"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
神々の高み
 例によって仕事が忙しくて釣りに行けてません。ま、今年はちょっと釣りのベクトルを変える準備期間にすると年始から決めていましたし、日ごろは仕事に励んで、開放するときは思いっきり開放するというスタンスで臨んでいます。
 昨日も午前中に仕事をやっつけて、さて昼寝でもするか~?と思っていたところへ盟友のマスターサージャンO軍曹からメール着信。お互い午後の予定が空いていたので、ハーミットさんで落ち合って“茶ぁシバいて”きました(O軍曹からベリーズ土産を頂戴しちゃいました。ありがとうございます!!このお土産についてはまた後日ご報告しようと思います)。

 で、海フライバカが2人揃うと、当然のようにクレイジーな会話になってしまうもので……。特に世界のS.W.F.F.メジャーエリアへ何度も飛び立っているO軍曹のアドバイスは大変興味深く、いつも勉強させてもらってます。釣りの姿勢やモチベーションの高さ、技術面の錬度、またポリシーというか規範も確固たるものを持っている方なので、素直にリスペクトしちゃいます。

 いやー、しかしS.W.F.F.の世界にはスゴイ人が多くて困ります(笑)。もぅ本当に私なんか序の口もいいとこですよ。世界的視野で見れば、

レフティ・クレー、エイゾー・マルハシ、ビリー・ペイト、ストゥ・アプト、チコ・フェルナンデス、ビル・キャサウッド、ジャック・ガーサイド、ボブ・ポポヴィクス、トレイ・コム、キャム・シグラー、スティーブ・エーベル、ビリー・ヒガシ、ダン・ブラントン、スコット・サンチェス……(順不同、敬称略)

といったリビングレジェンドクラスの方々は、遥か遥か遥か遥か遥か彼方を行ってらっしゃいます……。でも、素晴らしい方々に書籍やネット上、ショー会場、釣り具店、はたまた実際の釣り場で出会うことが出来て幸せだと思っています。こと、フライフィッシングに関してはリビングレジェンドな方はもちろん、そういった世界レベルを体験した方々と繋がっていられるわけですから。

 できることなら、近い将来に自分も彼らのいる高みの端っこに登り、神々がどんな景色を見て、どう考え、どんなふうに楽しんでいるのかを自分の目で確かめてみたいと思っています。ま、そのためにはまだまだ貯金もしなきゃいけないし、英語とスペイン語を勉強しなければいけません。海のフライフィッシングは、もう本当に大変です(でもなんかワクワク)。
 むろん、こんなことしなくても海のフライフィッシングは十分に楽しいです。しかし求めれば、どこまでも際限なく広げることができるのも事実です。しかも広げてみたその先には、なんかおもしろそうなことがあるような気がするんで、ちょっと行けるところまで行ってみようと今は思っています。

b0000168_1643740.jpg
 全然関係ありませんが、東京湾ではそろそろイワイミノーな季節の到来です。昨夜もタイイングデスクに向かってあれこれ巻いていたんですが、ちょっとイタズラ心でイワイミノー亜種を作ってみました。球状の発泡スチロールをマイラーチューブに入れてそれっぽくしただけですが、なんかこれはこれでイケそうな気がしています。例えるならエルクヘアカディスに対するXカディスのような位置づけか?(チガウって)
 球の凸凹な感じがイモムシみたいなので、イモイミノー、もしくはタママミノーと呼んじゃおうかなっと(笑)。

