"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
Apex908S-4で釣ってみた
 風、強いっすなぁ~。


 ここ数日、関東地方には強風が吹き荒れています。2月最後の大潮まわりということもあって、バチ抜け合わせで出撃予定だった方もずいぶんといらっしゃるんではないでしょうか? 結果はどーでしたか? そういや本日は『バチ抜け地獄』の発売日でした。もう買っちゃっいましたか? 私は今日の帰り買おうと思ってます。聞くところによると、環虫類研究の第一人者として名高い学者さんが解説しているページがあるとかで……かなり興味津々です。



 さてと、じゃ本題。

 Thomas&Thomasの新シリーズ、Apexの908S-4で実釣してきたぜっ!あたっ!






b0000168_12105112.jpg
※ギンガメアジ(Trevally-Bigeye)で入魂!


 Thomas&Thomasの海用フライロッドは、昨年までHorizonⅡとHelixの2シリーズが展開されていました。ちょっと乱暴だけどHorizonⅡは硬めのファストアクション、Helixはミディアムアクションだけど、そのぶん乗せ調子というか釣りがしやすい、個人的にはそんな性格付けがされていたように思います。ちなみに私が所有しているのはHelixの908S-4(9フィート8番)と910S-4(9フィート10番)、HorizonⅡは残念ながら持ってません(試し振りしたことはあるけれど)。あ、HorizonⅡの86BW持ってますが、これはちょっと特殊なので、今回は割愛します。

 最初に書いちゃいますが、私が日ごろ親しんでいる東京湾のシーバス釣り(岸、ボートの両方)において、Helix908S-4が最良の選択のひとつであるという気持ちは変わりません。多種多様なフライロッドがありますが、私が重要だと思う点を満たしてくれている数少ないフライロッドですし、まぁ微細な点で不満はなくはないですが、それらを補って余りある魅力があると思っています。910S-4を購入した理由については、また別の機会にでも書こうと思いますが、これについてもHelix908S-4の存在が動機になっています。

 そんでもって今回Apexの908S-4(9フィート8番)購入に至ったわけですが、購入の理由はHelixより、あともう少し遠くに投げたい!! もう少し軽いロッドが欲しい!! というものでした。
 まぁHelixでも25m~28mくらい投げてはいるんですが、キャス練なんかでG.LoomisのCCやSageのXi2といったバリバリ最先端の海用フライロッドでキャストさせてもらうと、Helixの半分くらいの労力で同じくらいの距離が投げられちゃう(笑)。軽いし、素直だし、遠投できちゃうし、単純にスゲーなぁ……と思っちゃうわけです。

 たとえるなら重ステのマニュアル車で必死こいてカウンター当てながらコーナリングしてる横を、コンピュータ制御の4WSか何かでタイヤの音も鳴らさずシュィ~ンと抜かれていくような感じ。あぁ、ダブルクラッチもヒール&トゥもできなくていいのね……(ちょっと寂しい)。っと、話題がそれて来たので閑話休題。
b0000168_13231630.jpg
※高速巡航型の魚に対し、Apexの速射性とトルクフルなバットは大きなアドバンテージです。


 唐突ですが、フライロッドに求められる性能ってなんでしょう?
 安全に振り続けられ、、効率よく魚がいるところへ届き、フッキングしやすく、折れにくい。まぁ概ねこんなところでしょうか。どの要素を重視するかはアングラーによって異なりますが、なるべくならどの要素も及第点を満たして欲しいと思います。

 私がHelixを気に入っている点は、フッキングのしやすさに尽きます。これまで当ブログ上や、実際にお話する機会があった方にはお伝えしてきましたが、魚のバイトに対してロッドティップが追従するというのは、大変に重要な要素だと私は思っています。まぁ、私が実際に手にして来たフライロッドなんてたかだか本数が知れていますが、それらの中でHelixはもっとも理想に近いものだと思って購入し、実際に使い続けてみて正解だったと実感しています。


 あー、前置きが長くなってしまいましたが、今回のApex購入にあたってもっとも危惧していたのが、この部分でした。それというのもApexは、Thomas&Thomasにおいて初めてのウルトラファストアクションという触れ込みだったので、もしかするとガッチンガッチンのロッドに仕上がってて、フッキングのしやすさが失われてるんじゃねーの??? みたいな不安も正直言ってありました。今回は現物に触るどころか、見る前にオーダーするという暴挙に出ちゃったわけですし、若干の後悔も……。

 ですが、実釣に使ってみて……軽い!! パワフル!! 飛ぶ!! フッキングしやすい!! と、まぁひと安心~。フッキングのしやすさがHelix並とまではいきませんが、求めていたブッ飛ばし系でありながら、バイトに追従してくれる十分なティップを持つフライロッドに仕上がっているように思いました。うまくいえないけど、Helixのおいしいところを残しつつ、ディスタンス性能や軽量化を図ったアドバンスモデルのような気がするんですが……。どうでしょう?


