少ないフォルスキャストでラインを伸ばせる
 大袈裟に書くつもりはありませんが、クロダイを狙う場合、25m以上のロングディスタンスは必要ないと思います。まず私はそんな遠くの魚に正確にアプローチできません。実際釣りが成立するのはせいぜい15~20m前後でしょう。問題はこの長さのラインをいかに少ないフォルスキャストで投げられるかだと思います。理想はピックアップ→バックキャストで伸ばして、フォワードでそのままシュート! ですが、クロダイの泳ぐスピードや向きによって空中でラインをキープしないといけない場合もあります。いわば“溜め”なわけですが、長くても短くてもラインをキープしやすいロッドだと、その後の展開が楽ちんです。

③鋭いツッコミにも負けないパワーがある
 クロダイのファイトはけっこう強烈です。同じ長さだったらシーバスより突っ込みが強いですし、何よりフッキングすると障害物に一直線な傾向が強いため、走りを止める、障害物から引っぺがす、といった力強さが求められます。昨年にたぶん50UPというクロダイを掛けましたが、障害物に突っ込まれてあえなくブレイク……。その時のロッドはT&T Helix908S4でした。私のHelix好きは周知の事実ですが、あの時はロッドの選択を間違えたと感じました。


 ほかにも細かい点を挙げればきりがありませんが、私が感じる主な要素は以上の3点。これらをクリアしているロッドは何か? と問われたら、文句なくS4sをオススメします。特に①と③はフィールドで使ってみて、よーくわかる部分です。さすが実際に魚を掛けまくってテストされてきたシリーズだけあると思います。

 珍しくベタ誉めやんけ! とツッコミが入りそうですが、やはりイイモノはイイ! と言いたいですし。ま、使ってみたいなーと思う竿はいろいろありますが、実際に使って、コレずっと使いたい! と思えるものはあまりありません。ま、だいたいは良し悪しではなく、好き嫌いの部分が大きいわけですが。



 でもって、もう1つ!
b0000168_13262638.jpg
 サイトフィッシングでたぶんロッドよりも大事な装備(?)の偏光グラス。2012年シーズンに合わせて新調でっす! つーか、昨年秋に入手したんですが、サイトフィッシングの時期はすでに終了してたので、ようやくデビューできました。

 スミスオプティクスのスリーピークスブラウンでんがなまんがな。前から使ってるアクションオプティクス(現スミスオプティクス)のはグレーとブラウンのレンズで、サイトのクロダイFFを始めるまでは特に不満はなかったんですが、クロダイやり始めると全然見えない!! 視力の問題もありますが、頼れるものは何でも頼れとばかりに、話題のスリーピークスレンズを導入。
 スリーピークスって、なんのこっちゃい? と思うでしょ。ツインピークスやスノーピークとは違うんでっせ。レッド、グリーン、ブルー(RGB)のコントラストが一番ハッキリするよう設計されていて、3色のコントラストの頂点(スリーピークス)を実現したことが名前の由来なんだそうです。ま、なんとなーくの情報なので詳しくはお店とかで聞いてくださいな。


 そしてインプレを書くにはまだ早すぎますが、こないだ使った感じでは今まで以上によく見える! シルエット、波間のチラ見え、ヒラ打ち、ヒレピチャなど、当社比1.5倍!

 見えるって、なんて素晴らしい……。パンチラよりもヒレチラの方が100倍うれしい、いや、パンチラもうれしいですが、サイトフィッシングって魚が見えることで楽しさが何倍にも膨らみますからね。偏光グラスどれにすっかな~? な方の参考になれば幸いです。
[PR]

by saltwater-ff | 2012-06-12 16:26 | 道具のこと | Comments(2)
大海原的デジタルカメラ考
 やー、金環日食やらスカイツリーオープンやらで騒がしい日々ですが、大海原的には大して変わらない5月の第4週ですね。こんにちは。
 そういえば今週末は給料日……ですが、自動車重量税の支払いで諭吉さんがさよーならー。ま、ぼちぼち釣りも本格的に始動していかなあかんなあ言うてるところです。

