"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
世界の釣り場から (キューバ編)
 世界の釣りバカたちが集う、世界の釣り場の様子を不定期でお送りする『世界の釣り場から』。記念すべき第1回はキューバ共和国をお送りします。






 カリブ海に浮かぶ赤い島、キューバ共和国。南北アメリカ、ヨーロッパと中南米を結ぶ経路に位置するこの国は、1492年10月27日にクリストファー・コロンブスによって発見された。1500年代はじめにスペインが入植し、アメリカを含む欧米列強による過酷な奴隷政策、政治および軍事的弾圧を受けてきた。1959年2月17日にフィデル・カストロが首相となり、以後アメリカ州で唯一の社会主義国家として歩んでいる。
 そんな社会的背景はさておき、キューバは海のフライフィッシングにおいて大変興味深い国だ。日本の本州の半分ほどの面積しかないが、その沿岸のほとんどで昔から漁業が営まれている。文豪、アーネスト・ヘミングウェイの「老人と海」の舞台でも知られ、現在もスポーツフィッシングを目的に訪れる観光客が多いことで知られている。またキューバ本島の周囲には青年の島(旧ピノス島)をはじめとする大小1600もの小島があり、それらの群島をめぐるフィッシングトリップは多くのアングラーの休暇を満足いくものにしているようだ。
b0000168_133469.jpg
 イギリスからやって来たというフライフィッシャーマンたち。世界中どこへ行っても毛鉤釣り師が話すのは、過去に釣った大物の話、そして明日使う毛鉤の話と相場が決まっている。母国語こそ違うが、釣りをするうえでの言葉に国境はない。釣り師の思いは皆同じなのだろう。




b0000168_12573076.jpg
 キューバ随一のフィッシングロッジ『アヴァロン・フィッシングセンター』の75フィートもあるマザーシップ、Pelora号。豪華なチーク材が各所におごられたこの船のデッキでは、1日の釣りを終えたアングラーたちが美酒に酔い、素晴らしいアペタイザーに舌鼓を打つ。今宵も彼らが語るのは万国共通の釣り師の言葉だ。
 

 


写真提供=Masa Katsumata
※この釣行については今夏刊行予定の『ソルトフライフィッシャー』にて掲載される模様です。皆さんお楽しみに!(勝俣さん、ありがとうございました)

Avalon fishing center
[PR]

by saltwater-ff | 2007-07-05 13:23 | 世界の釣り場から | Comments(4)
Commented by falconerbridge at 2007-07-06 02:01 x
「老人と海」夏休みの宿題で、読書感想文書くのに始めて読んでから○十年。いつか行ってみたいなキューバ。
ところで、長井漁港に金色のスズキって知ってます?
Commented by マサ(本人です) at 2007-07-06 05:54 x
毎度お世話になります。
原稿執筆中に非常に為になるお話でした。(笑)
で、僕たちがお世話になったのはハルコンでした。
Commented by saltwater-ff at 2007-07-06 12:53
falconerbridgeさん>『老人と海』、『白鯨』あたりは海釣り師としては必読ですね。
いや、読んでなくても一向に差し支えありませんが(笑)。
キューバ、私も行ってみたい国のひとつです。朝は遅めに起きて、それから夕方まで海フライやって、夜はダイキリ飲みながら葉巻喫って、雨の日はパパ・ヘミングウェイの小説読んで過ごして……夢が広がりまくりです。
黄金色のスズキは……。まぁ、この時期のシーバスは、ある意味ゴールドラッシュです(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2007-07-06 13:28
マサ(本人)さん>お疲れ様でした~。
-14時間の時差ボケ大丈夫ですか? 今回は無理を聞いていただきありがとうございました! 記事楽しみにしてます!!(とプレッシャァ 笑)。
ハルコン号ってことは“女王の庭”エリアだったんですか~、失礼しました。めちゃ速そうな船ですね。
<< テキーラ・サンライズ SEA TREK ~The N... >>