"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
カテゴリ:本の紹介( 9 )

Salty Flies
 西湖のクロマス……やっぱりクニマスなんやって。DNA鑑定で確定したんやって。
 さかなクンさんのお手柄ですね! さかなクンさんには、その昔、仕事でお会いしたことありますが、とってもいい人でした。なんていうか、テレビとかで見せているあのテンション、あのアクティブさのまんまでした。
 別れ際に自筆のイラストとサインをもらったりしたんですが、サインに見慣れぬ漢字が書いてあるんです。どんな漢字かっつーと、と魚へんに正之って書いてあるんですよ。
 見たことない漢字だったので「これ何て読むんです?」って聞いたら、さかなクンさんのオリジナル漢字(!)とのこと(正之はさかなクンさんの本名)。んー、ナイス感性! ますますファンになっちゃいました、な男、のハズだ、のsaltwater-ffです。お昼休みですよこんにちは。

 他にもさかなクンさんのエピソードはいくつかあるんですが、それはまた今度。
 で、クニマスの話に戻りますが、今後は本来の生息水域である秋田県田沢湖に戻されるのか、それともこのまま山梨県西湖だけで種をつないでいくのか、興味深いところではあります。ま、いずれにしろ、なるべくそっとしておいてほしいなぁ、と個人的に思います。


 でもって、クニマスな話題から一気に海フライなお話へ!
b0000168_12454083.jpg
 『Salty Flies』買いました~。中根淳一さんが執筆&タイイング&レイアウト&イラストまでやってのけている意欲作!

 お代は2200円+消費税! FlyFisher誌に連載してたのを1冊にまとめて~っていうのは、まぁお約束。新たに書き加えられたティップスやエディトリアルデザインを本業にしている著者ならではのレイアウト視点など、興味深い記述があちこちに~っと。あんまり書きすぎると褒め殺しみたくなるし、ステマ疑惑が(笑)。断じてステマじゃないですからね。そもそもステルスじゃないし。著者や出版社に断りもなく、勝手にやらせていただいとります。いわば押し売りマーケティング。略してオシマ! OSHIMA大統領! 海フライをあっちからこっちにチェインジ! デリヘル嬢を3回チェインジ! したら怖いお兄さんが来たでござる。まぁ自腹切ってるので、これくらい遊ばせてください。

 あ、近年のフライは載ってないです。サーマルマック、レフティーズデシーバー、サーフキャンディ、クラウザーミノー、クレイジーチャーリーなど、おおむねクラシックなパターンが中心。ベイシック・パターン(本書の記述に準拠)と謳ってるので、当たり前っちゃ当たり前ですが、一応、念のため。基本を学びたいって人にはいいのではないでしょうか。




 そしてオシマの本領発揮。勝手にイベント紹介! パフパフ~ドンドン~。
『Salty Flies』出版記念 中根淳一氏サイン会&タイイングデモ
が、新宿サンスイと横浜サンスイで開催されるそーです!


-------------------------------------------------------------------
【新宿サンスイ】
日時/6月29日(金)16:00~20:00
場所/新宿サンスイFLYコーナーにて

当日は「Saity Flies」で紹介されたFlyに使われているマテリアルを
購入された方に中根氏本人が同じフライをタイイングしてプレゼントしてくれるおまけ付き!

-------------------------------------------------------------------
【横浜サンスイ】
日時/7月8日(日)13:00~18:00
開催場所/横浜サンスイ店内

-------------------------------------------------------------------
いずれも当日参加・見学費は無料とのこと。詳細は各店へお問い合わせください。
[PR]

by saltwater-ff | 2012-06-28 13:25 | 本の紹介 | Comments(2)
controlled delivery
 ゴールデンウィークも一段落。皆さまの釣果はいかがでしょうか? 釣れてますか? 毎年GWは仕事にどっぷり浸かっている男、saltwater-ffです。こんにちは。
 まー、なんていうんですかね。ここ5~6年は連休になればなるほど休めなくなる摩訶不思議アドベンチャー。この週末も会社に行かないけど家で持ち帰り仕事のよてー。天気が良ければキャス練、悪ければタイイングくらいはしたいなー。