 オリジナルのイワイミノーは皆さんご存知の通り、バックアップ材(棒状の発泡ウレタン)を浮力体にしていますが、球状発泡スチロールはバックアップ材よりもフレキシブルにクネクネするので、弾かれることが少ないかな……? なんて妄想しています。
 こんな風にあれこれ亜種を巻いて楽しめるのも、フライフィッシングの面白さですね。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-06-04 17:25 | フライのこと | Comments(10)
Commented by ひろくん at 2007-06-04 17:31 x
こんにちは。
私は7月に九州にライギョを釣りにいくため、ウィードガード付きのイワイミノーを作ってみました。結構イケそうな感じです。
ベリーズはカニ君を沢山巻いていきましたが、エビ君がいい仕事をしてくれました(^^)。
Commented by saltwater-ff at 2007-06-04 17:52
ひろくんさん>こんにちは~。もしやブラックO軍曹のソウルメイトのNさんでしょうか?たぶんそうじゃないかなー?今後ともよろしくお願いします。
ウィードガード付きのイワイミノーですか……イケそうですね~。でもライギョの顎だと一発で壊れちゃいそうな気も(笑)。
そうそう、パーミッターの仲間入り、おめでとうございます!私も早く仲間入りしたいでっす!!!(違っていたらごめんなさい)
Commented by Hebow at 2007-06-04 20:47 x
恐れ多い気がしてますが・・・またコメントしちゃいまーす。
ホント、フライフィッシングは楽しいです。そして求めれば限りなく広げることができちゃうようです。Hebowおっさんの北極星としてこれからも・・・。
ワタクシめのストリーマー(古いですけど)、「串ダンゴ」というのヒネクリ出したことがありましたがコイツはそれをはるかに凌駕してます!
Commented by Coolman! at 2007-06-05 09:24 x
『イモイ・ミノー』

久し振りに、腹の底から笑えました(爆)
Commented by 羽ぴょん(職場) at 2007-06-05 11:19 x
はじめまして、羽ぴょんという者です(ブログ上ログインしている場合はhane-tomoと表示されます)
umiosaruさんやsinさんのブログでも度々コメントを目にしており、僕自身1年くらい前から覗いておりました。
球状発泡スチロールミノーのアイデアに感心してコメントさせていただきました。
物凄いアイデアだと思います、やや大きめのビーズで真珠のような奴を使えばシンキングバージョンも作れそうですね・・・
今後はコメントさせていただくことにさせていただき、リンクを貼ってもよろしいでしょうか
Commented by saltwater-ff at 2007-06-06 20:14
Hebowさん>こんばんは。お気軽にどうぞ~。
フライフィッシングは本当に楽しいですね! この深淵を知ることはきっと一生をかけても無理だと思います。しかも楽しみ方は人ぞれぞれっていう懐の深さがまた素晴らしい! 
ん?串ダンゴ?クシゲマダラがモチーフですか?(ストリーマーだっての)。
Commented by saltwater-ff at 2007-06-06 20:16
Coolmanさん>こんばんは~。
レフティ・ハマちゃんの『イヌイ・ミノー』に触発されて巻きました!
今度お見せしますね。釣れるかどうかは運次第~♪
土曜日よろしくお願いします。
Commented by saltwater-ff at 2007-06-06 21:18
羽ぴょんさん>はじめまして!ようこそいらっしゃいました~。
約1年間の覗き見(笑)、あざぁーっす!!
羽ぴょんさんのブログを拝見すると、ダブハン熱に火が点き始めたようですね!?(違っていたらゴメンなさい)
リンクの件、了解しました。こちらこそよろしくお願いします~。
Commented by ぬまっち at 2007-06-07 15:37 x
えらい、ご無沙汰してます。
そろそろ、夏バージョンですね!
昨日、猫次郎氏に岩井ミノービデオ借りて初めて拝見しました。
今更ですが、面白いですね〜(笑)

画像のミノーも良い感じです。
Commented by saltwater-ff at 2007-06-08 19:46
ぬまっちさん>おぁ~、お久しぶりです!
最近は猫次郎先生とご一緒されてるようですね。
「はばろく」に淡水スズキがいたら楽しいだろうなぁ~なんて妄想してます(笑)。
ミノーの釣り、この夏もまた盛り上がると思いますよ!ぜひ!
<< オススメの教科書 一寸前なら覚えているが、一年前... >>