"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
第19回TBSFT参戦レポート ~世界の……~
b0000168_19424074.jpg(画像は本文と関係ありません)


 どうもどうも。皆様ゴールデンウィークお楽しみでしょうか。


 本日は4月27日(日)に開催された東京ベイ・シーバス・フライフィッシング・トーナメント(略称:TBSFT)の参戦記をお送りします。






 例によって長いので、ごゆっくりどうぞ。






 今回で何回目になるのか忘れちゃいましたが、春シーズン恒例となっているTBSFTに参戦してまいりました。TBSFTは日本でもっとも古くから開催されている、フライフィッシング限定によるシーバスの大会であり、たぶん日本で最初の海フライ的なスポーツイベントだと思います。
 TBSFTは毎年、春と秋にそれぞれ開催され、多くのS.W.F.F.マンがしのぎを削っている次第です。それというのも、大会主宰者がかの“世界のEIZO大名人”であるからだと思います。
※EIZO大名人こそ、日本においてほんの一握りしかいない本物のスポーツアングラーであり、世界に通じるソルトウォーターフライフィッシャーマンだと私は思っています。

 TBSFTのルールは叉長40cm以上のシーバス3匹の合計長で競うものであり、当然ながらIGFAルールによるラインシステムの使用やオールC&Rなど、スポーツとして、また資源保護の側面にも配慮した規則が徹底されています。まぁ普通に海のフライフィッシングを楽しんでいる方には至極当然のルールばかりです。



 これまで何回か参戦させていただいておりますが、ボウズだったり、リミット達成ならず(申請魚が3匹揃わない状態)など、悔しい思いをしてきたと同時に、実にたくさんの宿題をもらってきた大会でもあります。そんなTBSFTの2008年・春に向けて、シークロOキャプテンのご協力のもと、がんばってまいりました!


 まずプラを2日間。ここんとこ休日出勤が続いていたのでヘトヘトなんですが、デイゲームは久々(というか今シーズン初)なので、初日はアイドリングのつもりで出撃! 午前6時前に出た夜明け直後の海は、まだちょっぴり冬の寒さ。まずはナイトゲームでボイルが連発しているという鶴見川河口で、夜祭の名残りを狙ってイワイミノーをキャストしてみますがノーバイト。じゃってことでシンキングラインに切り替えますが、こちらも反応なし→すぐに諦めてポイント移動の相談。


「さて、どこ行きましょうかね~?」と話していると、Oキャプテンのケータイに入電! 沖バースでトリヤマ、バクバク中!!!! むろん速攻で移動です(笑)。

b0000168_19273581.jpg
(いいとこに刺さってます)
 約5分後、沖バースに着くといい感じの下げ潮がガンガン橋脚に当たってます。その潮流に乗せてラインを必釣コースに入れると、思ったとおり入れがかり!!!! しかもヒットするのは50cm半ば~後半のシーバスばっか。イワシをたらふく食ってるせいか、ブリブリの超元気なヤツばかり。カレントの中でヒットしてるせいもあって、#8ロッドが少し不安になるくらいパワフルにファイトしてくれやがります。


b0000168_19301954.jpg(日中はシーバスのファイトがまる見えで、視覚的にもめちゃくちゃエキサイティングです!)


 ほんの10投くらいしかしていないのに、このポイントでは5匹のシーバスをC&R。しかもみんな50UPなので嬉しいのなんの。大会当日が同じ状況になる確率は低いと思うけれど、それでもこんなにイージーに連続ヒットを味わえたのは幸運でした。写真撮ったりしてる間に、いつのまにか爆釣タイムは終了。次のポイントへ移動して、ポツポツ拾い釣ってこの日は終了。62cmも出たし、デイゲームとしては十分満足いく結果でした。








 でもって、大会前日のプラ。シーバスの居場所を探してあっちこっちを奔走。最初はまったくヤル気のない魚ばかりで困りましたが、途中、運河の台船群でポツポツ拾えそうなシーバスを確認。直後に50UPをC&R。居るところにはちゃんと居ます。でもいまいち爆発力がないのが気がかりです。次にOキャプテンも最近行ってないという横浜港内のエリアを何箇所か回ってみますが、ルアー(バイブレーション)には反応があるもののフライで釣るにはレンジが深すぎる感じ。
 ここは困ったときの根岸湾!ってことで一路、根岸湾を目指します。実はOキャプテンも私も根岸湾大好きっ子なのです。


 移動した根岸湾では、ちょうど大型タンカーが出港した直後らしく、なんかもーワサワサしてる感じが伝わってきます。ってことでバース橋脚スレスレにキャスト! ギラッ!! ぐわっし!!! ドバババ~!!!! てな感じで難なくヒット。しかも50cm後半のいい魚です。ランディングしてもらって、Oキャプテンも私も笑顔。なんかいいんじゃないの~、とかいいながら続けてキャストするとまたヒット! めちゃ高活性です。サイズはさっきとほぼ同じくらい。
b0000168_200199.jpg
(良さそうなストラクチャーには必ずこのサイズが着いてました)

 上でこのサイズなら、沈めればもっとデカイヤツが……と考えてしまうのは釣り師の欲深さでしょうか。カウントダウン40秒、45秒、50秒と増やし続けてもアタリはまったくなし。気分を変えてストラクチャーのキワをノーカウントで通すと、ほぼワンキャストワンヒットのすさまじい状態。気を取り直して60秒、70秒とカウントダウンすると……ガツン! 待望のアタリ!! キター!!!! ……ん? なんかファイトが軽い……。上がってきたのは35cmくらいのセイゴ君。なんでチミが??? 何かの間違いかと思って再度かうんと70秒。ガツン! おし、今度こそ! と思う間もなくフワ~と上がってきたのはまたしてもセイゴ君。わはは。

 うーん、ヨクワカラナイ状況だったけど、明日はここへ入れれば何とかリミット達成できるかなー。でもって早い時間帯にリミット揃ったら入れ替えしていって、最終的には50cm後半3本揃えられれば入賞圏内。60UPを混ぜられれば、もしかするともしかしちゃうかも!?

