"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
カテゴリ:魚のこと( 36 )

キャッチ&リリースは自己満足か
 サッカーW杯の日本代表が決まったり、エビちゃんが入間で結婚発表(!?)したりしておりますが、フライフィッシング的に日本代表を決めるとしたら……? 喧々囂々、阿鼻叫喚の大騒ぎになりそうで止めた男、saltwater-ffです。こんにちは。

 いろいろ更新したいネタが溜まってるんですが、あんまり時間が取れなくて更新できずにいます。すいません。おまけにGW中にひいたカゼが厄介で、未だに喉が痛くてトローチが手放せません。あーもう。

 そうそう、もうすでにご存知かもしれませんが、今月末(?)にビリー東さんの海フライタイイングDVDが発売されるんですってよ、奥さん! こりゃ見逃せませんね!



 まっ、そんなこととは関係なく。本日はキャッチ&リリースについて思うことを少し。

 フライフィッシングに限らず、釣った魚を殺さずに逃がすようにしている釣り人が増えてきたように思います。それは10年前よりも確実に、20年前ならなおさら。

 釣りあげた渓流魚を、お気に入りの銘木フレームのランディングネットに寝かせ、下の石をきれいに敷き詰めて、いい按配の太陽光線がさしこむ瞬間を待ってカメラのシャッターを切る……。その間、渓流魚はエラをパクパク。高水温ならあっという間に昇天してしまうけれど、そこは渓流という冷水+酸素のおかげもあって、多少のことで魚のコンディションは急変しない。
 自分が釣った美しい渓流魚を、お気に入りの道具や素晴らしい景色とともに、まるで一枚の絵のように切り取りたい。そう思う気持ちはわかるし、事実、自分もそうやって写真を撮り続けた経験があります。お世辞にも上手いとはいえない出来映えだったけれど(笑)。

 そして渓流から湖、そして海へと釣りのフィールドを変えてきたけれど、魚を撮影して逃がしたいという思いは変わらない。ただ、海の場合は渓流や湖のように、簡単に撮影ができないケースが多い。サーフやコーラルリーフであればまだしも、磯やゴロタで水際の撮影を行おうとすれば、人間の命も危険にさらされる。海面まで数メートルもある岸壁やテトラからではいくら頑張ったって限界がある。それに真夏の熱いコンクリートに置かれた魚体は、あっという間に致命的なダメージを負う。このことを知る前は平気で魚をコンクリートの上に置いていた(今は反省してます)。磯では取り込みにオタオタしていると、魚は寄せ返す波にもまれてすぐにギタギタに傷みまくる。干潟では勢いよく斜め下に離したら、頭が泥に埋まって死なせそうになったこともある。我ながらひどいことをしてきたのは隠せない。



 だからといって、釣った魚を殺す=食べるというのが、自分にとっての贖罪にはならない。もちろん主義や事情はひとそれぞれだから、他人様のことには口を出しません。けれど、キャッチ&リリースは海の魚にこそ必要な行為だと思っています。
 発眼卵や稚魚、はたまた成魚が何十トンも放流されているような魚種であればまだしも、ほぼ100%が天然魚。厳しい野生を生き抜き、生命の営みを続けてきた魚であり、数十年にわたって子孫を残していく魚だからこそ大切にしたいと思うわけです。



 キャッチ&リリースはしょせん自己満足だという人がいれば、何度でも答えましょう。その通りだと。
 しかし0か1かでは、大きな差があることも伝えようと思います。

b0000168_15111047.jpg
 大型のシーバスは特に弱りやすいので、十分に回復させてからリリースしたいものです。リリース時なら水絡みで撮影しやすいので、フライフィッシングっぽい写真(?)になるかも。

※近年フィッシュグリップ等を使う方が増えていますが、正しく使わないとシーバスの上アゴが外れる原因になります。ここでいう外れた状態というのは、魚体を上から見て唇部が外側に浮いた状態のことをいいます。上アゴが外れると正常な捕食行動の支障となるので、くれぐれも注意しましょう。
[PR]

by saltwater-ff | 2010-05-10 16:01 | 魚のこと | Comments(16)
前門のメバル、後門もメバル
 会社の帰りに、最近できたマッサージのお店に行ったら、揉み返しによる強烈な痛みでおじいちゃんみたいな歩き方になった男、saltwater-ffです。こんばんは。