 さてと、本日は久々の本紹介です。TBSFTの参戦レポは? という声も特にないでしょうから、気が向いたらそのうちに……。


b0000168_125694.jpg
 で、ご紹介するのは、東知憲センセーの「コントロールド フライキャスティング」でんがなまんがな。すでにお読みになった方も多いのではないでしょうか。日本国内はもとより、世界的にもそのティーチング能力を高く認められていて、フェデレーションオブなんちゃらのガバナー(すごくエライ人)も務める東センセーが書き下ろした渾身の一冊! 
 これまでのキャスティング本は初級者向けか、ごく少数のイッちゃってる人向けのマニアックなものばかりでしたが、この本は中・上級者にとっても新たなステージの扉を開く大いなるカギになること請け合い。
 東センセーのスクールで実際に指導を受けた方ならご理解いただけると思いますが、今まで「なんとなーく出来てるからいいや」で済ませていたキャスティングの問題点を、的確な指摘で浮き彫りにし、その改善を行うことで自分のキャスティングがより楽に、より遠くへ、より美しく変化していきます。これこそが東センセーのティーチングの妙味なわけですが、この本はそのティーチングのエッセンスが詰まりまくっています。一家に一冊といわず、一竿に一冊くらいの勢いでおすすめしたい良書です。
b0000168_12563766.jpg
 いつものハーミットで(ツンツン当番日)購入したら、なんとサイン入りでした……。なんか恥ずかしいような嬉しいような(笑)。
 東センセーの美麗なフライラインの軌跡を、美しすぎる写真で表現したのは、世界を釣りまくり撮りまくっているマサ兄貴! 近年のフライ関連本では類を見ない豪華タッグです。このような良書を世界で一番最初に、日本語で読めるなんて幸せですな~。

 ちなみにコントロールド……のタイトルを見て、警察の潜入捜査や泳がせ捜査を思い浮かべたのは私だけではないはず。あなたがよく行く釣り場でとんでもないループを出しているフライマンがもしいたら、それは東センセーかもしれませんよ。



 Twitterでは日常をつぶやいてます(海のフライ以外のこと多め)。
 あと近日中に大海原ラジオやります。日にち決まったら、ブログとツイッターで告知します。お時間あればぜひどうぞ!
[PR]

by saltwater-ff | 2011-05-06 12:57 | 本の紹介 | Comments(0)
黒潮の狩人たち
 秋の本気のシーズンが来ると、出撃毎に「ツヨ、ツヨ、大漁、ツヨ」と心の中で唱える男、saltwater-ffです。こんばんは。

 のっけから、何かの呪文か? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは豊漁をお祈りする由緒正しいおまじないなのですよ。


 何のことかというと、この本に出てくるお話です。
b0000168_2048516.jpg

『カツオ一本釣り 黒潮の狩人たちの海上生活誌』 若林良和著 中公新書 1991年発行。

 ずいぶん前ですが、世捨て人倶楽部内で話題に上り、また最近何年かぶりに読み返してます。文化人類学の観点からカツオ漁船で働く人々にスポットを当てているんですが、実に興味深く秀逸な内容です。読んでるだけで、潮と血と汗と重油が混ざり合った濃密なあの匂いが蘇ってきちゃう。
 ウワバヘノリ、ナカヘノリ、ヘノリ、2番、3番、トモオシ、アオイノ、アカイノ(アッカイノ)、エサナゲ、ナカマワリ、ニチョウバネ、オジ、ナガレモン……などなど、呪文のような専門用語に心をくすぐられ始めたら、きっと血わき、肉おどる思いに駆られ、夢中で読んでしまうことでしょう。
 フライフィッシングのフの字も出てきませんが、カツオ、マグロに目覚めてしまった海フライマンには、ぜひ読んでほしい一冊です。

 すでに絶版ですが、アマゾンでは中古本が入手できますし、そのスジの方にはおなじみの「鳥海書房」(神保町)でも、よく入荷するみたいなので、チャンスがあればぜひ。

b0000168_2162680.jpg
 年内あと1回(か2回?)の出撃で、またこんな鮮やかなシマシマ模様が見られるといいなー、なんて。



 さて、明日から10月。今年の秋も、皆さんと、そして私にも楽しい釣りが待ってますように!
 ツヨ、大漁、ツヨ!
[PR]

by saltwater-ff | 2009-09-30 21:08 | 本の紹介 | Comments(6)
海フライフィッシャー2009
 アナログ放送終了を身をもって表現するとは……天晴れ! 
 と思った男、saltwater-ffです。こんにちは。