 本日の話題はデジタルカメラ。フライフィッシングをされる方の中には写真好きな方が多く、同時に構図や機材についても一家言お持ちの方がたくさんいらっしゃるように思います。それはフライ好きな方のブログやツイッター、フェイスブックといったSNSを見れば一目瞭然でしょう。
 渓流、本流、湖、海……とフィールドは変われど、フライっぽいイメージがわく写真が好まれるのは共通のような気がします。あ、うちはそんなことないですけどね。


 写真の好みは別として、写真を撮るにはカメラが必要になります。ケータイやスマホでパシャッと済ませるのが今風ではありますが、そこはそれ、道具にこだわる方が多いのもフライ好きの共通項。皆さんいろんなカメラを使われていると思います。コンパクトデジカメを筆頭に防水仕様、タフな工事現場用、はたまた動画優先のムービーカメラ、やっぱりアナログ最高!のフィルム派、プロ顔負けの超高級最新機材をフル装備という方もいたりいなかったり。
 まー、だいたいは水没や塩害による故障を考えると、防水仕様ないしはハウジングで完全防備したコンパクトデジカメが主流ですかね。

 かくいう私は意外にも(?)防水仕様でもなんでもない普通のコンパクトデジカメを使ってます。
b0000168_1240516.jpg
 パナソニックのLX-3です。2008年の発売直後に購入し、以降、大海原ブログの写真の大多数はコイツで撮ってきました。
 F2.0という当時としてはかなり明るいレンズを搭載し、広角24㎜(35㎜フィルム換算)で撮った写真は、肉眼で見るのとは異なる世界を写し出してくれるところが気に入っています。描画力もブログ用に使うには十分すぎるほどで、おおむねどんな撮影でもこなせてしまいます。仕事柄わりとカメラを使う機会があるのですが……たとえば現場の下見とか、ストック用の風景のスナップとか、新企画の宣伝用とか、これらもだいたいLX-3で問題なくこなせてます。おかげでフィルムカメラの代替に購入したマイクロフォーサーズ(GF-1)の出番がほとんどありません。

 すでに後継機のLX-5が2010年に出てますが、LX-3もファームアップしたことで、さほど性能差を感じません。実機を借りて比較もしたんですが、自分の使う範囲ならLX-3で十分かなぁ……。むしろ自然光で撮った時の仕上がりはLX-3の方が好みでした。夜間のノイズはいただけませんが、それはLX-5も同じなので痛み分け(笑)。

 肝心の防水、塩害についてですが、水没させてないので今のところ大丈夫です。東京湾のボートシーバス、相模湾のシイラ、沖縄のカツオ、浜名湖のクロダイなどなど、水没する危険性は常にありましたが、注意してれば思ったよりも大丈夫です(過去にデジカメ水没させたことがあるので、基本的に超慎重になってます)。
 それにウエーディングならまだしも、ボートで水没=ロストですからね。どっちにしろ落ちたらサヨナラです。うーんプライスレス。
 塩害のほうも特別なことをやってるわけではなく、「今日は潮かぶったなー」と思ったら釣行後に軽く水拭きしたり、アルコールで湿らせた綿棒で細部のゴミを除去してやる程度。あ、バッテリー交換やSDカードの交換は基本的に現場ではやりません。内部に潮や砂が入ったらヤバイので。

 10~12年ぐらい前には、防水カメラで水中撮影とかに凝ってたりもしましたが、今は別にそこまでやらなくてもいいかなーと思ってます。


 たぶん大海原ブログをご覧いただいてる皆さまも、釣行時はデジカメであれこれ撮影されてると思います。防水仕様が多いかなー。ま、よかったらコメント欄にお使いのカメラの話とか、おすすめの機種とかお願いします。

