"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
カテゴリ:魚のこと( 36 )

クロダイって
 いやー、8月も今日で終わり!約1年ぶりの大海原ブログ更新ですが、皆様お元気でしょうか? 私は相変わらずジタバタやっとります……な男、saltwater-ffです。こんにちは。

 最近は8月31日といっても、夏休みの宿題に追われまくったりするお子さんは少数派なんだそうで、大海原ブログをご覧いただいている全国のお父さんな方々も心安らかに過ごされているのではないでしょうか。ま、安らかじゃなくても気にしないでください。

 でもって約1年ぶりとかの更新って、サボりすぎやろ!という声があるのもごもっとも。まー、いいじゃないですか海フライ系のブログも雨後のタケノコのごとくにょきにょき乱立したし、今さら大海原ブログでもないでしょ。クロダイばっかりだし(笑)。悪貨は良貨を駆逐しちゃうので、地下にもぐりんぐなわけであります。そんでもって忘れた頃にひょこっと顔を出すくらいがちょうどいいのかなーなんて思ってます。

 というわけで本日はそんな顔出しのタイミングの大海原殴り書きイラストレイテッドでおます。
b0000168_14511482.jpg
 なんの話かっつーと、クロダイのアタリの話を私なりに分析してみた図でございますよ。クロダイに限らずボーンでもパーミットでも、このへんの話をちゃんとできる人って実は超少ないのです。前はもしかしたら少ないのかな?という感じでしたが、最近では断言できます。超少ないです。説明は省きますが、こういうこと考えて釣りしてる人って極々少数派なんだなーと思う次第です。まぁ、考えなくても釣れちゃったワーイの方が幸せでいいんですけどね。

 でー、上のはクロダイのアタリって大きく分けて、勝手にひったくるようなのとガジガジ、ゴンゴン、ガジガジゴンゴンガジガジゴンゴンって連続してアタるのがあります。その差は何か? それは食ってきてるクロダイのサイズの違いだと私は思っとります。
 小・中型のクロダイは他のクロダイにエサを取られたくないので食ってすぐに反転します。なのでガツーンとひったくるようなアタリ。逆にでかいクロダイは横取りされる心配がないので、そのまま食い続ける(=アタり続ける)。もちょっと補足すると進行方向に通り抜けながら食う(←けっこう重要なワードです)。
 進行方向に通り抜けながらアタるので、アワセは他の魚でやるアワセとは異なります。つーか、普通のアワセだとかなりの確率でスッポ抜けて悔しい思いだけが残ります。
 あと、フライの後方60°の範囲から追ってくるとか、横から食うのは少ないとか、そういうワードもお見逃しなく。


 でもって下の図は、どーしてクロダイがフライに対して慎重になるのか?とゆー問題についての考察。もちろんニセモノに対する疑いとか、不自然さとか、そもそもフライに対してアグレッシブに食ってこないとかの要素もありますが、それらを踏まえたうえでさらに……なお話しです。
 まー、当たり前っちゃ当たり前なんですが、物理的に慎重にならざるを得ないんでしょうね。中層で食うなら猛スピードで泳いできてバクッー!!っていけるんですが、フラットの場合はボトムにフライがあるので猛スピードで食うと衝突しちゃう。なので追尾しながらガジガジ、ゴンゴンとアタるしかできないんじゃないかと思います。

 えー、今回これだけかよ!とかいう声は華麗にスルーしちゃいます。だってほら、書くのも書かないのも自由だもの。フリーダムだもの。HNKもぼちぼち行ってます。っていうか私の今シーズンはほぼ終了しました。49.5㎝の自己記録更新できたのはよかったんですが、今年自分なりに課題にしていたことはクリアできず。残念無念ですが、乗り越える壁が大きいほど燃えるってもんです。これ関連はまた落ち着いたら写真と一緒に書き残しておこうと思っているので、気長にお待ちくださいませ。
 ではではー、9月後半に南の方へ行ってきます!ロッドなしで!!(号泣)
[PR]

by saltwater-ff | 2015-08-31 14:50 | 魚のこと | Comments(0)
黒いの白いの赤いーの!
 黒い三連星、ソロモンの白狼、そして赤い彗星……今さらですが、ジオン公国のエースパイロットの通り名はカッコよいですなぁ。若干、厨二病っぽい痛さがまた何ともよいフレーバーを醸し出してますね。な男、saltwater-ffです。こんにちは。