 揉んでもらってる間は気持ちよかったけど、終わってからが地獄……。日頃の運動不足がたたってますな。


 さてと、本日は雑学の水曜日。あなたも知ってる雑学をお届けします。しかもタイトルどおりメバルのお話です。なぜメバルかというと、メバルが好きだからであります。あと釣り行ってないというのもあります。人並に風邪ひいたり、肺に穴があいたりしている都合、ちょっと控えたりして。あ、肺に穴があいているというのはマジな話ですが、死んだりするわけじゃないのでご心配なく。


 メバルの生態については偶然にも現在発売中のフライフィッシャー誌でパタゴニアンN氏が書かれてるので、そちらかWeb魚図鑑でどうぞ。東京湾でよく釣られるのはアカメバル、クロメバルのいずれかみたいですが、釣魚的にはどっちでもいいと思います。

b0000168_1846855.jpg
 フライフィッシングでメバルを狙っていて、いろいろ面白いことを見たり、体験したことをQ&A形式で書いていきましょうかね。




Q メバルがライズ!?

A ご存じの方も多いと思いますが、メバルはライズします。時にはライズというよりボイルと呼びたくなるような水しぶきを上げて水面に飛び出してくることがあります。
ライズの種類的には、もわーんと波紋が広がるディンプルライズというよりも、ビシュっとしぶきが飛ぶシッピングライズ?が多いです。何を食べている状態かまでは分かりませんが、おおむねシラスやアミなんかを捕食している時によくライズしますね。




Q メバルは食い上げ?

A メバルの口は斜め上のものを食べるのに適した形状をしています。だから斜め上のものに対して強烈な関心を抱くのは宿命。なので食い上げを意識しておくのも大切なことなのです。




Q メバルはヤマメと似てる……って、どこが?

A 似ている、と書くと怒られるかもしれませんが、個人的にはよく似ていると思っています。学問的な分類のややこしさと地方性、繊細さと大胆さを併せ持った性格、ビビビッとくる電撃的なファイト、食性(ミッジ=アミ、中小型メイフライ、カディス=エビ類、ヒゲナガ=カタクチ)、なかなか超えられない尺の壁……など。案外、似ているような気がしてきませんか。




Q メバル専用のフライタックルってあるの?

A たぶんありません。ルアー用はいろいろ出てますね。極論するとメバル用やエギング用っつーのは、たいした設計しなくてもなんとでもなるというのが本音……おっと、こんな時間にだれか来たようだ。

ま、使いたい道具でいいんじゃないですかね。私も#5でやったり#8でやったりいろいろです。ヒラスズキと被る場所では#10!という方もいますし。あ、淡水用を使う場合は華奢なんで、塩抜きとかちゃんとしないと大事なロッドがすぐにボロくなりますよ。特にガイドの付け根とグリップは顕著です。




Q「むーん」とアタるのはなに?

A 人によって表現が異なりますが、メバルを釣ってると「むーん」という前アタリというか、軽く引っ張られるような感触を得ることがあります。ここでアワせてもだいたいフッキングしません。人によっては「なんでじゃー!」「ちくしょー!」「バーカバーカ」などと口走ってしまうことも。
 ルアーのワーミングやイワシメバル釣りをやってみるとよく分かるのですが、鉤のないところを甘噛みしているケースが多々あり、「むーん」の状態はおそらくこの状態。対策としてはそのままリトリーブを続けると、追い食いでフッキングすることがありますが、しないことも多いです。




Q 釣ってるとだんだん群れが浮いてくる?

A 昔、さる著名なフライマンの方に「フライをバンバン流すと流下が増えたと勘違いして、ライズするマスがいますかね?」と冗談半分で質問したところ、「釣ってる間に上ずってくるマスなんかいねーよ! どんな魚だってそうだよ!!」と断言されちゃったことがありますが、今思えばそんことないのになー、と思います。
 静かに釣ってるとメバルの群れが浮いてきて、急に活性が良くなることが確かにあります。ライズが頻発するので一目瞭然です。




Q メバルは凪の日にしか釣れない?

A そんなことないです。でも凪が一番釣りやすいです。




Q メバル釣りにいい潮って?

