"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
カテゴリ:世界の釣り場から( 6 )

世界の釣り場から(アメリカ合衆国・フロリダ州編)
 世界の釣りバカたちが集う、世界の釣り場の様子を不定期でお送りする『世界の釣り場から』。本日は実に8年ぶり(?)の第3回。アメリカ合衆国フロリダ州をお送りします。
b0000168_14361481.jpg

 ソルトウォーターフライフィッシングはもちろんのこと、世界のスポーツフィッシングを語るうえで避けて通れない地がフロリダだ。北アメリカ大陸の東南部に位置し、メキシコ湾と北大西洋を隔てる巨大な半島のような形をしている。北・中部は亜熱帯、南部は熱帯気候であり、アメリカ本土の中でも特に温暖で過ごしやすいことでも知られている。またケネディ宇宙センターやウォルト・ディズニー・ワールドリゾート、レゴランド、シーワールド・オブ・フロリダ等の世界的にもメジャーな大型施設が多数あることでも知られ、国内外から大勢の旅行者が訪れている。

 そんないわゆる一般的な情報よりも我々ソルトウォーターフライフィッシャーマンにとっては、歴代の世界記録魚や、数多のドラマが繰り広げられてきた地といったほうがいいだろう。故ビリー・ペイトをはじめとする、伝説的フライフィッシャーマン達が挑戦をし続けた海。今回はそんなフロリダ州の中部西岸に位置するタンパ湾周辺でのショートフィッシングの機会に恵まれた。

 タンパは州最大の都市ジャクソンビル、マイアミに次ぐ大都市。その歴史は古く1823年にはすでに漁村としての集落があったと伝えられている。複雑に入り組んだ地形とタンパ湾という天然の良港に恵まれ、漁業を中心に果物、木材、葉巻たばこ等の海運も盛んに行われたという。

(2016.7.20追記)

Read More(続きを読む)
[PR]

by saltwater-ff | 2016-07-20 20:58 | 世界の釣り場から | Comments(0)
フロリダにいます……が、
 いろんなめぐり合わせによって、先週からフロリダに来ちゃってる男、saltwater-ffであります。こんにちは?こんばんは?

 フロリダといえば、泣く子も黙るソルトウォーターフライフィッシングの聖地(と勝手におもっています)。そんな場所にいるなんて……まるで実感がありません。

 だって……
b0000168_20332518.jpg
内水面オンリー!(泣笑)

 抜けるような青空とか、どこまでも続くかのような水平線とか、キラッキラしたフロリダガールとか、そういうのは確かに目にしてますよ。日本じゃ体験できないことばかりですよ、えぇ。

 でも大海原ブログは仮にも海のフライフィッシングをテーマに10年以上も続けてきたわけじゃないですか。なんていうんですか、引き下がれないっていうか、据え膳食わぬは男の恥ともいうじゃないですか。移動時間の問題でキーズは難しくても、タンパあたりのインショアなら昨日か今日でワンチャンあるかな~?と思ってたんですが、2日連続の低気圧(ほぼ嵐です)接近で、淡い期待は脆くも崩れ去りました。

 帰国までにもう1回くらいチャンスあるといいんですが……。まぁそんな感じです。
[PR]

by saltwater-ff | 2015-09-29 20:42 | 世界の釣り場から | Comments(0)
医薬部外品?
 こんなんどうせ眉つばやろ……と思って使い始めたら、すっかり気に入っちゃってしまった男、saltwater-ffです。こんにちは。

 いやー、すごくいいです。って、何の話かというと「ファイテン」のこと。肩こりや筋肉痛、関節痛なんかに効くだけじゃなく、体の調子がUPするっつーの? なぜかこのところ元気です。ま、そんな話はさておき。