 なんかこー、梅雨明けしたらいきなり猛暑で大汗かきまくりんぐな月曜日ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。汗を大量にかくこの季節、タオル2本がデフォなワタクシの通り名は、さしずめ開きっぱなしの地獄の釜の蓋ってところでしょうか。って、長いし呼びにくいわ! それに地獄の釜っていうより分福茶釜のほうが近いっつーの。


 さてと。本日はこないだ書きかけて書けなかったクロダイの色と活性についての勝手な考察をば。ご存じの方も多いと思いますが、クロダイっていうけど黒いのばっかりじゃないよねーっていうお話です。

b0000168_13323914.jpg
 これはいわゆる黒っぽいクロダイ(日本語的にちょっと違和感ありますが……)。その名の通り、体の大部分が黒いのが特徴です。
 ま、もっと黒いのもいますが、平均的なクロダイの体色ってこんな感じだと思います。


 以下、たたみます。

続きを読む(Read More)
[PR]

by saltwater-ff | 2013-07-08 14:11 | 魚のこと | Comments(0)
黒くないクロダイだっている
 日曜日は都議会議員選挙っすよ……な男、saltwater-ffです。こんばんは。
 立候補されている方々は選挙活動ご苦労さまです。声を張り上げての街頭演説、選挙カーの拡声器から聞こえる切迫した声、のぼりを立てた自転車をこいで地道さアピール、AKBもびっくりの力がこもってない握手攻撃などなど。なんかこういう選挙活動って旧態依然としていて、なんとかならないものかなーって思いますよ。いや、だからってインターネット投票はよ!っていうつもりはないんですが。

 そんな選挙とはまったく関係ないのですが、私もにわかに忙しくなってきていて大海原ブログの更新がままなりません。楽しみにしてくださっている方々には申し訳なく思っています。

 今日は本当なら

 「クロダイクロダイっていうけど、実際には黒いのばっかりとは限らねーぜ!」
 っていうお話と、

 「色によって活性(?)、性格(?)が、ちとちゃいまんなぁ~」
 っていうお話をしたいんですが、まー、週末はまたネタしこんでおきますので、本日はあっさりめですいません。

 とってだしの1枚だけでさーせん。
b0000168_17363081.jpg
 レアカラー(?)のコパー。茶色系の偏光グラスをかけていると、思いのほか赤が強く見えるので「すわ!マダイ!!」と言っちゃいそうになります。


週末おでかけの皆さま、おきばりやす~。
[PR]

by saltwater-ff | 2013-06-21 18:16 | 魚のこと | Comments(0)
Sweet bite genius, Part 4
 メタンハイドレート本格調査、秋田県でシェールオイルの試掘成功……資源ないない国から資源あるある国へ華麗に転身!?、まさかね!! その一方で鹿留&王禅寺が売却。東電不動産→タックルベリー……。いろいろ変化しますなぁ~な男、saltwater-ffです。こんばんは。
 本日はおなじみの「Sweet bite genius」シリーズの第4回。まさかこんなに回を重ねるとはおもっていなかったです……。無念。でもしっかりちゃっかりクロ様たちの口元をアップでお届けします。これらの写真から何を得られるのか? 釣ったことある人もない人もとりあえずどぞー。

b0000168_1692943.jpg
 カンヌキ近く、クチビルの外側。
b0000168_1693348.jpg
 カンヌキ内側から外側へ。貫通はしてませんでした。

b0000168_1695494.jpg
 見えにくいですが、歯(骨)とクチビル内側との間に刺さっとります。レアケース?

b0000168_1610384.jpg
 なんかどっか変? そーです、ダンベルアイがちょっと回転してますね。タイイング失敗? この下手っぴが!!