A ある条件を除けば、潮回りはあんまり関係ないです。ある条件とは大潮。特に満月ピーカンの夜はヤバイ。でも潮が濁ってればなんとかなります。




Q 船だまりのロープに引っかけそう

A 引っかけそうなら投げちゃダメです。




Q メバルを釣った後、手がじんじんするのはどうして?

A メバルの背びれの突起(とげ)には微かな毒があるそうです。じんじんするのはその毒が効いてるからだとか。人によっても違うと思いますが、15~30分くらいでだいたい痛みが消えるので、あんまり気にしていません。気になる方は手袋とかでガード。




Q メバル釣りを盛り上げようとしているのは何かの策略?

A 全然ちがうよ、まったく関係ないよ!(マーク・Pンサー)




Q メバルはジャンプする?

A たぶんしません。




Q 500円メバルって?

A 目の大きさが500円玉くらいあるメバルのことです。おおむね尺以上のメバルの目玉が500円玉級なので。500円で売ってるわけじゃないです。尺メバル釣りたいですね。






 今日はこんなところで勘弁したるわ……。
[PR]

by saltwater-ff | 2010-02-24 19:46 | 魚のこと | Comments(14)
ヒラメ・ラビリンスの入り口にて
 昨日からヒラメについてあれこれ整理しています。
b0000168_2053149.jpg
 これまでフライで釣ったヒラメは、大中小極小合わせて11枚、あれ12枚だっけ? ま、どっちでもいいや(笑)。まだまだデータと呼ぶには程遠い数ではありますが、それでも数少ない体験とか得意の妄想を原動力に、なんじゃかんじゃ書いてみたりしてるのです。



 外洋サーフに向かって、フライロッド1本持って立ち尽くす、あのものすごい絶望感。


 「あぁ、自分はなんてちっぽけで無力なんだ……」と思うこと必至。


 そして、とりゃぁ~~~と、渾身のキャストぉぉ~!! バスケットから伸びていくライン!


 か ・ い ・ か ・ ん !!


 の直後、


 ド ッ パ ー ン !! 波一発でフルラインが全部戻ってくるあの脱力感。


 うんうん。これぞ自然、これこそ大海原。なぜか一人で納得。


 風車に向かって槍を突くドン・キホーテの気分というか、立派な非日常体験。


 近い将来、一人でも多く“ヒラメonフライ”を実現できる人が増えるといいんだけどな~。


 とか思いながら、ヒラメについてあれこれまとめてたらテンションが上がってきて……。


 よーし、明日中に仕事終わらせて、日曜はサーフ出撃しますか!
[PR]

by saltwater-ff | 2008-07-04 21:15 | 魚のこと | Comments(9)
彼のフライロッド、彼女のヒラメ
 こないだ釣ったヒラメ……。
b0000168_1902844.jpg
 悪役顔のヒラメをコントラスト上げまくりで、精一杯カッチョよく調整してみました(笑)。←アンチテーゼ










 でもこのヒラメ、実はサーフで釣ったんと違うんです……。










 だって、色が違いすぎるでしょ?










b0000168_15455947.jpg
 ほんまは砂浜のすぐ脇にある岩場で釣ったんですわ。










 厳密には岩と砂浜の…………ゴニョゴニョ。










b0000168_1548311.jpg
 ほら、砂の色とは全然ちゃうけど、岩の色と同じっしょ?










 でもヒラメって、いつ見ても不思議な魚やなぁ~。










 平べったいくせに遊泳力バツグンやし、すげージャンプするし、めっちゃ獰猛やし。










 ほんまオモロイ魚やな~。










 そうそう、ヒラメの特技をひとつ紹介しましょうか。










b0000168_15531738.jpg
 ヒラメを波打ち際に置いとくと……寄せてきた波に合わせて体をブルブル~て










b0000168_15541696.jpg
 お見事!
[PR]

by saltwater-ff | 2008-03-21 15:57 | 魚のこと | Comments(8)
錨を上げろ帆を立てろ
 カジキ類をフライフィッシングで釣ってやろう……。そんな途方も無いことを思いついたのは、いったいどこのどなた様でいらっしゃるのでしょうか?