 そういえばオリンパスのTG-1が6月末に出ますね。防水仕様の本格派として期待が高まるところです(前評判も上々のようですし)。でもって個人的には、2年毎にモデルチェンジしてるLXシリーズの最新機種(LX-7?)にも期待したいところです。でもプリクラ機能とか美白機能とかいらないからね!(笑)
[PR]

by saltwater-ff | 2012-05-23 13:18 | 道具のこと | Comments(4)
ここでそうびしていくかい?
 北風ぴーぷー吹く夜には、おでんで一杯!が大好きな男、saltwater-ffです。こんにちは。10月も終わりになって、ようやく関東地方でも気温が平年並みまで下がって来て、北風が吹き始めました。いよいよ冬到来間近! って感じですが、皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか。
 
 世間は相変わらずニュースな出来事であふれかえっておりますね。ここんとこはTPP加盟がなんとかかんとか。あー、TPPってアレでしょ、オキナワンビリー先生ことTropicなんとかちゃまがピーーー!してピーーーー!!んなる動画のことでしょ。
 まだ編集途中やけど、こないだ内覧用データを本人に送ったら、ヤツは大変なものを盗んで行きました!あなたの心です!! みたいな感じで、まぁ~てぇ~ル~パ~ン! とかなんとか突き指しながら騒いでらっしゃいました。というわけで一般公開用はもう少しお待ちを……。


b0000168_14584944.jpg
 で、とーとつもなくHATCHの話。この夏、HNKをはじめ各地のクロダイ修行で活躍してくれたのがHATCHのフライリールなわけです。相変わらずスムーズなドラグ、そこそこ軽量でフレームとかフットとかがごっつ堅牢。これだけでも十分すぎるほどのイイリールなわけですが、実はミッドアーバー(スプール)も選べるのをご存じでしたでしょーか!?
 トレンド的には激しいラージアーバー化が進んで久しいフライリールですが、海を視野に入れて考えると、ラージアーバーだけでは渡って行けないこともあります。ま、バッキング1000ヤードも巻くわけじゃないですが、それでもやや多めのラインキャパシティは時として心強いものです。
 また今夏に私がさんざんお世話になったクリア系フライラインの中には、通常よりも全長がやや長めだったり、ヘッドがちょい太めだったりするので、そういった場合もミッドアーバーなら安心して巻くことができました。
 通常のラージアーバーに交換用としてミッドアーバーをプラスするのは大いにアリだと思います(今なら相当お買い得ですし……)。


b0000168_1459572.jpg
 続いて、こっちも今夏のクロダイ修行で足元を支えてくれたSIMMSのフラットブーツです。ちなみにサイズは12です。
 普段履いてるようなスニーカーはUSサイズで10(28.0cm)を買うんですが、ウエットウエーディング用のブ厚いソックス履くし、甲高幅広な日本人のラスト(足型)なんぞお構いなしだろーから、そこらへんを考慮して12を選びました。結果は大正解!! これで砂浜歩きがずいぶんと楽になりました。
 欲をいうと、もう少しアッパー素材が柔らかい方が疲れにくいかなー。登山用のトレッキングシューズみたく足首まで締めることができるんですが、フラット&サーフトレックでは登山用ほど足首のホールド性(っていうんですか?)はいらないと思います。それに皮膚がだんだん水でふやけてくるんで、最初に締めすぎると痛くなりますよ。
 写真じゃ見えませんがソールはフラット用らしくおもしろいパターン。ビブラム製だそうです。ウエーディングシューズのビブラムソールは賛否両論ありますが、1日6~7時間×4日間、さんざん砂地歩いてみた感想は全く問題ないと思いました。水中の起伏や底質の違いも伝わってくるし、陸上を歩く時もソールに砂が詰まりにくい(歩くたびに砂が剥がれるイメージ)ので、足が重くならず楽ちんです。ま、このへんは他のフラット用シューズでも同じかもしれません。


 最後に写真はないですが……今夏はウエーディング用ソックス、ネオプレーンや化繊のを何足か履き比べてみました。これまではワークマンで買った1足500円の作業用ネオプレーンソックス(3mm厚)を愛用してました。メーカー名とか不明のノーブランド品ですが、これおすすめです。サイズもM、L、LLと充実してるし、ピタっとくるフィット感が、シューズの脱ぎ履きをスムーズにしてくれます。何より安い!