 さて、毎年の恒例となっておりますアノ本が、今年も発売されましたね。

b0000168_12581271.jpg


 今回の号は表紙から雰囲気が違いますなぁ。イラストですよ、イラスト。
 JGFAの本かとオモタヨ。


 このイラスト、フラアーでおなじみのSさんの作だそうで……。やはり独創的なフライを考えつく方は、他の才能も素晴らしいものをお持ちですなぁ。


 今号の個人的な見所は、フライパターンがいっぱい載ってるところ。日本各地で燃えまくっている海フライマンの試行錯誤や、釣り場から帰るなり頭から湯気を出しつつタイイングしている姿(え、私だけ?)が容易に想像できるユニークなパターンが多く、読み込むほどに味が出てくるような感じです。


 知り合いと思しき方(笑)もちらほら……。ウケ狙いはお互い様ですなぁ。


 あとは海外や南国系の記事。そうそう、熱血キャプテンの小笠原記事も面白かったなぁ。小笠原の話はなかなか出てきませんからね。

 
 そういや今月のFlyfisher誌のDVDも必見です。世界を駆け巡るグレートマサ兄のフロリダでの奮闘が詰まりまくっています。


 ゴールデンウィーク直前、あちこちの海へお出かけの方も多いと思いますが、その前に気分をグッと盛り上げるのにぴったりだと思います。


 小生は2冊同時、責任買いしました。
[PR]

by saltwater-ff | 2009-04-24 13:38 | 本の紹介 | Comments(8)
我々には杖がある
b0000168_0412840.jpg
 『愚か者の杖 五大陸釣魚紀行』 著・夢枕獏 写真・佐藤秀樹  徳間書店刊 2940円。



 ちょっと前の話で恐縮ですが……。あるきっかけでこの本の著者であり、釣り人の夢枕獏さんとお話しする機会に恵まれました。まぁ、思いっきり仕事がらみなわけですが……。そこはそれ、同じ釣りバカの血潮が流れる者どうし、というか学生時代から朝日ソノラマを読み漁るSF少年だったせいもあり、氏のキマイラシリーズも当然読みまくっていたせいか、初対面でありながら、学生時代の恩師に再会したかのような不思議な錯覚に一方的に陥ってしまったりしたのでした。

 で、本題。タイトルの『愚か者の杖』ですが、愚か者=釣り人、杖=竿というストレートなタイトルでありますが、人はみな愚か者なのであります。同じ愚か者であれば、私は杖を持っていてよかったなぁ、と思います。

「魚とやり取りしている瞬間の、あの充実感は何物にも代えがたい。人間の、生き物としての器量を問われているような気がしてね……。これまでの人生というか、互いの命を比べてるような気がしますね。まぁ魚のほうはそんなつもりないんだろうけどね(笑)」
と話してくださったときの嬉しそうな笑顔が印象に残りました。



 内容はご想像のとおりです。まぁAmazonとかで調べればおおむねわかるので、詳しく知りたい方はそちらでどうぞ。まぁ健全な釣りバカなら、数ページめくるだけで軽くアッチの世界へトリップできてしまう、珠玉の文章と大迫力の写真が連続しています。
 セイルフィッシュ、GT、ターポン、キングサーモン、エトセトラエトセトラ……。フライフィッシングはもちろん、その他の釣法で、世界の魚たちとの駆け引きを堪能している様子が伝わってきます。これ以上語るのは野暮ってもんでしょう。



b0000168_054173.jpg
 ひょんなことから夢枕獏さんご本人の署名をいただいてしまいました。サインをねだったわけではないのですが……結果としてサインしてもらったことになってしまいました。そしてこうやってブログで書いちゃってるし(笑)。

 ご本人は関東某所の海辺で釣り糸を垂れるのがお好きなようで、もしかするとどこかの防波堤でお見かけするかもしれませんね。
[PR]

by saltwater-ff | 2009-01-14 01:05 | 本の紹介 | Comments(4)
サマータイムブルース
 いやー、それにしても暑いっすなぁ。

 いつもご覧いただいている皆様の多くは、そろそろお盆休み中でしょうか? ん?「オレは働いてるぞー!」って言いましたか? 大丈夫、私も働いてます。

 いろいろと進めたい事柄があるにはあるんですが……(ex.納涼タイイング祭とか夏のキャンペーンとか)思うようにいかないのが人生。つーか、もろもろやりながらなんで、手が回らない(笑)。まー、無理して続けるものでもないですから。

 さてさて、今日はこないだ買った洋書の話でもしましょうか。
b0000168_1175121.jpg

 例によってAmazonで購入。中古で30ドルちょい。
 今から13年も前の本ですが、岸からフライフィッシングを行うメソッドやら何やらがごっちゃり詰まってます。舞台はアメリカ東海岸、対象魚はストライパーなわけですが、日本に置き換えてみるとシーバスに当てはまる部分も多く、読んでいてなかなか興味深い記述もあったりして。
 夏の夜風に吹かれながら読むにはちょうどいいかなー、なんて。ここだけの話、実は読書も好きでして、最近は今更ながら『蟹工船』とか『こころ』とか読んでいます。


 しっかしガソリン高いですね~。リッター180円超とかって、いうよね~!