 最初は単なる思いつき、冗談だったのかもしれません。酔いどれ釣り師の戯言だったのかもしれません。いやいや、本気も本気、大本気の決意表明だったのかもしれません。すべては想像の域を出ませんが、いずれにせよ「フライフィッシングでカジキを釣ってやるぜ!」と思った御仁が過去にいらっしゃったのは間違いないのです。

 それから幾星霜。1962年のフロリダキーズにて、ウェブスター・ロビンソン氏がフライフィッシングでセイルフィッシュを釣ってしまったのが、すべての黒歴史(笑)の始まり。明確な記録として残っているこの偉業は、史上最古にして最初のものであり、人類全体から見れば大した記録ではないものの、ある種の人間たちとその遺伝子を受け継ぐ者たちにとっては、アポロの月面着陸よりも大きな意味をもってしまったわけなのです。

 それ以来、45年間“ビルフィッシュ・オン・フライ”な人々が世界中の海を巡っているわけであります。地球上に生息するすべてのカジキ類=9ビルフィッシュをフライフィッシングで釣り上げる! というとんでもない夢というか野望を胸に抱いてらっしゃる方もいて、ご存知ビリー・ペイト御大やジャック・サムソン名人がその筆頭なわけですが、なんといいますか……大変おこがましく恐れ多いのですが……先日のロンピンでセイルフィッシュを間近に見てしまったせいで、カジキ類への熱病が発症してしまったと申しますか……とにかく私もカジキ様をフライフィッシングでなんとかしたくてしょうがない!! のです(笑)。
b0000168_11235890.jpg
 最大の特徴はやっぱりこのクチバシというか角というか……。“舵木通し”の異名からカジキという和名になったといわれるほどで、成魚の一撃は魚類のなかで最強クラスの攻撃と思われます。ビルはヤスリのようにザラザラしていて、釣り糸を切断するなんてーのはお手の物のようです。
b0000168_11243256.jpg
 これこれ、この水中での体色がまた鮮やかで、ついついファイトそっちのけで見入ってしまいます。イエローゴールドと申しましょうか、黄色みが強い金色に輝いたと思ったら、一瞬でシルバーになったり、青っぽい縞模様になったり、とにかく筆舌に尽くしがたい美しさがあります。20kg程度のセイルフィッシュですらこの美しさなのですから、大型種のストライプトマーリンやブラックマーリン、ブルーマーリンの美しさは想像を絶するのではないかと思います。
b0000168_11244292.jpg
 グロッキー状態になってくるとサビたような色合いに変化してきます。セイルフィッシュは大きな背ビレが最大の特徴ですが、他のヒレも大きく美しいです。特に腹ビレは紐状で、カジキ類中でもっとも長いことが知られています。ジンベエザメが見られる水族館はありますが、カジキが見られる水族館はたぶんありません(少なくとも日本国内にはありません)。生きているカジキ類を間近に見られるのは、我々釣り人だけの特権なのです。
b0000168_11262860.jpg
 リリースは十分に回復してから行われます。カジキ類は大きさが大きさなので、うまく蘇生して放すのが難しいのでは? と思っていたのですが、先日のロンピンでは、船を前進させながらエラに海水を送り込んで回復させていました。また、ランディングはギャフやテイラーを使わず、厚手のグローブでビルをつかんでフックを外していました。
b0000168_1125747.jpg
 今回の釣行でカジキ類に関する興味深いお話とノウハウを教えてくださった、ビリー東さん。ビルフィッシュに魅入られた先輩として、勝手ににリスペクトさせていただきます!
 ティージング練習しとくんで、また遊んでください。アニキーっ!!(笑)




 今すぐどうにかなる相手じゃないのは十二分に分かっているのですが、いずれ近い将来、カジキ様をフライフィッシングでなんとかしたいと思っています。国内?国外? この際、場所は問いません。地球上であればどこへでも行ってみようと思います。
 さーて、がんばって稼がないと(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-09-19 17:35 | 魚のこと | Comments(4)
和製○○○
 ターポン、ボーンフィッシュ、パーミット、ブルーフィッシュ、ストライパー、スヌーク、レッドフィッシュ、ルースターフィッシュ……海外のメジャーなゲームフィッシュを挙げればきりがありませんが、これらを全種釣るというのは、海フライマンにとって“男のロマン”以外の何物でもないでしょう。
 ただ、そんなに頻繁に海外釣行出来る方なんて、ほんの一握りでしょうし、何も海外の魚ばかりがエライわけではありません。我々の暮らす日本近海にも素晴らしい魚たちがフライロッドを曲げてくれるものです。