 昔から「バカにつける薬はない」とはいいますが、普通のバカならいざ知らず、「釣りバカ」につける薬は本当にないようです。

 でもって今年の夏も世界のあちこちへ出かけた「釣りバカ」な方々から嬉しい(そして羨ましい)報告をいただきましたので、公開しちゃいます。







 まずは神奈川県在住のはずなのに、なぜかハワイのロコアングラーになりつつあるOさんより。
b0000168_1239458.jpg

 ロングステイしながらボーン釣りまくりのようで……。もはや仕事そっちのけ?(笑)
 やっぱり通い詰めるといろんなことが見えてくるとのこと。
 ロングステイかぁ~。












 お次は一部でおなじみのあの王子。中米某国であっさりパーミットげっとん!
b0000168_12391430.jpg

 パーミット狙いで行ったけど、全然パーミットに執着しないスタンスが魚を呼んだのか。4日間(?)で実に30回以上のキャストチャンスがあったとか。さすがー。おめでとー。















 え? なんだかあっさりした紹介だなーって?

 そりゃそうですよ。悔しいもん(笑)。




 このお二人にはバラシ成分2000mg配合の「バラシマクールS」(淀川製薬)を飲ませないと……。あと姉妹品の「イトカラームC」も。


 そんな木曜日。






 追伸:五反田で飲んだくれてたモテキのsinさん、お元気?
[PR]

by saltwater-ff | 2009-08-20 13:01 | 世界の釣り場から | Comments(8)
南の島のスチールヘッダー
 あー、ちょっと色々あって更新ラッシュ(?)です。


 本日は南の島から南の島へ、ぶらっと出かけてGTと格闘してきちゃったお方の話です。

 いつもコメントしてくださるfishordieさん(実は生粋のスチールヘッダー)が、先月クリスマス島へお出かけになったそうです。クリスマス島というと、私などは「ボーンフィッシュ!」と思っちゃうわけですが、そこはそれ。普段からボーンフィッシュを釣りまくっているfishordieさんですから、狙いはGTのみという潔さ!! タックルもドデカGTに負けないヘビー級タックルで挑まれました。

b0000168_11553175.jpg
 うーん、私もクリスマス島のフラットで、こんなトレバリーに引っ張られてみたいです!
 いやいや、fishordieさんは自慢の剛竿で綱引きしまくりだったとか? これも日ごろのトレーニングの賜物ですね。

b0000168_11562386.jpg
 クリスマス島のGTを困らせたであろうタックルたち。



 ま、詳しくはコメント欄で!
(fishordieさんに開放しますので、思いのたけを存分にどうぞ!)




 あ、お子さん誕生おめでとうございます! え~、釣り自粛ですかぁ~? まさか~!?
[PR]

by saltwater-ff | 2008-06-25 12:38 | 世界の釣り場から | Comments(2)
世界の釣り場から (マレーシア編)
 世界の釣りバカたちが集う、世界の釣り場の様子を不定期でお送りする『世界の釣り場から』。第2回はマレーシアからお届けします。

b0000168_19281221.jpg
(宿泊したロンピンビーチリゾートのすぐ裏にあるビーチ。マゴチがいそうな感じでした)

 マレーシアは、赤道にほど近いASEAN諸国のほぼ中心に位置しています。北はタイ王国、南はシンガポール、マラッカ海峡をはさんでインドネシアのスマトラ島に国境を接するマレー半島部、南シナ海をはさみボルネオ島の北部を併せた国土から成り立っています。
 総面積は約33万平方キロメートルで日本の約90%、2002年の発表数字で国民総人口が2300万人。日本の約24%ですから熱帯雨林のジャングルや山間部が多く平野部が少ないものの、ゆったりとした国民を育んでいる豊かな国です。

b0000168_19301242.jpg
(ロンピンビーチリゾートに停めてあったサンドバギー。もしかしてランニングダウンな釣りも可能!?)