 む、む、むーん、私からはまだ多くを語れません。すいません。


 ではまた次回。
[PR]

by saltwater-ff | 2012-10-03 16:41 | 魚のこと | Comments(2)
Sweet bite genius, Part 3
 いよいよオリンピックが始まりましたね~。開会式のヘイジュードを聴いてミョーに感動した男、saltwater-ffです。こんにちは。
 ビートルズファンの方々には「常識じゃボケ!」と叱られそうですが、ヘイジュードはポール・マッカトニーが作った曲で、ジョン・レノンの息子、ジュリアンを励ますために作ったとか、ビートルズの楽曲の中で最大のヒット曲だとか、いろいろありますが、この曲が発表された1968年頃の世界の動き(共産主義から自由主義への解放とか)と、2012年の現在とが、なんだか重なって見える部分があったりなかったり。
 目の前の厳しい現実を見つめ、受け入れ、そのうえで歩み出そう……みたいな変革の歌に思えたような気がします。

 ま、そんなことはさておき。本日は前回投げっぱなしにしたまんまの答え合わせ(?)。

 ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひ続きをご覧あそばせMAX!

b0000168_16321877.jpg
 あれ?前と同じ画像やん……って、ちょっとだけ違うですよ!!

続きを読む ReadMore
[PR]

by saltwater-ff | 2012-07-30 17:05 | 魚のこと | Comments(6)
Sweet bite genius, Part 2
 あーもー、夏季休暇の予定がぐちゃぐちゃに崩れて怒り心頭中の男、saltwater-ffです。今日も暑いですね、こんにちは!

 仕事にトラブルはつきものですが、こう何度もポカを食らわされると怒りゲージがぐんぐん上がっていくってものですよ。連日釣れまくりMAXのHNKへ出撃したいのに……ううう。ま、そんな愚痴こぼしてる間にさっさと仕事やっつけて、ビールでぷはーっと暑気払いしたいもんです。


 さて本日は先日の第2弾。甘噛みの天才たちのあられもない姿をお披露目! サンプル数がまだまだ足りないので多くは語りませんが、とにもかくにも掛かりどころにご注目をば。
 興味があるのは一部の人だけ。そしてわかる人にはわかってしまう……のかも? たぶん。


b0000168_13491170.jpg


続きを読む Read More
[PR]

by saltwater-ff | 2012-07-27 14:02 | 魚のこと | Comments(4)
ぽてめば
 いやーっはっはっは。2月も半ばを過ぎてるのに、今年まだ一度もフライロッドを振ってない男、saltwater-ffです。こんにちは。

 フライっぽい活動をしてないこともないんですけどね。ハンドクラフト展行ったり、フライ巻いたり、だいたい普通の日々です。あー、仕事がまた忙しくなってきたってのもあるか。休日出勤上等!でございます。


 でもですね、釣りには行ってたりします。はい、2月と言えば恒例のイワシメバル!
 まー、いわゆる活きイワシを使った呑ませ釣りなのですが、これが超おもしろい。釣果よりも釣趣というか釣り味に重きを置いた釣りなので、掛けるまでのプロセスが楽しい楽しい。
 地域的には三浦半島と内房周辺でしか行われていない(のかな?)みたいなのですが、もっとあちこちの地域で楽しめるといいのになーと思います。ま、活きイワシの確保が課題ですね。


 イワシメバル釣りは、メバルの産卵期というか放出期(卵胎生なので)をおおむね過ぎた2月1日解禁なのですが、中にはまだ稚魚をたくさん抱えたお母さんメバルもいたりします。
 あまり知られてないですが、メバルは15~20cmくらいの3年魚で約2万~3万尾、5年魚(20~25cm)で約7万尾、5年魚以上になると実に10万尾以上の稚魚を産むことがわかっているそうです。稚魚の何%が成魚になれるかはわかりませんが、少しでも増えてくれると楽しいメバル釣りがもっと楽しくなるなーと思います。

b0000168_12195961.jpg
 ぽてっとしたメバル=ぽてめば。なかなかの腹ぽて具合ですね。

 ま、孵化率とか生存率とかの難しい研究は専門家に任せて、素人はさっさとリリースした方がよさそうですね。



 さーて、ぼちぼち始動しますか。新しいロッドも買ったし!
[PR]

by saltwater-ff | 2012-02-15 12:24 | 魚のこと | Comments(0)
フェアリーフィッシング?
 こち亀、最終巻……で騒然となった日本社会。日本一有名な警察官の物語もついに終焉か~と思うと、香取慎吾のドラマも見ておけばよかったと後悔している男、saltwater-ffです。こんばんは。ま、結局のところこち亀はまだまだ終わらないようなので、ドラマも見なくてよかったなー、なんて。