 よく雑誌とかに書いてあるじゃないですか。
「このファイトは、まさしく和製○○○の名にふさわしい!」とかなんとか。

 日本近海に生息する魚を、近似種や雰囲気が似てるというだけで、海外のゲームフィッシュになぞらえて和製○○○と呼ぶのがいいか悪いか、好きか嫌いかはさておき、今日は何の脈絡もないまま、私が思う和製○○○を書いてみようかと思います。はい、今回もポップリップの話から脱線です(ごめんなさい)。

 あ、先に断っておきますが、今回のエントリーは冗談です。
 釣魚に上下なし、釣法に貴賎なしですもんね。


和製ボーンフィッシュ=ボラ?ニゴイ? ジェットランだし~。
ニゴイは汽水域にもいるのでギリギリOKで。

和製ターポン=パシフィックターポン まんまですけどね、ヒラ? ニシン系ですし。

和製パーミット=コバンアジ、マルコバン 成魚の釣り難さは本家とどっこいかも?

和製ブルーフィッシュ=カンパチ? 幼魚のシオあたりが限界か?(つか、カンパチは海外でもメジャーなゲームフィッシュだっつーの)

和製ストライパー、和製スヌーク=シーバス こりゃ本命でしょう(もしくはストライパーやスヌークを洋スズキと呼んじゃいたい)。

和製レッドフィッシュ=オオニベ といいたいところですが イシモチ が現実的かなぁ?

じゃ、和製ルースターフィッシュは……???

もしかして、これ?
[PR]

by saltwater-ff | 2007-03-02 13:31 | 魚のこと | Comments(6)
食べるのが下手?
 こんにちは……。昨日は風邪で仕事を休んでしまいました。季節の変わり目、皆さまも体調管理にはくれぐれもご注意くださいませ(前夜にS.W.F.F.的酔っ払い2名から、深夜の電話攻撃にヤラレたという噂も……笑)。
b0000168_1325528.jpg
 さて、突然ですが「シーバスは捕食が下手だ……」なんておっしゃる方もいらっしゃいますが、本当のところはどうなんでしょうかねぇ? 私は魚類学の専門家ではありませんし、研究しているわけでもありません。あくまでアマチュアの魚好きの実感でしかありませんが、シーバスをそれなりに釣ってみたり、以前15cmくらいのセイゴを飼育していた経験から書いちゃうと、シーバスは捕食が下手ではないと思います。むしろ上手なんじゃないか?とも思うわけです。

 まずシーバス=マルスズキ(Lateolabrax japonicus)に限定しますが、彼らの身体能力はとんでもなく優れているわけです。主に内湾性ではありますが、沿岸部であれば外洋サーフ、磯場、はたまた河口の汽水域だけでなく、10km以上も遡上したほぼ淡水エリアでも捕獲されたこともあるくらい。浸透圧調整、水温の変化にも強く、遺伝子的に大変優れたお魚であるといわれています。
 しかも1年で20cm前後、3年で40cmと幼魚期の成長が速いのも特徴で、成熟するとともに魚食性が強くなっていくそうです。こんなに優れた身体能力を有し、しかも成長速度が速い(=たくさん食べる)マルスズキが、捕食が下手だとは到底思えないわけです。百歩譲って、疑似餌を捕らえるのが下手だとすれば、それはフライやルアーで釣ろうとする我々アングラー側が対処すべき問題であって、シーバスのせいにするのはどうかと思ったりするわけです。

 ま、そんなことはさておき(笑)。シーバスも大きくなってくると口腔内の思わぬ場所にフッキングすることがあります。ルアーのトリプルフックが、口腔内で抜けたり刺さったりを繰り返すことは一部で知られていますが、これはフックポイントが3箇所あるフックゆえ、テコの原理が作用するからです。一方、フライの場合は大多数がシングルフックですから、しっかりフッキングさせることができれば、口腔内をフックが移動して刺さり直すことは稀です(私は釣ったことがないのですが、口が硬いターポンやビルフィッシュの場合、口腔内でフックが移動することがあるそうです)。しかし、フッキングが甘いとシーバス特有のヘッドシェイクで簡単に外されて悔しい思いをしちゃいます(エラ洗いは空中でのヘッドシェイクだと思っています)。

