"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
タフライ雑感
 やー、どもども。

 いろいろ立て込んでおりますが、更新さくっといっちゃいましょう。

 このごろ、あちこちから海フライっぽい楽しげな話題が耳に入ってきますが、まぁ基本なんじゃかんじゃやっとりますんで、詳細がわかったところでお知らせなり、応援なりしていこうと思っとります。しばしお待ち下さいまし。




 というわけで、本日は『タフフライ』つーか、今年から国内代理店となったティムコのカタログによると『タフライ』ということなので、『タフライ』について2つ3つ思うことを。

b0000168_13224560.jpg
 まず↑これ。いつもより画像大きめでお届けしています。

 いつものサーフキャンディをエポキシではなく、タフライでコーティングしたものです。アクリル系樹脂なので、透明感があってなかなか良好! このあとハサミでスーパーヘアーを梳いたり、テイルのフォルムを整えれば完成。チョーかんたん!





 私が思うタフライのメリットを箇条書きすると……

①CORE(主剤)の粘度が高いので液ダレしにくい
②光源によって硬化するので、ゆっくり成形できる
③重ね塗りによるムラが大変少ない
④少量生産に向く
⑤紫外線による黄変が起きにくい
⑥軽く仕上げられる
⑦室温を気にせずタイイングできる

 こんなとこでしょうか。



 いずれもエポキシと比較してのことですが、①は抜群に差があります。シリンジ(注射器型の容器)の口が細いので、必要分だけを盛ることができ、かつ粘度が高いので盛った後の成形も容易です。いつもエポの成形にお悩みの方にはうってつけのアイテムでしょう。

 ②ですが、タフライは付属のブルーライトで硬化するので、照射するまで固まりません。すなわちエポキシのように、時間とともに粘度がどんどん高くなることがありません。納得いくまで成形できるので、慌てて失敗することもないでしょう。まぁこれは長所でもあり、短所でもあるのですが(短所については後述します)。

 ③はそのまんまです。私はCORE(主剤)を2度塗って仕上げてるんですが、重ね塗りによるムラや剥離がありません。これまでのUV硬化型樹脂のように表面だけ固まって、中はグジュグジュということもありません(超ブ厚く塗ったら分かりませんが……)。

 ④については、エポキシで一気に量産する方ではなく、たとえば釣行前日に3~5本、ちょこちょこっと巻くような方にオススメです。ブルーライト照射で硬化(だいたい5~10秒くらい)するので、サフキャン5本くらいならタイイングから硬化まで、1本3~4分もあればできちゃいます。エポキシだと下塗り、上塗りでやっぱり相応の時間が必要ですから、この点は有利だと思います。

 ⑤はエポキシに比べて黄変しにくいように思いますが、まぁ何年も使うものじゃないですからね……(だいたい先にフックが錆びちゃう)。黄変したところで釣れないというわけでもないし、気分的なものですが、一応。

 ⑥は①と②に付随することですが、樹脂を少なく仕上げられるので、必然的に軽量なフライを作れます。エポキシは速く沈む利点がありましたが、軽く仕上げて潮流に乗せたり、ドシャローをインタミでチクチク引いたりと、これまでエポキシでは難しかったことができるように思います。「そーいうのはエポ系じゃないフライで攻めればええやん!」というのは禁句です(笑)。

 ⑦はエポ系巻いたことがある方なら経験あると思います。寒いとどうしてもエポキシの粘度が一定しないので、多少コツがいります。タフライの場合、あまり気にしないでいいので楽チン。それでも暖かいほうがいいと思います(今の時季はちょっと注射器押すのが固いです)。





 じゃ、次はデメリットを……と思ったけどタイムアップなので、続きは後ほど。
[PR]

by saltwater-ff | 2008-01-21 14:09 | フライのこと | Comments(0)
<< タフライ雑感のつづき WILD WIDE WAEST... >>