 他の物価もぐんぐん上昇してるし、イヤでも財布の紐を固くしないと……。

 こうなってくると朝だけ房総とか、朝だけ鹿嶋とかいうゼータクなヒット&ランじゃなく、ヒット&アウェイ、一撃離脱的釣行が難しくなるなー。

 ガソリン代がかからない乗り物に替えるか~?
b0000168_11445638.jpg

 と、いうわけではありませんが、自転車購入。もう1ヵ月くらい経ちますが、ひっさびさのロードバイクです。まぁ私のロードバイク体験は高校生のころのロードマンで止まってますけどね。その後はずっとMTBだったんですが、まーなんというか時代の流れを痛感。ってか、主にケツが痛感。いやはや、見た目で買っちゃイカンですな(笑)。

 購入動機には出すぎた腹を少しでも引っ込める……というのもありますが、背筋と持久力をつけるためにシコシコ乗ってます。炎天下を走ると熱中症になりかねないので、主に早朝とか夜ですが。ゆくゆくは自転車通勤にも挑戦しようと思ってます。



 ま、そんな感じで今週も一週間乗り切りましょう。
[PR]

by saltwater-ff | 2008-08-11 11:30 | 本の紹介 | Comments(4)
アンドロイドはヤマトカワゴカイの夢を見るか?
 本日のエントリー。


 お食事中の方は、後ほどご覧になるのをおすすめします。

もぅ食べ終わったらから見るぜ!
[PR]

by saltwater-ff | 2008-02-26 15:37 | 本の紹介 | Comments(2)
「魚が消えた海」
b0000168_18431081.jpg
 このタイトルを見て、ドキッとした人は私だけではないでしょう。強烈なインパクトです。

 これは『ナショナルジオグラフィック(日本版)』の4月号です。以前から定期購読しているんですが、今回はさすがにどうしようかと思いました。あまり危機意識を煽りすぎるのは良くないし、かといって現状のままでいい方向に向かうとは思えないし……。個人でできることはやっているつもりですが、それも限界がありますね。アカマンボウをマグロの代用品に使う食品店もありますが、それくらいじゃ済まないようです。

 以前に書いたような気もしますが、私はマグロ類、特に大型マグロに関しては単なる魚というよりも、生き物としての尊敬や畏怖の念を感じてしまいます。そして自分のフライロッドで、そんなマグロと競ってみたい。純粋にそう願っています。だからこそ、マグロ類にはたくさん生存していて欲しいですし、チャンスは多いほど幸せになれます。
 
 内容については個人個人で受け止め方が違うと思うので割愛しますが、読み応えは抜群です。かなりズッシリ来ます。興味のある方はぜひどうぞ。980円です。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-04-19 19:29 | 本の紹介 | Comments(2)
「懊悩、好きでしょ?」 「……大好きです」
b0000168_12381765.jpg
 月刊フライフィッシャー 1月号をお送りいただきました。

 「なぜ?」かはナイショ(笑)。いやー、ありがとうございます。

 今号の特集はファッション。なかなかの変化球だけど、こういうのもアリだと思います。

 それよりも、何よりもタイトループの『パーミットを追う懊悩』!! 海系フライマンの方々、これはぜひ読んでおきたい記事ですよ~。日本語で書かれたパーミットの記事(それも最近の話)は、めちゃくちゃ貴重です。そして二度とないかもしれません(笑)。

 しかも、『懊悩(おうのう)』っていう言葉、私はとても好きな言葉なんですね。手元にある旺文社の国語辞典によると……【懊悩】 悩み、もだえることとあります。
 なんだか、海のフライフィッシングに夢中になっている我々すべてに当てはまる言葉ではありませんか? 自称、思慮深いアホな私はそう思ったりするのです。


 ちなみにパーミットの記事を読んだその夜、まったく行く予定も何もないのに、思わずカーペットクラブをタイイングしてしまいました(笑)。
b0000168_12383731.jpg
 こういう幼児性突発的行動をしてしまうのも、海フライバカな証拠なのかもしれません。けれど、まだ見ぬお魚を思い浮かべながら、あれこれやるのも至高の時間なんだと思う雨の日なのでした。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-11-27 12:39 | 本の紹介 | Comments(0)