 で、いったい何の話なのかというと、ちょっと思うところがあり、フッキングの場所を吻部から口腔内へ変えられないかな……?と。私の場合、これまで吻部へフッキングさせるケースが多かったんですが、最近になってようやく口腔内にセットフックすることが多くなってきました。ままま、自分では意図してそうしているつもりなんですが……大いなる勘違い、そして偶然の重複かもしれません(笑)。真実はシーバス君にしかわかりませんからね。


 そうそう、明日の30日、ザ・フィッシング(TV大阪、TV東京系)でスーパーミノーを使った実釣映像が放送されるそうです。興味のある方はぜひご覧になられてはいかがでしょうか?



 おっと、こちらもよろしくお願いします!
The answer is in the sea.キャンペーン、ご応募絶賛受付中です。
 できることから少しでも始めましょう。さぁ、ご一緒に!!
(近日中にゴミ拾い報告を一度まとめようと思います)
[PR]

by saltwater-ff | 2006-09-29 13:40 | 魚のこと | Comments(6)
生きている色
 今年のカタクチ君はこんな色ですよ~(毎年同じだと思いますが)。某日のサーフで打ち上げられて間もないカタクチ君を撮影しました。時合い到来~! とばかりに投げ倒しましたが、何も起きず。まぁ、いつものことですね。足元でピチピチ跳ねるカタクチ君をつかんで、今後のタイイングのヒントにならないかなー? と、背中やお腹の色をよく観察します。
b0000168_1520834.jpg
 そういや、どうも以前から腑に落ちないことがありました。それは疑似餌で表現されるイワシの色合い。マイワシでもカタクチイワシでも、いわゆる“イワシカラー”と名づけられているもののほとんどが、実際のイワシの色とはちょっと違うような……。我々人間がイメージするイワシのカラーではあるんですが、実際に海辺で見かけるイワシとはどうも色がちゃう(違う)ような。
 まぁ、市販されているカラーはどうあれ、自分でタイイングする場合はなるべく生きている状態のカラーを意識して巻くようにしていたりします。生きてるイワシの色って、かなり微妙な色合いなので表現しづらいんですが、それでも死んでしまってからの色よりも、生きている間の色のほうが重要だと思うんで、がんばっておりますよ。
 あ、もちろんナチュラルカラーだけでなく、ピンクやチャートといったハデ系カラーも重要ですね。釣りも行かなきゃいけないし、タイイングもしなきゃいけないしで、大変な時期になってきましたよ。