 いろいろやって感じたのは10mくらいのキャストではロッドが勝手に曲がってくれないので、アングラーが意図的にロッドを曲げてやらないといけません。逆に12、13mほどラインを出しておいてから17~20m先へのキャストは、ピックアップ→シュートの1回で狙ったポイントに面白いように決まりました。
b0000168_13174952.jpg
※17、18m先のバースの隙間(50cmくらい)でボイル! その直後にピックアップ&シュートで打ち込んでヒットしたシーバス君。狭いスポットで狙い釣った1匹の満足度は格別です! Apexは飛距離と精度を高次元でバランスさせているフライロッドだと思います。



 今回使用したラインはAirfloのフローティング#8のみでしたが、ショートレンジをメインとするなら#9か#10に上げても良いような印象を受けました。それだけパワフルなロッドです。また今回は60cm以下のシーバスばかりとなったが、70cm、80cm級がヒットしてもロッドが原因でブレイクすることはないように思う。たぶん。

 気になったのは、実釣の直前でグリップのラミネートを剥がしたせいか、釣りの最中にコルクの目止め粉(隙間を埋めている木粉)が流れ出てきた。砂のついたグリップを握っているような感じがして、途中海水でグリップを洗った。まぁコルクは差があるものなので、仕方ないといえば仕方ない。ま、実釣前に軽く真水で洗っておいたほうがいいかも。


 とまぁ、全体的にベタ褒めしすぎたような気もしますが、インプレ1回目はこれにておしまい。次回は岸釣り、もしくはサーフでの使用感をレポートしようかなーなどと思っています。





 最後に余談ですが……。

Helix→Apex(xつながり)
Horizon→Fusion(onつながり)

 で、ApexとFusionが、それぞれHelixとHorizonⅡのアドバンスモデルってことはないよねぇ?
 Fusionは触ってもないのでまったくの仮説だけど……もしそうなら、なかなか洒落が利いてるなぁ~と思う次第でございます。
[PR]

by saltwater-ff | 2008-02-25 13:35 | 道具のこと | Comments(4)
Commented by モト at 2008-02-26 07:19 x
Apex 実釣レポ、どうも!良さそうですね~、やっぱ。思い切って購入して良かったですね。ラインはやや重めのRio、OutBound8番なんかがピッタリかもしれませんね。いいなぁApex, 欲しいなぁ。でも今はTibor、GulfStreamかMako9600狙ってるんで我慢我慢。

Fusionは振った事無いですけど、T&Tのスタッフによると、簡単にバット近くまで曲がってパワーを引き出しやすいロッドだとか。重いウェイトかましたフライを素早く楽に投げる為に、バットパワーを簡単に引き出す必要がある訳です。そういうアクションはティップはスタウトな物が標準なので、ティップの感度は余りよくないでしょうね。
Commented by ひろくん at 2008-02-26 15:56 x
少し本題とそれることをご容赦ください。Apex8番ですとエアフロのシーバスラインとの相性はいかがでしょうか。私はスコットS3Sを使っていますが、シーバスラインの8番インタミは重すぎて投げられませんでした(つд`)。
シーバスライン8番のインタミはRPLXiの10番とベストマッチかな、という印象を私は受けております。
土曜日の未明便でシークロさん行ってきます。
Commented by saltwater-ff at 2008-02-26 16:26
モトさん>どもー。
いやー、毎度のことですが「キヨミズ」っすよ。
これまで何度飛び降りたことか……(笑)。

Makoちゃん!? 景気いいですねェ~買っちゃいましょうよっ!
私もFusionについては同様の説明を受けました。なのでとりあえずApexを選んだんですが、やっぱりxとonの韻踏みは狙ってるのかもしれませんね……。
Commented by saltwater-ff at 2008-02-26 16:38
ひろくんさん>お、どもども。
ApexとAirfloフローティングライン(SEABASSラインに非ず)の組み合わせについてですが、個人的使用感としては、やや軽く感じるような……。インタミはまだ乗せてないので何とも言えないです。すいません。
ま、ロッドの印象なんて十人十色ですし、骨格や筋力、体重なんかでも全然変わってきちゃいますから。ま、使いやすいのを探すのもこの遊びの楽しさですし。時間とお金かかりますが(涙)。

ここんとこ強風が続いてますが、土曜日出港できればいい釣りできそうですね!
<< アンドロイドはヤマトカワゴカイ... おっきな瞳のカワイイあの娘!(... >>