"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
カテゴリ:戦いの記録( 125 )

ベイサイドのシーバス&ブラックスナッパ-(ポーギー?)
 横浜港湾部、京浜運河をメインフィールドにされているF.F.専門シーバスチャーターボート「ベイハムスター」さんに先日お邪魔してきました。
 8月にもなると湾奥のシーバスは活性が下がって釣れないというのが定説(勝手なイメージ)でしたが、ベイハムキャプテンのH川さんの名ガイドもあって7匹(セイゴ&フッコ)をキャッチ&リリースできました。実釣した時間は深夜1時出船~4時すぎまで。この時間なら水温も下がってきて、なんとか反応がよくなるそうです。その証拠にさかんにボイルしているシーンを何度も目撃しました。途中で私の勝手な思い込みでフライを変更して釣れない時間がしばらくありましたが、キャプテンのアドバイスどおり釣っていれば2桁は確実だったと思います。うーん、やっぱりキャプテンのアドバイスは大事です、大事です。
b0000168_13425461.jpg
 明るくなり始めた東の空を背に、そのまま帰港するのかと思いきや、そうは問屋が卸しません。実はH川キャプテンよりブラックスナッパー(クロダイですね)をフライでチャレンジしてみませんか? とお誘いを受け、今日はその初チャレンジの日でもありました。
 結果は惨敗。2匹のクロダイが仲良く表層を泳いでいるのを見られただけでもよしとしましょう。しかし、そのうち必ずフライで釣ってやるですよ。基本的にサイトフィッシングになるので、かなり白熱しそうなブラックスナッパー(ポーギー?)のフライフィッシングです。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-08-09 20:17 | 戦いの記録 | Comments(0)
シイラ(145cm)
b0000168_13213329.jpg というわけで、昨日、今シーズン初のシイラ釣りに行って来ました。
 流れ藻についたシイラの群れはすこぶる気のいい連中で、フライを夢中に追いかけてくれました。1匹目にかけたのは120cmくらいのオスのシイラで、これはショックリーダーとダブルラインの結合部(オルブライトノット)がスッポ抜けてしまい、あえなくサヨウナラ。朝、急いで結んだせいでノットが甘かったようです。うーん、なにごとも急いではいけません。気を取り直して今度はしっかり締め込んだオルブライトノット+クリンチノットでスッポ抜け防止。いざ再戦! と挑みましたが、機嫌よくフライを追ってくれていたシイラ君もだんだんフライに反応しなくなってしまい、ちょっとお疲れモード。しかし、諦めるわけにはいきません。これをやりに来ているのですからね~。とかいいながらリトリーブしていたアジ・デシーバー(2/0)にメーターオーバーのシイラがヒット!
 ぎゅんぎゅん、ぐわんぐわん、と万力の名にふさわしいファイトを堪能させてくれます。#12ロッドで必死の抵抗を試みますが、なかなかのファイターでそう簡単には浮いてきてくれません。途中で写真撮ったり、水分補給時にちょっと代わってもらったりしながら、それでもなんとか無事にランディング。メジャーをあてて測ってみると145cm、推定13~14kgの立派なシイラ君でした(自己記録を5cm更新!)。ファイト時間は約45分。血も吐いていなかったし、まだ元気だったのでリリース。その後、私の方はというともう完全にグロッキーでした。はふー。
b0000168_1322162.jpg

【使用タックル】
ロッド:スコット ヘリプライ 8'8" #12 リール:エーベル ビッグゲーム
No.3 ライン:3M ビルフィッシュテーパー(#13) クラスティペット:16lb
 ショックリーダー:50lb フライ:アジ・デシーバー(2/0)
[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-28 13:01 | 戦いの記録 | Comments(0)
トリヤマ!
夏になるとオフショアのフライフィッシングに出かけることが数回あります。
オフショアと書くとカッコイイかもしれませんが、実際はいわゆる和船で出かける漁師的な釣りになります。
主な対象魚はシイラやカツオなのですが、時にメジマグロ(クロマグロの幼魚)やキハダマグロ、バショウカジキやサメやイルカなんかも見ることができます。
フライフィッシングのタックルで10kgを超えるようなマグロ類とやりあうのは相当な覚悟が必要になるので、実際は5kg前後くらいがヘトヘトになりながらも楽しいサイズです。
シイラも1mを超えてくるようなサイズになると、淡水魚では味わえないスピード、パワーとも強烈なファイトを味あわせてくれます。
そんなオフショアのフライフィッシングにおいて、もっとも重要な現象。それがトリヤマです。イワシなどのベイトフィッシュの群れをカツオやマグロ類が追い込み、海面へと押し上げていくと、それを見つけたカモメやカツオドリが空中から海面にダイブする。その現象がトリヤマです。いわばスーパーハッチ状態みたいなもので、フライフィッシングに限らずトリヤマを見つければいい釣りが約束されるようなものなので、出港したらとにかく目を皿のようにしてトリヤマを発見するのが第一目的になります。
b0000168_1545383.jpg

[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-21 13:25 | 戦いの記録 | Comments(0)
サーフのヒラメを狙う (その2)
サーフは一見すると変化がないように見えますが、実はいろいろ変化しています。そのひとつが砂粒の差です。
サーフを歩いていると時々、大きめの砂粒や貝殻が集中して打ち寄せられるところがありますが、ここは流れのスピードがほかと異なる証拠。また底が深くなっていることも多いので、ヒラメやマゴチが潜んでいることが多いのです。写真は他の場所が細かい砂に比べて、ここだけが粒の大きな砂(小石)や貝殻が集まっていました。こういう場所は要チェック!
ほかに有望なポイントがない場合、3時間くらい粘ってもいいポイントです。
大きなポイントの目安となる“離岸流”は過去の傾向やサーフィンの波情報などから、およそ発生しやすい場所が特定できるのですが、このような小さなポイントは日によってできる場所が異なるので探して歩く必要があります。
b0000168_154126100.jpg

[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-20 19:02 | 戦いの記録 | Comments(0)
サーフのヒラメを狙う (その1)
一昨年、昨年とヒラメのフライフィッシングに熱くなっています。
“広大な太平洋にフライロッド1本で向かう”という構図は、まるでドン・キホーテのようで滑稽に思えると同時に自分の無力さを思い知らされます。
「あぁ、オレはいったい何をやってるんだ」と自問自答しつつもフライロッドを振りつづける様は見ようによっては異常者でしょう。それでもやめることはできません。そこに海があるかぎり。

基本はシャローサーフにベイトフィッシュを求めて入ってきたヒラメを狙うので、波のタイミングを見計らってキャストする必要性があります。

大きな波が崩れると大きなサラシができ、ヒラメはそのサラシの中でバイトしてくるので、より大きなサラシの中にフライを通してやる必要があります。そのため、無鉄砲にキャストするのではなく、時には“波待ち”するというのを最初に学びました。
b0000168_1533977.jpg

[PR]

by saltwater-ff | 2004-07-20 18:44 | 戦いの記録 | Comments(0)