"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
新しいナイロンラインを見つけたよ
 毎日更新してすいません! 年末年始でネタが溜まってまして……。というわけで、今日は新しいナイロンラインのことを書いちゃおうと思います。
b0000168_11211456.jpg
 まずはこれ。FrogHairで知られるGAMMA社のDeepBLUEシリーズです。購入したのは20lb、30lb、60lbの3種類。いずれも25m巻き(2lb~16lbは30m巻き)。カラーは透明です。
 このDeepBLUEシリーズは、IGFA規格のリーダー&ティペットマテリアルで、素材はもちろんナイロンです。実釣ではまだ使っていないのですが、適度に軟らかくノットも作りやすいので、なかなか使い勝手のよさそうな印象を受けました。ちなみにダイアメーターは20lbで0.381mm、30lbは0.432mm、60lbだと0.584mmです。ラインナップは2lb~80lbまであるので、興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

b0000168_11212639.jpg
 はい、そんじゃ次です。昨年に少々動きがあったRIO社の新製品、Saltwater IGFA Hard Monoです。購入したのは13.2lb、17.6lb、22lbの3種類で、いずれもIGFA規格品。もちろん素材はナイロンです。
「なんだか中途半端な強度表示だなぁ~」と思ったそこのあなた、まったくその通りです。
「このラインのキモは太さにある!!」と思ったそっちのあなた。さすがです!! このラインのキモはダイアメーターにあるんです。13.2lbの直径が0.017inch。インチだとややこしいからミリにすると0.432mmです。これ、13.2lbとしては結構太いんです。
 ちょっと話がそれますが、釣り糸というのは“細く強く”というベクトルで進歩してきました。そりゃ当然です、細くて切れにくいほうが魚釣りには有利ですから。でもフライフィッシングという特殊(あえて特殊と書きます)な釣法の場合、同じ強度のラインであっても細すぎるラインはマイナス要因となることがあります。たとえばIGFAルールに準じたラインシステムを組んで釣りをする場合、同じ12lbのクラスティペットでも直径が違えば、岩やカキ殻で擦れた際に切れるかどうか変わってきます。「ん?強度は同じ12lbじゃないの?」いえいえ、12lbというのは引っ張り強度ですからね。よって、口腔の奥行きが40cm以上もあるような巨大なターポン様や、強く長く、ヤスリのようにざらざらしたビルを持つマーリン様を相手にする一部の熱狂的海フライマンには太めのリーダー&ティペットマテリアルが必要なのでございますな。以上、EIZO大名人からの受け売りでした(笑)。
 というわけで、比較対象として同じIGFA規格で、私も愛用しているナイロンラインのバリバス・トーナメントラインの場合、14lbでダイアメーターは0.310mmです。RIOは13.2lbで0.432mmですからね。0.1mm以上も太いのです(引っ張り強度は弱いのに 笑)。17.6lbは0.483mm、22lbは0.533mmもあります。バリバス・トーナメントラインで0.533mmというと、35lb(0.520mm)相当ですからね、こりゃスゲー太いけど弱い(笑)、見た目の太さに騙されるなよ~という、なんとも海のフライフィッシング的なラインなわけです。
あ、比較してバリバス・トーナメントラインが劣っているとか、そういう話ではないので念のため。やはり釣り糸というのは“細く強く”というベクトルで進歩していくものですし“太くてそこそこ強い”という釣り糸を求める海のフライフィッシングが特殊なだけだと思っています。
 こちらも実釣での使用はまだですが、やや硬めなので強風下でもきっちりパワー伝達できそうな印象です。反面、低水温時では使いにくいかも? ま、このへんはちょっと試してみてから追記したいと思います。
[PR]

by saltwater-ff | 2007-01-12 12:30 | 道具のこと | Comments(4)
Commented by stooper at 2007-01-13 03:35
明けすぎましたが、
おめでとうございます。

今年はフライロッドを握る機会を増やそうと思っていますので、
もしご一緒することがありましたら色々教えてください。

では、今年もよろしくお願いします。
Commented by Moto at 2007-01-13 09:38 x
初めまして。ハーミットのサイトから流れてきました。一昨年から鱒釣りができない場所に駐在になって海でフライを投げ始めたんですが、ラインの傷みの激しさに閉口してます。ちゃんと海用のを使ってるんですが(これまではSAとSage)、ブラインドキャストの実釣時間が10時間に達すると、リヤテーパーの終わり辺りからランニングラインの始まり数メートルにかけて、ひどいひび割れ状態になってしまいます。ラインドレッシングは使っているし、ラインを傷める日焼け止めクリームや虫よけスプレー等は使ってないので、摩擦でラインが傷んでしまうとしか考えられません。

皆さんの経験はどうですか?突然の質問ですみませんが宜しく御願い致します。
Commented by saltwater-ff at 2007-01-15 13:04
stooperさん>はい、おめでとうございます。本年もよろしく~!
タカもいいけど、少しロッドも振りましょう(忘れちゃうよ)。
そりゃそうとマテリアル調達、待ってるよ~!!
Commented by saltwater-ff at 2007-01-15 13:23
Motoさん>はじめまして。ようこそいらっしゃいました!(本流好きのmotoさんとは別の方ですよね?)
駐在というと、海外赴任されているんですね。どちらの国でどんな魚を釣られているか分からないですが……足元の岩や貝殻で傷むのでしょうか?それとも強烈な紫外線が原因でしょうか?ご存知とは思いますが、前者ならラインバスケット類を使うことでほぼ解決します。後者の場合はドレッシングを頻繁に塗る等で対応するくらいしかないのかな…?お近くにショップがあれば傷んだラインを見せて相談してみるのもアリだと思います。もしかすると、化学薬品が多く混じる海域でしょうか?だとすると、ちょっと難しい問題かもしれません。
勝手な推測ですが、シュート時にヘッド部を全部出してキャストされているでしょうから、リアテーパー~ランニング間は傷みやすい部分ではあると思います。しかし実釣10時間でというのは早過ぎると思います。きっと巨大な魚を沢山釣ってらっしゃるのですね(うらやまし~)。

いかんせん、状況が詳しく分からないのですいません。コメントありがとうございました。
<< キャスティング自主練習 続・突撃!となりのフライショップ >>