"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
錨を上げろ帆を立てろ
 カジキ類をフライフィッシングで釣ってやろう……。そんな途方も無いことを思いついたのは、いったいどこのどなた様でいらっしゃるのでしょうか?

 最初は単なる思いつき、冗談だったのかもしれません。酔いどれ釣り師の戯言だったのかもしれません。いやいや、本気も本気、大本気の決意表明だったのかもしれません。すべては想像の域を出ませんが、いずれにせよ「フライフィッシングでカジキを釣ってやるぜ!」と思った御仁が過去にいらっしゃったのは間違いないのです。

 それから幾星霜。1962年のフロリダキーズにて、ウェブスター・ロビンソン氏がフライフィッシングでセイルフィッシュを釣ってしまったのが、すべての黒歴史(笑)の始まり。明確な記録として残っているこの偉業は、史上最古にして最初のものであり、人類全体から見れば大した記録ではないものの、ある種の人間たちとその遺伝子を受け継ぐ者たちにとっては、アポロの月面着陸よりも大きな意味をもってしまったわけなのです。

 それ以来、45年間“ビルフィッシュ・オン・フライ”な人々が世界中の海を巡っているわけであります。地球上に生息するすべてのカジキ類=9ビルフィッシュをフライフィッシングで釣り上げる! というとんでもない夢というか野望を胸に抱いてらっしゃる方もいて、ご存知ビリー・ペイト御大やジャック・サムソン名人がその筆頭なわけですが、なんといいますか……大変おこがましく恐れ多いのですが……先日のロンピンでセイルフィッシュを間近に見てしまったせいで、カジキ類への熱病が発症してしまったと申しますか……とにかく私もカジキ様をフライフィッシングでなんとかしたくてしょうがない!! のです(笑)。
b0000168_11235890.jpg
 最大の特徴はやっぱりこのクチバシというか角というか……。“舵木通し”の異名からカジキという和名になったといわれるほどで、成魚の一撃は魚類のなかで最強クラスの攻撃と思われます。ビルはヤスリのようにザラザラしていて、釣り糸を切断するなんてーのはお手の物のようです。
b0000168_11243256.jpg
 これこれ、この水中での体色がまた鮮やかで、ついついファイトそっちのけで見入ってしまいます。イエローゴールドと申しましょうか、黄色みが強い金色に輝いたと思ったら、一瞬でシルバーになったり、青っぽい縞模様になったり、とにかく筆舌に尽くしがたい美しさがあります。20kg程度のセイルフィッシュですらこの美しさなのですから、大型種のストライプトマーリンやブラックマーリン、ブルーマーリンの美しさは想像を絶するのではないかと思います。
b0000168_11244292.jpg
 グロッキー状態になってくるとサビたような色合いに変化してきます。セイルフィッシュは大きな背ビレが最大の特徴ですが、他のヒレも大きく美しいです。特に腹ビレは紐状で、カジキ類中でもっとも長いことが知られています。ジンベエザメが見られる水族館はありますが、カジキが見られる水族館はたぶんありません(少なくとも日本国内にはありません)。生きているカジキ類を間近に見られるのは、我々釣り人だけの特権なのです。
b0000168_11262860.jpg
 リリースは十分に回復してから行われます。カジキ類は大きさが大きさなので、うまく蘇生して放すのが難しいのでは? と思っていたのですが、先日のロンピンでは、船を前進させながらエラに海水を送り込んで回復させていました。また、ランディングはギャフやテイラーを使わず、厚手のグローブでビルをつかんでフックを外していました。
b0000168_1125747.jpg
 今回の釣行でカジキ類に関する興味深いお話とノウハウを教えてくださった、ビリー東さん。ビルフィッシュに魅入られた先輩として、勝手ににリスペクトさせていただきます!
 ティージング練習しとくんで、また遊んでください。アニキーっ!!(笑)




 今すぐどうにかなる相手じゃないのは十二分に分かっているのですが、いずれ近い将来、カジキ様をフライフィッシングでなんとかしたいと思っています。国内?国外? この際、場所は問いません。地球上であればどこへでも行ってみようと思います。
 さーて、がんばって稼がないと(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-09-19 17:35 | 魚のこと | Comments(4)
Commented by kebariya at 2007-09-19 20:09
怖いですねぇ~、梶木熱症候群、潜伏期間はあまり長くないようですが、掛からないための予防策はあるのでしょうか。
Commented by syumpei at 2007-09-19 23:33 x
「錨を上げろ帆を立てろ」、 その心意気おおいに良し!
tutuiさんとバカ話の途中、遠くにふと目を上げると無言の水面にでっかいポッパーをきれいなループでぶん投げているswffさんの姿、文句なしにカッコよかったですよ。関西でもあちらこちらで静かにリベンジの声が、、、負けるほど燃えるんだ!猛虎魂もフライマンも。
Commented by saltwater-ff at 2007-09-20 12:53
kebariyaさん>こんちは。
梶木熱症候群(カジキフィーバー)はある種の釣り人に伝染します。ご注意下さい。主に南国の海上で発症しますが、まれに釣具店にいるだけで感染することもあります。潜伏期間中には特有の症状が出るので、見極めは容易です。
たとえば#14とか#15とかのフライロッドが欲しい、もしくは買ってしまった。バッキングが800mとか1000mとか入るフライリールが欲しい、もしくは買ってしまった……とか色々です。予防策はありません。完治の見込みもありません。
また近年ではターポンフィーバー、パーミットフィーバーなどの合併症も多数報告されています。くれぐれもご注意ください(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2007-09-20 13:07
syumpeiさん>はじめまして、ようこそいらっしゃいました!
ロンピンではお世話になりました~。なんとかしてリベンジ果たしたいですね!! 場所はロンピンじゃなくてもいいけど、とにかくフライでカジキをC&Rしたいと私は思ってます。
あー、あのポッパーは……お恥ずかしいです。実はあの時、ガイドがアジの泳がせを執拗に勧めてくるので、それを拒否して半分キレながらぶん投げてました。エクササイズにちょうど良かったです(笑)。
次回ロンピンに行くとしたら、風船は7回裏だけにしたいです。もちろん唄いながら。ろ~っこ~おぉろ~ぉしにぃぃ~、さぁ~っっそぉおとぉぉ~♪
<< 海をキレイにしてみませんか?2... マレーシアの風は熱く >>