 まー、釣れた時間帯は大会の競技時間外だけど。なんとかなるっしょ。
※春は秋に比べてランカーが飛び出す確率が低いので、優勝ラインを150~170cmと想定していました。

 





 さて、大会当日でございます。前日までの陽気はどこへやら、小雨がそぼ降る寒い早朝、大師運河出口に集結したS.W.F.F.マンたち。
b0000168_20153555.jpg
(選手もキャプテンもお互い見知った者どうし。大会スタート前は独特の緊張した空気に包まれます)

b0000168_20174011.jpg
(中央は大会委員長のサバロ・助川さん。縁の下の力持ち、ご苦労様です。助川店長のブログもぜひお読み下さい!)


b0000168_20222341.jpg
スタートフィッシング!の声とともに、各艇が一斉にポイントへ疾走します。う~ん、なんか燃えてくる瞬間です)


 この日Oキャプテンと私が立てたプランは、最初、大師運河から川崎の沖バースへ。ただし他のボートが入る可能性も高いので、場合によっては手前に停泊しているタンカー脇から攻めることに。しばらく探ってみて芳しくない場合は、一気に根岸湾へ移動して昨日のパターンへ。まだ潮位が高く、いきなり昨日の再現はできないとしても、早く移動しておくことで心の余裕ができます。
 こういった大会の必勝パターンというものが存在するかどうかは分かりませんが、ひとついえるのは、むやみに移動して時間を浪費するよりも、一定のポイントで粘る釣りを展開するほうが好結果を生むような気がします。そのために前日プラとかするわけですし、フライが水に浸かってないと魚は釣れませんし。やや、偉そうなことを書ける立場ではないのですが(笑)。

 残念ながらタンカー脇のポイントは活性が低いのか全然ダメ。初回のプラで62cmをC&Rした場所だけに粘りたい気持ちもあったのですが、いかんせん反応がなさすぎる……。というわけで根岸湾へゴー!(弱ッ) いえいえ、粘るのと同じくらい見切るのもまた大事なのです。

 移動した根岸湾は、風裏のせいかほぼナギ状態。昨日良かったポイントは微妙に攻めにくくなってますが、すぐ近くのポイントはOKなのでそっちからスタート。水深8~10m付近に無数の反応を魚探で確認! 昨日と同じような反応なのでテンション上がります。まずはストラクチャーのキワに着いているであろう高活性なヤツを狙いますが、1投目……なんもなし。2投目……なんもなし。3投目……なんもなし。ベリーグッドなコースを通しているにも関わらず、なーんもなし!その後も15分以上がんばりますが、結局なんもなし(ムッキー!)。仕方なく今度は沈める作戦にチェンジ。
 魚探の反応は6~12mのあたりを適当に上下しているようで、たぶんカタクチの群れについてグルグル回ってるのだとイメージ。タイプ4のラインを潮上にキャストしてカウントダウン。ちょうど45秒くらいでストラクチャーのキワを通す計算で沈めまくります。すると、狙い通りのところでヒット! お、やっぱオレって釣りウマ? とか思ってる余裕もなく手元のラインを手繰って一気に浮かせます。だってかなり強いファイトだったんだもん。50UP確実!もしかすると一発目から60UP?うはー。
 ギンギラ抵抗しながら上がってきたシーバス君。あれれ?ファイトのわりになんか短い。

 イワシをたらふく食ってるみたいで、元気いっぱい、ワンパク盛り。



 しかしポイントの読みは冴えていたのか、このポイントだけで最終的に8匹をC&R。



 大会で8匹も釣れるような立派な変態大人になりましたよ、おかーさーん!! 喜び勇んで計測すると……。
















 唐突ですが、ここから先は3の倍数と3のつく数字をアホになってお送りします。



















b0000168_20513198.jpg
さーんじゅごっ!
b0000168_20521536.jpg
さーんじゅはちてんごっ!
b0000168_2053276.jpg
さーんじゅきゅっ!















b0000168_2295191.jpg

まさかの世界のナベアツ
☆ ☆ 降  臨 ☆ ☆



※TBSFTの審査対象は叉長40cm以上です(涙)。







(つづく)
[PR]

by saltwater-ff | 2008-04-30 18:00 | 戦いの記録 | Comments(2)
Commented by 軍曹 at 2008-05-01 00:05 x
横浜から、今回も入賞者が出て嬉しいことです。 今回は家族の不幸で参加出来ませんでしたが、秋は頑張ろうかと思います。
Commented by saltwater-ff at 2008-05-01 15:20
軍曹>ご声援ありがとうございました!
今回は急なことで大変でしたね。心中お察しします。
参戦してたら優勝は軍曹だったかもしれませんね。
連休明けに楽しく騒ぎましょう!
<< 第19回TBSFT参戦レポート 後編 まっこまこにしてあげる >>