 経済的には、前総理のドクター・マハティール首相が提唱した「ルックイースト」政策を推進し日本をはじめ、韓国など極東アジアの国々に追いつこう! と「ワサワン2020」というスローガンを掲げました。
 この「ワサワン2020」とは、日本語に直せば「西暦2020年には先進国の仲間入り」という構想です。マレーシアは天然資源が豊富だし、海外からの経済投資も順調。アジアでは日本に次ぐ2番目にF1(フォーミュラー1)を開催した国として欧州に認知されています。就学率も高く、英語、マレー語、北京語(華語)、タミール語などバイリンガルな人が多いのも特徴です。

b0000168_19312851.jpg
(ビーチを散歩しているとカブトガニの死骸を見つけました。いるんですね~。なぜかちょっとワクワク)

 それというのもマレーシアは典型的な多民族国家でマレー系、中華系、インド系などの民族、カダザン族、バジャウ族、イバン族の他オランアスリと呼ばれる先住民族で構成されています。人口的にはイスラム教を信仰するマレー民族が大多数を占めていますがそれぞれの民族が独自の言語、宗教、生活習慣、民族衣装、食生活などの文化、伝統を守りながら暮らしを営んでいます。都会では英語が90%通じますが、イギリス系の発音(その昔、英領だったので)なので知らないで話していると少し驚きます。一方、クルマで少し走ったカンポン(田舎)ではマレー語しか通じないことが多く、この国の多様性を感じさせてくれます。

b0000168_19324541.jpg
 ロンピン港は純然たる漁港なので、当然ながら漁師さんが獲ってきた魚を間近で見ることが出来ます。これは木製の台車で運んでいた朝の漁獲。黄色いのはスレッドフィンサーモンっぽいけど、確認するすべはありませんでした。漁法は基本的に巻き網っぽいです。

b0000168_19352690.jpg
 なぜかあちこちで見かけた謎のステッカー。たいかいのちしゃって何だよ(笑)。
 マレーシアにあるロッドメーカーのステッカーらしいのですが、海神 覇というのもいまいちわかりません。でもマレーシアの人々はステッカーが大好きらしく、クルマにもバイクにもベタベタとステッカーを貼っちゃってます。

b0000168_1938875.jpg
 ってことで、大海原ステッカーも渡したらすぐに貼ってくれました。しかも大喜びで。
 どうも日本のステッカーは大人気らしく、「他にもっとないの?」とか「仲間も貼りたいっていうから、何枚かちょうだい」と言われる始末。まぁ、私の語学力では、このステッカーの意味を伝えるので精一杯でした。来年ロンピンへ行かれる方は、何か釣りのステッカーをお土産にあげるといいかもしれませんね。

b0000168_19413116.jpg
 どうでもいい話ですが、私は船に乗ると必ず寝心地を確かめます。それも座ってではなく、本当に横になってです(笑)。ロンピンのボートの寝心地はまずまず良好。フロントデッキは風と飛沫を受けながら眠れる特等席でした。

b0000168_1944594.jpg
 ティーザーを風になびかせながら走ります。今日は何回ティーザーを見に来てくれるでしょうか、それとも……。我々の期待をよそにガイドはサビキ仕掛けを準備しています(笑)。

b0000168_19451387.jpg
 サビキ釣りをするとこんな魚がいっぱい釣れます。サッパみたいなこの魚は餌釣りには不向きとのこと。マアジに似たやや平べったいヤツ(尾びれが黄色)が一番いい!というのが現地のお約束。
 ちなみにサビキといってもコマセは使わない、純粋にサビキ仕掛けだけの釣りです。それでほぼ毎回入れがかりなのだから、どんだけ魚がいるのかって話です。

b0000168_19495278.jpg
 今回チャーターした船の多くは27ftくらいのボートで、そのどれもが120~140馬力のエンジンを搭載していました(中には200馬力のも)。日によっては割りと荒れることがあったり、遠方へ走ることもあるそうで、このように大出力エンジンを積んでるそうです。しかし6~8ノットくらいでティージングするのは不慣れみたいで残念無念。2サイクル70馬力の2機掛けとかの船があるんだもん、そりゃやりにくいよね。


 さんざっぱら引っ張ってきたマレーシア・ロンピンのお話も今回でひとまず終了です。お付き合いありがとうございました。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-10-03 19:58 | 世界の釣り場から | Comments(0)
世界の釣り場から (キューバ編)
 世界の釣りバカたちが集う、世界の釣り場の様子を不定期でお送りする『世界の釣り場から』。記念すべき第1回はキューバ共和国をお送りします。

続きを読む
[PR]

by saltwater-ff | 2007-07-05 13:23 | 世界の釣り場から | Comments(4)