 そういえば釣りのマンガといえば、『釣りキチ三平』を筆頭にいろいろありますが、『釣りバカ日誌』も外せませんねー。といっても釣りの描写やノウハウよりもヒューマンドラマが中心ですし、三平クンとハマちゃんは、まったく別タイプの釣り師なのがおもしろいです。


 さて、本日は大海原イラストレイテッド、クロダイ編のPart2。先日、ループノット号でチャレンジさせてもらった明石某所の群泳クロダイの行動をイラスト化。こんなクロダイ、初めて見ました~!! そしてこれはフライフィッシングでしか釣ることができないんじゃないかと思います。難しいけどおもろ~。
b0000168_1841691.jpg
 潮に乗って流れてくるプランクトン(エビカニ類の幼生)をついばむように捕食するクロダイ。1~2匹が水面直下でパクパクやりだすと、急に5匹、10匹と群れで捕食し始めます。
 その様子はフィーディングレーンに乗った水生昆虫を捕食するヤマメのよう。フライを流すもまるっきりの無視。見向きもしてくれません! エビカニ類の幼生って小さいし、そもそも透明だから超手ごわいっす。


b0000168_18412262.jpg
 流下(?)が増えてくると水面直下だけでなく、水面でも盛んに捕食し始めます。そのまんまトラウトみたいなライズしてくれやがります。調子が出てきたのか、ヘッド&テイルで派手に捕食し始めるヤツもいます。この間、フライは無視されっぱなし。
 ループノットM店長さんによると、もっと簡単に口を使う要因があるそうですが、ことプランクトンを捕食している状態でのこのクロダイはかなり難易度が高く、それだけに面白さが倍増しています。hayaさんがリベンジに燃えてるので、近いうちになんとかしてくれるでしょう。たぶん。

ハマサキさんといえば……
[PR]

by saltwater-ff | 2011-09-05 20:51 | 魚のこと | Comments(4)
黒豚迷宮 Part2
 釣れるときは続けて釣っとかないとね! の精神で、更新できるときは更新しておかないとね! と思っている男、saltwater-fffです。ありゃ、f がひとつ多いですね、こんばんは。

 黒豚迷宮のPart2でんがなまんがな。Part1と一緒にしなかったのは長くなるとほら、読みにくいじゃないですか。

 ま、そんなことよりとりあえず、ででーん。
b0000168_18512456.jpg
 クロダイおもしろすぎ!

 今年こっそり購入した黒工のヘチ竿に入魂! このままいくとブログタイトルが「大海原とヘチロッド」になりそうな勢いです。それくらい楽しい!面白い!釣れる!
 激渋のシーバスを探し回って、なんとか釣った後のお楽しみでしたが、釣り始めて10分くらいでさくっと1枚。続けて10分くらいでもう1枚。いやー、楽しすぎるですよこれは。
 リールはなぜかティボーのバックカントリー(笑)。テッド翁もまさか東洋の端っこの海で、落とし込み用に使われているとは思ってないでしょうね。


 で、本題です。昨日、東京湾某所で群泳するクロダイを多数目撃しました。あ、群泳してるのは珍しくも何ともないんです。問題はその場所。
 水深わずか30~40㎝のフラットにわんさか泳いでおったのであります!

 もうね、我が目を疑うような光景とはこういうことをいうのでしょう。ちょうど上げ潮でフラットに海水が被るようになり、そのわずかな水深にクロダイが10や20じゃ利かないくらい、あっちゃこっちゃで泳いでたわけです。浅いんで、フラットに上がってきているクロダイはいずれも30cmくらいまでの 騙しやすい お手頃なサイズ。
 しかもその大部分は下を向いて、夢中で何かを食べとりますがな! 落とし込みスタイルやポッパーで狙うクロダイも大変興味深いですが、東京湾で、しかもフラットで、完全なサイトで狙えるのは大変なレアケース。船から降りたくなってきますが、安全面の確保ができないのでそこは断念。

 しかし、これだけやる気のあるクロダイ、しかも数はめっちゃ多い。こりゃもーイタダキ!! と思って頑張ったわけですが……ちょろっとかすりもしませんがな!!!!


