"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
過ぎ去りし日のフライボックス
 大掃除の途中、タイイングデスクの下に堆く積まれたフライボックスたちを見つけた。ほんの7~8年前まで、毎日のように手にしていた宝箱。ボクがフライフィッシングのフィールドを海に移す割合が増えていってから、だんだんと開けることが少なくなっていき、ここ最近では触ることもほとんどなかった。思い込みと淡い期待で、パンパンに膨れていたナイショの箱。久しぶりに開けていると、なんとなく懐かしい匂いがした。
 
b0000168_1626255.jpg
ノスタルジックに浸るほど年月が経っているわけじゃないけれど、懐かしい匂いにつられて今日はちょっとだけ思い出話とかしちゃおうかな。

b0000168_16262418.jpg
 そのころのボクは東京へ出てきて3年ほど経ち、なんとか社会に潜りこむことができるようになっていた。仕事は忙しさを極めていたけど、フライフィッシングだけは忘れなかった。そして、学生のころに衝撃を受けた“モンスターブラウン”の幻影を求めて本栖通いを始めた。

b0000168_1627667.jpg
 平日、イブニングを1時間だけやるために往復4時間のドライブなんて普通だったし、気温零下、真冬の本栖湖へオンボロの屋根なしマイカー(ヒーターもなし!!)で度々出かけたりした。連続10回ボウズなど当たり前だったし、小さくても1匹釣れれば、本栖湖通いを続ける仲間と狂喜乱舞した。

b0000168_16272356.jpg
 通いこむことで、いつしかレインボーはそこそこ釣れるようになった。ブラウンはなかなか釣れなったけど。放流が増え、釣り人も少しだけ増えた。メソッドやタックルもいろいろ試す人が増えた。釣れるようになった。活気があふれ始めたころ、ボクは本栖湖通いをやめた。

b0000168_16274594.jpg
「釣れない釣りは、釣りじゃない」なんていう人もいたけど、湖畔に居るだけでなんだかリラックスできたのは事実だった。水中の地形、回遊ルート、ベイトの種類なんかを書き込んだノートもある。誰にも見せられないけど(笑)。

 思えばハタチくらいから、釣れない釣りばかり選んでてきたような気がする。それが今じゃサーフだ、河口だ、干潟だ……もの。やっぱり HE・N・TA・I☆  HE・N・JI・Nなのかもしれないですね。
(まさかの僕秩オチ)
[PR]

by saltwater-ff | 2006-12-04 17:03 | ざっくばらんに | Comments(12)
Commented by SALTSIZE at 2006-12-04 22:03 x
こーゆーエピソード好きです
SALTSIZEです。
この先、10年後の自分が、どこを向いているのか想像もできませんが、その時々、出来る事、やるべきことを
ただ続けて行くだけです。
振返った時、それが”イタかろうと”、”変人”だろうと、
楽しければそれでヨシだと思ってます(笑
Commented by ペリカン at 2006-12-05 00:40 x
ヒーター無しで本栖・・・僕のは屋根が有りましたが、ランチア時代にヒーター(エアコン)が逝ったまま真冬に本栖に行きました。
その寒さに参って、そのシーズンはそれ以降足が向かなくなってしまった僕は軟弱者です。(笑)
Commented by moto at 2006-12-05 08:58 x
まだ暗い中、湖畔の駐車場に到着するとゴツイオープンカーの中にうずくまっている巨体(笑)
ありましたね〜そんなことも。
私もすっかり足が遠のいて、かわりにハマッテいったのがやっぱり釣れない本流です。。笑
Commented by 空飛ぶ魚屋 at 2006-12-05 21:01 x
良い話ですね、思わず学生時代(20年前)に下関から鹿児島の池田湖(真冬)に通っていたのを思い出しました。
私は全然釣れませんでしたけど(笑)。
今も釣れない大西洋鮭釣りにはまってます、完全にアホですね。
Commented by saltwater-ff at 2006-12-06 15:26
MEBARU SIZEさん>こんちは。
エピソードでいうと、3ですかね(笑)。ちょうど暗黒フォースに目覚めるあたりです。
“釣りエロ”という言葉が一部コアなフライマンの間にありますが、変態釣り師なのかもしれません。もちろんSIZEさんはその代表格です(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2006-12-06 15:31
ペリカンさん>どもども。
いやー、あのころは向こう見ずでした。ハナミズ垂らしながら、凍えて走ってましたが、それがいつしか快感に……(笑)。エンジンは寒いほうが気持ちよく回るんで、それも楽しかったなぁ。
オープンだとロッドつないだまま走れるんで、便利でしたよ。
Commented by saltwater-ff at 2006-12-06 15:36
motoさん>あらら、びっくり。お久しぶりです!!
寒すぎてmotoさんのクルマに避難させてもらったこともありましたね……。あのときは本当に助かりました(笑)。
motoさんも私も、釣れない釣りに没頭できるのは本栖湖のおかげですね。釣れない釣り、続けてまいりましょう~。コメントありがとうございました。
Commented by saltwater-ff at 2006-12-06 15:39
空飛ぶ魚屋さん>こんにちは。
やっぱり何かしらこういう時期ってありますよね。そしてさらなる釣りバカへと昇華していく……のか?(笑)。
アトランティックは究極のゲームフィッシングのひとつですね~。険しい山ほど、登り甲斐があるってもんです。楽しんでいきましょう!
Commented by moto at 2006-12-06 18:55 x
話題に入れないのでコメントいれなかったですがいつも拝見させていただいてますよ。これからも楽しみにしてます^^
Commented by saltwater-ff at 2006-12-08 15:16
motoさん>いやー、お恥ずかしい。
今度本流を下って河口へいらっしゃいませんか?(笑)海も楽しいですよ~。しかも釣れないこと請け合いです!
今後ともよろしくお願いします~。
Commented by ハイド at 2010-03-04 08:59 x
はじめまして。ハイドと申します。
今回の記事、非常に共感しました。
私も年々人が増えていく渓流を逃れ、本流へ向かいました。
最近ではその本流でも放流量が増え、噂とともに釣り人が増えてきました。
大自然の中でゆったりと楽しむことが難しくなってきたため、今年から釣れない冬のサーフでロッドを振ることも多くなりました。
でも、サーフもシーズンは人が凄いらしいですね。
もう、ゆったりと釣りができる場所は日本にはないのかもしれませんね。
Commented by saltwater-ff at 2010-03-08 14:09
ハイドさん>はじめまして。ようこそいらっしゃいました!
昔のエントリーにコメントいただくと、妙にうれしくなってしまいます。ありがとうございます。

釣り人の多さは一過性のものであると思いますし、自分もその中の1人であることも承知しているのですが、やっぱり人が多いより少ない方が気分いいと感じてしまいます。いやはや、エゴそのものですね(笑)。

サーフはいろんな釣り人がいて楽しいですよ。人出は場所によるかもしれませんが、込み合うことは稀じゃないでしょうか。フライロッド持ってる人に遭遇したことは皆無ですが、広いので気分いいですよ。
<< ビリー東さんのフライキャスティ... フライラインの先っちょリターンズ >>