"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
十人十竿
 こんにちは。

 台風4号が来てます。

 沖縄、奄美、九州地方の方々、大丈夫でしょうか?

 この週末は連休ということもあり、釣行の予定を立てていた方も多いんじゃないでしょうか。

 まぁ、安全第一でお出かけ下さい(って行くのかよ! 笑)。

 いやいや、海をなめたらアカンで~。しょっぱいからな!!
(さぶいジョークで気温が少し下がったでしょうか?)

 とかなんとか、いつも間抜けなことばかり書いてきた『大海原とフライロッド』ですが、もうすぐ4年目に突入することになりそうです。

 3周年の記念は『大海原ステッカー』の2周目キャンペーンをまたやろうと思っています。ステッカー、まだだいぶあるんで……。これまで参加した方でも、また画像送ってもらえれば、ステッカーをまた送っちゃいます。しかも、今回はステッカーだけでなく……おっと、ここから先はまだ内緒です。

 さてと、今日はこんな前置きとはまったく関係なく、フライロッドのお話です。



b0000168_14382154.jpg
 うむむ、けっこう曲げてくれやがります(笑)。


 これまでこの『大海原とフライロッド』では、題名にフライロッドと付いてるにも関わらず、フライロッドについてあまり触れることがありませんでした。それは意図してそうしてきたからです。


 なぜ? Why?


 その答えは私が「フライロッドの好みは十人十色」だと思っているからです。

 たとえば、同じ海のフライフィッシングでシーバスを狙うとしても、その人のメインフィールドが防波堤なのか、河口なのか、サーフなのか、磯場なのか、ボートなのかで変わってくるし、使うフライのサイズや求める要素(軽さ、丈夫さ、価格、長さ、継ぎ数……等々)も大きく異なります。様々な条件が複雑に絡み合い、地域差も大きい海というフィールドだからこそ、オールマイティなフライロッドを求めるというのは大変難しいことだと思っています。同時に自分に合ったフライロッドを探し求めることは大変楽しいもので、できれば多くの人とこの楽しさを共有して喧々囂々、答えの出ない話をしてみたいとも思っています。
 それに海のフライフィッシングを考えて作られている現代のフライロッドであれば、よほど変なものでない限り、必要にして十分すぎるほどの条件を楽勝でクリアしているとも思うのです。だからロッドの比較やインプレッションなどはほとんどやってきませんでした(一部例外もありますが、それは本当にいいと思ったものだけです)。

 最近興味があるのは、セージのXi2、GルーミスのクロスカレントPRO-1、天龍のK・ブリットあたりで、機会があれば一度キャストフィーリングを味わってみたいと思っています。でも、その場で得られるのはあくまでキャストフィーリングだけ。魚がバイトしてきた際にロッドティップがどう入るか、魚を寄せるときにバットがどのくらいまで耐えられるか、というようなことは自分で買って試してみるまで分かりません。どうしようもないことですが、いつもどうにかならないかと思うこと
です(笑)。

b0000168_14451923.jpg

 いくら芝生の上で振ったところで、実際に魚を掛けてみないと分からないことは山のようにあります。目当てのロッドがあって、たとえば友人がそのロッドを持っていて、試しに借りて実釣できたとしたら、それはとても幸運なことだと思います。でもそんなことができる人はごくわずかでしょう。
 何もメーカーのセールストークばかり聞きたいわけじゃないですし、実際に使ってる人の印象を直に聞けて、まぁ実釣は無理でもその竿を振らせてもらえる……。けっこう楽しい時間だと思うんですがいかがでしょう? 数人集まって、どっかの海辺か公園で……いつかそんなこともやってみたいと思うのでした。



 そんなことより、さて、どっちにするかなぁ(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-07-13 14:52 | 道具のこと | Comments(6)
Commented by kuni at 2007-07-13 23:19 x
こんばんわ。

ボクがソルトで使っている竿は、SAGEのSP+890です。
この竿は、まだ子供が産まれる前に、クリスマス島のボーンに憧れて買ったロッドです。
長い間、憧れと共に大切に仕舞い込んでいたのですが、数年前についにソルトデビュー。
それ以来の、良き相棒です。

まだまだ、この竿の良い所を引き出しきれてないと思うので、もっと使っていきたいですね。(他の竿を買うほどの余裕がない…というのが、一番の理由でもあります。)
昨年買ったレッドフィッシュテーパーと組み合わせたことで、さらにコヤツの潜在能力が引き出せた気がします。
他の竿と比較していないので、なんとも言えませんが我が子のようで可愛いヤツですよ。
Commented by Coolman! at 2007-07-14 13:10 x
こんにちは。私のソルトでの愛用ロッドは、Xi2です。あの艶かしい青はたまりません。緑だったら買いませんでした。(笑)
単純に色だけで買いました。そんなのもアリ?(笑)
購入してからでも魅力を探すには十分のロッドです^^
Commented by blue_reel at 2007-07-15 14:38
こんにちは。
ほんとフライロッドだけは友人達とかなり好みや意見が違いますね^^;
これは良いよと言われて実際使ってみるとxxxだったり、以外と「え~」っ言われるロッドを自分が使ってみて000だったり^^v
色々難しいですね(汗)
ソルトで使う場合は、折れない!抜けない!が第一条件ですね(笑)あとはアクションや魚を掛けた時のしなり感でしょうか?
実際高価なフライロッドですから選ぶのも苦労しますねw
Commented by saltwater-ff at 2007-07-17 19:48
kuniさん>こんばんは~。
SP+ですかー。SAGEの一時代を築いたフライロッドですね~。でもSAGEロッドは個人的にあまり好みじゃないんです。理由は良すぎるから(笑)。
SAGEの凄さはいついかなる時もSAGE品質であること。私の天邪鬼さ加減を差し引いても、素晴らしいフライロッドメーカーだと思います。
しかし釣竿というのは思い出の数だけ愛着が増しますね。釣りやってて良かったと思いますよ。
Commented by saltwater-ff at 2007-07-17 19:52
Coolman!さん>どもども。
お、Xi2ですか! じゃ今度振らせてください~。軽さがスゴイらしいじゃないですか。
某朝寝坊プリンスは「ボクは1gでも軽ければ1万円払うよ!」とか何とか言ってました。

って、どんだけ~!!(IKKO風に)

私の場合は1kg減量させてくれたら千円払います(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2007-07-17 20:05
blue_reelさん>こんばんはー。
そうそう、フライロッドの好みって本当にフライマンの数だけあると思います。でなきゃあんなに種類あること自体おかし(以下略)。
海用フライロッドの条件は各メーカーごとに悩んで苦労してるでしょうね。頑丈さを優先すれば軽さが犠牲になるし、逆もまた同じ。ロッド作りに黄金律ってのはないのかもしれませんね。
お試し気分で買えないハイエンドモデルの購入は、やっぱり躊躇しますね~。清水の舞台に毎回立ってます(笑)。
<< もろもろあります すべてのスベスベストたちへ >>