 困った時は観察するのが基本なので、水面下のクロダイの姿をよーく見ていると、底をついばんでいるのは間違いないのですが、その対象物がわかりません。あまり詳しくは書けないのですが、ボケジャコやエビ系の可能性はかなり低い場所なので、考えられるのはカニ、ヤドカリ、フジツボ、ノリ……くらい。
 前者2つは対処できるけど、後者2つはどうすりゃいいのよ級の難しさ(笑)。投げてホットケーキからの向こうアワセバニラアイスのせしかないんじゃねーの? でもそれって楽しくなくなくない? みたいな感じで、またしても海のフライフィッシング的メイルシュトロームがこんにちは! なのでございます。


 実は最後の最後に一発食わせたんですが、恐怖の甘噛みですっぽ抜け……。アワセと同時に魚体を引っ張れた(見えた)ので食ってたのは間違いないハズなんですが。こんなキバしてるくせに、めっちゃビミョ~な甘噛みするんだから曲者です。あーもう。
b0000168_19383142.jpg
 なんか謎だらけのクロダイにガップリ噛みつかれたまんま。
 止田さんのトメダインでも止まりそうにありません。
[PR]

by saltwater-ff | 2010-09-22 19:39 | 魚のこと | Comments(12)
クロロ軍曹
 なんかもー、7月に入って忙しさに拍車がかかってきている男、saltwater-ffです。こんにちは。
 コメント下さった方へのレスもできなくてすいません。今ちょっと大変でして。

 今春に現在のチームに移って早々、いろいろ問題内包してるなァーなんて思ってたら、その問題解決のお役が回ってきちゃいました。なんでなんで、とか言うてる場合でもないので、頑張ってみようと思います。しかし、女性ばっかりというのは大変です。ま、汚れ役は慣れっこですけどね。

 さてと。そんなわけで生活の中のフライフィッシング率が下がってきてるんですが、頭の中ではいろいろ考えてて、試してみたいこととかやってみたいことがいっぱい。

 今、一番したいのはキス釣り(笑)。

 で、二番目に釣りたいのがクロダイ。

 先日のクロダイの強烈な引きが忘れられず、そしてここんとこフライフィッシングでクロダイが釣れ盛ってるという話を聞いて、こりゃもうたまらん!ってな具合です。
 おなじみの熱血フライウーマン、iruka_iroさんもすっかりクロダイにハマっちゃったみたいで、日本記録申請中だそうですよ。ちちしょー!じゃなくて、ちくしょー!

 でもJGFAの記録確認したら2lbから20lbまで実に好記録がひしめいてますね。2lb(約1kg)で1.83kgってのがスゴイ。単純に引っ張り強度を超えてるってのもありますが、根ズレ頻発のクロダイ相手によく2lbの細いラインで……と思います。私がもしフライでクロダイ狙うとしても、現実的なのはティペットは12lb(約6kg)かなー。ちなみにクロダイのオールタックル日本記録(=世界記録)は富山県伏木港で釣られた3.78kg(57.2cm)です。実際にこれより大きい58cmというクロダイがシークロでC&Rされているので、日本記録を塗り替える魚が東京湾から出てきても何ら不思議ではないと思います。

 ま、そう簡単にはいかないと思いますが、夢だけは……いつも心に……ね。

b0000168_1645326.jpg
 クロダイの引きはシーバスのそれと比べてキョーレツ!です。パワーでグイグイ引っ張る感じは幅広なボディならでは。1回あたりの水をかく力はシーバスの方が強いと思うんですが、断続的というか、連続してグイグイ行くのがクロダイの特徴だと思います。
 水中でギラリと輝く姿はシーバスとはまた別のカッコよさ。あー、釣りたくなってきた!(笑)
[PR]

by saltwater-ff | 2010-07-14 17:14 | 魚のこと | Comments(8)