 そうそう話は変わりますが、この『大海原とフライロッド』のステッカーを作ってみようかと思っています。作ったら貼ってくれる方いらっしゃいますか? よろしければコメントお願いします(デザイン、サイズ、配布方法は未定ですが、原則無料を考えています)。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-08-04 15:48 | 魚のこと | Comments(18)
ポジショニングのこととか
 よいしょっと。3月ももう後半ですね~。春シーズンもいよいよこれから最盛期を迎えるわけですが、皆さんはいい釣りされてますでしょうか? 年度末でそれどころじゃない? お花見や家族サービスで予定はいっぱい? まぁそういう方もいらっしゃると思います。そんな時間がないなかで、なんとか釣りに行くことができた場合、それこそ何か結果を得たいと思うのが人情というもの。というわけで今回は、シーバスのポジションとそれに対するオーソドックスな狙い方を書いてみたいと思います。例によって稚拙な絵でお恥ずかしいですし「こんなの当たり前じゃねーの」、「大きなお世話だよ!」とおっしゃる方々も多いと存じますが、勝手に書いてることなので気にしないでください。そして毎度書きますが、これこそが正解というつもりもありません。海は知れば知るほど謎だらけで魅力的ですし、これらはあくまで私個人の主観ですので念のため。
b0000168_17413612.jpg
 まず基本的なことから書きますが、シーバスも渓流魚と同じく、流れに対して上流に頭を向けるという性質があります。これ、基本中の基本ですが、意外と知らない人も多いので要注意です。でもって、流れがあるとシーバスは大小を問わず、だいたい同じ方向を向いて泳いでいます。つまり潮が動いている状態というのは、シーバスが同じ方向を向いているという状態でもあるのです。潮止まりの時間帯については後述しますが、よくいわれる“潮が動いていると釣れる”というのは“潮が止まっているよりも釣りやすい状況”ぐらいに私は思っています。ちなみにこれは基本的に昼も夜も共通していることだと思います(ベイトの群れに着いてボイルしているような場合を除く)。
 さて、じゃ説明の続きを。障害物に流れが当たっている場合、その後ろに必ず流れの弱い部分が発生します。これは渓流でも本流でも海でも同じです。この部分のことをヨレと呼び、シーバスはヨレのなかにいるのが大好きなようです。その理由は推測でしかありませんが、流れが弱いので定位しやすく、また物陰に隠れているのでベイトを襲うのにも好都合だからなのかもしれません。もしかすると高水温期には溶存酸素量が多くなったりするのかもしれません。とにかくシーバスはこのポジションが大好きなのは間違いありません。そして、高活性なシーバスは障害物の前に出て、盛んに捕食行動を繰り返します。こういうシーバスはかなり釣りやすいのですが、残念ながらそう頻繁に出くわすことはありません。大抵はヨレのなかに定位して、ベイトフィッシュが通りかかるのを待っているケースが多いと思います。潮止まりの時間帯というのは、流れが止まる(もしくはものすごく緩くなる)ので、シーバスの向きが一定になりません。それゆえに釣りにくい状況になるのかもしれません。活性が下がるかどうかは不明ですが、以前セイゴを飼育していた経験から書くと、潮止まりの時間だろうが何だろうが、餌を与えると食べました(笑)。まぁこの話は別の機会にでも書きたいと思います。
 それからあくまで参考程度に留めていただきたいのですが、こういった障害物周辺でボイルが見えた場合、ボイルの位置でシーバスのポジションがわかることがあります。ヨレのずっと延長線上だったり、障害物の際ギリギリだったり、状況によってそれは様々ですが、ベイトの動き、流れ、ボイルの規模、角度、頻度などから推測することはできるはずです。そして、それが的中した場合、サイズに関係なく大きな達成感が得られたりしちゃったりすると思います。
b0000168_17415831.jpg
 じゃ次ー。はい、橋脚とかバースとかによくあるケースですね。障害物の間隔にもよりますが、複数の障害物を面として捉え、その面をトレースする場合によくやる方法だったりします。ここでも重要なのは潮上(しおがみ)にキャストし、ドリフトさせながらフライを障害物ギリギリに通すということで、逆に潮の下流側を何度通してもなかなかヒットには至りません。魚が見ている方向にフライを通さないとダメ! ということを覚えておくといいんじゃないでしょうか。また、潮上からフライをドリフトさせる場合ですが、食わせる場所をイメージしておかないと、ドリフトさせずぎて引っ掛けてしまったり、ドリフト不足でシーバスにアピールできなかったり、いわゆる攻めきることができなくなってしまいます。夜であれば障害物から多少離れても食ってきますが、明暗の境界線という要素も絡んだりするので、一概に何ともいえません。ただコースを外れてしまうより、しっかりコースを通したほうが確実に釣れるのは間違いないと思います。一方、日中は障害物スレスレを通すのが最低条件になることが多いので、これまたコースを外さないように心がけるとよい結果になるんじゃないでしょうか。
b0000168_17421811.jpg