 化繊だとSIMMSのウエットウエーディングソックスも良いです。普段5足880円とかの激安靴下を履いてる身としては、1足で3000円超のお値段にビビりますが、まぁ機能性商品だし物は試しということで購入。履き心地は適度な弾力性があって履いた後の方が楽に歩ける感じ。もっと締め付け感が強いのかと思ってましたが、わりとフリーな感じ。かといってズリ落ちるかというとそんなこともなく、とどのつまりはいい感じ。
 たしかどっかで「ソックスの上半分を折り返してグラベルガードっぽく使えるぜ!」みたいな話を聞きましたが、そうだとしても繊維の中に砂がいっぱい入っちゃうと洗濯が面倒だから、折り返して使ったりしてません。結局グラベルガード装着するわけですし。

 最後に「コレは!」と思って新宿SUNSUIで購入した某国産メーカーのウエットソックス。立体裁断だし、水抜けの穴があいてるし、期待してたんですが……まったくもってダメでした。ダメな理由はいろいろありますが、一番問題なのは水の中を歩いた後で陸を歩いてる時に起きる激痛w現象。
 水の中を歩いた後なんでソックスやシューズ内部には水がありますよね。で、ソックスの甲部に穴があいてるんで、歩くたびにそこから水が排出されるわけです。シューズもアッパーの甲部から水が出ればいいんですが、あいにくそういう構造にはなってません(だいたいは下に排水するようになってます)。なので歩くたびに水は排出はするけど、空気が入って来ない!(100歩譲ったとしても入りにくい!)どんどんピターッと張り付いてくるんで、どんどん足が締めつけられていくってスンポーです。なにこれめっちゃ痛い!!
 たぶんシューズとの相性もあるんでしょうね。SIMMSのフラットブーツは甲部分の通気性が少なく、リトプレのウエットソックスは甲部分に穴があいてる。そのため、歩けば水が押し出されるけど吸気はできない。説明がわかりにくいっすね。でも痛かったのは事実。商品名書いちゃったけどまいっか、こちとら自腹じゃー。
[PR]

by saltwater-ff | 2011-10-28 13:20 | 道具のこと | Comments(2)
Force of Rotary.
 何年か前、お茶の間のお父さんたちを魅惑の谷間に吸い込んで離さなかったスイカップこと古瀬アナ(33)が、8歳年上の一般男性とめでたく結婚&妊娠だそうで……希望は捨てたらあかんなぁと思った男、saltwater-ffです。こんにちは。
 十分に熟れたスイカを収穫した一般男性(41)が正直裏山しい! ま、一般男性(41)といいつつも、たぶんどっかのヤリ手社長だったり重役だったりするんでしょうね。このーおっぱい星人めー!裏山!裏山!w
b0000168_1559075.jpg
※画像はイメージです



 さてと。本日はロータリーな話の続き。昨日は新製品の紹介でしたが、今日は私が今まで使ってきたロータリードライヤー(以下ロータリー)についてのなんじゃかんじゃを無駄にイラストレイテッド&大海原的おすすめ指数をパーセンテージで大胆に表現してます。

 ちなみにどれも自腹購入したものばかりなので好き放題書きました。メーカーや輸入代理店の方が見てるかもしれないけど、こちとら自腹じゃー! ってことでノークレームノーリターンね。


 では、どうぞ。

続きを読む
[PR]

by saltwater-ff | 2011-09-28 17:22 | 道具のこと | Comments(6)