"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
困ってること
 実はここのところ困っています。
 とはいってもお金や恋愛の話じゃないですよ(たしかにこれらも問題なしというわけではないですが)。
 何に困っているかというと、それは週1が基本になりつつある陸っぱりシーバス釣りでの話。9月始めごろから港湾部のシーバスを狙ってあちこち陸っぱりスポットに出撃しているわけですが、港湾部の警戒が厳しくなってしまった昨今では、大手を振ってフライロッドを振れる場所は自ずと限定されてきます。これは港湾部をホームとするシーバサー(というのかな?)にとっては由々しき問題で、過度とも思えるフェンスやバリケードを見るたびにテンションは下がっていく次第です。
 とはいっても困っているのはフェンスやバリケードについてではありません。いや、まぁ、それらがなくなってしまえばいいなーとは思っていますが、限定されたフィールドでマナーを守って楽しむのも悪くないので、それほど気にしておりません(港湾部のすべてが釣り禁止になるよりずいぶんとマシです)。問題はその限定されたフィールドにあるのです。
 私の場合、陸っぱりであちこち攻めた後で、たいてい最後に行くポイントがあります。帰りに寄って様子見するだけだったり、ボウズ逃れの最後の砦として悪あがきするためだったりするのですが、どうもここ数回、不審な人物と遭遇することがあるんです。
 ある日のこと。その日は満潮予定時刻が午前4時ごろだったこともあって、午前0時ごろからあちこち叩いて回り、最後に件のポイントへ。あまり明かせませんが、そこは海に面した遊歩道になっていて途中に橋(とはいっても下に川が流れているわけではありません)のような場所があります。シーバスを狙ってその遊歩道からキャストするわけですが、ちょうどその橋にさしかかった際に、すごい勢いで走ってくるMTBに乗った男性と遭遇しました。見たところ30歳前後でしょうか? 午前4時前という時間にトレーニング?と思いましたが、身なりからトレーニングしている風でもありません。通勤に使うようなショルダーバッグを背負ってるし。
 で、彼は私と一瞬目を合わせてから、そそくさと立ち去りました。うーん、あの猛スピードは一体なんだったのでしょうか。不可解な行動です。

 また別な日のこと。その日は満潮時刻に関係なく夜10時ごろから出撃し、帰りがけの深夜2時ごろに件のポイントに立ち寄りました。その夜はまだ1匹も釣ってなかったので、できればここで1匹!と目論んでました。うまい具合に先行者の影はなく、しめしめ~と#8に巻いた白のラバーキャンディをポイントにキャストし、リトリーブ。いつものようにいつもの動作を繰り返して橋の近くまで来て、なんか後方からの視線を感じて振り向くと、どういうわけか橋の手すりに腰掛けて座っている会社員風の中年紳士が一人。左脇にセカンドバッグを抱えてこちらを眺めています。見たところホームレスではなさそうだし、酔っ払いでもありません。深夜2時過ぎに釣り以外に何の目的があるというんでしょうか。私が目をそらしてまた釣りに没頭すると、いつの間にかその紳士はいなくなっていました。なんか変だなー、と思いながら遊歩道沿いのポイントを叩き終わって2バイトノーキャッチ。最後のあがきでテクトロしながら来た道を帰ります。それで、ちょうど橋のところに差し掛かったところで待望のバイト! なんとかフックに乗ったのでラインをたぐってきてキャッチ。サイズは20cmあるかないかのセイゴ君でしたが、0と1じゃ大違いなので安堵しまくり。リリースして、さぁ帰ろうかと思って顔をあげると、なんと消えたはずの中年紳士が私の前に立っているではないですか! すわ!暴漢か!と思いましたが、私がさっきいた釣り人だとわかったとたん、急に顔をしょんぼりさせて帰っていきました。うーん、またしても不可解な行動です。一体どこに隠れていたのか、そして何のために?

 これはあくまで私の推測ですが……なんというか……、MTB氏もセカンドバッグ氏も、まるで誰かを待っているかのような感じでした。
 深夜に、男一人で誰かを待つ……???
 いやー、なんかいつの間にかそういう人たちの待ち合わせ場所になっていたんでしょうか? 個人的に偏見はないですが、そういった性癖はないので深夜の湾岸某所に現れるフライロッダーを見つけてもご勘弁ください~。
[PR]

by saltwater-ff | 2004-10-23 20:18 | ざっくばらんに | Comments(4)
Commented by ペリカン at 2004-10-23 20:50 x
お久しぶりです。
陸っぱりは本当に肩身が狭くなってきてますよね。
今朝、久々に東扇島に行ったのですが釣りができる場所が大幅に狭くなっていてびっくりしました。
大昔ですがシーバスのルアーや黒鯛のヘチ釣りにはまっていた事が有るんですがいわゆる「黙認」されていた場所も今ではほとんどは入れなくなってしまいました。
これには9.11のテロ以降の警備が厳しくなったり等有るようですが根本的には釣り人のマナーの悪さに有ると感じてます。
特にマナーが―悪いのはじいさんや家族連れですね・・・悲しい限りです。
そう言えば僕も夜中にシーバスやってる時に怪しい面々に出会った事有ります・・・埠頭の倉庫の合間にフィルムバリバリのクラウンが止まっていて定期的にその車の横に別の車が横付けされるんです・・・見てみない振りしてその場から去りましたけどね・・・。(笑)
何だか長くなってすいませんでした。
Commented by saltwater-ff at 2004-10-23 21:30
お久しぶりです。ペリカンさんは怪しいクルマに遭遇したんですか…。なんかそっちはGメンとか出てきそうな怪しさですね。
私が遭遇したのはKABA.ちゃんが出てきそうな妖しさでした(笑)。

港湾部の陸っぱりがしにくくなってしまうのは大変残念ですが、そのぶんボートゲームが熱くなるのでは? と、前向きに受け入れるようにしてまーす。
Commented by matt at 2004-10-25 12:17 x
防波堤から釣り人が居なくなるのも寂しいですよね。こちらでもバリケードが増えてきているようです。

昨日、和歌山の海に行ったのですが先日の台風の影響で、海岸にあらゆる家庭用品が打ち上げられてました。まるで海が人間のモラルの低さを見せつけているみたいで、ちょっと情けなくなりましたね。
Commented by saltwater-ff at 2004-10-25 22:06
お、ということはあのメッキ君は南紀のお魚ですね?>mattさん

24号はあり得ない急カーブを描いて北上してますし、当たり年にもほどがありますね。もぅ、やっぱりア●ーの神は手加減なしってことでしょうか。
海岸で目立つ漂着物といえば、海外の洗剤容器やペットボトルですねぇ。「名も知らぬ遠き島より~」なんて悠長なこともいってられない時代になってきた証拠でしょうか…。

あ、事後承諾になってしまいましたが、リンク張らせていただきました。
<< ボロンⅡ-X つい反動で… >>