 んじゃ、その次。ヨレに着いているシーバスを確実に獲りたい! そう思っても岸からアプローチする場合、足場の問題やキャスティングスペースの問題から、思うようにポイントを攻められないのが現実です。私の暮らす東京や近郊エリアでは、コンクリートで護岸されたところが圧倒的に多く、フェンスや鉄柵、壁、街路樹、係留船、常夜灯、通行車両等によって、キャストに制限を受けることがほとんどです。しかし、魚の着き場へフライを通したい。じゃ、どうやるか?というと、潮に乗せて送り込んじゃえばいいわけです。ウエットフライでスイングさせるようなイメージを描いてもらうと分かりやすいでしょうか。最初のうちはフローティングライン、インターミディエイトラインが扱いやすいと思いますが、慣れちゃえばタイプ4とかでも平気でしょう(潮流が速いと重いラインが有利になることが多いです)。私はSTヘッドよりもフルラインのほうが好みなのでフルラインを使っていますが、STヘッドでもたぶん問題ないと思います。
 ラインを送り込む際のコツはスラックを入れて、潮流に乗せながらヨレのなか(もしくは可能な限りヨレに近い場所)を通過できる場所まで流します。でもって、流しきったらそのままヨレのなかを通過するようにリトリーブ開始。だいたいヨレに入ってから、障害物の側面を通過するまでの間にバイトが集中します。うまくヨレのなかを通過できなかった場合は何度もリトライすることをオススメします。というのは、この手のポイントには高確率で魚が着いているからです。たとえばルアーマンが先に入っていたとしても、釣れるコースを通せていなければまったく気にすることはないですし。30分も経てばポイントの状況は変わってますからね。
 余談ですが、ボートの場合はアングラーのポジショニングの自由度が高いので、一番通したいコースだけを確実に通していくことをオススメします。シーバスというのはおもしろい魚で、その時のヒットパターンが確定してしまえば、あとは同じことの繰り返しでバタバタと釣れ続くことが多く、得てしてそういう時はサイズも良いことが多いように感じます。ゆえに無駄なコースをなるべく通さないで、一番おいしいコースだけを通すことで、ナイスサイズ連発! なんてことが可能になるわけです。
b0000168_17424513.jpg
 んー、最後はオマケです。岸釣りでシーバスやメバルを狙っている際に、船の向こう側で起きる悔しいボイルに遭遇することがあります。船の明暗部に魚が隠れていて、明るい部分を通るベイトフィッシュを捕食する……わけですが、船越しにキャストするわけにもいきません。というわけで条件次第ですが、私はこんな釣り方をしていたりします。あんまりオススメできないんですが(笑)。手順は船越しにキャストし、ループが開ききる前にロッドを倒して舳先の下へラインを通す。要はリーチキャストですね。これでフライを船の向こう側に通すことができるので、悔しいボイルの主に一泡ふかせることが可能です。ただし、くれぐれも漁船に引っ掛けないように!! 「引っ掛けちゃうかなー?」と思う人は投げちゃダメです。なぜなら引っ掛けるから(笑)。万が一、引っ掛けたらそのまま切ったりせず、ちゃんと外しましょう。無論、引っ掛けないためにもキャストの技を磨くことをお忘れなく……。岸釣りS.W.F.F.の場合、魚の着き場もそうですが、多くの制約を受けるフィールドをいかに技術でクリアするか、ということが課題になるので、技を研鑚しすぎてマイナスになることはないと思います。なんちゃって。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-03-23 17:56 | 魚のこと | Comments(10)
早朝からメバル釣り
 いやーついにトリノ冬季五輪が始まりましたね。毎晩眠い目をこすりながらの観戦の日々がやって来ました。今年はサッカーW杯ドイツ大会もあるし、もう少ししたらワールドベースボールクラシックもあるし、いやでもスポーツ観戦が盛り上がる1年になりそうですね。
 さて、そんな五輪ムードまっただなか、開会式を見ながら早朝の某漁港へクルマを走らせてきました。というのも、ちょっと思いつきで明るい時間にメバルを釣ってみようかと……。まぁ、明るい時間といっても日の出直後から2~3時間程度のモーニングタイムです。目星をつけていた某漁港のスロープに陣取りキャストを開始。あ、そうそう、今日はもうひとつのトライアルとして#3ロッドでの実釣も兼ねています。ロッドは渓流で常用していたオービスのHLSセブンイレブンスリー。久々に振る#3ロッドはなんとも柔らかく、しかししっかりWFのフローティングラインを運んでくれます。ちょうど満潮時間に合わせての釣行なので、10mもキャストすれば想定しているポイントに届きます。適当に巻いたメバルフライを投入し、チクチク引っ張っていると……クイクイ、ククックイっと小刻みに伝わるメバルのアタリが!
b0000168_16182824.jpg
 じゃーん、手乗りメバルです(笑)。いやー、明るい時間に釣れるとサイズに関係なく嬉しいです。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-02-12 16:19 | 魚のこと | Comments(10)